記事作成日:

ファザコン女性の心理とは?特徴や恋愛傾向も解説!

父親のことを大好きなファザコン女性は、様々な特徴を持ち、あらゆる心理が働いていると言われています。また、ファザコン女性が持つ特徴、そして恋愛傾向も特殊だと感じる方も少なくありません。今回はファザコン女性が持つ特徴をはじめ、ファザコンになってしまう原因や心理状態、さらに気になる恋愛傾向についてご紹介します。ファザコンかもしれない…と感じている女性はぜひ自分と照らし合わせてチェックしてみてください。

ファザコンになる原因

女性がファザコンになってしまう原因には様々なことが挙げられると言われています。ここでは、ファザコン女性になってしまう主な原因を以下に2点ご紹介します。

ファザコンになるのはごく自然な環境下で起こると言われています。どのようなことが直接的な原因になっているのか詳しくみていきましょう。

原因①愛情過多

女性がファザコンになってしまうのは、父親が娘に対して必要以上の愛情を注いでいることが原因だと考えられています。

これは、かねてから父親は娘に甘いものなどという世間的な風潮により、母親のように愛情としつけのバランスをうまく取れない男性、つまり父親によって娘がファザコン化してしまっているからです。

もともと男性には周囲の状況、子育てにおける重要なポイントを把握できていないために、バランスの悪い子育てを行っている傾向です。愛情が過多になりすぎる、あるいは少なすぎるなど、アンバランスを繰り返すことによって娘は父親に頼り切ってしまうこともあるでしょう。

その結果、何でも褒めて思い通りにしてくれる父親のような存在の男性を好むようになり、恋愛において苦労する傾向がみられます。当然ながら、父親的な男性をいくら好んでも、自分の理想の男性像に近い人を探すのは至難の業です。

また、一般的にそのような男性の方が少ないと言われているのです。このように、甘やかされ、愛情過多となったファザコン女性は、素敵な恋愛から少々遠い存在となってしまうでしょう。

原因②愛情不足

女性にとって、父親からの愛情不足が原因でファザコンになってしまうことが考えられます。これは、子供の頃、仕事を理由に子育てに参加せず過ごしてきた父親、あるいは自宅にいながらも子供との関わりを持たずに過ごしていた父親であった場合は愛情不足の可能性があります。

さらに、愛情を注いでもらったという思いが乏しいまま育ってしまったために、ファザコンになってしまう可能性があると言えるでしょう。父親から十分な愛情をもらえずに育った女性は、常に自分の中に理想の父親像を持っています。

それが恋愛において、自分が思い描いている父親像と男性を重ね合わせてしまうようになるのです。そのため、自分に愛情を持って接してくれる父親のような優しく穏やかで落ち着いた男性を求める傾向です。

また、幼少期に両親の離婚によって父親との関わりを持たずに育った女性も、このような思いを持って育っていくと言えるでしょう。愛情不足で育った場合、恋愛において男性に対して父親のような愛情を求めてしまうのもファザコン女性となってしまう原因だと考えられています。

このように、女性は恋愛する時、父親と反対の性質か、あるいは父親と似た性質を持つ男性を好きになるか、二極化の道を辿ることが分かります。

ファザコン女性に隠された心理

ここからは、ファザコン女性は他の一般的な女性と比較して、いったいどのような心理を持っているのかその心理的要因を以下に3点ご紹介します。それぞれどのような心理が働いているのか詳しくみていきましょう。

心理①寂しがり屋

ファザコンになった女性は、根底に必ず「寂しい」という思いを抱いている可能性が高いと言われています。特に、父親から十分な愛情を注いでもらえずに育った場合、愛情欲しさに自分よりも年上の男性を好む傾向です。

包容力があり、自分を包み込んでくれるようなやさしい男性を求めるようになるでしょう。このように、寂しがり屋な一面を覗かせるのはファザコン女性の心理だと言えます。

心理②父親が大好きで仕方ない

自分が欲求するものをすべて手に入れることができ、また、休日はいつも遊びに連れて行ってくれたお父さんなら、幼少期からとても素敵な存在のまま映っていることでしょう。

このように愛情をたくさん注いでもらえるような環境で過ごしてきた女性は、成人して大人になったとしても父親の存在はとても大きく、大好きだと感じています。

さらに、成人してもなお、父親が自分に対していつもやさしく接してくれるなら、父親から離れられない状況となってしまっているはずです。

心理③わがまま

年齢を重ねても、自分のわがままを突き通そうとする女性もファザコン女性が持つ心理的特徴だと言えます。これは、父親の愛情があまりに豊かであり、自分の思うまま叶う環境で育っているため、一般家庭とは異なり、わがまま放題に育っています。

そのため、人間関係を構築する際も、自分のわがままによってその関係性がうまく保てないことも多々あるでしょう。さらに、恋愛において、わがままをすべて受け入れてくれるような男性を探し求める傾向です。

ファザコン女性の特徴

ここからは、ファザコン女性が持つ特徴を以下に7点ご紹介します。一般的にファザコンだと言われる女性にはいったいどのような共通の特徴があるのかひとつずつ詳しくみていきましょう。

ファザコン女性の特徴①甘え上手

ファザコン女性は、幼少期から父親と関わることが多い分、男性にどのような態度で接し、甘えれば良いかというスキルを自然と習得しています。

そのため、成人し、男性と恋愛を楽しむ際も、男性の心理をよく理解しているなど、上手にコントロールすることができます。

つまり、上手に男性に甘えていくことができるのです。特に無邪気さが垣間見られる女性はすでに上手に甘えるテクニックを持っている証拠となるため、蓋をあければその女性がファザコンであったということも少なくありません。

ファザコン女性の特徴②異性の友人が多い

必然的に、ファザコン女性は同性と過ごすよりも異性の友人とともに過ごす時間が多い傾向です。これは、父親と過ごす時間が長かったファザコン女性は、異性と長時間同じ空間にいることを苦に感じることがありません。

むしろ、男性の友人と過ごしている方が楽しく過ごせることを自分でも知っているのです。しかし、いつも男性とばかり過ごしている姿を見た周囲の女性から、思わぬ誤解を生み、反感をかってしまうこともあるので注意して過ごしましょう。

ファザコン女性の特徴③父親を「パパ」と呼ぶ

父親の存在を偉大に感じているファザコン女性は、幼少期から変わらず思春期、そして成人しても、父親に対する呼び名が変わらず「パパ」と呼び続けているのもファザコンの特徴だと言えるでしょう。これは、父親を大好きで仕方がないという感情を持ち続けている証拠でもあります。

このように、幼少期から父親の呼び名が変わらず過ごしている女性は、成人してもファザコンである可能性が高いことが分かります。

ファザコン女性の特徴④父親の自慢話が多い

自分の父親の自慢話を周囲の人や友達に話す女性はファザコン女性である可能性が高いと言えます。そのため、会話の中に「私のお父さん~」や「私のパパは~」など、そのようなフレーズを耳にした場合、その女性はファザコンである証拠だと言えるでしょう。

ファザコン女性の特徴⑤父親と出かけることが多い

一般的に思春期を迎える女性は、父親と二人でいるところを自分の友達や知り合いに見られることさえ恥ずかしいという思いを持つものです。

しかし、幼少期から父親かが大好きで仕方がないという女性は、思春期など関係なく、中高生、さらに大学生、そして社会人となった現在も変わらず、父親と二人でお出掛けすることを好む傾向です。

自ら父親を誘ってお出掛けするという女性は確実にファザコンであることが分かります。このように、父親と二人でいることに恥ずかしさを感じない女性は、明らかにファザコンであると言えるでしょう。

ファザコン女性の特徴⑥自信がない

ずっと父親が大好きで愛情たっぷりに育てられているにも関わらず、父やかから褒められることがなかったため、自分ができることに対して自信がなく過ごしています。

それは大人になっても変わらないため、仕事に就いても、自分に自信を持って業務を行うことができないなど、社会性に欠ける一面を持つなど、そのような特徴が見受けられます。

ファザコン女性の特徴⑦人に頼りがち

どんなことでもすぐに手をかけ助けてくれる父親がそばにいたため、ファザコン女性は自分で物事を成し遂げることができない傾向です。そのため、すぐに人に頼ってしまう一面を持っています。

自分で善悪の判断がつかないなど、社会生活を送る上で少々困ってしまうことも多々見受けられるのもファザコン女性が持つ特徴だと言えるでしょう。

ファザコン女性の恋愛傾向

ここからは、ファザコン女性の恋愛について、いったいどのような恋愛を求めているのか、その傾向について以下に4点ご紹介します。いったいどのような恋愛傾向であるか詳しくみていきましょう。

恋愛傾向①すぐに愛情を試そうとする

自分が彼氏に愛されている存在であるか、いつも不安を抱えているファザコン女性は、彼氏からの愛情を確認したいために、あらゆる行動をとることがあります。

たとえば、夜中に思い立って「今から会いたいからすぐに来て」と言ってみたり、誕生日プレゼントに高額なものをおねだりする、また、デートで行きたい場所をたびたびリクエストしてみる、さらに彼氏の行動を細かく聞き出すこともあるでしょう。

さらに、わざと約束を破り、デートの時間に待ち合わせ場所へ現れない、ケンカした時に泣いてその場から立ち去る、LINEの既読が遅いことを問い立てるなど、あらゆる難題を突き付ける傾向です。

これを行うことで彼氏がどのように反応してくれるか、どのように対処してくれるかで自分への愛情をはかろうとするのです。これまで父親から自分が一番だと育てられてきた快感を彼氏からも味わいたいと思っているため、それを彼氏に求めてしまうのです。

自分の意に沿った彼氏の行動が見られない場合、自分の理想に限りなく近い存在の男性を探し求めるため、新たに恋愛相手を探そうとする行動に移ることも多々見受けられます。このように、ファザコン女性には、彼氏の愛情を試そうとする行動が見られることが分かります。

恋愛傾向②父親と似たタイプを好む

父親を偉大な存在として捉えているファザコン女性は、自分の父親を理想像としているため、好きになる男性も父親のような人を求めています。そのため、容姿もすべて父親に似た男性を探し求めています。

そのようなタイプの人が現れない限り、付き合おうともしない、あるいは結婚もしないなど、そのようなことにつながる傾向です。

恋愛傾向③愛情表現がストレート

ファザコン女性は、常に愛情をストレートに表現することができます。そのため、相手の男性のことを好きだと思ったら、そのまま「好き」と素直に相手に伝えることができます。これは愛情を注いでもらった証拠でもあり、このような女性は男性からモテる傾向であることが分かっています。

恋愛傾向④年上と付き合うことが多い

父親を男性として最大の存在と思っているファザコン女性ですから、恋愛においても年上の男性を好む傾向です。そのため、年下男性からアプローチされても、頼りがいのない存在だと捉え、恋愛対象として見ていません。常に年上の男性を求め、付き合うことが多いと言えるでしょう。

ファザコン女性と付き合うメリット

ここからは、ファザコン女性を好きになった男性が感じるメリットについて、代表的なものを以下に2点ご紹介します。たとえファザコン女性であっても、彼女になると良いと感じるメリットを詳しくみていきましょう。

メリット①男性を理解してくれる

父親を偉大な存在であり、大好きだと思って育っている女性は、男性の仕事に対する理解があるため、どんなに多忙な日々を過ごしている彼氏がいても、それに対してわがままを言うことはありません。

これは、自分の父親と重ね合わせてみることができるからです。男性が多忙であることは幼少期から理解していることであるため、それに対して意見を言うことはタブーだと心得ているのです。

だからこそ、男性にとってとてもかけがえのない存在だと感じることもあるでしょう。このように、穏やかに楽しく付き合っていけるのがファザコン女性と付き合うメリットだと言えます。

メリット②素直

男性という存在は、女性にとってとても頼りがいがあり、やさしい存在であると熟知しているファザコン女性は、相手を疑うことはしません。素直に相手を信じ、接する一面を持っているため、男性にとってとても可愛らしく、愛らしい存在にうつることでしょう。

このように素直な一面を持ち合わせているからこそ、とても大切に感じるなど、女性の可愛さを実感することができます。

ファザコン女性と付き合うデメリット

ファザコン女性と付き合うメリットがある反面、デメリットと捉えることもあります。ここでは、ファザコン女性と付き合うデメリットについて以下に2点ご紹介します。最も目に留まるデメリットをそれぞれ詳しくみていきましょう。

デメリット②男性に対する理想が高い

常に自分の父親に似た存在を探し求めるファザコン女性は、自分の父親と同等レベルの男性を理想としています。そのため、いつも自分の父親と彼氏を比べてしまう傾向です。少々居心地の悪さを感じることもあるのが現実です。

そのため、ファザコン女性と付き合う男性は、いつも彼女の父親の存在が見え隠れしていることを覚悟の上で付き合うことになるという点を理解しておきましょう。

ファザコン女性の心理や恋愛傾向を理解して上手に付き合おう

ファザコン女性が持つ心理や特徴、また、恋愛傾向について詳しくみていきました。ファザコン女性になるのはすでに幼少期から始まっており、また、父親を最大の理想像としています。

その分、恋愛は少々難しいことが起こる可能性も高いと言えますが、付き合い方次第でメリットに捉えることもできるなど、自分の彼女になる人がファザコン女性だったとしても、その女性の心理や恋愛傾向を理解し、楽しく上手に付き合っていきましょう。

その他の関連記事はこちらから