記事作成日:

仕事が遅いのはなぜ?仕事が早い人との違いや見習いたい習慣を解説!

同じ職場で働いている人の中に、「仕事が遅い」と感じる人はいませんか?また自分自身、要領が悪く仕事が遅いと感じている方も少なくありません。なぜ仕事が遅くなってしまうのか、また、仕事がスピーディーにこなせる人とどのような違いがあるのか、その理由を知りたい方も多いのではないでしょうか?今回は、仕事が早い人の良い点や習慣について徹底解説するとともに、仕事に役立つ本をご紹介していきます。

仕事が遅い人に見られる特徴とは【性格】

人には得て不得手があると言われますが、仕事において誰がみてもスピーディーにこなせる人、そうではなく手が遅く、思うようにいかない仕事が遅い人に見られる特徴として、どのような性格であるか詳しくみていきましょう。

仕事が遅い人の性格①マイペース

仕事が遅いという言い方になると何だか聞こえが悪い気がしますが、言い換えると「マイペース」なイメージが定着する人は仕事が遅い人だと認識されています。

そのため、このような性格の持ち主だと、協調性に欠ける一面があるため、単独で仕事をこなせるような業種に向く可能性があるでしょう。また、多くの人同士が強力し合うべき場面であっても、自分のペースで行動するという性格の持ち主のため、仕事が遅い傾向にあることが分かります。

仕事が遅い人の性格②細かい点を気にしてしまう

仕事が遅いからこそ、サッとこなしていかなければならない点を、なぜか細かい部分を気にしたり、必要以上に丁寧にこなしてしまうというのも仕事が遅い人が持つ特徴だと言えます。その細かい点に時間をかけすぎることが仕事を遅くしている原因にもなるため、ざっくりとした姿勢で取り組むことが大切です。

仕事が遅い人の性格③責任感が弱い

誰しも仕事を行う上では、任された仕事に対して責任を持って行う必要があります。しかし、仕事が遅い人は、自分がこなさなければならない仕事であっても、納期が迫っても焦ることもなく、割り当てられた仕事をこなすこともできないなど、仕事に対する責任感が弱い傾向にあります。

そのため、大きな仕事を任される機会は少なく、仮に任されることがあっても責任を持って業務をこなすことができず、出世することもない可能性が高いと言えるでしょう。

仕事が遅い人の性格④後回しにする

本来納期があり、すぐにでもこなしていかなければならない仕事であっても、やるべきことを後回しにしてしまうのも仕事が遅い人の特徴だと言えます。

つまり、やりたくない仕事に手を付けることで最期までやりこなす自信がないために手をつけないという場合もあります。このように、やらなければならない仕事を後回しに持っていくような人は仕事が遅い人だと言えるでしょう。

仕事が遅い人に見られる特徴とは【行動】

次は、仕事が遅い人が持つ行動の特徴について詳しくみていきましょう。生まれ持った性格や、その場面に慣れ親しんだ方を変えることは難しいものの、仕事が遅いと感じる人の行動については、自分が気を付けてやることで改善する可能性は十分にあります。

しっかりと自分の行動を見つめ直すためにも、仕事が遅いと感じる人が持つ行動の特徴を以下に6点確認していきます。自分がその中に該当していないかチェックしてみてください。

仕事が遅い人の行動①計画を立てるのが苦手

スピーディーに仕事をこなしていけない遅い人にありがちな行動に、計画性のなさが挙げられます。具体的には、「目の前にあるやりやすい仕事からこなす」、あるいは「自分の気に入った仕事だけをやろう」などと考える点です。

この仕事の仕方は、他の方と連携を取ったビジネスであった場合に不具合が生じてしまうでしょう。このように、計画性を持って仕事をやりこなしていけないのは、仕事が遅い人に共通して言える行動の特徴です。自分がそのような人物に該当していないか改めてチェックしてみてください。

仕事が遅い人の行動②確認をしない

スムーズに仕事を行う方は、自分の作業ペースを知るとともに、完成した仕事内容を隅々まで確認し、ミスを起こしていないか入念にチェックを行います。

しかし、自分の仕事の確認作業を怠るような人は、何度も間違いを正すために時間を費やさなければならず、効率良く仕事を行えないという行動が見受けられるでしょう。このような手間をかける時間を省くためにも、自身の行った仕事に対して必ず確認を行うことが大切です。

仕事が遅い人の行動③整理整頓ができていない

普段の生活面において、自分の身の回りの整理整頓を行うことができない人は、仕事も円滑に進めていくことができず、使ったものも片付けられない、あるいはあっちこっちに散らばった状態になることが多い傾向です。

そのため、他の人が使いたいものを手にすることができず、どこに置いてしまったかさえ分からなくなるなど、整理整頓を極度に苦手としています。探すという行動に時間を費やしてしまい、本来やらなければならない仕事をこなすことができなくなることは言うまでもありません。

このような人は、仕事をこなす時にスムーズに物事を進めていくことができず、行き当たりばったりな仕事の仕方をしている可能性があります。整理整頓は性格や行動を表すものとなるため、普段からの生活に十分注意することが大切です。

仕事が遅い人の行動④目的を掴めていない

春に入社したての新入社員や、部署異動によって業務内容が新しくなり、それを覚えることに必死になる毎日を過ごす方は、与えられた仕事をなぜ行うのか、また、この仕事の利点など、作業に対して明確な指示や目的が掴めていないために、より作業効率が悪くなる傾向にあります。

そのため、仕事をスピーディーに進めていくためにも、仕事の目的を定め、順序立てて組み立てること、そしてその通りにスムーズにこなしていくことが大切です。

行き当たりばったりで行動し、目的を定めていない場合、やる気が起こらなくなってしまうなど、仕事をスムーズに行うことができなくなります。そのようなことがないよう自分の行動を改めて再認識することが大切です。

仕事が遅い人の行動⑤何でも調べてしまう

今やネット社会のため、自分が疑問に思ったことや様々なアイデアを知る上でも、仕事においてリサーチすることも多いでしょう。しかし、調べたことを真似るだけではビジネスとして成り立ちません。もちろん、リサーチすることで様々なヒントを得ることはできますが、それに時間を費やしてばかりはいられません。

そのため、直感的な自分だけのアイデアを駆使し、ビジネスをこなすことも時に重要なポイントとなります。このように、何でも調べることは決して悪いことではありませんが、リサーチすることだけに時間を費やすことなく、自分の直感やアイデアも取り入れてビジネスを円滑に進めていくことが大切です。

仕事が遅い人の行動⑥下準備をしない

本来、仕事をスムーズに、そして計画的に正確にこなしていくためには、どのような仕事も必ず下準備が必要になります。そのため、一つの仕事を円滑に進めていくための下準備を行うことから始めましょう。

思いつきの姿勢は、仕事をより遅くしてしまう傾向です。そのようなことにならないためにも、仕事の下準備を行い、計画的に進めていくことが大切です。

仕事が早い人との違いは何?仕事が遅い具体的な理由

ここからは、難なくスムーズに、そしてスピーディーに仕事が行える人と、どんな仕事にも時間がかかってしまう遅い人とでは、いったいどのような違いがあるのか、なぜ仕事を円滑に行うことができないのか、その具体的な理由を以下に6点みていきましょう。

仕事が遅い理由①時間のイメージができていない

ひとつの仕事に対していったいどれくらいの時間が必要であるかを頭の中で整理し、計画し、考えることができる、仕事の全体像をイメージできる人は、周囲の人が驚くほどスピーディーに仕事をこなしていきます。

しかし、仕事が遅い人は、全体像をイメージすることができないために、ピンポイントでかいつまんだ仕事をする傾向です。その結果、ひとつひとつに時間をかけすぎる分、結果的に余計に手間暇がかかり、時間を無駄にしてしまうというケースが目立ちます。

仕事を円滑に、また、プラスアルファの業務を行えるようになるためには、仕事に対する全体的なイメージをしっかりと思い浮かべながら仕事ができる人になることが大切です。

仕事が遅い理由②意思決定のスピードが遅い

仕事をこなしていても、人よりも作業スピードや処理スピードが遅い人は、自分の思う意思決定に随分と時間をかけている可能性があります。つまり、自分で判断する力が乏しい傾向です。

上司に確認するにも、他の人の仕事のペースを読み取ることができず、作業の手を止めてまで人に頼るため、仕事が遅い理由につながります。時間を効率良く使うことができないのも仕事が遅くなる原因のひとつだと考えられています。

仕事が遅い理由③仕事が嫌い

働くこと、仕事をすることを好まない方は非常に多く、その思いが仕事のペースを極度に遅くする原因であることは分かっています。人それぞれ仕事に対する熱意は異なります。そのため、すべての人が社会人となった時に、仕事が好きで行っているとは言い切れません。

中には、実は仕事は嫌々ながらこなしているという人もいるでしょう。自分にとって適職ではない場合、特に仕事が嫌いだと感じる方も多く、やる気が起こらない傾向です。このように、仕事が嫌いな方は、仕事に対してやる気が持てず、嫌々な生活を繰り返していることでしょう。

それによって仕事でもミスを連発し、周囲の人に迷惑を掛けてしまいます。このような状況はモチベーション低下につながり、ビジネスとして成り立たなくなってしまうでしょう。

仕事が遅い理由④ミスが多い

自分の仕事に対する意識が低いからこそ、仕事を楽しく進めていくことができず、手が遅くなることがあります。それに加え、何度も同じミスを繰り返すことで、それらを修正するためにさらに時間がかかってしまいます。

もちろん、人間誰しもミスはあります。しかし、ひとつ起こしたミスを改善し、次なる仕事へのステップとすることが大切です。つまり、何度も同じミスで時間をかけてしまうことのないよう注意が必要です。

もしも自分が仕事でいつもミスを起こすという方は、同じ失敗を繰り返すことのないよう、仕事に対してしっかりと意識を高めて臨むようにしましょう。

仕事が遅い理由⑤焦って仕事をしている

仕事以外でも、普段から何らかでストレスを抱える人こそ、時間にも余裕がなく、慌てふためいている傾向です。そのため、目の前にある仕事にさえ手がつけられなくなるような、計画性のなさがうかがえるようになります。

また、優先的に行うべき仕事であることの判断ができず、時間にばかり追われて焦って仕事をこなしている可能性があると言えるでしょう。

ここまでくると、仕事に対してどのような手順で行うべきか、全体像をイメージすることができないためにパニックになってしまう、あるいは自分の気持ちに余裕が持てなくなり、焦って仕事をしてしまう傾向になるなど悪循環を繰り返してしまいます。

仕事が遅い理由⑥報連相ができていない

自分が行うべき仕事に対して、業務の進捗状況や連絡事項、また仕事に対して方法が見い出せないなど、上司に相談することができない方ほど仕事が遅くなる理由として挙げられます。

本来、自分で解決できないような悩みがある場合は、そのことについて相談することで的確なアドバイスや改善策を提案してもらえることで、仕事が円滑に進むケースは多々あります。しかし、どうしても報連相を行わない方は、自分で悩みを抱えてしまう傾向にある分、仕事をスムーズに進めていくことができません。

このような事態に発展し、仕事が遅くなるよりも、自分一人で抱え悩むことのないよう、上司や同僚に報連相を積極的に行うようにしましょう。

仕事を早くするための改善方法

では、仕事を少しでもスピーディーに、そして楽しく行っていくこができるよう、どのような点を改善していくべきか、以下に6つの改善方法についてみていきます。

自分がまさに仕事が遅い人に該当しているという方は、これらの改善方法を実践することで、自分を変えていく努力を行ってみましょう。それではひとつずつ確認していきます。

改善方法①自分の能力や限界を理解する

仕事は誰もが計画的に進めていけるものではありません。中には自分の能力に沿った仕事ではないこともあります。また、自分のキャパシティを超えた仕事である可能性もあるでしょう。そのような仕事をすべて請け負ってしまうと、結果的に仕事が遅くなってしまい、周囲の人からの評価も悪くなってしまいます。

そのため、自分ができる範囲のこと、また、限界を知った上で仕事を円滑にこなしていくことが大切です。無理した行動や業務内容は、自分のキャパシティを超え、ストレスや仕事に対する辛さを覚えてしまうため、楽しく業務をこなしていくことができません。

そのようなことを避けるためにも、自分が持つ能力を知り、特に得意分野においてしっかりと責任を持った姿勢で仕事に臨むことが大切です。

改善方法②スケジュールを立てる

自分が今日1日の中で行わなければならない業務内容について、正しくスケジュールを立てるよう工夫してみましょう。特に、業務内容の中でも1番最初に行わなければならないこと、あるいはこの仕事は後で行っても問題ないなど、自分の1日のタイムスケージュールを立ててみてください。

そして、それぞれの仕事にどれくらいの時間がかかるかをはかってみるのも良いでしょう。時間をはかることでひとつの仕事にいったいどれくらいの時間が必要になるかを知ることができます。

それによって仕事に対する計画が立てやすくなり、スムーズに仕事をこなしていくことができるようになるでしょう。ぜひ、自分のスケジュール管理を行い、仕事に役立ててみてください。

改善方法③優先順位を定める

毎日の業務内容が複数に渡るという方が大半な中、その中でも特に重要な仕事がどの仕事であるか、優先順位を定め、業務をこなしていくと良いでしょう。この時、あえて紙に書き記すことで自分が行うべき仕事の優先順位の順番通りに仕事を行っていくことができるはずです。

ひとつずつの業務をこなしたらバツマークを入れ、業務が終了したことをチェックしてみてください。このように、計画性を持って仕事に臨むようにしましょう。

改善方法④周囲の整理整頓をする

先述の通り、自分のデスク周りの汚さは、普段の生活の表れとなります。そのため、デスクの上がいつもきれいな状態の方は、仕事で使用する文房具などのアイテムも探しやすく、必要だと思った時にすぐに手に取ることができます。

これが、デスクまわりがぐちゃぐちゃで整理整頓がなされていない方は、使いたいものが使いたい時にすぐに見つけられず、結果的にあちらこちらを探し回らなければなりません。そのようなことに時間を費やすることは、時間の無駄と捉えられてしまいます。

そのため、自分のデスク周りや引き出し、共通して全員で使用するアイテムなどはいつもきれいに整理整頓された状態となるよう心掛けるようにしましょう。そうすることで、業務をスムーズに、また、仕事の作業効率が各段にアップするため、ぜひ実践してみてください。

改善方法⑤不明な点はすぐに聞く

これまで行ってきた仕事であれば、慣れもるためスピーディーに迷うことなく進めていくことができます。しかし、初めて行う仕事の場合、その方法や手順に迷うこともあるでしょう。

一連の業務についての説明を受けたとしても、それでも理解できずに仕事に行き詰まってしまうようであれば、迷う時間を有効に利用するためにも、周囲の人に相談し、やり方や手順を再度確認してみましょう。そうすることで作業をスムーズに進めていくことができます。

また、意外にも簡単な方法で業務をこなすことができるようになるなど、様々なヒントを与えてもらうことができるでしょう。このように、困った時は自分ですべてを解決しようとせず、周囲の人に助けてもらいながら仕事をこなしていきましょう。

改善方法⑥確認をしっかり行う

実は「完璧な人間」はこの世の中には存在しません。誰もが失敗を繰り返すのは仕方ありません。ただ、少しでも失敗を防ぐために行えることは最低限実践することが大切です。それが「確認」です。

仕事に対してミスしていないか、このまま書類を提出しても良いかを改めてしっかりと確認し、完璧な状態にしてから提出を行いましょう。仕事が遅くとも、ミスがなければ一発で業務を終えることができます。

そして、次の仕事に手をかけることができるようになるため、仕事を素早く行っていくためにも、確認事項はしっかりと確実に行うことが大切であると言えるでしょう。

仕事が早い人になるために身につけたい習慣

では、仕事をスムーズに、そしてスピーディーに仕上げていくことができる人を目指すには、今の自分にないある習慣を身に付けることから始めてみてください。

いったいどのような習慣が必要になるのか、以下に3点ご紹介します。自分の生活を正し、誰からも高い評価をしてもらえるよう、良い習慣を身に付けていきましょう。

習慣①早寝早起き

毎日の生活リズムが整う「早寝早起き」の習慣が身についている人は、頭がすっきりとした毎日を過ごすことができるため、仕事を行う上でも頭のキレが良くなります。その分、仕事を丁寧に素早く片付けていくことができるでしょう。

睡眠時間がしっかりと取れていない場合、仕事をしても失敗が目立つようになったり、突如として眠気が襲ってくることがあるなど、そのようなことのないよう、早寝早起きの習慣を身に付けることを行ってください。

習慣②コミュニケーションを積極的に取る

仕事を行う際は、仕事関係の方と多数コミュニケーションをとる場面が多々あることでしょう。そのため、人付き合いが得意な方であれば良いですが、中には苦手と感じる方もいるでしょう。

とは言え、それをずっと避けて通ることは難しいため、その場、その場に適した積極的なコミュニケーションができるよう、少しずつ努力を行ってみてください。

何度も顔を合わす取引先の方であれば、日を追う毎に、また会う回数が増える毎に良いコミュニケーションが取れるようになるでしょう。そのため、仕事を行う上で、自分にとってもプラスとなるよう、積極的に人とのコミュニケーションをはかる努力を行うことも大切です。

習慣③気分転換の時間を大切にする

仕事があるからこそプライベートも充実して過ごせると言われるよう、しっかりと自分の力を発揮して仕事をこなしたのであれば、その分、自分の時間も取り、気分転換することも大切です。そのため、休日は仕事のことを考えず、オンとオフでメリハリのある生活を送ることが大切です。

たとえば、休日だからこそ、自分の趣味に没頭する、また、美容院やショッピングなどリラクゼーションやストレス発散ができることを自分なりに探してみましょう。

楽しく過ごした後は、また仕事を頑張ろうという気持ちになれるはずです。このように、自分の時間も大切にすることができるような良い習慣作りをしていくことが大切です。

仕事が遅いことで悩んでいる人におすすめの本

最後は、仕事を行う上で、自分の作業効率が悪く、仕事が遅いことについて悩みを抱えている方にぜひ読んでほしいおすすめの本を2種類ご紹介します。

自分にとってプラスとなることが書かれている上、楽しく仕事を行うためのコツも知ることができます。これらの本を通じて自分にとってプラスに転じ、仕事を楽しめるよう、ぜひ読んでみてください。

おすすめの本①「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

山本 憲明
1,463円(11/29 23:23時点)
発売日: 2013/10/19
Amazonの情報を掲載しています

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣」は、現在の自分がどちらに該当するか明確に分かるとともに、どのような習慣の違いがあるか、具体的に知ることができます。

仕事が速い人になるためにも、この本に記載された内容を理解することで、自分に当てはまることを改善する効果を期待することができます。今の自分の仕事に役立つ豊富な情報が得られるため、ぜひ読んでみてください。

 

おすすめの本②要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑

要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑

要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑

F太, 小鳥遊
1,386円(11/29 23:23時点)
発売日: 2020/04/07
Amazonの情報を掲載しています

「要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑」は、社会人となって、当たり前に仕事を行い、自分の私生活を充実して過ごせるよう、様々な安心材料を込めた読み応えのあるおすすめの本です。

仕事のミスや整理整頓、仕事に対する姿勢など、共感できる内容に対して様々な方法を提案しています。読むことで気持ちが楽になることもあるでしょう。ぜひ自分の仕事に対する悩みを抱えている方は、目を通してみてください。

 

仕事が遅い理由を理解して仕事が早い人を目指そう

一生懸命仕事に対して向き合う方、仕事が好きではない方、様々な方が存在します。仕事が好きな方は失敗もなく毎日スピーディーに業務をこなしていることでしょう。しかし、すべての人がそれに該当する訳ではなく、中には仕事が遅い人も存在します。

仕事が遅い人にはそれなりに様々な理由があると言われています。その理由を理解するとともに、仕事を円滑に行っていくことができる人になる努力も必要だと言えるでしょう。ぜひこの記事を参考に、仕事をスピーディーに行っていくことができるよう、様々な情報を確認してみてください。

その他の関連記事はこちらから