2018/11/18

世界最高峰のスーツ生地と名高いエルメネジルド・ゼニアを徹底解説!評判・価格・人気アイテムが丸わかり!

Pinterest

「ビジネスマンの戦闘服」とも言われるスーツ。どんなスーツを着ているかによって、その人の印象は大きく変わります。その中でも最も重要視したいポイントはやはり「生地」。上質な生地を使用したスーツは、見た目・着用感ともに抜群です。

また、意外と周りから見られているスーツスタイル。大人の男性であれば品質にもしっかりとこだわりたいところです。

今回は、世界中のセレブから愛され続けている「エルメネジルド・ゼニア」について徹底紹介します。ゼニアの歴史はもちろん、スーツやシャツなどのおすすめアイテムも合わせてご紹介しますので、ぜひ購入の参考にしてください。それでは見ていきましょう。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)とは?詳しくチェック!

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/393853929902614863/

「高級インポート生地といえばゼニア」というほど、世界中の人々から多くの支持を得ているゼニア。その人気の理由はどこにあるのでしょうか。ブランドの歴史や特徴を知ることで、ゼニアの魅力をさらに引き出すことができ、より一層ゼニアを好きになることができるのではないでしょうか。それでは詳しく見ていきましょう。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の歴史

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/476326098062023235/

1910年にイタリアで誕生したエルメネジルド・ゼニア。北イタリアの小さな町・トリヴェロにテキスタイルを製造する工房を設けたことがこのブランドの始まりです。創業当初はわずか数台しか織り機のない、こじんまりとした工房でした。創業者であるエルメネジルド・ゼニア氏が、若干18歳の時に作られたというから驚きです。

創業から2年後には、現在のエルメネジルド・ゼニアにつながるスーツ生地を製造。非常に高品質で高級な生地は、高い評価を得てブランドの名前を一気に広めるきっかけになりました。1938年にはアメリカへの輸出を開始。その後1940年ごろには40カ国以上で販売されるようになり、ゼニアという名が知られるようになります。

創業者であるエルメネジルド・ゼニア氏亡き後、息子であるアルドとアンジェロがブランドをさらに近代的かつ一流の企業へと成長させ、ファブリック業界では確固たる地位を築きました。

ファブリックの製造のみを行なっていたエルメネジルド・ゼニアはプレタポルテの販売を開始。パリとミラノにショップをオープンし、スーツはもちろんジャケットやコートなど様々なコレクションを展開していきます。

ヨーロッパを中心に人気であったエルメネジルド・ゼニアは、現在では世界80カ国以上の国で店舗を展開。日本では1977年にゼニアジャパンがスタートし、当時は百貨店のオーダースーツやプレタポルテなどでの取り扱いに留まっていたため、その知名度はそこまで高くがありませんでした。1996年には銀座に旗艦店として路面店をオープン。ファッション誌やメディアでの広告効果や、有名人に積極的に衣装提供をするなどの効果があり、飛躍的にその知名度が上がり始めます。

ゼニアジャパンの戦略によって知名度を上げたエルメネジルド・ゼニアは、日本でも高級スーツとしての地位を確立させました。現在ではビジネスシーンにマッチする品の良さがうけ、高級ビジネススーツとして大人の男性から高い支持を得ています。

秀逸なデザインと上質な生地が、ゼニアをここまでの一流ブランドに押し上げたのは言うまでもありません。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の特徴

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/77546424814279190/

ゼニアの生地は、まず他のインポート生地と比べるとワンランク上の扱いをされていることがほとんど。価格も他より高価でまさに高級ファブリックといった印象を受けます。そんなゼニアの特徴とはどんなものなのでしょうか。詳しく解説していきます。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の特徴①厳選に厳選を重ねた素材選び

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/393853929902779002/

ゼニアの生地は、オーストラリアの契約農場で育てられた羊の毛を使用しています。その羊毛も脇と肩部分のみを使用しているのが特徴。高品質で希少価値も高い羊毛です。そこからさらに毛質の良いものを厳選し、色や長さ、強度などさまざまな検査を通過した羊毛のみが使用されるという徹底ぶりが、世界最高峰と言われる所以なのでしょう。

ゼニアに限らず有名なインポート生地ブランドは品質の良い羊毛を使用しています。しかしゼニアほどの贅沢に素材を使用しているブランドはなかなかありません。素材の厳選には時間も労力もかかってしまうためコストが高くなってしまいます。ゼニアの生地は他と比べると高価になってしまうのも当然と言えるでしょう。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)特徴②上品な光沢感

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/348466089897907160/

ゼニアの生地には絶妙な光沢感があります。ゼニアの生地を一目見ただけで高級と分かるほど上品で控えめな光沢感は他のインポート生地とは一線を画します。

ゼニアの生地にある光沢感は、使用している羊毛の脂によるもの。羊毛の品質が良くないとこのような光沢は出ません

光沢感のあるスーツはゼニア以外にも存在しますが、羊毛にシルクを混ぜたり、ポリエステルを使用したりとナチュラルなものではないことがほとんど。無理に出している光沢はギラギラしたものになってしまい、光沢だけが目立った印象になってしまうこともあります。

上品な光沢を持つスーツは誰から見ても高級だと分かるため、その人のステータスを上げてくれるでしょう。ゼニアの生地の特徴として必ず覚えておきたいポイントです。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)特徴③適度なハリ感

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/393853929902614863/

高級生地というと、細番手の糸を使用して織られており、なめらかでソフトな肌触りです。ゼニアの生地は触った瞬間に高級だと分かるほど、上質な肌触りが特徴です。しかしゼニアの生地は「細さ」だけでなく「強さ」も持っているのが大きなポイント。細番手の柔らかい意図を使用した生地は、肌触りの良さがある「弱さ」が目立ってしまうこともあります。何度か着用すると型崩れが起こってしまい、せっかくのスーツが台無しになってしまいます。

その点ゼニアの生地は適度なハリを持っており、細さと強度のどちらも兼ね備えた生地を作っているのが特徴。長く着用しても型崩れしにくいので、お気に入りのスーツをずっと楽しめるのがいいですね。

長い年月、生地と向き合ってきたゼニアだからこそ、着心地の良さと上質さどちらも持ち合わせた最高の逸品を作り出せているのでしょう。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の評判

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/277815870739766225/

エルメネジルド・ゼニアが展開しているアイテムは、スーツを中心にジャケットやパンツ、コートなどバリエーションが豊富。そのどれもが高品質で、世界中のセレブも納得の一級品です。そのため価格は高いものばかりですが、それも上質な製品を作り続けているからこそ。

他のブランドとは一線を画す品質管理や、希少価値の高い素材を使用しているなど細かいゼニアのこだわりが、多くの顧客から高い評価を得ています。良いものを知る人々から認められたゼニアは、大人の魅力を最大限に引き出してくれるでしょう。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の価格帯

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/535646949420910328/

ゼニアは、スーツやシャツネクタイなどの「ドレスアイテム」と、ニットやパンツジャケットなどの「カジュアルアイテム」のどちらも展開しています。

ゼニアの代名詞とも言えるスーツは、一番低価格のものでも290,000円ほど。400,000〜600,000円のプライスがメインで、こだわりの逸品であることを感じられる価格になっています。

シャツは50,000円〜70,000円。ドレスシャツからカジュアルシャツまでバリエーションも豊富です。ネクタイは25,000円〜35,000円。ネクタイのデザインも上品なものがほとんどです。

ビジネスでもカジュアルでも出番の多いジャケット。コレクションラインのようなデザイン性の高いものは700,000円〜800,000円とやはり値が張ります。カジュアルジャケットは120,000円〜200,000円と、ゼニアのウェアでは比較的リーズナブル。ビジネスシーンでメインとして着用できるブレザーなどは、300,000円〜600,000円で手にすることができます。

ニットは、カーディガンなどアウター要素があるものやデザイン性の高いものは300,000円〜500,000円と高価なものばかり、シンプルなVネック・ハイネックなどのニットは150,000円ほどで購入可能です。

どのアイテムを取っても全体的にハイブランドらしい価格設定になっています。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)おすすめアイテムを紹介

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のスーツ

■Ermenegildo Zegna ブラックウール2ボタンスーツ

上質なウール素材を100%使用して作られたゼニアのスーツ。ビジネスはもちろん、さまざまなシーンで着用できるブラックカラーのスーツは、シンプルで使い勝手抜群です。余計なデザインのない無地のスーツは、素材の良さがモノを言います。ゼニアは厳選されたウール素材を使用しているため、ほどよい光沢感があり高級感を感じさせる仕上がりです。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のシャツ

■Ermenegildo Zegna Classic Fit Geometric

シャツ全体に細かいチェック柄が施されたこちらのシャツ。カジュアルでもビジネスでも使いやすいグレーカラーで、落ち着いた雰囲気を演出します。デザインはシンプルなため、一枚で着てもジャケットのインナーとして着ても様になる一着です。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のネクタイ

■Ermenegildo Zegna Leaf Silk Tie

落ち着いたブルーベースのカラーが魅力的なこちらのネクタイ。全体にリーフ柄をあしらい柔らかな印象です。シルク100%で作られたこちらのネクタイは、適度なツヤがありラグジュアリーな雰囲気。ビジネスシーンのアクセントにおすすめです。

世界を代表するイタリアンファブリック「ゼニア」が作り上げるネクタイ特集

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のジャケット

■Ermenegildo Zegna Single-breasted checked wool blazer

ウーリーなチェックジャケットはビジネスカジュアルでもカジュアルでも着回し力が抜群。素材の良さを存分に感じられ、さらにクラシックな雰囲気でおしゃれさを演出できます。ラグジュアリーさに嫌味がなく、こなれた着こなしを求める人にピッタリです。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の生地おすすめ5選

おすすめ生地①Trofeo(トロフェオ)

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/393853929902721543/

ゼニアの代名詞とも言える人気生地「トロフェオ」。ゼニアを代表する生地なので、コレクションの数も多いのが特徴です。オーストラリア産の高品質な原料し使用して作られているため、滑らかな肌触りがファンの心を虜にします。また、上品な光沢と軽さが特徴。真夏以外の3シーズン着用できるのもポイント。トロフェオのスーツを着てしまうと他のスーツが着れなくなるというほど上質で、大人の男性には必ずチェックしてほしい生地です。

おすすめ生地②Traveller(トラベラー)

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/393853929902764791/

「トラベラー」という名前から連想できる通り、旅行や出張などに適しているとされるこちらの生地。防シワ加工が施されているため、シワになってしまったスーツを一晩ハンガーにかけておくだけでほぼ元どおりになる優れもの。復元力が高いため、長時間の移動がつきものな出張が多いビジネスマンや、一日中座りっぱなしでパンツのシワが気になってしまうビジネスマンにおすすめしたい生地です。

おすすめ生地③15milmil15(15ミルミル)

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/393853929902779002/

15ミルミルと呼ばれるこちらの生地は、ゼニアで取り扱う生地の中で最も高級な素材を使用しています。まるでシルクのようななめらかでしっとりとした肌触り。希少価値の高い極細糸を使用しており、柔らかさだけでなく、ハリとコシを持ち合わせているのが大きな特徴です。「最高級のスーツを着たい!」という人は、迷わず15ミルミルを選ぶことをおすすめします。

おすすめ生地④ELECTA(エレクタ)

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/80079699609722741/

1929年に発売が開始されたエレクタ。ゼニアのロングセラー生地で多くのビジネスマンから愛用され続けています。エレクタは、生地の復元力が高いため、シワが戻りやすいのが特徴。やや太めの糸を使用しているため、3シーズン着用可能な生地などに比べると重めです。その分耐久性が高く丈夫なので、動くことが多い仕事などでの着用も安心。価格も比較的リーズナブルなので、幅広い世代の人におすすめしたい生地です。

おすすめ生地⑤Trofeo Cashmere(トロフェオ カシミヤ)

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/364017582357430120/

ゼニアのジャケットなどでも使用されるトロフェオカシミヤ。ウール95%、カシミヤ5%で作られておりソフトな肌触りが特徴です。95%のウールは、トロフェオの最高級素材を使用。カシミヤも最高峰のものを使用しているので、一般的なウールカシミヤの着用感よりも格段良いものとなっています。

 

さいごに

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/639440847068998504/

長い歴史と製品への強いこだわりを持つゼニアは、大人の魅力をより一層引き出してくれる最高のブランド。世界中の人々を虜にする理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。ゼニアのスーツやネクタイ、ジャケットなどを手に入れて、ワンランク上のビジネススタイルを目指しましょう。

↓こだわりスーツの関連記事はコチラ↓

<世界最高峰のスーツブランド特集>

ビジネスマンの必須アイテムであるスーツ。スーツ一つでその人の雰囲気はガラッと大きく変わります。それほど重要なアイテムであるということです。 ...
画像引用元:https://www.pinterest.jp 男の勝負服であるスーツは、その人自身を表す重要なアイテム。どんなスーツを着て...

<こだわりのオーダースーツ特集>

スーツは、男の魅力を最も引き出せるアイテム。 サイズの合わないスーツを着ると寂れた印象になりますが、身体にフィットするスーツを着ると2割増...
「住みやすい街」として幅広い世代から人気の高い池袋エリア。池袋駅には8路線が乗り入れており、抜群のアクセスの良さを誇ります。大型百貨店や暮らしに...
新宿駅は、巨大ターミナル駅として日々数多くの人々が行き交う街。「住みたい街ランキング」などにも上位に選ばれるなど、非常に人気のエリアです。さまざ...
画像引用元:pinterest 有名ブランドをはじめとする世界各国の名店が居を構えるお洒落の中心地、銀座。オーダースーツ店に関しても、当然...