記事作成日:

自信家な人はモテる⁈面倒臭い⁈心理や特徴を解説!

貴方の周りに、自信家と呼ばれる人はいませんか?常に自分の事に自信を持っていて、前向きな姿勢を貫き続けている人というのは、女性から好かれることもあれば、逆に周りの人から邪険に思われることもあるのです。今回は、自信家と呼ばれる人の心理、特徴などを解説していきます。

自信家の意味とは

まず自信家という言葉の意味から解説していきましょう。自信家というのは、一言で言い表すと「根拠などは何一つ持っていないけれど、自信だけは持っていて何事に対してもうまくやれると思っている人」の事を指します。

何かしらの目標を達成するには、それに見合うだけのそれまで培ってきた経験や、蓄えてきた知識が根拠となっている事が多いです。しかし、自信家の人はこれらを一切持っていないのにもかかわらず、自信たっぷりの態度を取ります。

これと似たような言葉としては、自惚れ屋、ナルシスト、自己陶酔者、自分の事が大好きな人間などがあります。総じて、類似語にはあまりよさそうな言葉が無い傾向にあります。

自信家な人の心理は?

自信家とはどんな人の事を指すのかについて、簡単にではありますが意味合いを解説しました。根拠もないのになぜ自信だけはたっぷりな態度や行動を取れるのか?続いてはその心理を見ていきましょう。

自信家の心理①自分はできると思っている

まず1つ目は、とにかく自分ならば何でも成し遂げられると思っている事です。男性であっても女性であっても、自信家と呼ばれるような人は、自分がやるのならば何でもうまくいくのだという、具体的な根拠が皆無の自信を持っています。

これは仕事であってもそうですし、恋愛ごとなどのプライベートな事であってもそうです。もし自分の能力値以上の事を任されたとしても、臆することなく積極的に行動に移す事が出来るのは、こうした根拠無しの自信があるからです。

自信家の心理②プライドが高い

2つ目は、プライドが高い事です。自信家の人には、プライドが高い人が多いかもしれません。これが単にプライドが高いだけであれば、本人の中だけで解決する話ですからまだ良いですが、中にはプライドの高さ故に人を傷つけてしまうような人もいます。

例えば、仕事で同僚や後輩が失敗してしまったとして、普通なら自分で立ち直るのを待つか、または励ましの言葉の1つでもかけてあげられますが、プライドが高いと態々掘り返すような事をして相手の気分を害するケースもあると言われています。

自信家の心理③1番がいい

3つ目は、何に対しても一番になりたいと思っている事です。自信家な人が自信にあふれている態度を隠さないのは、実は周りからの注目の的になりたい、常に中心的な存在になりたいといった心理が隠れている事もあります。

周りから一目置かれるような存在になる事が出来れば、自然と注目されるようになります。その為、話を多少盛ってみたり、SNSで自己顕示欲の高そうな投稿をしたりといった行動が目立ちます。ある意味では、負けず嫌いであると言い換えられるのかもしれません。

自信家な人の主な特徴

自信家な人の心理的な面で共通しがちな点を解説しました。実際にそんな人が近くに居ると、当人や周りにとってプラスになる事もあれば、マイナスに感じられるような事もあります。続いて、自信家な人に良く見られる特徴をいくつかご紹介します。

自信家の特徴①自己中心的

まず、自己中心的である事が挙げられます。自信家な人にはほぼ確実に共通しているであろう特徴であり、常に自分が一番やりたいことを優先して実行しよとする傾向があるために、他人を気にせずに自己中心的な言動が多くなりがちです。

とにかく自分がやりたい事、やりたいやり方を貫き通そうとしますので、他人の意見にも耳を傾けない事が多いです。自分の中にやりたい事をしっかりと持っているのは良い事と言えるかもしれませんが、協調性には欠けるでしょう。

自信家の特徴②ポジティブ思考

2つ目は、ポジティブな考え方をしている事です。大抵自信家な人というのは常に前向きな思考回路を持っており、仮にネガティブな思考をしていたらそこまでの自信を持ち続けるのは不可能ですから、ポジティブ思考なのも当然の帰結と言えるでしょう。

意味の解説の中で述べた通り、自信家というのは根拠がなく自信だけがある事です。これは、自分が行うことに関しては常に失敗しない、挫折など怒らないと思っている節があります。基本的にプラス思考なのはいい事ですが、皮肉などを言われても良いように解釈してしまいます。

自信家の特徴③好奇心旺盛

好奇心が旺盛なのも、自信家な人の特徴に数えられます。自信を持っていると、心に余裕が生まれるものです。そして精神的な余裕が持てれば視野も広がり、新しいものを敏感に察知して広く浅く手をかけていくタイプと考えられます。

この好奇心の高さ故に、どんな場面においてもとても積極的な面が目立ちます。仕事においても恋愛等のプライベートでも言える事で、何でもできるのだという自信家ら気になった事には積極的にトライし、失敗しても気にせずにまた新しい事に取り組もうとします。

自信家の特徴④夢がでかい

自分の夢は何か、と言われると、即答できる人はそこまで多くないかもしれません。それが良い事か悪い事なのかは置いておくとして、自信家な人は間違いなく夢を持っています。しかも、とてもスケールの大きな夢です。

自信を持っているという事は、すなわち自己肯定感も高いと言い換えられます。その分自分は他と違った存在だと考え、普通は思いつかないか、思いついてもずっと夢として持ち続けることが無さそうな夢を持っています。

自信家の特徴⑤よく話す

自信家な人の特徴5つ目は、よく話す事です。これもやはり、周りから注目されたい、一目置かれるようになりたいという心理が働いています。その為、聞き役に徹するよりもいつも話す側に回っていて、常に自分の事を話し続けます。

この自分の話ばかりというのが難しいところで、大抵出てくる話の内容は自慢話などの過去の話しかしていないので、後述する面倒くさいと思われる理由の1つになっています。また、グループにいるととにかく仕切ろうとして、すぐに話を回す役や主導権を握るポジションに居がちです。

自信家の特徴⑥異性に対して理想が高い

恋愛面についても特徴があり、自分の思い描く理想の異性というのがとてもハードルが高くなっています。これは、自信家な自分という他とは違った人間の選ぶ異性なのだから、それに見合うだけの人でないと満足できないと思っている節があります。

一般的な人よりも、異性に対して求める基準というのが高い傾向にあります。女性であれば、彼氏は高収入であったりルックスが優れていないと満足できない、男性ならアイドルレベルのルックスやスタイルが良い等、高望みしがちという訳です。

自信家の特徴⑦自分は悪くない

これは大抵マイナスな捉え方をされることが多いですが、自分は悪くないと思う事も多いです。仕事でも恋愛でも、失敗しない人というのはおそらくいないでしょう。ですが、もしトラブルや間違いが発生した時、自分の非を認めようとしないのです。

これも無駄に自信がある事が影響しており、自分の行動は常に正しいと思い込んでいますので、その結果としてミスが発生しても、悪いと思わないのです。酷い場合、周りの人に責任転嫁して自分の非の無さを主張する事もあるかもしれません。

自信家の人がモテる理由

この様に、自信家の人にはプラスに映る特徴もあれば、周りから忌避される様な特徴も持ち合わせています。そんな自信家な人は、実は異性にモテやすいと言われているのですが、その理由は何なのでしょうか?

自信家がモテる理由①積極的な行動

まず1つ目は、積極的に行動するからだと考えられます。心理や特徴の中でも何度もご紹介していますが、自信家な人は経験や知識が無いのにもかかわらず、失敗しない、成功すると思っていますので、臆することなく積極的に行動を起こせます。

リスクを恐れて行動をしないというのも立派な選択肢の1つではありますが、周り、特に異性から見れば、チャレンジ精神があり行動力もある人の方が良く映りやすいです。恋愛面においても同じですので、積極的なアプローチから印象に残りやすいのでしょう。

自信家がモテる理由②女性をリードする

2つ目は、女性をリードする立場にいるからというものです。根拠がない自信だったとしても、自信を持つことは態度や行動に現れ、堂々とした態度を維持できます。こうした姿勢から、おどおどせずにしっかりと先導してくれるところに憧れるのかもしれません。

本人的には、自己中心的でもありますから自分がやりたいような行動を取っているだけであっても、前向きさ、積極性や決断力などが恋愛面にとってはプラスに働いてくれているのでしょう。

自信家がモテる理由③ポジティブで前向き

自分に自信がなく、自己肯定感の低い人というのは、考え方もネガティブになりがちで行動も消極的になりやすいです。勿論悪い事ばかりではありませんが、恋愛面から考えると大多数の人は良い印象を持たないでしょう。

その点、自信家の人が後ろ向きな行動をすることはほぼ考えられず、むしろ常に前向きでポジティブな思考を持ち続けています。こうした部分を見て、自分もそんなポジティブな人間になりたいという憧れから、好かれやすいとも言えます。

自信家がモテる理由④頼もしく見える

例え根拠が何一つなかったとしても、行動を起こすということそのものが大切な時があります。怖がって何もしないよりも、恐れることなく決断が出来たり、行動力のある人間であるのなら、そちらの方が良く映るのは自然な流れなのかもしれないです。

自信家な人が面倒臭いと思われる理由

自信を持っている人は、根拠のあるなしにかかわらず、異性からは良い目で見られるかもしれません。しかしいい事ばかりではなく、面倒臭いと思われることもしばしばあります。

自信家が嫌われる理由①自慢話ばかり

1つは、自慢話ばかりする事が挙げられます。特徴の中で話している事の方が多いとありましたが、その話の内容が聞いてもいないし興味の無いような自分の自慢話や武勇伝ばかりでは、聞いているこちらが疲れてきてしまいます。

自信家が嫌われる理由②上から目線

2つ目は、上から目線な態度である事です。常に自分は常人よりも上に立っていたいという思いから、どうしても上から目線の言動になりやすいです。先輩でも後輩でも、プライベートで付き合いがあるとしても、上からの物言いで良い気持ちにはならないでしょう。

自信家が嫌われる理由③人の意見を聞かない

特徴の中にあった自己中心的な点の中でも少し触れましたが、人の意見に耳を傾ける事も少ないです。自分のやりたいようにやろうとしたがりますから、周りの人の提案や助言をもらっても考えに入れようとしないのです。

自信家が嫌われる理由④謙虚さがない

日本において、謙虚さは大抵の場面で美徳とされます。ですが、例えば何か結果を出す事が出来たとしても、その結果に行きつくまでには自分一人だけではなく、様々な人が関わり、協力したおかげで達成できた筈です。

しかし、ここで自信家な人は自分が頑張ったからこその結果であると思い込んでおり、周りの人への感謝や謝罪といった事を素直にできないのです。これが出来ないとなると、単なるナルシストであると思われてしまいます。

自信家が嫌われる理由⑤攻撃的

攻撃的、威圧的なのも面倒臭がられたり、嫌われる原因の1つです。自分の意見を絶対視する傾向のある自信家な人にとって、対局の考えを提示してくるような人は敵のように捉えられますので、そんな時には攻撃的なレベルで反抗してくる可能性があります。

自信家な人とうまく付き合うには?

自信家な人というのは、時として頼もしいときもあれば、面倒に思う事も多いので嫌われることもあります。そんな人が周りに居たとするのならば、上手く付き合って面倒な思いをしないようにしましょう。

自信家と上手に付き合う方法①相手のいいところを探す

まず、相手の良いところを探してみましょう。面倒臭いところがあるのも事実ですが、臆しないために誰とでもオープンに話が出来たりと、自信があるからこその良い点というのはある筈です。意外にも長所と言えるところが多くあるかもしれません。

自信家と上手に付き合う方法②褒める

2つ目は、とにかく褒めてあげる事です。自慢話が多かったり、上からの態度を取ってくることが多いのは、自分が周りから認められたいからという承認欲求が元になっている可能性が高いです。それなりに褒めてあげれば、少なくとも自分に面倒が降りかかってくるのは防げるでしょう。

自信家と上手に付き合う方法③聞き流す

自慢話などに付き合うのはおそらく面倒ですから、そうした時には適当に相槌を打って聞き流しましょう。話としてはたいして重要性などない筈ですので、聞いている風を装って聞き流しておけば、無駄に疲れないで済むのです。

自信家の人の良いところは見習いたい

面倒な所こそあれど、自信家な人はいつでもポジティブ思考であったり、分け隔てなくどんな人とも対等に話せるなど、良いところというのは確実にあるものです。付き合い方にも合ったように、出来るだけ良いところも見つけてあげて、上手に付き合ってください。

その他の関連記事はこちらから