記事作成日:

「付き合う」の意味とは?結婚との違いや付き合うメリットまで徹底解説!

意中の相手との関係が曖昧でモヤモヤしている方は必見です!「付き合う」とはどのようなことを言うのか、性別、世代によって定義が異なるのか、どのような意味があるのか、詳しく解説していきます。曖昧な関係を解消し先に進みたいと考えている方は、この記事を参考にし、モヤモヤを吹き飛ばして、意中の相手と付き合って充実した日々を過ごしてみませんか。

付き合うとは

付き合うとは、友達や結婚とはまた違うものです。具体的にどのような違いがあるのかご紹介していきます。二人の関係って?と曖昧な関係に疑問を抱いている方は参考にしてみてください。

「友達」と「恋人」の違い

友達もどちらも大切な存在であることには変わりはありません。しかし、友達と恋人では抱く感情が異なります。友達は性別を意識せず、グループで遊びに出かけたりする仲間です。嫉妬をするか否かと言う点において、友達と恋人は大きく異なるのではないでしょうか。

異性の友達に嫉妬してしまう場合は、すでに恋愛感情を抱いている場合があります。他にも、疲れている時にこそ会いたいと思うのが恋人でしょう。疲れている時こそ、癒されたい、甘えたい、傍にいてほしいと思うものです。

「付き合う」と「結婚」の違い

「付き合う」というのは当人同士が約束を交わし、恋人の関係になることです。恋人として付き合っている間は、他の異性とは交際しないという暗黙の了解があります。他の異性と交際しないという点では、どちらも同じでしょう。

「付き合う」と「結婚」との大きな違いは、「結婚」となると当の本人たちのパートナーとしての約束の他に、それぞれの両親に了承を得て婚姻届けを提出して社会的に承認され、法律上でも夫婦となることを指します。

法律上の夫婦となると他の異性と肉体関係を持ったり、交際したりすると法によって裁かれ慰謝料などを請求される事態となります。

男女別「付き合う」の定義

「付き合う」ことに対して、男女で意識の差があるのをご存知でしょうか。ここでは、男女それぞれが考える「付き合う」の定義についてご紹介していきます。

男性の「付き合う」の定義

男性と女性の「付き合う」定義の中で大きく異なる点が、告白があるかないかということでしょう。男性は、毎日LINEやメールをして、定期的に2人で会い両想いであるということが分かれば、告白は必要ないと思っています。

告白がないので、〇月△日にお付き合い開始というような明確な確証がないまま「付き合っている」と思っていることがあるようです。言葉で確認するよりも、実際の二人の関係がどうなっているかということが重要のようです。

女性の「付き合う」の定義

一方、女性は告白を必要とします。もちろん毎日の連絡や定期的なデートをしているという状況も大切ですが、きちんと言葉で伝えてくれるかということを最も重要視します。告白がない曖昧な関係では、付き合っていると思えず不安な気持ちを抱いていることがあります。

世代によって付き合うの意味が異なる

「付き合う」の意味は男女でも違いがあることが分かりました。実は、世代によっても意味が変わってきます。世代別の意味をご紹介しますので、自身の世代、または世代の違う恋人がどのように考えているのか、参考にしてみてください。

社会人の「付き合う」

社会人になると、日々の仕事が忙しく2人の時間がとれないという方も多くなってきます。忙しい中の時間を割いて会うことになるので、一緒にいて互いに高めあえるような関係を好みます。

また、年齢的にも結婚を意識する方も増えてくる頃でしょう。現状の楽しさだけを求めるのではなく、将来のことも見据えた付き合いをする世代です。

大学生の「付き合う」

大学生になると、就活などで将来のことを考え始めます。そのため、好きという気持ちだけでは付き合っていられないということも出てきます。相手のことを好きだという気持ちはもちろんですが、将来のことを少し考えた付き合いをする方が多いようです。

中・高生の「付き合う」

中高生は好きな人と楽しみたい!という気持ちで付き合う方が多いです。まだ将来のことを考える方も少なく、今を楽しみたい!と考えています。好きな人と楽しい時間を一緒に過ごす世代です。

付き合っているカップルならではのやること

では、ここからは付き合っているカップルは、どんなことをするのでしょうか?友達ではできない、カップルだからこそできることをご紹介していきます。

やること①デートをする

付き合ったら、デートをたくさんするのがおすすめです。デートをすることで、お互いのことをよく知れるようになるでしょう。またデートすることによって、付き合っていると再認識でき絆も深まるでしょう。友達と行ったことがある場所でも、恋人といくとまた違った場所に見えるでしょう。

やること②大事な日を一緒に過ごす

誕生日やクリスマス、バレンタインデーなど大事なイベントを一緒に過ごせるのもカップルの醍醐味でしょう。好きな人と大事な日を過ごすことができれば、素敵な思い出にもなります。2人が付き合った記念日などもイベントとして2人で楽しむのもおすすめです。

やること③お揃いのグッズを持つ

2人でお揃いのものを持つのもカップルならではでしょう。キーホルダーやスマホケース、財布、スニーカー、時計など、さり気ないアイテムのものから、2人の共通の趣味に関わるグッズなどを持つのもいいでしょう。

お揃いのものを持っていると、一緒にいない時でも相手のことを思い出せ、近くにいるように感じます。

やること④友人に紹介する

付き合うと、互いの仲の良い友人に紹介するということがあります。彼女、彼氏として友人に紹介されると友人に紹介できるくらい自慢の彼氏・彼女なんだと嬉しく感じるはずです。

また、恋人でなくても両親に紹介するということもあります。恋人の大事な友人や家族に紹介されると、真剣にお付き合いしているということにもなります。

やること⑤スキンシップをとる

手を繋ぐ、ハグをする、キスをするなどのスキンシップができるのも付き合っているからこそと言えます。距離が近くなればなるほど、絆も深くなっている証です。

スキンシップがあまりにもなさすぎると、別れてしまう原因にもなりますので、スキンシップを積極的にとっていくようにしましょう。

「付き合う」ことのメリット

付き合っているからこそ、できることをいくつかご紹介しました。では、付き合っているからこそ得られるものはあるのでしょうか。付き合う意味にはどんなものがあるのか、メリットをご紹介していきます。異性と付き合うことを躊躇ってしまうという方は、ぜひ読んでみてください。

メリット①癒される

現代社会では誰しもがストレスを抱えています。そんなストレスで疲れてしまったとき、近くに恋人がいたらどうでしょうか。どんなときも自分の味方でいてくれて、精神的に支えてくれるそんな存在が付き合っている恋人です。

恋人は自分がつらい時、傍にいてくれて連絡をすれば親身になって話を聞いてくれるため、心身ともに回復できるます。また逆に、恋人がつらい時支えになってあげることもできます。お互いを支え合い素敵な関係を築きあげていくと良い関係が続き、心の拠り所となるでよう。

メリット②休日が楽しい

日々忙しい平日も、恋人との楽しい休日を糧にすれば乗り越えられるでしょう。近所に買い物デート行くも良し、お互いの家で心身ともにリラックスするのも良し、連休を利用して旅行に行ってみるのも良いでしょう。

休日だけでなく、お互いの誕生日やクリスマス、付き合った記念日など、恋人と過ごす休日やイベントを励みに日常が充実すること間違いありません。

メリット③好きな人と一緒にいられる

二人だけの時間を楽しめたり、スキンシップをとれたりと付き合っていないとできないことをして2人で過ごすことができます。

また、他の異性が恋人にちょっかいを出してきても、「この人は私の恋人です」とアピールすることもできたり、嫉妬をしてしまうようなことがあっても、しっかりと相手に伝え嫉妬をさせないような行動、態度をとってもらうようお願いすることもできるでしょう。

付き合っていると、このように好きな人を独り占めすることができるのです。好きな人との関係が良好であれば心にも余裕ができ、穏やかな日々を過ごせるはずです。

メリット④結婚ができる

中高生の付き合いでは結婚まで考えられないかもしれませんが、大学生くらいになると付き合いの先に結婚を見据える方も出てくるでしょう。好きな人とはいつまでも一緒にいたいはずです。付き合いが長ければ長いほど、相手の人間性も確認できるので、結婚前に相手のことをよく知ることができるでしょう。

異性を好きになるときってどんな時?

付き合うことについてご紹介してきましたが、異性とお付き合いするには相手を好きなことが大前提になります。人は、どのようなときに相手のことを好きだと思うのでしょうか。異性を好きだと感じるのはどのようなときが多いのか詳しくご紹介していきます。

異性を好きになるとき①優しくされたとき

特に女性の意見が多いのが「優しい一面を見た時」です。優しい一面というのは、自分に優しくしてくれた時や自分だけに優しくしてくれた時だけでなく、困ってる人を助けてあげていたり、人が嫌がるようなことでも嫌な顔をせずにしているなどといったことも含まれます。

何か困っていることがあるときに、さり気なくフォローしてくれるとキュンとしたり、よくあるパターンとしては失恋したときに優しくされた相手を好きになるということもあります。どの優しさも、さり気なく優しい一面を出してくれると男女問わず魅力を感じるようです。

異性を好きになるとき②支えてくれたとき

性別問わず多かったのが、「支えになってくれた」「応援してくれた」という意見になります。仕事で辛いことがったとき、悩み事があるとき親身になって話を聞き相談にのってくれて精神的な支えになってくれた時に好きだと感じます。

支えるというのは、落ち込んでいるときだけではありません。何か挑戦したいことがある際などに応援し、励ましてくれるそんな方も魅力的で人気があります。

異性を好きになるとき③価値観や趣味が一緒

 

人は、価値観が一緒の人に惹かれるようです。休みの日は外食せずに自炊する、ブランド品には興味がないなど些細な価値観が一緒であることも大切です。価値観が一緒であれば、一緒にいても揉めることもなく仲良く過ごすことができるでしょう。

他にも、趣味が一緒であれば休日も2人で楽しむことができます。スポーツ観戦、ライブ鑑賞、ゲームが好きなど好きなものが同じで共通の話題があると話も尽きず、自然と会う機会や連絡をとる頻度も増え交際に発展することがあります。

異性を好きになるとき④外見がタイプ

人は中身が大切だと言われることが多いですが、外見がタイプで一目惚れしてしまうことがあります。顔がイケメン・美女でタイプということもありますが、服装や雰囲気がタイプといったことでも、人は恋に落ちることがあります。

異性を好きになるとき⑤良い父親や母親が想像できたとき

結婚を見据えられる人でないと付き合わない、といった方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、動物好きや子ども好きの一面を見られると結婚した後の父親、母親像が想像でき魅力的に感じることがあります。夫や妻、父親、母親としての将来を想像できたことをきっかけに交際に発展するようです。

「付き合う」の意味が分からなくなった時は何する?

恋人と長く付き合っていると、マンネリ化してしまうことがあります。そんなとき、なぜ付き合っているのだろう?付き合っている意味はあるの?と疑問を抱いてしまうことがあります。そんなときはまず、以下のことを参考にしてみてください。

付き合う意味が分からない時①別れた時のことを考える

長く付き合いを続けていくと、一緒にいるのが当たり前に感じてしまうことがあります。そんなときは、冷静に別れた後のことを想像してみると良いでしょう。

空気のように感じてしまっているなら、「自然体の素の自分でいられるのは彼(彼女)だから」「今まで彼(彼女)が、これだけのものを自分に与えてくれた」など思い出すと良いでしょう。当たり前に感じている恋人ほど、失ってしまったときの虚無感や喪失感はひとしおです。

付き合う意味が分からない時②本音で話し合う

相手の気持ちが分からなくて不安だと思っているのであれば、相手に伝えましょう。自分の気持ちも素直に伝え、相手の本音も聞きだすのがおすすめです。お互いを大切に思っているのであれば、本音で腹を割った話をできるはずです。

これからも付き合いを続けていくためには、言葉で気持ちを伝えることも大切です。話し合うときは、感情的にならず冷静に対応するよう心がけましょう。

付き合う意味が分からない時③新しいことにチャレンジする

付き合いが長くなってくると、デートで行く場所もなくなってしまうこともあるでしょう。そんなときは2人で何か新しい趣味をはじめてみるのもおすすめです。新しいものをはじめると、新たな刺激になりドキドキを思い出すことができるはずです。

付き合う意味が分からない時④結婚生活を想像してみる

一緒にいることが当たり前になり、つまらなく感じてしまうことがあります。そんなときは、結婚生活を想像してみましょう。幸せな未来を思い描くことで、相手の良いところも再認識できます。また、相手と向き合う良いきっかけにもなるはずです。

好きな人と付き合えば充実した日々を送れる

好きな人と付き合えば、何気ない日常も充実した日々になること間違いありません。2人の関係に不安を感じてしまったときは、しっかり相手と向き合うことも大切です。お互いの気持ちを素直に伝えて、いつまでも仲良く付き合いを続けていきましょう。

その他の関連記事はこちらから