記事更新日:

誰かに助けてほしい!辛い時に思い出してほしい対処法や名言をご紹介!

普段、何気に生活している中でも、人それぞれ悩みがあります。目の前に立ちはだかる高い壁を乗り越えることが辛く、自分ではどう対処して良いか分からないこともあるのではないでしょうか?今回は、そのような誰かに助けてほしいと感じる辛い場面に直面した時に、ぜひ役立ててほしい対処法や、心を強く持つことができる名言を3種類ご紹介します。誰かに助けて欲しい原因から対処法、求め方まで徹底解説していきます。

誰かに助けてほしいと思う時の原因は?

人一倍努力を重ねていても、どうしても成果が表れないという経験は誰しもあることでしょう。そのような時、自分の心が弱くなり、誰かに頼りたい、助けてほしいと感じる方も少なくありません。

とは言え、実際にどのような時、自分が人に頼りたくなるのか、自分自身では分からないことが多いと言われています。

ここでは、そのような場面に遭遇した時、なぜ人は助けを求めるのか、その原因やそう思う瞬間を以下に5点ご紹介します。いったいどのようなシチュエーションで助けてほしいという感情を抱いているのか、ひとつずつ原因を探っていきましょう。

1人で悩まずプロに相談してみよう!【エキサイトお悩み相談室】

「エキサイトお悩み相談室」は、24時間365日実績豊富なカウンセラーと電話ですぐ話せるオンライン相談室です。人間関係や仕事、子育て、不倫や浮気にいたるまで、メンタルにかかわる全ての悩みに160人以上のカウンセラーが親身に寄り添ってくれます。

サービス開始から15年、安全なシステムにより電話番号・名前も知られずに、辛いことがあった時はいつでも場所を選ばずに予約なしで電話やメールで相談できます。

在籍しているカウンセラーは全員、厳しい審査を通過した経験・実績豊富な実力者ばかり、誰にも相談できない悩みごとがあったら、1人で悩まずプロに相談してアドバスしてもらうことで、良い解決策が見つかるかもしれません。

エキサイトお悩み相談室の公式HPを詳しく見る

助けてほしいと思う原因①仕事の失敗

人は自分なりに一生懸命努力をする場面がたくさんあります。特に仕事においては自分の実力を試すチャンスが多々あると言えます。しかし、どんない注意して業務を行っていても、自分の不注意によって大きなミスを犯してしまうこともあるでしょう。

それが故意ではないにしても、やはりそれまでの努力を考えると自己嫌悪に陥ってしまい、その後落ち込み度合もひどく、立ち直るには時間がかかってしまうこともあるかもしれません。

時に、その人の性格によっては、自分一人で責任を抱え込み、思い詰め、ひどく悩んで自分を責め立ててしまうこともあるでしょう。

また、失敗によって自分自身を責めることもあれば、周囲から反感をかってしまうこともあるでしょう。このように、どこにも逃げ場がない状況に置かれた場合、誰かに助けを求める姿勢を見せることがあります。

助けてほしいと思う原因②人間関係

自分では周囲の人に気付かいながら過ごしているつもりでも、同じ人間同士ですから些細なことがきっかけで人間関係に深い溝を作ってしまうこともあるでしょう。

それが修復可能なものであれば良いですが、修復の見通しがなく、また、仮に修復の見込みがある場合でも、相当の時間がかかってしまうなど、精神的にも辛い日々を過ごすことになってしまいます。このような状況に自分がいた場合、誰かに助けてほしいと強く思うことがあるでしょう。

中には人間関係の悪化がストレスとなり、その場から逃げ出したい気持ちになることもあります。特に深く思い悩む方が陥りやすい状況だと言えるでしょう。このように、人と人のつながりに深い溝ができてしまうと人は助けてほしいと思う原因になることがわかります。

助けてほしいと思う原因③恋愛の悩み

私たちはいつも自由に恋愛を楽しんでいます。「好き」の感情を相手に伝えることで楽しく笑顔でいられるのは言うまでもありません。

しかし、自分が好意を寄せる人から目を向けてもらえない時、あるいはすでに恋人同士の関係性であるにも関わらず、何らかの原因によって別れが訪れてしまった時は、何とも言えない喪失感が襲ってくることでしょう。

このように、恋愛がうまくいかず悩みを抱えている時こそ、誰かに助けてほしい、話を聞いてほしいなどと感じる方が多い傾向です。

助けてほしいと思う原因④いじめを受けている

現代も問題視されている「いじめ」は、学校に留まらず、職場でも現実に起こるなど、大きな社会問題となっています。もしも自分が職場や学校でいじめを受けていた場合、精神的にも相当のストレスを感じ、その場にいられず常に誰かに助けてほしいと願っています。

さらに、いじめを受けている人こそ、その悩みを一人で抱え込んでしまうため、周囲の人に悩んでいることに気付かれることがないこともあります。苦しく辛い日々を過ごしてしまうなど、そのような時こそ誰からに助けを求めるべきだと言えるでしょう。

助けてほしいと思う原因⑤家庭でのストレス

現代に生きる私たちは、毎日多忙な日々を過ごしています。その中で、家事や育児をこなし、目まぐるしく過ぎ去る1日をやっとの思いで過ごす方が大半だと言われていることをご存知ですか?

このような生活を続けることは、精神的な負担を抱えることになり、多大なストレスを感じる他、ひどい場合は体調不良に見舞われることもあるでしょう。

ここまで自分が追い込まれてしまうとさすがに誰かに助けてほしいと願うものです。夫婦関係、そして慣れない育児など、家庭でのストレスを抱えていることに助けを求める方が多いと言えるでしょう。

誰かに助けてほしいと感じた時の対処法【マインド】

このように、自分が極限な状態に追い込まれ、辛さを感じた時、誰かに助けを求めたとしても、それはただ漠然とした思いにすぎず、結果的に今の状況から脱出することは難しくなってしまいます。

そのような状況に自分が向いてしまわないよう、誰かに助けて欲しいと思った時にどのように対処すれば良いか、最善の対処法を以下に5点ご紹介します。適切に対処することで自分の思いを少しでも楽にすることができます。ぜひ実践すべき対処法を確認していきましょう。

対処法①時には逃げる選択肢もある

これ以上自分の力では物事を解決していくことが不可能な状況である、あるいは極限まで追い詰められてしまったら、人は周囲の状況に気付くことができません。

それほど精神的苦痛を感じているため、その時はその場から逃げてしまうことが最善の方法であると言えます。これ以上無理をすることで身体へのストレスが表立ってしまい、すべてをマイナスにしか捉えることができなくなってしまうからです。

精神的に病んでしまう恐れもあることから、時に逃げるという選択肢でその場から立ち去る勇気を持ってみてください。

対処法②見栄にこだわらない

これまで自分でそれなりに対処してきた方は、ある程度のプライドがあるため、自分の見栄っ張りな性格やこだわりから、誰かに頼ることをしない姿勢を見せることがあります。

しかし、極限な状況に追い込まれた自分には、もう、自力で解決する方法を見出すことができません。だからこそ、自分の見栄ばかりを前面に押し出すのではなく、恥ずかしさや見栄を捨て、誰かに助けを求めてください。

対処法③悩んでいるのは自分だけではない

辛く悲しく落ち込んでいる時、人はネガティブ思考になる傾向です。そのため、物事に対しての意欲もなくなり、自分の殻に閉じこもって悩み続けてしまう方も多いと言われています。

そのような時は、「自分と同じような悩みを抱えている人はたくさんいる」「自分だけが悩んでいるのではない」という思いを持ってみてください。

そのように考えられるようになると気持ちがとても楽になります。さらに、落ち着いて物事を捉えることができるようになるため、気持ちが少し前向きになるでしょう。

対処法④辛いことは自分の成長につながる

誰もが自分の人生の中で、必ず辛いと感じる場面に直面します。しかし、その場面から逃げず、真っ向勝負で挑んでいく姿勢、そして努力を重ねることで自分を奮い立たせ、それが自分の成長につながるのです。

だからこそ、逃げるという楽さを選択するのではなく、成し遂げることで達成感を味わい、自分を成長させていくようにしましょう。

対処法⑤楽しみに目を向ける

人は辛いことを経験すると、そのことばかりが頭に残り、楽しいことを考えることができなくなってしまいます。それでは一向に前に進むことができません。

そのため、辛いと感じる時こそ、今の自分が最大限に楽しいと感じることに目を向け、明るく過ごすことを心掛けてみてください。そうすることで自分の気持ちを高め、ポジティブ思考を持つことができるようになるでしょう。

誰かに助けてほしいと感じた時の対処法【行動】

次は、誰かに助けを求める時、どのような行動をとれば良いのか、以下にその対処法を5点ご紹介します。適切に行動することで、必ず辛い自分に手を差し伸べてくれる人がそばにいるはずです。それではひとつずつ確認していきましょう。

対処法⑥状況を書き出してみる

自分が何かに対して大きな悩みを持っているなら、その解決の糸口が見えるなら、冷静に対処していくことができます。そのためにも、今の状況を紙に書き出してみてください。

ひとつひとつを確実に対処していけば、最も良い改善策が見つかるはずです。そのため、まずは現在の状況を把握するためにも、紙に書き出して整理してみてください。

対処法⑦寝て体を休める

たくさんの悩み事がある時こそ、目をあけていれば様々なことが錯綜することで浅い眠りになってしまいます。そうすると日々の疲れも取れず、体調不良に陥ることもあるでしょう。

そのようなことを避けるためにも、冷静な思いを持つことができる、さらに、何も考えず自分の気持ちが晴れるまで眠り続けてください。そうするとイライラした思いや荒立つ気性を落ち着かせることができるでしょう。

対処法⑧誰かに気持ちを聞いてもらう

これ以上自分一人で抱えることができないくらい辛い状況に置かれた場合は、誰かに自分の思いを聞いてもらうのが一番良い対処法かもしれません。

その時、自分を理解してくれる心を許せる人に相談する、あるいは、自分と同じ境遇を経験してきた方に相談すると良いでしょう。

すでに経験した方であれば、解決のためのヒントをもらえるはずです。そして、明るい未来に向いて突き進むことができるなど、勇気を与えてもらうこともできます。

対処法⑨運動する

多大なストレスを抱えている状況の中は、精神的にも肉体的にも極限の状態であると言えます。そのような時は、気分を変えて身体を動かしリフレッシュするのがおすすめです。

ジョギングや筋トレなど、自分がストレス発散につながる運動を取り入れてみてください。そうすることで身体を健康に、また、気持ちを楽に持つことができるようになるでしょう。

対処法⑩専門の相談機関に頼る

自分の周囲に、どうしても誰にも相談することができず一人で悩みを抱えている方も多いはずです。その場合、自分一人ですべてを抱え込むのではなく、相談機関を頼り、自分の思いを打ち明けてみてください。

誰かに頼る勇気は必ず必要であり、きっと自分の思いを受けとめてくれる場所があると信じて相談を持ち掛けてみるようにしましょう。

辛くなった時の助けの求め方

辛い時、悲しい時は誰かに助けを求めることが大切であると分かりました。では、助けを求める際はどのように行えば良いのか上手に誰かに頼るために実践すべき方法を以下に2点ご紹介します。恥ずかしさや躊躇する気持ちは捨てて、自分の状況をしっかりと伝えていきましょう。

助けの求め方①誰に助けを求めるか

実際に助けを求める際は、誰にそれを求めていくのかを考えてみてください。結果的に助けを求めるくらいですから、現在の状況が極限であることを示しています。

そのため、適切な判断と解決策を見出してくれる人に相談することがおすすめです。相談するなら誰でも良いという訳ではない点を理解して助けを求めましょう。

助けの求め方②状況を具体的に伝える

人は辛さを感じたり、誰かに助けを求めるほどの状況に陥っている場合、多くの方は感情的な姿勢を見せる傾向です。しかし、感情的になってしまうと物事の善悪を正しく判断することができず、間違った情報を相手に伝えてしまう可能性が高くなります。

そのため、まずは落ち着いて、今の状況がどのようになっているのか、それを具体的に相手に伝えることが大切です。そうすることで的確な対応でやさしく手を差し伸べてくれるでしょう。

辛い時に思い出したい名言

ここからは、自分が極限に辛い状況に立たされた時、ぜひともここでご紹介する名言を頭に置き、自分の思いをしっかりと持って辛いことにも立ち向かう勇気を持って過ごすことが大切です。どのような名言であるか、以下に3種類ご紹介します。

名言①『人は常に前へだけは進めない。引き潮あり、差し潮がある』

一人一人の人生には良い時もあり、悪い時もあるからこそ、自分を前向きにさせ、一歩ずつ前に進んでいくことができることを唱えた、ドイツの哲学者として知られるニーチェが残した名言です。自分を成長させることができるため、ぜひ辛い時こそ思い出して欲しい名言だと言えるでしょう。

名言②『何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう』

自分が苦労し、失敗を重ねることで、それをバネにして人生を歩めば、より輝かしい未来が待っているという意味を込めた、ゴッホの名言です。自分の人生を改めて考えた時に思い出すと、目の前の苦境にも立ち向かう勇気が湧いてくるかもしれません。

名言③『疲れたら休むが良い。彼らもまた遠くは行くまい』

自分がこれまで努力し続けることに時間を惜しまず過ごしてきたとしても、やはり辛い場面に直面することは避けることはできません。そのような時はいったん立ち止まり、休息をとることが大切です。

自分のペースで自分の明るい未来を切り開くためにも焦りは禁物です。自分を信じてポジティブ思考で生きることを伝えたロシアのツルゲーネフの名言です。

助けてほしいと感じる時は無理せず上手に対処しよう

人はあらゆるシチュエーションで辛い場面に直面することがあるでしょう。そのような場合、一生懸命自分で対処するにも限界に達してしまった時は、それ以上の無理をすることのないよう、必ず誰かに助けを求めていきましょう。

そうすることで人のやさしさ、思いやりを知ることができるだけではなく、自分の挫折や努力によって明るい未来を切り開くことができるのです。助けて欲しいと感じた時は、素直な自分になって無理のないよう上手に対処していくようにしましょう。

その他の関連記事はこちらから