記事更新日:

プロのテーラーが教える『イージーオーダースーツ』完全ガイド!選び方のコツと厳選おすすめ5店舗ご紹介

https://www.pinterest.jp/

今まで既製品のスーツを購入して着用してきたけれど、体型に合っていないのか、いつもしっくりこない部分がある・・・そんな人も結構たくさんいるようです。

誰でも体型のバランスに個人差があり、完璧な人などいません。平均的な体型を想定して作られるのが既製服なので、体型のクセが強めだから合いにくい人も当然たくさんいます。でも、全く心配ありません。オーダースーツ、とりわけ「イージーオーダー」で解決できますよ!

イージーオーダーなら、充分に蓄積された体型補正の技術によって、体型にしっくりくるスーツが作れるのです。イージーオーダーの良さとデメリットも含めて、詳しく紹介しますので、ぜひ参考にして頂いて初めてのオーダーにチャレンジしてくださいね!

イージーオーダーは体型に悩む人におすすめ

https://www.pinterest.jp/

誰しも完璧なプロポーションもなければ、完全な左右対称の体もないですよね。だから「怒り肩」や「なで肩」「猫背」、「O脚」や「X脚」など体型にクセがある人はたくさんいるし、ごく普通のことです。

一方、既製服というものは各サイズの代表選手、つまり最も平均値的な体型を想定して作られます。たとえば紳士服のAB6号というサイズの人なら誰もが、AB6号のスーツで裾だけ上げれば着用できるのかというと、決してそんなことはありません。筆者自身の業界現場の体験にもとづいて想定すると、おそらくこうなります。

  • 1/3の人は裾上げのみ・・・バッチリ体型に合っている
  • 1/3の人が裾上げ以外にもう一箇所(袖丈や腰周りなど)を補正する
  • 1/3の人が裾上げ以外に複数箇所を直さなければいけない

意外かも知れませんが、既製服は補正することが日常茶飯事です。

https://www.pinterest.jp/

何も恥ずかしいことはないのですが、簡単に直せるものと、難しいものがあります。怒り肩や猫背など直しにくいものに関しては、オーダーメードで作る方が良い場合があります。オーダーには大きく3種類あって、フルオーダーイージーオーダーパターンオーダーという三つのアプローチが存在します。

https://www.pinterest.jp/

しかし、フルオーダーのように費用も時間もかかるものはちょっと違う・・・となれば、納期が一番早くて費用も一番少なくて済む、パターンオーダーはどうなのか?実はパターンオーダーは、いわば別注扱いの既製服のようなもので、体型補正は期待できないのです。

ということで、残るイージーオーダーはほどほどの予算で作れて、体型補正はちゃんと反映できるので、体型に悩む人にはイージーオーダーがもっともオススメです!

イージーオーダーのメリットとデメリット

https://www.pinterest.jp/

イージーオーダーにも何もメリットばかりあるわけではありません。デメリットも存在するので、それも認識した上で検討することが賢明です。ここからはイージーオーダーのメリットとデメリットについて触れておきましょう。

イージーオーダーのメリットはどのようなこと?

イージーオーダーの最大のメリットとして体型にクセがあっても合わせることができるということは、前述の通りです。体型のクセが類型化されて分類され、個々のケースごとに蓄積された対応の方法「体型補正」があるので、完璧とは言えないまでも、よほどでないかぎり体型をカバーした仕立て方をしてもらえるはずです。

https://www.pinterest.jp/

もう一つのメリットは時間とコストです。フルオーダーに比べてですが、出来上がるまでの期間も短くてだいたい30〜45日以内の納期でできるでしょう。そして価格的にもフルオーダーよりは格段に安く、服地のグレードにもよりますが3〜5万円台でも充分選択肢はあります。予算に余裕があれば、当然もっと上もあります。

イージーオーダーのデメリットは一体何でしょう?

さて、イージーオーダーのデメリットですが、いくつか挙げることができます。イージーオーダーは身体の実寸(ヌード寸法)を測って、それをいくつかの型紙から選ばれたものにあてはめて調整(グレーディング)するのが基本です。出来上がりに近い、サンプルを着たりすることもできません。

よって体感・実感がわからないまま作ることになり、良くも悪くもフィッター(採寸するスタッフ)任せということです。採寸が見事であっても、型紙によってゆとり寸法の設定が変わるので、実際にでどのような着心地の服になるかは出来上がるまでわかりません。

https://www.pinterest.jp/

採寸の中でサンプルを着せられることがあるにしても、あくまでも参考です。だから出来上がってみて、確かに体型のクセは吸収されて目立たなく仕上がっているけれど、それ以外の部分で、思いの外ゆとりが多過ぎたり、逆に過剰にフィットしたりということも起こり得ます。

このように、メリットの裏にはデメリットも存在するイージーオーダーですが、ここから先はイージーオーダーに失敗しないで満足を得るためのコツを紹介しましょう!

イージーオーダーで満足いく1着を手に入れるための3つコツ

イージーオーダーを作るときに気をつけたいポイントを三つ挙げると・・・

  1. 体型のクセをチェックしてもらう
  2. 生地は見た目だけで選ばない
  3. 型紙選びはフィッターとよく相談

となります。ひとつひとつをもう少し詳しく解説しますので安心してくださいね!

1:体型のクセをチェックしてもらう

誰しも自分自身では、ある程風体型のクセを把握しているでしょう。しかしイージーオーダーを作るときは、それは伝えた上で本当にそうなのか、あるいは他に問題点はないかを、専門家であるフィッターにきちんと確認してもらいましょう。

https://www.pinterest.jp/

たとえば自分では「怒り肩」だとばかり思っていたけれど、実は「反身(体が反っていること)」だったり、「なで肩」とばかり思っていたのに「屈伸(体が前かがみであること)」だったりということがあります。

あるいは自分で気づかない体型のクセが、他にあるかもしれません。自分の要望をいうことは大事ですが、それの一点張りでは失敗しかねません。フィッターをプロと見込んでしっかり見てくれるように任せましょう!

2:生地は見た目だけで選ばない

同じ採寸から仕立てても、生地によって出来上がりの様子はさまざまです。たとえば、綺麗な生地だなと思って選んだけれど、着用し始めるととてもシワがはいりやすいとか、渋い素材だと思って選んだけれど、固くて伸びにくくて動きづらいとか・・・

https://www.pinterest.jp/

生地の良し悪しというよりは持ち味や特性があるので、自分がそれを着るシーン、つまりプレゼンテーション用とか出張用とか、日常の営業・商談用とかでおのずと選ぶべき生地の特性も持ち味も変わってきます。

その辺りは生地選びの段階でショップのスタッフもしくはフィッターに意見を求めながら、想定されるシーンに対して向き不向きの意見を聞いて判断しましょう。

3:型紙選びはフィッターとよく相談

この項目は1と2にも関係してくる大事な部分です。デメリットの項目で言及したように、同じ体型でも型紙が違えば出来上がる服の着心地や見た目もはまるで変ってきます。

https://www.pinterest.jp/

想定外の着心地・見た目になるのを避けるためにも、どの程度のフィット感を求めているか、あるいはそのスーツを着る自分がどう見られたいのか、それを着て何をしたいのか、などをしっかり伝えた方が賢明です。

そのためにも可能な限りフィッターに心を開いて、コミュニケーションをしっかりとりながら、共に良い服の完成に向けての共同作業のつもりで、型紙を選ぶとよいでしょう。

イージーオーダースーツ・おすすめ店舗3選

イージーオーダーのショップのおすすめを、全国展開しているショップから3業態、紹介します。

イージーオーダーおススメ店舗1:FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)

オーダースーツは値段が高く敷居が高いイメージがありますが、FABRIC TOKYOは自社で商品開発をしているため39,800円(税込)〜というお手頃価格で、高品質なオーダースーツを仕立てることができます。また、FABRIC TOKYOでは機能性が高い生地を豊富に取り揃えており、高ストレッチ性生地、ウォッシャブル性生地、防シワ性生地など、自分の好みやライフスタイルに合わせた生地を選ぶことができます。

そして特に注目なのが、店舗で一度だけサイズを測って、あとは好きな時にネットでオーダーできる仕組みです。店舗訪問時に、その場で商品を買わないといけないということはありませんし、一人でじっくり商品を選びたい方にもおすすめです。 FABRIC TOKYOはリーズナブルなだけではなく、ストレスフリーで簡単にオーダーできる画期的なサービスを提供しています。

商品が到着してから50日間は無料でサイズのお直しをしてくれるので、ネット注文でも安心です。早くスーツを仕立てたい方は、オプション料金ありで最短2週間で仕立てられます。そして、スーツ以外にもジャケットやシャツ、セットアップも揃っていますので、是非一度、公式サイトをチェックしてみてください。

FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)の価格帯

オーダースーツ ¥39,800(税込)〜
オーダーシャツ ¥7,500(税込)〜
オーダーカジュアルジャケット ¥19,800(税込)〜
オーダーカジュアルパンツ(スラックス) ¥13,200(税込)〜
オーダーカジュアルセットアップ ¥33,000(税込)〜
ギフトカード ¥10,000(非課税)〜

FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)の口コミ

一度採寸をしてもらえば、ネットでも注文ができる新しいサービス、接客も丁寧にしていただきました!引用:Google

すごく丁寧に採寸をしていただいて、自分に合うスーツのスタイルや身体の状態を知ることができてよかったです。斬新でおしゃれなお店で、リラックスして採算ができました。対応していただいたスタッフの方も非常に気持ち良い接客でした。今後も自分の好みに合ったものをオーダさせていただきたいと思います。引用:Google

ショップ情報詳細

  • 価格帯:オーダースーツ ¥39,800〜
  • 店舗の場所:東京・名古屋・大阪・神戸・福岡など全国に15店舗展開
  • 公式URL:https://fabric-tokyo.com/
公式サイトを見る

 

イージーオーダーおススメ店舗2:HANABISHI|花菱縫製

HANABISHIで本格的なイージーオーダーが作れます。HANABISHIは1935年創業の歴史がある老舗テーラー「花菱」がチェーン展開しているオーダー専門店です。北海道・東北・北陸・関東・東海・九州にて現在18店舗を展開しています。東京都内には6店舗あります。

https://www.hanabishi-housei.co.jp/

1950年頃から縫製工場のシステム化に成功して、百貨店からの発注を受けるようになります。1969年に生産過程にコンピュータを導入します。そして店舗を着実に増やして、旗艦店となる銀座店を2017年にオープンしました。完全国内縫製を標榜し、ジャパンメイドの高い技術力と品質を誇りにしています。

オーダースーツの価格帯は税込46,200円~です。英国やイタリアの豊富な生地が用意されています。。老舗だけあってイージーオーダーとはいえど専門性が高く、本格的で満足度が高いオーダーショップと言えるでしょう。

HANABISHI公式

 

▼HANABISHIをもっと知りたい方はコチラがおススメ!

イージーオーダーおススメ店舗3:DANKAN|ダンカン

DANKANは全国(関東・関西・東海・中国・九州)に現在合計39店舗を展開する、リーズナブルなオーダーショップです。生地をこだわらなければ税別22、800円から作れます!中心価格は税別39,000円程度で、ゼニア、ダンヒル、ロロピアーナなどの最高級服地で仕立てるハイエンドラインは税別98,000円からとなります。

生地は国産物から英国・イタリアものの有名どころが揃えてありますので、欲しい柄が見つかる可能性は高いです。納期は30~40日で仕様や生地にかかわらず、同じ仕立て期間です。急ぎの場合も、相談すればできるだけ対応してくれます。

http://dankan.co.jp/

仕上がりから1年間は腰回りや股下丈の調整、3ヶ月以内でならその他の項目もサイズ調整を無料でしてもらえて、配送もお願いでるので、アフターサービスは充実していますね!

▼DANKANをもっと知りたい方はコチラ

まとめ

https://www.pinterest.jp/

イージーオーダーを購入するにあたっての、前もって知っておいた方がよい基本情報を、できるだけわかりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

初めての人は心配も色々とあると思います。この記事で指摘した部分を特に留意してオーダーショップに臨めば、最初でもスムーズな流れでオーダースーツが作れると確信して筆をおきます!

[simple-author-box]

 

オススメの関連記事はこちら

ブランド服地・生地をもっと知りたい方はコチラ!

■イタリア生地
■イギリス生地
■フランス生地

全国各地のオーダースーツ店一覧はコチラ!