記事作成日:

嫌われた⁈好きな人に避けられていると感じた時の対処法を徹底解説!

「好きな人に何だか避けられている感じがする…」と不安に思っている方はいませんか?「もしかしたら嫌われてしまったのかな?」と悩んでしまうことも多いでしょう。避けられることで嫌われている場合もありますが、好きな人に避けられているからといって必ずしも嫌われているとは限りません。この記事では、好きな人に避けられていると感じた時の対処法を徹底解説していきます!

好きな人から避けられるのは不安

好きな人からそっけなくされると、「どうして?もしかすると嫌われてしまったのかな?」などと頭の中でさまざまなことを想像してしまい、不安になってしまうことも多いでしょう。なぜ冷たくされるのかさまざまな理由があります。現在不安を抱えている方は参考にしてみてください。

「避けられている」3つのパターン

逃げられるからといって、必ずしも嫌われていると断定することはできません。それぞれタイプを見ていくと、関わりたくないためにあなたから逃げてしまう以外にも考えられます。まずはどのようなパターンがあるのかを見ていきましょう。

パターン①好き避け

好意のある人に対して、無視するような振る舞いを取ってしまうことを言います。愛情を持っているにも関わらず、向こう側に気持ちを知られたくないという心理もあるのか、つい避けてしまうのです。

さまざまな心理が隠されているので、この形を取っているかもしれないと思った時には、相手の行動や言動にも注目してみてください。観察していくことにより、関わりたくないから冷たくされているのか、見極めることができるようになるでしょう。

パターン②嫌い避け

相手が自分に好意を抱いていることに嫌悪感があり、振る舞いや行いに表れてしまいます。周りにはしないのに、自分にだけ露骨に無視するような行いを取ることが多く、これ以上好きになられたら困ることから、全く興味がないということを態度で示していると言えるでしょう。

話しかけたら顔で「話しかけるな」オーラを出していたり、無視したりといったようにあからさまに振る舞いに出るため、「嫌い避け」はわかりやすいパターンになっています。

パターン③ごめん避け

相手から想いを寄せられているかもと感じることもあるのではないでしょうか。その気持ちに応じることができるならそっけない行いはしませんが、「他に気になっている人がいるから」「自分のタイプじゃない」などの理由から相手と付き合うことができない場合もあるでしょう。

このまま曖昧な振る舞いを取っていたら、相手を思い違いさせてしまい、余計に傷つけてしまうという思いから、あえて「ごめんなさい」という感情を込めて逃げることで、相手に伝わって欲しいと思っています。また、想いを寄せられていないのに思いこみからそっけなくしてしまう場合もあるのです。

なぜ避けられている?その理由や特徴とは?

避けられるには理由があります。それはそれぞれのタイプによっても異なるので、別々に見ていく必要があるでしょう。パターン別に見る理由や特徴についてご紹介していきます。

好き避けの理由や特徴とは?

相手に対して愛があるからこそのパターンですが、どのような理由があるのでしょうか。ひょっとしたら好き避けされているのかもと思っている方は、相手の振る舞いを見て当てはまるかチェックしてみてください。

好き避けの理由①好きなことをバレたくない

ラブであることがバレて自分に気がない場合、傷ついてショックを受けることになるでしょう。また周りに知られてしまうと、からかわれたりすることで恥ずかしい思いをしたり、不快な気分になったりすることもあります。

本人にまでラブな気持ちがあることが知られてしまうことで、今まで良好な関係を築いていたのに気まずくなって関係性がうまく成り立っていかなくなる可能性もあることから、無視してしまう場合もあるのです。

好き避けの理由②緊張している

愛情を持っている相手を目の前にすると、緊張して何も話すことができなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。恥ずかしさのあまり目も合わせられなくなったり、無口になってしまうことも多いです。

「一緒にいて楽しくないのかな?」と不安にさせてしまう行いではありますが、恥ずかしそうなそぶりや緊張して固くなっていたら、好き避けの可能性が高いです。

嫌い避けの理由や特徴とは?

完全に向こうと関わる気はないという感情からしてしまう嫌い避けには、さまざまな理由があります。比較的わかりやすいので、判断もつきやすいでしょう。どのような理由があるのかを見ていきます。

嫌い避けの理由①仲良くしたくない

興味があれば話しかけることも多くなりますが、関わりたくない相手なら自分から饒舌に話をすることもないですし、とりあえず挨拶だけしかしてくれないことも多いです。

振り向いて欲しい感情があって積極的に話しかけてみても、あからさまに不機嫌な表情を浮かべたり、「話しかけないでほしい」と直接伝える場合もあります。仲良くしたくないために、嫌い避けすることもあるのです。

嫌い避けの理由②視線を合わせたくない

愛情がある人のことは気になって、いつの間にか自然と目で追っていることが多いです。それは興味がある証拠で「何をしているのかな?」「困っていることがあったら助けてあげたいな」という感情があると言えるでしょう。

ですから、お互いに視線がバチッと合うことも多くなります。しかし嫌い避けの場合は、本当に不快なために視線を合わせたくないと思っています。嫌いだから視界にも入れたくないのです。

ごめん避けの理由や特徴とは?

気持ちに応じられないための申し訳なさから、そっけない振る舞いをしてしまいますが、どうしてそのような態度を取るのかはそれぞれ理由があります。友達として付き合うのはOKだけど、恋人としての関係は無理だと考えているのです。どのような理由があるのかを見ていきましょう。

ごめん避けの理由①恋愛対象として考えられない

これからも良い関係は築いていきたいけれど、カップルになることは想像できないという場合もあります。相手が好意を持ってくれているということは、今後付き合いたいことになるので、気を持たせないようにするためにもごめん避けをする可能性もあるのです。

ごめん避けの理由②好きな人が他にいる

他に好きな人がいる場合、違う相手に愛する感情を持たれたらその気持ちには返答することができなくなります。思わせぶりな行いを取ってしまうと、相手を思いこませてしまい、傷つけることにもなりかねないため、これ以上想いを寄せられないようにするためにも、ごめん避けをして、返答できない姿勢を見せているのです。

まだまだ原因がある!避けられている理由とは?

パターン別の理由をご紹介してきましたが、まだまだ原因が存在します。理由を見ていくことで、もしかして逃げられているのはこれかもしれないと理解できるのではないでしょうか。そっけなくされているのはなぜかそれ以外の原因についてご紹介していきます。

原因①仕事やプライベートが忙しい

仕事やプライベートが忙しいと、他のことが手につかなかったり、考えられないという場合も多いです。別のことに集中してしまうと疎かになってしまうことが嫌だと感じているため、避ける場合もあると言えるでしょう。

仕事やプライベートに集中できる環境を作りたい、あまりに忙しすぎて精神的に疲れが出てきている時もつい避ける傾向にあります。その場合は相手に干渉しないようにすることが大切です。

原因②人付き合いが苦手

人前に出ると緊張して無口になったり、異性を目の前にすると、自分から積極的に声をかけることができないので、そっけなくすることもあるのです。これはあなたのことが不快になったわけではなく、あなた以外の人に対しても苦手意識が強く同じような行いを取っているため、スルーしておくことが無難でしょう。

原因③嫌われたと勘違いしている

何かのきっかけにより、嫌われたと思いこまれる場合もあるでしょう。こちら側は嫌いだなんて微塵も思っていないのに、勝手に思い違いされることで逃げられてしまうことも考えられるのです。思い込みにより近寄ってきてくれなくなるため、誤解をしっかりと解いておくことが大切です。

原因④性格がサバサバ系

冷たくされたり、何か逃げられているのではないかと感じることもあるかもしれません。その場合は、あなた以外に対する接し方もチェックしてみましょう。

あなたにだけ別の態度であれば、それが逃げられる要因でもありますが、誰に対しても同じ接し方をしているようなら、性格上の問題の可能性が高いです。

サバサバしている場合、相手にとっては冷ややかに感じ取る場合もあるのです。本人はいつも通りだけれど勘違いされて損をしてしまいやすいと言えるでしょう。

原因⑤自分の勘違い

ラブな人にそっけない振る舞いを取られることに対して、「無視されているよね?嫌われているよね?」と一人で傷ついてしまうこともあるのではないでしょうか。それは自分の思い込みである可能性も考えられます。

何に対してもマイナス思考になってしまう方は、思いこみが激しくなりやすいです。自分は絶対に向こう側に冷淡な素振りを取られていると思っても、まずは周りの方に客観的に見てもらうことも必要だと言えるでしょう。

周りが否定するならば、自分の捉え方で一人で悲しくなっているのかもしれません。勝手に思いこんでしまうことで、自信を持つことができなくなり、積極的になれなかったらもったいないです。

好きな人に避けられていると感じた時の対処法

ラブな人に無視されているかと思うと、この先良い関係を続けていくのは難しいのかもしれないとショックを受けてしまうでしょう。そう感じた時にはどうしたら良いのか、対処法をご紹介していくので参考にしてみてください。

避けられている時の対処法①第三者に理由を聞いてもらう

「なんでそっけないの?」なんて本人に面と向かって聞くことなんてなかなかできないのではないでしょうか。共通の友達がいれば、第三者に理由を聞いてもらうことも対処法の1つになります。

聞いてもらう時には、あなたから頼まれたということは伝えないようにしてもらうことが大切です。本人から直接頼まれたということを知ったら、余計に本音を言えなくなる可能性が高いです。

避けられている時の対処法②距離を置く

そっけなくされた場合、興味がないからもう関わってこないで欲しいと思われてしまうこともあります。しつこく声をかけたりしては、感情がもとに戻らなくなり、関係も悪化していく場合があるでしょう。

このような状況では、距離を置くことも考えてみることをおすすめします。一人になっていろいろなことを見つめ直して冷却期間を作ることで、冷静な自分になれます。ラブな人のことが頭から離れてくる時間も増えて、離れているからこそ相手はあなたのことを気にかけるようになります。

避けられている時の対処法③積極的にアプローチする

周囲に気づかれないようにするために冷淡な素振りを見せている可能性もありますが、お互いに感情がわからないままだとこの先進展があるのかも難しいところです。積極的にアプローチをして、もっと距離を縮めていきましょう。

ストレートな感情を相手にぶつけるのもわかりやすくて良いですが、いきなりの告白にどうしたら良いのかわからなくなって返事に困ってしまうこともあります。向こう側の良いところを褒めたり、自分をアピールしていくことが大切です。

避けられている時の対処法④自分で理由を聞く

思いきって直接理由を聞くのも対処法の1つです。避けられていると感じているのに、このまま行動を起こさないでいるのは平行線状態で何も進展しません。関係は悪化の一途をたどっていくことになるでしょう。

直接面と向かって聞くのは難しいという場合は、LINEなどメッセージのやり取りの中で聞く方法をおすすめします。そっけない態度を取られていることに対して悩んでいるといった文面を送ることで、何かしらの反応が返ってくるはずです。

向こうにそんなつもりはなかったら、あなたの発言に驚くことでしょう。思い込みだったということに気づいたら、安心もするのではないでしょうか。

もし本当に避けていて理由があるのならば、あなたが正直な気持ちを話したことを受けて、どうして冷たくしたのかを教えてくれる可能性も高いです。知ることができれば、自身に悪いところがあった場合直すこともできるようになります。

避けられている時の対処法⑤相手に合わせる

相手のラブな気持ちがひしひしと伝わってきているけれど、なかなか行動を起こしてこないでモヤモヤしてしまうこともあるでしょう。やはり向こうから愛情を伝えてほしいと思うものです。相手にもペースがあるので焦らせてはいけません。

自身に気持ちがあっても向こうはその気がないという場合も考えられるので、自分に好意があるかどうか確信を持てないと行動に移せないことも多いです。相手のペースに合わせて、ゆっくりとお互いの気持ちを確かめ合いながら、良好な関係を築いていくことができれば安心です。

避けられていると感じたら慌てずに対処しよう

好きな人が最近冷たかったり、そっけなかったりすることもあるでしょう。拒否されているのではないかと不安も出てくるものです。そっけない態度に思えたとしても、それが自分の思い込みである可能性もないとは言い切れません。

また、避けるにはさまざまな理由があります。嫌悪感を抱いているからだけではなく、別の事情から避けてしまっている場合もあるのです。

いつまでも進展がなかったら、関係も平行線のままになってしまいます。対処法を試してみて、うまく微妙な関係から脱出してください。避けられていると感じたら、慌てずに対処しましょう!

その他の関連記事はこちらから