記事作成日:

好きな人と両思いか確かめたい方必見!両思い診断&両思いになる方法

広告

「好きな人は私のことどう思っているのかな?」と気持ちが知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。両思いになりたいけれどどうしたらなれるのかも気になるところです。この記事では、好きな人と両思いか確かめたい方必見!両思い診断と両思いになる方法をご紹介します。好きな相手と両思いになってラブラブな時間を過ごしましょう!

好きな人と両思いになるってどういうこと?

好きな人と両思いになるということは、お互いに同じ思いでいること、すなわち好き同士で気持ちが通じ合っている状態のことを言います。

相手に好意を持って両思いだと感じるまでにはそれぞれ異なり、素直に自身の感情を伝えることができる人の場合は、積極的に自己アピールしていくので、すぐに両思いであることを認識することができるでしょう。

しかし、消極的で好意を持っているのになかなか感情を出すことができない人は、お互いに相思相愛であることを認識するまでに時間がかかることもあるのです。その間、もどかしい感情が続き、友達以上恋人未満の関係が長引くこともあると言えるでしょう。

両思い診断!男性が好きな人に見せるサイン

「もしかしたら私のこと好きなのかな?」と悩んでいる女性はいませんか?大切に感じている人と両思いになれたら幸せなことです。男性が好きな人に見せるサインをご紹介します。両思いなのか知りたい方は、診断してみてください。

男性が好きな人に見せるサイン①下の名前で呼ぶ

好意を持っている男性から下の名前で呼ばれることがある方は、両思いの可能性があります。特に前々から名字で呼んでいたのに、急に下の名前で呼び始めるようになったら、あなたのことを意識している証拠です。

名字ではなく名前で呼ばれるというのはドキドキしてしまいますが、何だか特別感があってうれしいと感じるのではないでしょうか。

男性が好きな人に見せるサイン②視線をそらす

好意のある人からの視線を感じることはありませんか?ふと男性の方を見たら視線をそらすというのは、あなたのことを見つめていたからです。

あなたに見られたことで恥ずかしくなってしまい、つい視線をそらしてしまうところもあります。「何やっているのだろう?」と意中の女性の動きが気にかかるのはサインの証拠だと言えるでしょう。

男性が好きな人に見せるサイン③接し方が優しい

気になっている人だけを特別に優しくしているつもりは本人にはないことも多いです。しかし周りから見たら、他の女性よりも明らかに振る舞いが違うと思われることもあるでしょう。

優しい男性は、どの女性にとっても魅力的に映るのではないでしょうか。意中の女性が困っていたら助けてあげたり、体調が悪い時には気遣ってあげるなど紳士的な行いが見られたら、両思いである可能性があります。やはり意中の人には自分の良いところをアピールしたいと思うものです。

男性が好きな人に見せるサイン④必ず返信がある

男性の場合、文章を打つのが面倒だと感じる方も多いです。LINEやメールよりも電話で話した方が手っ取り早いと思ってしまいます。ですから、文章でのやり取りは事務連絡以外はしないこともあるかもしれません。

しかし、それが好意のある相手なら別です。女性からLINEやメールが来たら、必ず返信をします。連絡をくれたということがうれしくて、すぐに返信してしまうのです。自分が送った内容に対して必ず返事をくれる場合は、両思いの可能性があります。

男性が好きな人に見せるサイン⑤変化を見逃さない

女性が髪を切ったり、メイクを変えたりすることに対して、気づかない男性も多数います。しかしそれが意中の人ならば、ささいな変化も見逃しません

じっくり見ないとわからないような変化でもすぐに気づくのは、あなたのことをよく見ている証拠だと言えるでしょう。そのような動きが見られたら、両思いの可能性が高いです。

両思い診断!女性が好きな人に見せるサイン

男性が好きな人に見せるサインをご紹介してきました。関心のある女性と両思いになりたいと考えている方もいるでしょう。振る舞い方によって確信が持てるかどうかが変わってきます。両思い診断をしてみたい方必見!女性がラブな人に見せるサインをご紹介していきます。

女性が好きな人に見せるサイン①リアルタイムで報告してくる

男性は、用事がある時にしかLINEを送らない方が多い傾向にありますが、関心ある女性に「今〇〇しているよ」と画像付きで送ってくるなど、リアルタイムで報告してくる場合は、両思いの可能性があると言えるでしょう。

ちょっとしたことでも報告してくるというのは、あなたと会えない時はLINEで繋がっていたい自分をもっとアピールしたいという現れでもあるのです。

女性が好きな人に見せるサイン②目がよく合う

目が頻繁に合うのは、あなたのことを見つめている証拠です。ラブ相手のことは関心があるので、つい目で追ってしまいたくなるのです。目が合った時に恥ずかしそうな表情を浮かべていたら、あなたのことを意識しているのでしょう。普段から頻繁に目が合う場合は、両思いである可能性が高いです。

女性が好きな人に見せるサイン③笑顔が多くなる

普段から誰に対しても同じような笑顔で接している場合は違う可能性がありますが、あなたにだけ特別な笑顔を見せてくれる場合は、両思いの可能性が高いと言えるでしょう。意中の男性を目の前にすると、一緒にいることがうれしくて、自然と笑みがこぼれてしまうのです。

女性が好きな人に見せるサイン④声のトーンが高くなる

関心ある男性の前では、無意識のうちに声のトーンが高くなる女性も多数います。自分の中では普段通りの声で会話をしていても、友達とラブな相手とでは差が出ていることもあります。

計画的に声のトーンを高くしてアピールしているのではなく、自然と出ているものなら「かわいい!」と感じてしまうのではないでしょうか。

女性が好きな人に見せるサイン⑤弱い一面を見せる

周りからはしっかりしている女性に見られていて強がっていても、ラブな相手に対してはつい甘えてしまいがちです。弱い一面を見せる場合は、あなたのことを意識している可能性が高いです。

意中の男性にしか自身の弱いところを見せることができないことも多いにあり得ます。素直にさらけ出すことができて、支えてもらいたいという感情があるのです。男性は弱い一面を見せられたら、寄り添ってあげるだけでも安心します。

好きな人と両思いだと勘違いしやすいサイン

「絶対両思いだよね!」と確信していることがあったとしても、実はそれは勘違いだったという場合もないとか言い切れません。幸せな気持ちでいたのに、勘違いだとわかったらショックを受けてしまうでしょう。

そうならないためにも、勘違いしやすいサインを見極めておくことが大切です。どのようなサインがあるのかをご紹介していきます。

勘違いしやすいサイン①返信が早い

自身が送ったLINEやメールに対して返信が早いと、好意を持ってくれているかなと思ってしまうでしょう。男性は文章でのやり取りを面倒だと感じる方も多数派ですが、中には連絡にマメな方もいます。既読がついたり返信が早くても、それはマメな性格であるがゆえの行いなのかもしれません。

返信の早さだけを見るのではなく、どのくらいの頻度でやり取りをしているか、どのような内容を送ってくるかについても確認しておくことが大切です。

勘違いしやすいサイン②プライベートに関する質問

プライベートに関する質問をしてくる場合、これはイケるかもと思う方も多いのではないでしょうか。どうでもいい人の恋愛話など個人的なことを知りたい人なんていないと思うかもしれません。しかしこれが意外に勘違いサインであることも否定できません。

普段からあなたの性格や動きが面白いと関心を持っている方に、きっとプライベートも面白いのだろうなと思われることで、あれこれと聞きたがる場合もあるのです。そこにラブな感情はなく、ただの興味本位のこともあると言えるでしょう。

勘違いしやすいサイン③よく褒めてくれる

たくさん褒めてくれる相手は、自身のことをしっかり見ていて、好きでいてくれているのだろうと思ってしまうでしょう。褒めてくれるのはうれしいですが、そこに特別な感情はなく、誰とでもフレンドリーに接することができるタイプなのかもしれません。

気さくに会話ができる方は、話し上手で女性がどのようなことをしたら喜ぶのかもしっかり理解している可能性が高いです。またどの女性にも同じ振る舞いで褒めることができる女好きな方の場合も考えられます。

男性の多くは、意中の相手を目の前にしたら、照れてしまって普段のようにさらけ出すことができなくなります。頻繁に褒めてくれる男性がいたら、両思いだと確信するのは早いと言えるでしょう。

好きな人と両思いになる方法

現在、片思いで辛いと感じている方もいるかもしれません。ラブな人とどうしたら相思相愛になれるのか気にかかっている方も多数いるでしょう。好意を持っている人と両思いになる方法についてご紹介します。

両思いになる方法①好きな人のタイプに近づける

ラブな人のタイプに近づけるという方法も両思いになるために必要なことだと言えるでしょう。意中の相手がどのような女性がタイプなのか、かわいいと感じている髪型やメイク、服装などを掴んでおくことが大切です。

まずは外見から変えてみてください。相手好みになることができたら、今までは感じなかったけれど魅力的に見えてくるはずです。外見ばかりで内面が良くなかったら、恋愛対象に見られることは難しくなります。内面もしっかりアピールしておくことが大切です。

両思いになる方法②周りに協力してもらう

両思いになるためには、周りに協力してもらうこともおすすめです。良い関係を築いておくことで、関心ある相手に関するさまざまな情報を手に入れることができますし、「両思いになりたい」という真剣な心を伝えたら、協力してもらうこともできるようになります。第三者に協力してもらうからこそ、うまくいくこともあるでしょう。

両思いになる方法③恋愛話をする

恋愛話をすることは、自身のことを理解してもらうきっかけにもなりますし、相手のこともわかるようになってきます。意中の人に恋愛対象として見てもらうチャンスでもあります。今までどのような恋をしてきたかを明らかにすることによって、相手との距離を縮めることもできるでしょう。

いいなと思っているタイプを聞かれた時に、向こうにバレないようにと正反対を言ってしまったら、恋愛対象外なのだなと思われてしまいます。さりげなく近いタイプを伝えると、「あれ?俺(私)のことかな?」と思わせることが可能です。

両思いになる方法④共有できることを探す

会っている時に、何に関心を持っているのかを聞いてみましょう。例えば趣味、心惹かれている映画が同じなど、共通点を探してみてください。趣味が一緒だと、いろいろな場所へ出かけるきっかけにもなりますし、会話も弾み、楽しいひと時を過ごすことができます。

また関心ある映画があれば、「それなら一緒に見に行かない?ちょうど見たいと思っていたんだ!」とお誘いが来る可能性もあるでしょう。共有できることを探すことで、もっと距離を縮めることができ、お互いに知る機会を作ることができます。

両思いになる方法⑤特別な存在であることを意識させる

誰にでも同じことをしていると思われては、相手に気があるということを察してもらうことはできなくなってしまいます。両思いになるためには、特別な存在であることを意識させることも必要です。

例えば、体調が悪そうな時に気遣ったり、さりげなく重たい物を持ってあげたり、仕事を手伝ってあげて一緒に帰ってきたり、他の人との接し方と違うということをわかってもらうことが大切です。自分だけが特別だということを意識することができたら、あなたとの距離も一気に縮まるでしょう。

両思いなのに好きな人がしてしまう好き避け行動

両思いであることを確信しても、つい好き避け行動をしてしまいがちです。好き避けとは、その名の通り「好きなのに避ける」ことを言います。好きな人がしてしまう好き避け行動の代表的なものとしては、視線を逸らすことです。目がバチッと合ったのに、フイっと逸らされてしまったという経験はありませんか?

自分のことが嫌いだからされたのかと不安になってしまうこともあるでしょう。しかしそれは嫌いなわけじゃなく、好きだからこその行動なのです。興味のある相手のことは、無意識のうちに目で追っていることが多く、何をしているのか気になってしまうのです。

目が合ってうれしいと思う反面、恥ずかしさの方が上回り、つい視線を外す行動を取ってしまいます。目を合わせないというような態度が見られたら、好き避けされている可能性が高いと言えるでしょう。

好きな人と両思いかどうか確かめよう

好きな人と両思いなのかどうか気になっている方も多いでしょう。告白して付き合える関係になれれば良いですが、それまでの間は「これって私のこと好きなのかな?」「俺に気がある?」と思う行動があって、モヤモヤした日々を過ごすこともあります。

両思いかどうかは相手の態度や行動によって診断することができます。思い当たることがあったら、あなたと意中の相手とは相思相愛の可能性もあるでしょう。しかし、お互いに好きだと思っていても、それが勘違いである場合も考えられます。

勘違いしやすいサインを覚えておいて、気になる人の行動をチェックしてみてください。また、行動を起こすことで両思いになれる可能性も十分にあります。好きな人と相思相愛になれたらうれしいものです。好き避け行動にも注意しながら見極めることが大切です。好きな人と両思いかどうか確かめてみましょう!

その他の関連記事はこちらから