記事作成日:

好きな人に好きになってもらう方法は?脈ありサインの見極め方を解説!

誰しも、好きな人に自分のことを好きになってもらえれば、これ以上のことは無いでしょう。様々なアプローチをした時、しっかり気持ちを向けてもらえているか気になるところです。そこで今回は、誰もが知りたいであろう、好きな人に好きになってもらうアプローチの仕方、脈ありのサインなどをご紹介します。

好きな人に好きになってもらう方法【行動】

自分が好きな人に好きになってもらうためにはどうすればよいのか、どのように仕掛けるべきなのか、迷うことも多いでしょう。行動やLINEでのやり取りの仕方、心理的な効果などを駆使してアプローチしてみましょう。

好きになってもらう方法①会う頻度を増やす

まず1つ目は、会う頻度を増やすことです。言葉にすれば非常にシンプルな行動法ですが、人というのは異性、同性問わず、頻繁に会う相手には親近感を持ちやすいものなのです。その為、会う頻度を多くするのは、好きな人へのアプローチとして有効です。

もしも最初から一緒に遊べるような関係性であるのならばそれが一番ですが、もしそこまで仲が良いとは言えないのであれば、相手がよくいる場所に顔を出してみましょう。もちろん、露骨に狙っているようなやり方はストーカー紛いなものになってしまいますので、あくまでも自然に接してください。

好きになってもらう方法②頼みごとをして頼る

2つ目は、頼みごとをしてみることです。頼みごとの内容は、とても小さなもので構いません。少しの間これを持っていてほしい、ペンを貸してほしいなどでも良いです。とにかく、今すぐに相手に実現してもらえる頼みごとをしてみるのです。

毎度協力をするたびに、相手は「こうした頼みごとは普通親しい相手にするはずなのに、どうして自分は協力しているのか」と思うようになります。感情と行動との不一致のことを「認知性不協和理論」と呼び、この気持ちから恋愛感情に発展することがあるのです。

好きになってもらう方法③褒める

3つ目は、シンプルに相手を褒めることです。褒められることでほんの少しも嬉しくならない相手は居ないので、純粋な気持ちで褒めの言葉を口にしましょう。もちろん、ここで言うのはわざとらしい言葉や今作ったようなものではなく、本当に思ったことです。

褒められて大抵の人が嬉しくなるのに加えて、褒めてくれた相手に悪い印象を持つことは少ないです。ただし、もし相手が疑り深いような性格であった場合、何かしら裏があって褒めているのではないか、と疑いを持たれることもあります。

そういったケースもありますので、裏表のない飾らないストレートな褒め方が一番効くのです。矢継ぎ早に褒めまくるのではなく、客観的に褒めるに値すると言えることについて賞賛してあげましょう。

好きになってもらう方法④笑顔でポジティブな印象を与える

好きになってもらうのならば、やはり印象を良く持ってもらうのが大切です。そこで、好きな相手に対応する時には常に笑顔を意識しましょう。相手が相手だからと緊張して硬い表情になってしまっては、あまり良い印象を持ってもらえません。

緊張してしまう気持ちも分からなくはありませんが、男女両方の好きなタイプのランキングでも、笑顔が素敵な人というのがランクインしているほどです。

好きになってほしいのであれば、勇気を出して相手の目を見ながら笑顔で接してみましょう。それが難しいというのであれば、目が合いそうなときや会話をしている時、一瞬でも良いので笑顔で対応してください。

好きになってもらう方法⑤さりげないボディタッチ

5つ目は、さりげないボディタッチをすることです。昔ながらの方法と言えばそうかもしれませんが、軽めのさりげないボディタッチは恋愛ごとにおいても効果を発揮してくれます。方法としては、軽く肩を叩いてみたり、手を添える程度がベストです。

あまりにもベタベタとするようなしつこいやり方ではいけません。特に男性が女性にボディタッチをする場合、下心があるのではないかという疑いをもたれてしまいやすいです。物理的に距離を詰めることで、相手に自分の事を印象に残してもらい、意識されやすくなる効果を狙いましょう。

好きな人に好きになってもらう方法【LINE】

スマートフォンが普及した現代、連絡手段として誰もが利用しているLINE。好きな人とのやり取りにおいては、1つのメッセージを送るのにも悩んでしまうでしょう。このLINEでのやり取りの中にも、好きになってもらうコツがいくつかあります。

好きになってもらう方法⑥口調やスタンプを合わせる

1つ目は、口調やスタンプを相手に合わせることです。その理由は「類似性の法則」というものを利用しており、これは自分と共通点がある相手には親近感を持ちやすいという心理のことを指します。口調や使うスタンプの種類など、相手と波長を合わせる事でその親近感を感じてもらいやすいでしょう。

また、口調やスタンプだけではなく、頻度も相手に合わせられると尚良いです。人によってLINEなどの使い方にはスタイルというものがあり、自分と似ているやり方の方がやりやすいと感じるからです。

特にタイムリーに連絡をするのであれば、相手の生活リズムに合わせた対応がポイントになります。すなわち、相手が返信しやすいタイミングで連絡をすることで、タイミングの良いやり取りが成立します。

好きになってもらう方法⑦長文メッセージは避ける

2つ目に、長文のメッセージを送るのは避けておきましょう。LINEというメッセージアプリを利用する上で、鉄則ともいえるのがメッセージそのものの見やすさ、読みやすさです。伝えたいことがいっぱいあるのは分かりますが、それで長文になっては読みにくいのです。

そんな見づらいメッセージを送られると、しっかりと内容を読んで返信をするのが面倒になってしまい、素っ気ない返事ばかり返ってきてしまう可能性があります。最悪の場合、面倒に思われて返信そのものが来ないケースも考えられます。

基準としては、一度に送るメッセージは3行以内に収められるように努めてみましょう。また、連続でメッセージを送るのも避け、簡潔にまとめて相手が返信しやすい内容にするのがポイントです。

好きになってもらう方法⑧さりげなく好意をアピールする

少し勇気がいるかもしれませんが、さりげない行為のアピールも必要です。一番わかりやすい例としては、メッセージの中にハートのスタンプを追加してみることが挙げられます。ハートのスタンプなど、余程仲が良い相手などでなければ使う機会がないでしょう。

このように、直接言葉にして好きと伝えなくとも、LINEのスタンプなどを利用して好意を小出しにしてアプローチすることで、自分に気があるのではないかと思わせやすくなります。

ただし、あまりたくさん使いすぎれば効果が薄れるばかりか、重いと思われる可能性もあります。あくまでも前のめりになりすぎず、時折利用するといった程度の頻度でアピールしてみましょう。

好きになってもらう方法⑨話しやすい話題を選ぶ

話をするのであれば、やはり相手が話しやすく、興味を持ってくれそうな話題を選ぶのが◎です。実際に顔を合わせての会話でもそうですが、話が弾むかどうかには、その話の話題がいかに相手にとって興味のある物なのか、話しやすいものなのかが左右するとも言えます。

出来るのならば、内容は仕事以外のあまり固く考える必要のないものがベターです。もし趣味が分かっているのであれば、その趣味に関する話題をピックアップして振ってみるなど、返信がしやすい話で盛り上げていきましょう

特に、質問をするような内容であれば、たとえ相手がLINEを使うのが苦手な人であったとしても、それなりにアクションを起こしてくれるはずです。LINEでのやり取りが楽しい、何となくだけれど会話が続く、と思ってもらえているのなら成功です。

好きになってもらう方法⑩相手の短所も好きだと伝える

人には誰でも、長所もあれば短所もあります。長所を裏返せば短所にもなると言え、大抵の方は自分自身の長所を挙げることは少し難しいですが、短所を挙げるとなると長所よりもすらすらと出てくる傾向にあります。

好きな相手に短所と言えるような部分があったり、本人が言っていたとしても、別の角度から見ればその短所は長所と言い換えることも出来ます。例えば、優柔不断というのなら、周りの人に配慮が出来る、慎重に事を進められるなど言い換えても良いでしょう。

長所を褒めてくれるのは慣れていても、短所を上手く長所と解釈し、それを好きだと言ってくれるのなら、間違いなく良い印象を持ってもらえます。

好きな人に好きになってもらう方法【心理テクニック】

恋愛においては、様々な心理テクニックを駆使することが成就への方法にもなっています。会話の中でのテクニックや状況を活かした立ち回りによって、相手をドキドキさせることも可能ですから、心理テクニックも存分に活用しましょう。

好きになってもらう心理テクニック①ザイアンス効果

まず1つ目は「ザイアンス効果」です。この効果というのは、人間というのは最初こそよく知らない人であっても、何度も会って話したり接触をし続ける事で、その相手に親近感を感じるというものです。

別名で「単純接触効果」とも言い、行動の中で一番最初にご紹介した、相手と会う頻度を増やすというのも、このザイアンス効果を利用した方法なのです。

この心理を活用し、日に一度は顔を会わせて会話をするようにしたり、LINEでのメッセージで連絡を取ってみましょう。もちろん、しつこいと感じられてしまえば逆効果ですので、あくまでも自然に立ち回ってください。

好きになってもらう心理テクニック②好意の返報性

2つ目の心理テクニックは「好意の返報性」です。これは、人から好意を伝えられると、自分もその人に好意を抱きやすくなるというものです。有体に言えば、自分を好きになってくれた人のことを好きになるという現象のことです。

人というのは本来、何かをしてもらったらその人にお返しとして何かを返したくなる心理があります。この心理を利用したのが好意の返報性であり、すなわち好きだと相手に伝われば、自分のことを意識してもらいやすくなるのです。

しかしこれは第一印象も悪くなく、最低限コミュニケーションが取れている関係性、つまり悪くは思われていない状態に限ります。少なくとも嫌われていないことが分かっているのなら、直接でなくとも好意を持っていることを相手に知ってもらいましょう。

好きになってもらう心理テクニック③ミラーリング

3つ目は「ミラーリング」です。ミラーリングというのは心理学におけるコミュニケーション能力の1つであり、相手と身振りや手振り、体の向きなどを一緒にすることです。相手に自分と似ている感じがする、と思い込ませることで、警戒心を解かせる効果があります。

LINEのやり取りの中でも解説した、口調やスタンプを相手に会わせるのも、類似性の法則を利用したこのミラーリングの中の手法の1つと言えるでしょう。実際に話をする際にも、例えば相手と同じ姿勢で座ったり、会話のペースや間を一緒にするだけでも、親近感を覚えてもらいやすいです。

好きになってもらう心理テクニック④吊り橋効果

こちらは有名な心理テクニックかもしれませんが「吊り橋効果」も恋愛面においては利用できます。吊り橋という不安定な場所を男女で渡ることにより、吊り橋を渡っているという恐怖や緊張からくるドキドキを、恋愛感情によるものだと勘違いするテクニックです。

つまり、恐怖や緊張といった感情をお互いに共有することで、相手に恋愛感情のような特別な感情を芽生えさせやすくするのが、恋愛における吊り橋効果の目的です。

吊り橋でなくとも、お化け屋敷やジェットコースターに一緒に行ってみたり、ホラー映画を視聴するなどでも良いです。恋愛心理学においても、同一の体験を共有し、スキンシップを取ることで距離を縮めやすくなると言われています。

好きになってもらう心理テクニック⑤カリギュラ効果

もう1つ「カリギュラ効果」もあります。過激なポルノシーンがあったために映画館での上映が禁止され、それが逆に人の興味を惹きつけた「カリギュラ」という実際に制作された映画が語源になっています。

絶対に開けてはいけないと言われたパンドラの箱も、強く禁止されてしまったがために興味を持ってしまったように、してはいけないと言われたことほどやりたくなってしまう心理が、カリギュラ効果なのです。

恋愛においては、例えば漏らしてはいけない二人だけの秘密という形で活用できます。悩みなどを相談して二人だけの秘密ということにすれば仲間意識が生まれ、更に漏らしてはならないという状態が興味を引きやすくしてくれます。

好きな人の脈ありサインの見極め方【行動】

この様に、行動やLINEでのやり取りの仕方、そして心理的なテクニックを利用することで、相手の印象に残す事が可能となります。そして気になるのは、相手が自分に脈ありかどうかにういてですが、そのサインを見極められるポイントをご紹介します。

行動の脈ありサイン①見つめ返してくる

まず、相手が見つめ返してくるかどうかをチェックしてみましょう。脈ありなのかを見極めたいのであれば、多少恥ずかしいかもしれませんが相手の目をしっかり見つめてください。そこで相手が見つめ返し、目が合う状態が出来るのならば、好意を持ってくれている可能性大と言えます。

人というのは無意識のうちに好きな人、物に意識や目が行き、探してしまうものです。ですので、目が合うということは、もしかすると相手も気になっているのかもしれません。この性質を逆手に取って、もし相手の視線を感じるのなら、しっかり見つめ返しましょう。

特に、声が届きにくそうな距離からも視線を感じたり、複数人で会話をしている中でも目が合うようなことがあるのならば、ほぼ確実に好きになってくれていると言えるでしょう。

行動の脈ありサイン②他の人には言わない弱音を吐く

2つ目は、他の人に言わない弱音を吐くことです。これは特に男性が女性に対して好意を持っている場合に見られる脈ありサインの1つで、男性というのはあまり弱音や弱い部分を人に見せないものです。そんな弱音をさらけ出してくれるということは、すなわち信頼を置いてくれている裏返しと見て取れます。

特に、男性は普段気を張っていることが多く、信頼している女性がいるのなら甘えたくなるものです。好きな異性に対して癒しを求めているのなら、信頼していれば弱い部分も見せてくれます。そこまで信用してくれているのなら、好きになってもらえていると言っても良いです。

行動の脈ありサイン③距離感が近くなった

物理的な距離感が近くなったかどうかも、サインとして判断できます。人にはパーソナルスペースというものがあり、これは他人に近づかれると不快に感じる距離の事です。大人だと半径60センチと言われています。

更に、半径45センチ以内は余程仲が良い相手でないと踏み込めない距離感であると言われており、そこまで近づいて不快に思わないのは恋人、または好意を持っている相手などに限られてきます。

つまり、それだけ近い距離で接してくれるようになったということは、それだけ自分に好意を寄せている表れでもあります。手、肩などにボディタッチもしてみて、不快に思っておらずむしろ嬉しそうなら、確実に脈ありでしょう。

行動の脈ありサイン④会話時に体ごと自分の方を向いてくれる

会話の際に、自然と体ごとこちら側に向けてくれているかもチェックしてみましょう。面と向かって話をするとき、自然と相手の体がこちら側に向いてくれるのならば、少なからずよく思っていると考えられます。

多少なりとも親近感を持っている相手と会話をするときには、自然に相手に体が向いたり、顔を向けてくれたり、動作も似通ったりしてきます。どんな話題で話をしていても、体がこちらに向いているのなら、会話そのものよりも自分の方に興味を持ってくれていると判断できます。

行動の脈ありサイン⑤特に用がなくても話しかけてくる

特段用がなくても話しかけてくるようならば、脈ありは確実かもしれません。相手の立場になってみれば、好きでなく、特に興味も用事もない相手と話をしようと思わないでしょう。それれでも話しかけてくるのならば、両思いは決定的でしょう。

好きな人の脈ありサインの見極め方【LINE】

行動の中でもわかりやすいサインが色々とありますが、好きな相手が自分を好きになってくれたのならば、LINEでの連絡の取り合いの中でも変化が訪れるものです。

LINEの脈ありサイン①連絡が頻繁に来る

LINEで頻繁に相手から連絡が来る場合、脈ありの可能性が出てきます。特に用がなくともLINEのメッセージがくるようであれば、行動の中でも挙げたように少なくとも興味の無い相手ではなくなっていると判断できます。

ただし、まめな性格ゆえに連絡の頻度が多いというケースもあります。とは言っても、それも少なからず信頼しているからこそでしょうし、頻繁な連絡があるのなら、少なくともマイナスに思われてはいません。

LINEの脈ありサイン②質問が多くなった

興味の無い相手に対して、要件がある場合以外に色々と質問をすることは無いでしょう。ならば、プライベートなことにも質問をしてきたりするようならば、相手は自分に対してとても興味を持っていることになりますし、会話を終わらせたくないと思っている節があります。

LINEの脈ありサイン③共感してくれる

好きな相手となれば、相手との共通点を多く持ちたくなるものです。特に女性はそれが多い傾向にあり、相手にも自分のことを好きになってほしいので、話に共感しやすくなります。趣味や関心のあることについて共感をしてくれることが多くなれば、脈ありの可能性が高いです。

LINEの脈ありサイン④やり取りが長く続く

通常の会話、LINE両方ともに言えることですが、やり取りが長く続くのならば、間違いなく興味を持ってくれている証と言えます。特にLINEではそれが顕著で、話が終わりそうでも、まだ質問するなり続けたい感触があるのなら、好意の表れと取れます。

LINEの脈ありサイン⑤休みの予定を聞いてくる

休みの予定を特に興味の無い人に聞くことはまずいないでしょう。休日が近づくと予定があるのかを聞いてくるのは、どこかに誘いたいと思っている可能性がとても高いです。頻繁にLINEでのやり取りが続くのも、どこかで予定を聞きたがっているからなのかもしれないです。

好きな人を振り向かせるためにやってはいけないこと

反対に、アプローチの仕方を間違えると、好きな人を振り向かせるどころか、逆に悪印象を持ってしまいかねません。最後に、好きな人のことを思うのであれば、やってはいけないことについても覚えておきましょう。

やってはいけないこと①しつこい電話やメッセージ

まず、しつこく電話やメッセージを送るのはしてはいけません。話をしたい気持ちが強いのは分かりますが、相手の負担になってまでも頻繁に連絡を取ろうとするのは決して褒められたことではありません。

相手にも仕事があったり、勉強をしたかったりと、プライベートな時間があります。そんな時にしつこく連絡を取ろうとしても面倒に思われるだけですので、アプローチの仕方に気を付けてください。

やってはいけないこと②モテることをアピールする

自分はモテるというアピールもしない方が良いです。例えば元付き合っていた相手の話をしたり、恋愛建研の豊富さをアピールしたいからと付き合った経験人数を盛るなどの行為は、いろんな相手に下心を持っていると思われかねないのです。

やってはいけないこと③好きな気持ちを押しつける

どれだけ好きでも、それを押し付けるような真似だけはしないでください。好きだからという気持ちを都合よく押し付けようとしたところで、相手が迷惑に感じてしまえばそれまでです。自分勝手になりがちですが、必ず相手の事を優先して考えるようにしましょう。

好きになってもらう方法を習得して好きな人を振り向かせよう

好きな人に好きになってもらう方法や脈ありサインの見極め方をご紹介しました。印象に残して興味を持ってもらったり、負担にならないようにメッセージのやり取りをしたりと、好きな人へのアプローチの仕方、工夫の方法は色々とあります。ぜひ実践して、好きな人を振り向かせてみましょう!

その他の関連記事はこちらから