2019/05/02

創業1935年の国産老舗_花菱/HANABISHIのオーダースーツの評判・費用を徹底紹介

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

数あるオーダースーツ店の中でも、クオリティーの高さとデザインの良さに高い評価を得ているオーダースーツ店・花菱。オーダースーツの購入を考えている人なら一度は耳にしたことがあるショップではないでしょうか。

また、価格帯からエフワン・ダンカン・グローバルスタイルと比較されることが多いですが、
花菱は4万~20万の中価格帯╱フィット感に定評あり/1935年創業の日本最古の国産オーダースーツ工場保有╱社会貢献という特徴があります。

この記事では花菱でスーツを作る前に読んでおきたい必須情報と、先輩たちの口コミを紹介していきます。

花菱(HANABISHI)とは?

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp/

創業から80年以上と長い歴史を持つ花菱。オーダースーツ界のパイオニアといっても過言でがありません。そんな有名オーダースーツ店・花菱ですが、歴史や特徴などをしっかりと把握している人は少ないはず。ここからは花菱について徹底的に解説していきます。それでは見ていきましょう。

花菱(HANABISHI)の歴史

画像引用元:http://www.hanabishi-sewing.jp

花菱は1935年に埼玉県さいたま市で誕生した老舗のオーダースーツ店。オーダースーツのパイオニアとして走り続けています。創業当初からしばらくは、有名百貨店からの受託でオーダースーツを生産していました。1962年には岩槻市に自社工場を構え、飛躍的に成長を遂げていきます。

その後、関内・八王子・千葉と続々と店舗を展開していき、現在では関東・東海・東北・北陸・北海道に15店舗以上のオーダースーツ店を展開しています。

メンズだけではなく、レディースのオーダースーツも取り扱い。幅広い世代から高い評価を得ているオーダースーツ店です。

花菱(HANABISHI)の特徴・こだわりは?

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp/items/

花菱の最大の特徴は、製品の100%を国内自社工場で生産していること。長年でつと買ってきた経験を最大限に生かし全ての製品を企画・生産しています。生地の裁断から縫製、仕上げまで全てを国内工場で熟練の職人が行なっているのでクオリティーは安心です。

オーダーメイドの本場である、イタリアやイギリスの伝統や専門性をとても尊重しているため、作り手の「職人」としての思いがとても強いと言えます。

花菱は日本ではじめてオーダースーツの工場をシステム化。効率的な生産と職人の手作業をうまく組み合わせ高品質でリーズナブルなオーダスーツを提供しています。

花菱(HANABISHI)のオーダータイプは?

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp/items/mens/suit/

花菱のオーダータイプは「イージーオーダー」を採用。イージーオーダーとは、あらかじめ用意されたサンプルゲージから好みのものを選んで、そこから体型補正を加えていくという方法です。パターンオーダーと比べると補正箇所や補正できる幅が広いため、自分の求めるスーツにより一層近づけることができるという魅力があります。

また一般的なパターンオーダーよりも、選べるディテールが多いのも特徴。はじめての人もそうでない人も満足のできる一着を手に入れられるでしょう。

フルオーダーではないので、仮縫いの工程はありません。

※イージーオーダーの解説記事はコチラ

花菱(HANABISHI)の取り扱い生地は?

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

花菱では、高級インポート生地から手頃な価格のエントリーモデルまでバリエーション豊かに生地を取り揃えています。また、ビジネスシーンにぴったりなストレッチや撥水などの機能に特化した生地も用意されているのが嬉しいですね!シーズンごとに一部入れ替えがあるので、お目当の生地がある人はショップで確認しましょう。

花菱(HANABISHI)の生地ブランド一覧

花菱(HANABISHI)のスタイル(モデル)

花菱のイージーオーダーは3つのスタイルを用意。わかりやすい選択肢なので、初心者の人にも安心です。ではそれぞれのモデルについて詳しく見ていきましょう。

花菱(HANABISHI)のモデル①BRITISH(ブリティッシュ)

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

英国の伝統的なデザインをベースとしたモデル「ブリティッシュ」。全体が直線的な作りでスタイリッシュな印象です。広めの肩幅と高い位置のウエストラインが特徴。ウエストのシェイプもしっかりとされているので、すっきりとした見た目を演出します。英国調の基本であるサイドベンツを採用。年齢を選ばないオールマイティーなモデルです。

花菱(HANABISHI)のモデル②ITALIAN(イタリアン)

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

「美しく、心地よく」をテーマに作られたこちらのモデル。機能性と美しさのどちらも兼ね備えた万能なモデルです。イタリアンモデルをベースにしているため、ややゆとりのあるデザインに。肩パットを無くし毛芯で仕立てることで、心地よくフィットし体を包み込みます。ブリティッシュとは違い曲線を多用しているため、さらに着心地はアップ。花菱の経験と技術が詰め込まれたモデルです。

花菱(HANABISHI)のモデル③INTERNATIONAL(インターナショナル)

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

ヨーロピアンモデルをベースにしたこちらのモデル。広い肩幅やしっかりと取られたウエストライン、ゆとりのある袖など全体的にゆったりとしています。ほどよいVゾーンですっきりとした印象。体格のしっかりした人やアクティブなビジネスマンにおすすめしたいモデルです。

花菱(HANABISHI)の納期は?

画像引用元:https://www.pinterest.jp

花菱のオーダースーツが出来上がるまでの期間は、3週間〜4週間と平均的な納期です。特別早いということはありませんが、イージーオーダーでは一般的。

注文内容や時期によってさらに時間がかかってしまうこともあるので、事前にお店へ確認しておくことをおすすめします。

花菱(HANABISHI)の値段は?

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

花菱は高品質なスーツをお手頃な価格で手に入れられることでも人気。生地のランクによって11パターンの価格が設定されています。

シングル2ピーススーツは39,000円〜180,000円。シングルスリーピーススーツは49,000円〜225,000円となっています。

またシングルからダブルの仕立てに変更はプラス5,000円で行えます。

花菱(HANABISHI)の有料オプションは?

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

スーツのオプションは自分らしさを演出する大切なポイント。花菱では、無料・有料問わず多くのオプションを用意しているのも特徴です。一部ですが人気の有料オプションを紹介します。

  • 本切羽 2,000円
  • ハンドステッチ 2,000円
  • ボタンホール色糸指定 1,000円
  • 内ポケットファスナー 1,000円
  • スラックスシロセット加工 2,000円
  • スラックスウエストアジャスター 3,000円

この他にもバリエーション豊かにオプションが用意されています。詳しくは店舗へ確認しましょう。

花菱(HANABISHI)の評判・口コミをチェック!

花菱の歴史や特徴についてはお分りいただけたと思います。しかし実際にスタッフの対応や仕上がりなどやってみないと分からない部分も多いですよね。ここで実際に花菱でオーダースーツを作った人の評判や口コミをチャックしていきましょう。

5万以下でオーダースーツを作れるのはコスパは良いと思います。着心地もいいですし、縫製もしっかりしています。

引用元:https://stockstuck.com/2018/04/18/hanabishi/

色々と細かいアドバイスを頂けますし、スタッフの対応も笑顔で気持ちのよい店です。夫婦で利用していますが、夫と私で、別のスタッフがちゃんと付いてくれたのは感動しました。

引用元:http://hyobanjapan.com/suit/hanabishi.html

 

基本のラインはブリティッシュな感じですから、オーソドックスですよね。縫製は日本でも優良の方で、洗練さはイマイチだけど、品質は安心。

引用元:http://hyobanjapan.com/suit/hanabishi.html

花菱(HANABISHI)のアイテムは?

生地から作るオーダースーツは、既製品と違い出来上がりまでその物を確認できないというデメリットもあります。特にオーダースーツ初心者はそんな仕上がりなのか不安に感じることもあるのではないでしょうか。ここからはアイテムごとに完成品を紹介していきます。

花菱(HANABISHI)のスーツ

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

すっきりとしたシルエットと、細めのラペルが特徴的なこちらのスーツ。スタイリッシュな印象で着る人を選ばないスーツだと言えます。また機能性に優れた生地を使用しているため、毎日の仕事で着用するときも安心です。

花菱(HANABISHI)のベスト・シャツ・パンツ

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

爽やかなストライプのベストにホワイトのシャツを合わせたこちらのコーディネート。どちらのアイテムも花菱でオーダー可能です。カーキカラーのコットンパンツでリラックス感もプラスしています。

花菱(HANABISHI)の店舗一覧

花菱(HANABISHI)山形店

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

・店舗の場所 山形県山形市本町1丁目7-31 大二ビル

・最寄り駅 山形駅

・店舗のURL https://www.hanabishi-housei.co.jp/shop/yamagata/

花菱(HANABISHI)横浜 関内店

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

・店舗の場所 神奈川県横浜市中区真砂町2丁目12 関内駅前第一ビル

・最寄り駅 関内駅

・店舗のURL https://www.hanabishi-housei.co.jp/shop/kannai/

花菱(HANABISHI)渋谷店

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

・店舗の場所 東京都渋谷区渋谷3-7-1 ヒラゼンビル

・最寄り駅 渋谷駅

・店舗のURL https://www.hanabishi-housei.co.jp/shop/shibuya/

花菱(HANABISHI)銀座店

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

・店舗の場所 東京都中央区銀座1-7-17 銀座一丁目ガス灯通りビル 1F・2F

・最寄り駅 銀座一丁目駅

・店舗のURL https://www.hanabishi-housei.co.jp/shop/ginza/

花菱(HANABISHI)横浜 馬車道店

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp

・店舗の場所 神奈川県横浜市中区南仲通4丁目55-1 国際馬車道ビル1F

・最寄り駅 馬車道駅

・店舗のURL https://www.hanabishi-housei.co.jp/shop/bashamichi/

まとめ

画像引用元:https://www.hanabishi-housei.co.jp/catalog/webcatalog_2018aw/

オーダースーツのパイオニアである花菱。オーダースーツの購入を検討している人は必ずチェックしておきたいところです。随所にこだわりを持ちながらもリーズナブルな価格から展開しているため、値段を重視する人や品質を重視する人などさまざまな人の要望を叶えてくれるオーダースーツ店だ。花菱で素敵なスーツに出会えることを願っています。

よく比較されるDANKAN・SADAの特集記事はコチラから

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/248260998189014229/ 全国的に多くの店舗を展開して...
画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/298152437803620343/ 全国に数あるオーダースーツ店...

 

オーダースーツの関連記事はコチラ!

スーツは、男の魅力を最も引き出せるアイテム。 サイズの合わないスーツを着ると寂れた印象になりますが、身体にフィットするスーツを着ると2割増...
画像引用元:pinterest 有名ブランドをはじめとする世界各国の名店が居を構えるお洒落の中心地、銀座。オーダースーツ店に関しても、当然...
「住みやすい街」として幅広い世代から人気の高い池袋エリア。池袋駅には8路線が乗り入れており、抜群のアクセスの良さを誇ります。大型百貨店や暮らしに...
日本の三大都市のひとつである名古屋。繁華街にはファッションビルや多くの飲食店が軒を連ね、多くのオーダースーツ店が店を連ねます。 そんな名古屋で...
wikipedia 九州の北側にある福岡は、九州やアジアの玄関口として多くの人々が訪れます。百貨店などの商業施設も多く、ファッションやグルメな...