記事更新日:

挨拶しない人の心理とは?挨拶を無視する人との上手な付き合い方を解説!

”挨拶”をすることは最も基本的なマナーとして知られていますが、意外とご近所や顔見知りであっても挨拶をしない人は多くいます。今回は、挨拶をしない人の背後にはどんな心理が隠れているのか、またこちらから挨拶をしない人との上手な付き合い方についてご紹介します。

自分から挨拶しない人の心理とは?

まず、自分から挨拶しない人の心理について見ていきましょう。ここではいくつかある心理の中でも、特に際立ったものを5つ取り挙げていますので、当てはまっているかチェックしてみましょう。

1人で悩まずプロに相談してみよう!【エキサイトお悩み相談室】

「エキサイトお悩み相談室」は、24時間365日実績豊富なカウンセラーと電話ですぐ話せるオンライン相談室です。人間関係や仕事、子育て、不倫や浮気にいたるまで、メンタルにかかわる全ての悩みに160人以上のカウンセラーが親身に寄り添ってくれます。

サービス開始から15年、安全なシステムにより電話番号・名前も知られずに、辛いことがあった時はいつでも場所を選ばずに予約なしで電話やメールで相談できます。

在籍しているカウンセラーは全員、厳しい審査を通過した経験・実績豊富な実力者ばかり、誰にも相談できない悩みごとがあったら、1人で悩まずプロに相談してアドバスしてもらうことで、良い解決策が見つかるかもしれません。

エキサイトお悩み相談室の公式HPを詳しく見る

自分から挨拶しない人の心理①周囲との関係が不安

自分から挨拶できない人には、不安な気持ちが心理として隠れている場合があります。「自分は周囲からどう見られているのだろう…」と周りの目を気にする不安な気持ちが非常に強く、自ら声に出して挨拶することが難しくなってしまうのです。

周りからは、”挨拶すらろくにできない人”と見られて印象が悪く映ってしまいがちですが、このようなタイプは、単にマナーがなかったり礼儀を知らないということではなく、自分に自信がないことが根本的な原因と言えるでしょう。

自分から挨拶しない人の心理②過去にトラウマがある

過去にトラウマがある場合にも、自分から挨拶をするのが難しくなることがあります。例えば、自分から挨拶をして無視されたことや、笑われたり馬鹿にされたという嫌な経験があると、それがトラウマとなってしまう人もいます。

このようなトラウマを抱えている人は、自分の方から挨拶することは難しいものの、他の人から声をかけられた時には、快く返すことのできる方が多くいます。

礼儀を知らない人とすぐに決めつけてしまうのではなく、じっくりと様子を見ながら優しく接していきましょう。本当に過去のトラウマが原因となっているのであれば、徐々に態度が和らいでくるはずです。

自分から挨拶しない人の心理③恥ずかしい

自分から挨拶しない人の心理として次に多いのは、「恥ずかしい」という感情です。これは内向的でシャイな人に多く、挨拶をすることの大切さは理解していても、恥ずかしくてなかなかをそれを実行することができないという状況となります。

この場合も、周囲から挨拶されるとちゃんと応えることができるので、こちらから何度も挨拶を続けて友好的に接していくことで、徐々に慣れてきて次第に向こうからも挨拶してくれるようになるでしょう。

自分から挨拶しない人の心理④大切さを理解していない

”挨拶”をすることの大切さを理解していないゆえに、自分からはしてこない人も意外と多くいます。幼いころから、人とどう付き合っていけば良いかを教えてもらってなかったという背景も関係しているかもしれません。

この場合は、大切さを知らないだけなので全く悪意はなく、マナーや挨拶することについて本人が学んできちんと理解すれば、すぐにできるようになります。

自分から挨拶しない人の心理⑤面倒くさい

”挨拶”が面倒くさいと感じて自分からはしない人もいます。これは、誰かがあまり好きではないからしないというような限定的なものではなく、単に「面倒だから」という理由で基本的に誰に対しても同じ態度を取ります。

例えば、形式的な挨拶によって仕事や思考が中断させられることを嫌う場合、また挨拶することで他の人の機嫌を取ったり媚びを売ったりしているように感じてしまう人に多く見られます。

【恋愛相談なら!】エキサイト運営の恋ラボ

『恋ラボ』は、予約不要でカウンセラーにいつでも相談できる、完全匿名の恋愛相談サービスです。恋愛相談専門でプロのカウンセラーが100名以上在籍!相談内容は多岐に渡り、24時間365日、電話・チャット・メールで相談できます。

公式HPを詳しく見る

恋ラボはこんな人におすすめ!

  • 男性心理・女性心理が分からない
  • 復縁のベストな方法を知りたい
  • 失恋から立ち直れない
  • 不倫・浮気・苦しい恋愛から抜け出したい
  • 婚活必勝法が知りたい
  • 既読スルー・音信普通の対処法
  • 片想いの人と仲良くなりたい
  • 相手が喜ぶ褒め方が分からない

『恋ラボ』では、恋愛に関係することなら何でも相談できます。復縁・浮気or不倫・婚活・片想い・失恋・性の悩みなど、人には言えない悩みをプロのカウンセラーに相談、状況に応じた具体的なアドバイス受けながら、一緒に解決法を考えてくれます。

恋ラボの特徴

  • プロのカウンセラーが多数在籍
  • 24時間365日予約不要で受付
  • 相談料は1分単位
  • 匿名・非対面のカウンセリング
  • チャット・メールでの相談も可能

『恋ラボ』は、24時間365日受付可能・予約不要のため、いつでもどこでも気軽に恋愛相談が可能です。利用者は、話がしたいカウンセラーを選んで、「電話」「チャット」「メール」の3種類から自分に合った方法で相談ができます。

匿名で非対面でのカウンセリングになるので、家族や友人などに知られる心配もありません。1分単位の相談料金制なのでお財布にも優しく、悩みの大小に関わらず自分のペースで相談できます。初回は1,000円分の相談料が無料となっているので、悩みをお持ちの方は是非利用してみてください。

恋ラボの利用価格

電話相談料 1分単位 ※最低相談時間6分 110円(税込)~/1分
※カウンセラーによって異なる
支払方法 クレジットカード
銀行振込
コンビニ払い
各種電子マネー
Pay-easy

料金は1分単位になっており、カウンセラーによって違います。電話相談・チャット相談・メール相談の料金は、公式HPの各カウンセラープロフィールページに明記されているので、ご確認下さい。

恋ラボの評判・口コミ

どんな自分でも愛していいんだと強く言ってもらえたことが、まるで母親が自分のためにしっかり注意してくれているかのようで自然に涙が出てきていました。引用:恋ラボ

先生はこれまでのいきさつなど、うんうん、と聞いてくれ、私の話を踏まえて的確に答えて頂きました。ゴールが見えない不安で辛かったのですが先生のアドバイスを受け目標が決まり精神的にも楽になりました。引用:恋ラボ

ほぼ愚痴の内容の私の話を聞いてくださりありがとうございました。彼の言動に振り回されてずっと悩んでいましたが、先生が丁寧に分析してくださったことで彼のことを少し理解できたような気がします。引用:恋ラボ

恋ラボの公式HPを詳しく見る

 

挨拶されても挨拶しない人の心理とは?

”挨拶”をしない人の中には、自分から積極的にはしないというだけでなく、周囲から挨拶されてもしないという人もいます。これにはいったいどんな心理や理由が隠されているのか見ていきましょう。

挨拶を無視する人の心理①自分の世界に没頭したい

一つ目に考えられる原因は自分の世界に没頭したいというものです。これは、その時集中して何かを行っていて、挨拶されたことはわかっているけれど、その仕事を途切れさせたくないという状況で多く見られます。

それでも、特に重要なことに手を付けていない状況であれば、快く挨拶に応じて返してくれるタイプでもあるので、挨拶が帰って来なくてもさほど気にする必要はありません。単に、声をかけたタイミングが良くなかったと思うようにしましょう。

挨拶を無視する人の心理②挨拶する必要がない

これは、他の人から挨拶されても自分は特にする必要がないと思っている人です。自分は相手より上の存在だという心理が働いていることが多く、少しプライドの高いタイプに多く見られます。

逆に自分よりも上だと感じている存在に対しては、機嫌を取るような仕方で丁寧なあいさつをすることもあります。このような矛盾した行動がみられるため、周囲にはあまり良い印象を与えません。

挨拶を無視する人の心理③ただ単に嫌い

挨拶をされてもしない人の心理で多いのは、「相手のことが単に嫌いだから」というものです。挨拶をすることは常識で最低限のマナーだということはきちんと理解はしているものの、”嫌い”という感情がそれを上回るほど強く、返せなくなるのです。

ほとんどの人には挨拶をすることができるのに、特定の人にだけ挨拶されても返さないという状況では、この”ただ単に嫌い”という心理が働いている可能性が高いと言えるでしょう。

挨拶を無視する人の心理④イライラしている

いつもはにこやかに挨拶してくれるのに、なぜか今日は挨拶を返してくれないということもあります。これは、相手が何かの理由で気が立っており、イライラしていることが原因なのかもしれません。

イライラしていて、ずっとそのことで頭がいっぱいになっている時は、挨拶を返す余裕がなかったり、挨拶を返す気になれないということもあります。とはいっても、これは一過性のものであることが多く、気持ちが収まったら通常通りに接してくれるでしょう。

挨拶を無視する人の心理⑤聞こえてない

もう一つの理由として、そもそも聞こえていないということも考えられます。これにはいくつかの原因がありますが、特にかなり落ち込んでしまっている時には、そのことを考えすぎて余裕がなくなってしまい、挨拶されたことすら気付かなくなるのです。

もしかすると、仕事上の大きな失敗や失恋などの原因で、ひどく落ち込んでしまっているのかもしれません。決して悪気があって挨拶をしないというわけではないので、相手の気持ちを理解して優しく接してあげましょう。

挨拶することのメリットや挨拶しないことのデメリット

とても大切なマナーである挨拶ですが、挨拶をすることのメリットと、しないことのデメリットについてしっかりと理解しておくことは、職場や友人との間の人間関係を一層良いものにする点で役立ちます。

挨拶することのメリット

お互いに気持ちよく挨拶することは、双方の信頼関係を確認することにもなり、その後の仕事を円滑に進めていくうえでも大きなメリットとなります。また、コミュニケーションを取りやすい雰囲気を作ることができるため、その場の良い環境を作ることにもつながります。

挨拶しないことのデメリット

挨拶をしないことのデメリットはたくさんあります。まず、挨拶ができないと他の人と会話するきっかけを作ることが非常に難しくなるため、友達を作りにくくなります。

さらには職場などでも、コミュニケーションがとりにくくなるので、作業の確認をしたり協力して仕事を行うこともできず、作業効率も悪くなります。また、他の人から教養のない人と見られたり、礼儀を知らない人というレッテルを張られてしまうというデメリットもあります。

挨拶しない人との上手な付き合い方

挨拶の大切さは一目瞭然ですが、それでもいまだにできない人が多くいるのも事実です。そのような人とどのように上手に付き合っていくことができるのか、2つのポイントについて見ていきましょう。

付き合い方①笑顔で挨拶してみる

一つ目の方法は、とにかくこちらから笑顔で挨拶したり話しかけるのを続けていくことです。何か一時的な理由で挨拶してくれなかった場合であれば、別の機会には快く挨拶を返してくれるでしょう。

もし、すぐに改善されない理由があったとしても、こちらから辛抱強く笑顔で挨拶を続けていくことで、相手の緊張が徐々に解けて話せるようになったり、こちら側に対して何かの不満がある場合でも、少しづつ態度が和らいでくる可能性も多いにあります。

すぐに成果が見られないとしても、あきらめずに変わらぬ友好的な態度で接していくことを心がけてください。その人の態度が変わらないとしても、周囲の人はこちらの努力を見ていて、信頼できる人とみなしてくれることもあります。

付き合い方②挨拶しない人だと諦める

何度こちらから挨拶をしても全く無反応で、もうその状況に耐えられないと感じる場合には、あきらめるのも一つの手です。円滑なコミュニケーションを促進するという、挨拶の大きなメリットも、相手が応じてくれないのであればあまり意味がなくなってしまいます。

繰り返し挨拶を試みても、相手に何の変化も起きていないように思えるのであれば、そういう価値観を持った人なのだと思うようにし、割り切ってしまいましょう。

挨拶しない人には上手に対処しよう

”挨拶”をしない人には、さまざまな理由や心理が隠れています。一時的に解消するものもあれば、なかなかすぐには解決しないものまでさまざまです。相手の反応をこちらがコントロールすることはできないので、その人その人に合わせて上手に対処していくことを心がけていきましょう。

その他の関連記事はこちらから