2019/06/25

2万円以下でもオーダースーツが作れる!オーダースーツSADAの魅力・口コミを徹底解説。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/298152437803620343/

全国に数あるオーダースーツ店の中で群を抜いてロープライスなのがオーダースーツ店SADA。既製品のスーツを購入する感覚でオーダースーツを作れるので、幅広い世代から人気のオーダースーツ店です。

しかし「そんなに安くて品質は大丈夫?」と不安に感じる人がいる事も事実です。
今回はそんな悩みを払拭するべく、オーダースーツSADAについて詳しく解説していきます。オーダースーツ店選びの参考にしてください。

オーダースーツSADA(佐田)について

画像引用元:https://www.ordersuit.info/

オーダースーツの購入を検討している人は、必ず一度は耳にしたことがあるであろうSADA。「リーズナブル」というイメージが先行して、歴史や特徴など他の特徴を知らないという人も多いのではないでしょうか。また、品質に不安を感じている人も具体的に知ることで、その不安をを少しでも解消できるでしょう。ここからはSADAについて詳しくお話ししていきます。それでは見ていきましょう。

オーダースーツSADA(佐田)の歴史

画像引用元:https://maonline.jp/articles/sada20181-2

1923年に誕生したSADA。本社を東京都千代田区に置き全国へ店舗を展開しています。創業90年以上の歴史を持つ数少ないオーダースーツ店です。創業当初は服飾雑貨卸商としてスタート。戦後は焼け野原に羅紗卸問屋として見事に再建しました。生地の卸問屋であったSADAは、後に縫製業い進出し、仙台と北京に自社工場を所有。長い歴史の中で培った経験やルートによって、生地の仕入れから生産まで一貫して自社で行うことができるのです。

現在では全国に40店舗以上を展開する大規模チェーン店に成長。北京に自社工場を持っていることから中国にも実店舗を構えているのも特徴です。またオンライン販売も行なっています。

オーダースーツSADA(佐田)の特徴・こだわりは?

画像引用元:https://www.im-kokura.info/shop/index/127

SADAは、オーダースーツの生産をしっかりとシステム化しているのが特徴。仙台と北京の自社工場を拠点にしていますが、神田にあるテクノセンターでその生産をWEBコントロールしているのです。

スーツの生産においても自動システム化されているのもSADAのポイント。店舗から送られてくる採寸情報を元に「CAD(自動設計システム)」でお客様一人一人の型紙をおこします。ここがSADAのウリとしている「マシンメイドのフルオーダー」という理由です。

CADでおこした型紙を元に次は「CAM(自動裁断機)」によって正確に裁断していきます。裁断の工程を自動化することによって、寸法のミスがなくなるというというのがメリットです。縫製に関してはプロの手作業で行われています。このようなマシンと手作業のハイブリッドがSADAの最大の特徴だと言えます。

全ての工程において自動化を進めているSADAは、業界トップクラスの低コストを実現。そのためリーズナブルな価格でオーダースーツを提供できるのです。

また、SADAのスーツづくりの想いをまとめた分かりやすい動画がありますので、そちらもご紹介します。

SADAのスーツは富士山に登れるくらい動きやすい。

SADAの広告を見た方はサッカー選手が着ている姿をよく目にしているでしょう。スーツ着用後の動きやすさには定評があり、社長自らが「SADAのスーツを着て●●をする」という企画で証明しています。

2018年には「オーダースーツでスキージャンプ!」「オーダースーツで東京マラソン!」「オーダースーツで富士登山!」「オーダースーツで冬の山スキー!」「オーダースーツで富士山頂から山スキー!」「オーダースーツで剱岳!」「オーダースーツで磯釣り」と7作品を展開しています。ご一読の価値はある動画集です。

オーダースーツSADA(佐田)のオーダータイプは?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/143833781832986836/

SADAは他のオーダースーツ店と比べて独自のオーダータイプをとっている数少ないショップです。既存のゲージを試着しスーツを仕立てる「パターンオーダー」「イージーオーダー」と、一人一人のパターン(型紙)を起こしてハンドメイドで仕立てる「フルオーダー」と分けられますが、 SADAは「マシンメイドのフルオーダー」を展開しています。

SADAでは、店舗でお客様の細かい採寸とカウンセリングをオーダーシートを作成。そのデータを自動システムに入力してその人だけのパターンを起こします。

出来合いのパターンを使用するとどうしてもフィット感に物足りなさを感じてしまうことから、一人一人のパターンを起こさないとオーダースーツとしてのスペックをしっかり果たせないという考えからこのシステムが作られました。

マシンメイドとは言え、このリーズナブルさで自分だけのパターンを起こしてくれるというのは大きな魅力ですね!

オーダースーツSADA(佐田)の取り扱い生地は?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/364017582364579957/

SADAでは、有名インポート生地はもちろんのこと、低価格なオリジナル生地なども豊富に取り扱っています。撥水加工を施した高機能な生地なども用意されているため、きっと自分に合った生地を見つけられるはずです。また、服地卸問屋という一面も持つSADAは、インポート生地も他のオーダースーツ店に比べてややリーズナブルだと言えます。

SADA(佐田)取り扱い生地ブランド一覧

  • ベーシック服地(ウール60%/ポリ40%)
  • スタンダード服地(ウール70%/ポリ30%)
  • 快適機能服地(ウール70%/ポリ30%)
  • ファインウール服地(ウール100%)
  • ナチュラルストレッチ服地(ウール100%)
  • JOHN FOSTER (ジョンフォスター)
  • REDA(レダ)
  • 長大
  • カノニコ
  • グラントリノ
  • カバラーネ
  • チェルッティ
  • グアベロ
  • ゼニア

オーダースーツSADA(佐田)のスタイルは?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/539587599087998096/

要されているサンプルゲージからスーツを仕立てるのとは違い、一人一人のパターンを作成するSADAには「モデル」というものはありません。しかし、SADAが提案スタイルを基準としてスーツを作っていけば、迷うことが少ないでしょう。それではおすすめスタイルをチェックしていきましょう。

オーダースーツSADA(佐田)のおすすめスタイル①ブリティッシュスタイル

画像引用元:https://www.ordersuit.info/sada_suit/mens

前ボタンをやや高めの位置に設定しているブリティッシュスタイル。厚めの肩パッドを使用し、ガッチリとした肩周りも大きな特徴です。広めのラペル幅やチェンジポケットがクラシックな雰囲気を演出。すっきりとタイトなシルエットでありながらも、どっしりとした雰囲気は大人の男性にぴったりです。ビジネスシーンを知的に演出します。

オーダースーツSADA(佐田)のおすすめスタイル②イタリアンスタイル

画像引用元:https://www.ordersuit.info/sada_suit/mens

非常に薄い肩パッドを使用しており、ナチュラルな着心地が特徴のイタリアンスタイル。ゴージラインをやや高めに設定しているため、すっきりとした印象です。ブリティッシュスタイルと比べて、全体的にコンパクトな作りで美しいシルエットが魅力的です。

オーダースーツSADA(佐田)のおすすめスタイル③アメトラスタイル

画像引用元:https://www.ordersuit.info/sada_suit/mens

アメリカの伝統的なスタイルであるアメリカントラッド。それを基調として作り出されるアメトラスタイルは、段返りの3ボタンやアウトポケットが特徴です。パンツは定番のダブルをチョイス。ややカジュアルな雰囲気もポイントです。1950年代に日本で大流行した「アイビールック」を思わせるデザインは、現在でも多くの人から愛されています。

オーダースーツSADA(佐田)の納期は?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/763923155515446602/

SADAではオーダースーツを注文してから出来上がるまでに4週間程度の期間がかかります。一般的なオーダースーツ店の納期とさほど変わらないです。注文時期によっては生産が混み合ってしまうため、さらに時間がかかることも。購入の際にしっかりと確認しておくことが大切です。

オーダースーツSADA(佐田)の値段は?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/863565297272601012/

SADAは、選択する生地によって価格が変わるシステムです。非常にリーズナブルな価格から用意されているので、オーダースーツ初心者も安心してチャレンジできます。

最もお手頃価格なのが「ベーシック服地(ウール60%/ポリ40%)」を使用したスーツで、24,800円と驚きの価格です。ゼニアやチェルッティなどの高級生地を使用したスーツは108,000円で仕立てられます。全体的にお手頃価格なので、2着3着と追加でオーダーしたくなる人も多いです!

オーダースーツSADA(佐田)の有料オプションは?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/556194622709967083/

オーダースーツをより楽しむために欠かせないオプション。オプションを好みに合わせてチョイスすることで、自分だけの一着だという愛着もより一層湧くというものです。

SADAでも有料オプションを数多く取り揃えています。一部ですが人気のオプションをご紹介します。

SADA(佐田)のジャケット有料オプション

  • 台場仕立て
  • 本切羽
  • AMFステッチ
  • 重ね釦
  • チェンジポケット
  • ピンポイントステッチ
  • 有料釦
  • 有料裏地
  • 前釦ダブル
▼スーツの裏地をもっと知りたい方はコチラ
https://www.pinterest.jp スーツの裏地の選び方や組み合わせ方を徹底紹介 画像引用先:https://www....

SADA(佐田)のパンツ有料オプション

  • アジャスター
  • 股ずれ防止シック
  • PP加工等

オーダースーツSADA(佐田)の評判・口コミをチェック!

SADA

画像引用元:https://www.facebook.com/ordersuitsSADA

SADAの歴史や特徴などさまざまなポイントを紹介してきましたが、実際に来店する前に知りたいのが評判や口コミですよね。スタッフの対応や出来上がり品の品質など、実際にお店へ行った人でないとわからないポイントは気になります。ここからはSADAの口コミを集めてみましたので、来店前にしっかりとチェックしておきましょう。

webオーダーを利用しましたが、ラペルの幅が選択できなかったのは残念な部分。(もう少し太くしたかった)でも、生地や縫製はしっかりしているし、大きな商談のときにはやっぱりオーダーしたものがテンション上がるので、勝負スーツにしています。

引用元:https://first-class-businessperson.com/fashion/09/133/

 

オーダースーツに着目した時に、佐田(SADA)に出会いました。仕事帰りや自宅で空いた時間を利用して選ぶ事ができるので、自分に合っていると思いました。デザインや生地も豊富で、これからも選ぶのが楽しみです。

引用元:http://ordersuit-hikaku.com/kuchikomi/ordersuit/

 

パンツの裾にちょっと問題が出ましたが、スタッフの方が緊急対応で、不安はあったものの、結局イベントに間に合ったので、評価は高いです。

引用元:http://hyobanjapan.com/suit/sada.html

オーダースーツSADA(佐田)のアイテムは?

オーダースーツは既製品のスーツと違い、出来上がりのイメージがしにくいという特徴があります。そのような点もオーダースーツにチャレンジできない原因の一つになっているという人もいるでしょう。ここからはSADAのアイテムを完成品で紹介します。

オーダースーツSADA(佐田)のスーツ

画像引用元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/sandars/special/collection/col-kanda/post_001086.html

ピークドラペルと段返りの3ボタンが特徴の3ピース。チャコールグレーの無地でシックな印象です。裏地にワインレッドのをチョイスして、オリジナリティーを出しているのもポイントです。

オーダースーツSADA(佐田)のシャツ

画像引用元:https://www.ordersuit.info/storeblog/th_sendaiekimae/2018/01/post-187.html

SADAではオーダーシャツを取り扱っています。体にジャストフィットしたオーダーシャツは、シルエットの美しさと動きやすさのどちらも手に入れられます。ホワイト無地のシンプルなワイシャツですが、既製品とは比べもににならないくらいの着心地を実現してくれます。

▼オーダーシャツをもっと知りたい方はコチラ
ワイシャツはオーダーメイドがおすすめ! 「どうもしっくり来るワイシャツが見つからない」「体にフィットしない」と考えているオシャレにこだわり...

オーダースーツSADA(佐田)の店舗一覧

オーダースーツSADA(佐田)横浜ショールーム

画像引用元:https://www.ordersuit.info/tenpo/kt_yokohama.html

・店舗の場所 神奈川県横浜市西区南幸2-8-18 勝海ビル3F

・営業時間 10:00~19:00 (水曜休み)

・最寄り駅 横浜駅

・店舗のURL https://www.ordersuit.info/tenpo/kt_yokohama.html

さまざまなおしゃれスポットや人気施設がある横浜は、若年層から年配までとても多くの人で賑わっている神奈川で最も人気の街です。そんな横浜にはオーダー...

オーダースーツSADA(佐田)町田ショールーム

画像引用元:https://www.ordersuit.info/tenpo/kt_machida.html

・店舗の場所 東京都町田市森野1-39-15 三ノ輪ビル森野2F

・営業時間 10:00~19:00 (火曜休み)

・最寄り駅 町田駅

・店舗のURL https://www.ordersuit.info/tenpo/kt_machida.html

オーダースーツSADA(佐田)川崎ショールーム

画像引用元:https://www.ordersuit.info/tenpo/kt_kawasaki.html

・店舗の場所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町5番地1美光ビル3階

・営業時間 10:00~19:00 (火曜休み)

・最寄り駅 川崎駅

・店舗のURL https://www.ordersuit.info/tenpo/kt_kawasaki.html

オーダースーツSADA(佐田)仙台駅前ショールーム

画像引用元:https://www.ordersuit.info/tenpo/th_sendaiekimae.html

・店舗の場所 宮城県仙台市青葉区中央1-10-1ヒューモスファイブビル6F

・営業時間 10:00~19:00 (水曜休み)

・最寄り駅 仙台駅

・店舗のURL https://www.ordersuit.info/tenpo/th_sendaiekimae.html

画像引用元:icotto.jp 東北地域ナンバー1のターミナル駅である仙台。大型商業施設も多く、生活に恵まれた環境が揃っている街です。昔な...

まとめ

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/393853929898501134/

独自のシステムを作り出し、オーダースーツをより身近なものにしたSADA。リーズナブルな理由もしっかりとお分かりいただけたのではないでしょうか。手軽にオーダースーツを作れるので、特に初心者の人におすすめなオーダースーツ店です。ぜひ一度足を運んでみて下さい。

[simple-author-box]

オススメの関連記事はこちら

▼実際にオーダースーツを作った体験記事はこちら

スーツ歴10年・オーダースーツも3着目となり、そろそろ夏物のジャケットが欲しいなと思い、友人の間で評判の良い「ディファレンス」に行って実際に購入...
オーダースーツを一昨年から2着作り、いつかはゼニアのオーダースーツが欲しいなと思いながら『ゼニアのフルオーダースーツは30万円はする』と先輩に言...

▼オーダースーツの関連記事はコチラ

スーツは、男の魅力を最も引き出せるアイテム。 サイズの合わないスーツを着ると寂れた印象になりますが、身体にフィットするスーツを着ると2割増...
Pinterest 「ビジネスマンの戦闘服」とも言われるスーツ。どんなスーツを着ているかによって、その人の印象は大きく変わります。その中でも最...
https://www.pinterest.jp/pin/157837161919544364/ スーツを買う上で多くの人が悩むのが、「ど...