記事作成日:

相手を傷付けない上手なデートの断り方とNGな断り方を大公開!

デートに誘われたけど好きな人ではないしどう断ろうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。断り方によって相手を傷つけてしまうこともあるため、言葉は選んで伝えなくてはいけません。後々気まずくなってしまうのは防ぎたいところです。相手を傷つけない上手なデートの断り方とNGな断り方についてご紹介します。

デートの断り方は難しいけど大事なこと

デートに誘われても好きな相手ではなかったら断らなくてはいけません。しかしどうやって伝えたら良いのか悩むところです。断った後も顔を合わせる機会が多いなら気まずくなってしまいますし、相手が傷つくような断り方もできないでしょう。

かといって好きでもないのに断ることができなかった場合は、気を持たせてしまうことにもなり、それも相手を傷つけてしまうことにもなりかねません。デートの断り方は難しいけれど大事なことだと言えます。

まず誘ってきた相手とどうなりたいか考えよう

あなたにとって誘ってきた相手はどのような人ですか?興味がある・友達として付き合っている・全く好きではないなどさまざまでしょう。全てに同じ言い方をせず、相手がどのような存在かを見極めてその人に合った断り方をすることが重要です。

興味がある場合は丁寧に断ることでまた今度声をかけてもらえる可能性もあります。友達として付き合っている場合はいつもの口調でデートはできないことを軽く伝えたり、全く好きではないのならしつこく誘われても困るのではっきりと断ることが大切です。

どんな場合も誠意をもって断ろう

相手は真剣にデートに誘ってくれているので、いい加減な気持ちで断っていたら相手にもその想いが伝わってしまいます。興味がある人でもどうでもいいと思っている相手でも、誘ってくれた立場にたって誠意をもって断ることが大切です。あなたの誠実な一面が伝われば納得してくれる可能性が高くなるでしょう。

ポイントは「感謝の言葉」を添えること

デートに誘われた時にいきなり断りを入れるよりも、感謝の言葉を添えることをおすすめします。例えば「予定が入っているから」「頭が痛いから」など理由だけ伝えるときつい言い方に聞こえてしまい、相手のショックも大きくなるでしょう。

初めに「誘ってくれてありがとう。でもその日は予定が入っているからごめんね」と断ることでやんわりとした口調になり、相手も悪い気分にはならないはずです。

上手なデートの断り方【興味のない相手】

興味のない相手にデートに誘われたらどう断ろうか悩んでしまうでしょう。しかしきっぱり伝えないと「見込みがあるかもしれない」と勘違いされてしつこく言ってくる可能性もありますし、気を持たせるようなことはできません。興味のない相手への上手なデートの断り方をご紹介します。

興味のない相手①「予定があるので」と断る

「予定があるので」は一番使われやすい断り文句ではないでしょうか。特に何があると言わなくても予定があると言えば、「何の用事が入っているの?」と聞いてくる人はまずいないです。

しかし自身が嘘をつくことに罪悪感を感じてしまうこともあり、ついしどろもどろな状態で断ってしまうこともあるのではないでしょうか。そんな状況を払拭するためにも、前もって日程を立てておくことをおすすめします。

「この日は〇〇をする!」と決めておけば嘘をついていることにもなりませんし、用事をあらかじめ入れておけば自信を持って断ることができ、相手もそれなら仕方がないなと思うはずです。

興味のない相手②「彼氏(好きな人)がいる」と断る

今後付き合っていく相手ではないなら、「彼氏(好きな人)がいる」ときっぱり断ると良いでしょう。愛する人がいるなら自分の入る隙はないなと思うはずです。完全にこれから誘ったりすることを諦めてもらうには、恋人がいなくてもいるふりをして拒むことも大切です。

興味のない相手③「お金がないから」と断る

興味のない相手が友達のような関係だったら、軽い気持ちで「誘ってくれてありがたいけど今お金なくて行けないんだ、ごめんね」と断るのがおすすめです。金銭面のことを伝えると、「だったら奢るからデートに付き合って」と言ってくる可能性もあるでしょう。

そんな時は、親友に奢らせるようなことは自分的に許せないことをはっきり伝えることです。相手はあなたに好意がありますが、自分はあくまで「友達」だと思っていることをさりげなく伝えることもできます。

興味のない相手④「体調が良くないので…」と断る

体調が良くないので…」と断るのも定番の理由の1つだと言えるでしょう。カラダの調子が良くないことを伝えているのに、「じゃあいつなら大丈夫?」といった類のことは聞いてこないはずです。

むしろ心配してくれて「大丈夫かな?お大事にしてね。」と言うことしかできなくなります。しばらく経ってからまた誘われる可能性はありますが、何かと理由をつけて断るようにしましょう。

上手なデートの断り方【気になる相手】

気になっている人から誘われたら嬉しいものです。しかし事情があって誘いを断らなくてはいけないことも出てきます。せっかくのデートなのに残念ですが、上手に伝えていかないと次誘ってもらえなくなるので注意が必要です。気になる相手との上手なデートの断り方をご紹介します。

気になる相手①デートできない理由を正直に伝えて断る

誘ってくれたのはうれしいけれど、理由があってデートできない場合は丁寧に断りを入れることが大切です。なぜデートできないのか事情をはっきり説明しないと、本当は嫌だから拒んでいるのだと思われてしまいます。

嫌われているならもう誘わないと勝手に解釈されて、その後全く声をかけてもらえなくなってしまうこともあるのです。恋愛に進展するどころか、距離を置かれてしまう可能性もあります。

「仕事が立て込んでいて時間を取ることができない」「友達との先約があるからその日は難しい」などと理由を正直に伝えることが大切です。しっかり丁寧に謝ることで相手へのイメージアップにも繋がるでしょう。今度また誘ってみようという気持ちになり、脈があるのだなと思ってもらえるはずです。

気になる相手②「また誘ってほしい」と一言添えて断る

気になる相手ならその日にデートができなくても、また声をかけてきてほしいと思うものです。他に空いている日があるなら別の日程を提案することも可能ですが、わからない場合は「また誘って欲しい」と一言添えることで印象も変わってきます。

デートがダメになったらまた断られるかもしれないという気持ちがあって誘いにくい状況になってしまいます。このように一言添えることで相手にも可能性があるのだなと思わせることができるのです。

気になる相手③「別の日ではどうですか」と変更を申し出て断る

気になる人に「デートしよう」と声をかけてもらえたのにどうしても断らなくてはいけなくなることもあるでしょう。「また今度ね」と伝えると社交辞令かもしれないと考えてしまったり、相手もいつ誘ったらいいか迷ってしまい、声をかけづらい雰囲気になってしまいます。

行けないのなら「別の日ではどうですか」と変更を申し出て断るようにしてみてください。次は相手の都合に合わせるということをアピールしておくと、脈ありであることを気になる人にも伝わって一石二鳥です。

上手なデートの断り方【職場関係】

職場関係の人に誘われて困っている方もいるのではないでしょうか。軽い気持ちでデートしてしまうと同じ職場なので気まずくなってしまったり、噂を立てられて仕事がしづらくなるという可能性もあります。上手に断って波風を立てないようにしたいものです。職場関係の上手なデートの断り方をご紹介します。

職場関係①「みんなで行きましょう」と断る

職場の同僚や後輩からデートの誘いがあったら、「みんなで行きましょう」と断ることがおすすめです。「それならみんなで行った方が楽しいから〇〇にも声をかけてみない?」と他の人を誘うことを提案してみてください。

相手はあなたに声をかけたのにみんなで行こうと言われたら、2人きりにはなりたくないのだなと感づくことでしょう。今後も2人で行きたいとは雰囲気的に言えなくなります。

職場関係②「ウワサされたくないので」と断る

職場での恋愛事情はすぐにウワサになりやすく、仕事がしづらい雰囲気になってしまうこともあります。社内恋愛は例え付き合うことになったとしても、別れた時に同じ会社だと居づらくなることもあるので避けたいと思っている方も多いでしょう。

もし職場の人に誘われたら、「ウワサされるの苦手なので…。職場が違っていたらOKするところなのですが」と断ることで、相手が嫌でデートしたくないと言っているとは思われずにすみます。

職場関係③「セクハラです」と断る

相手が傷つかないように幾度となく断っていても、めげずにしつこく誘ってくるタイプもいるでしょう。押せばOKしてもらえると思っているのかもしれませんが、あまりにしつこいので嫌になってくる場合もあります。

そんな時は「セクハラ」という言葉を用いて爆弾を投下しましょう。大人しそうに見えるからといってターゲットにされているのかもしれません。真剣な顔で「それってセクハラです」と伝えることで、本気で嫌がっているのがわかるようになるはずです。

相手を傷付けてしまうNGなデートの断り方

デートに誘われても気持ちに答えられない場合もあるでしょう。しかし相手の気分を損ねずにやんわり断りたいものです。相手を傷つけてしまうNGなデートの断り方をご紹介します。相手の気持ちを害すことがないように覚えておくことが大切です。

NGな断り方①バレバレな嘘や言い訳で断る

デートを断る時には多少の嘘は必要になる時もありますが、バレバレな嘘や言い訳をすると苦しくなりボロが出てしまう可能性が高くなってしまいます。

例えば体調が悪くて行けないと伝えたのに、友達と遊びに歩いていたところを見られていたというケースもあります。また身内に不幸があったからというのはどうしても断ることのできる理由にはなりますが、嘘で身内の不幸を使うのは人としてイメージダウンにつながるので気を付けましょう。

NGな断り方②LINEやメールでの誘いをスルーする

男性でも女性でもそうですが、LINEやメールでデートに誘うということは勇気がいることです。どんな返事が返ってくるかドキドキして待っているのに、未読や既読スルーして返事を返してもらえないと悲しくなってしまいます。

例え見込みがないとしても返事はすぐにすることが大事です。待っている間が長いほど、断られた時のショックが大きくなります。すぐに返答することで興味を持ってもらえていないことを実感するでしょう。

NGな断り方③曖昧な返事をする

はっきり断ってしまうと相手もショックを受けるだろうなどと考えることで、つい曖昧な返事をしてしまうこともあるのではないでしょうか。中途半端な優しさは余計に相手を傷つけることになります。

また曖昧な返事をすることでまだ見込みはあると何回も誘ってくる可能性も考えられるのです。その分断らなくてはいけない回数も増え自分自身も大変になるので、興味がない相手ならきっぱりと断ることが大切です。

NGな断り方④相手をあからさまに否定する

相手に興味がないからとズバズバ物を言うのは相手を余計に辛くしてしまいます。いくらどうでもいい人だからといって、「あなたはタイプじゃない」「好きでもないのにデートしてもつまらない」など相手をあからさまに否定するのは良くありません。思っていても言葉に出さないようにすることがマナーです。

NGな断り方⑤ドタキャンする

一度OKしたのにドタキャンするのはNGです。相手は楽しみにしながらあなたが待ち合わせ場所へ到着するのを待っています。

ドタキャンされたらその日の時間はおろか、前もって購入しておいたチケットやディナーの予約など全てが無駄になってしまうため、相手にとって負担が予想以上に大きくなってしまいます。もしどうしても行きたくないと思った時には、早めに連絡を入れておくことが大切です。

デートの誘いに使える断り方を動画で見てみよう

  • 段階法を使う

相手と自分の意見を大事にすることができれば、気分を悪くしないで自分の意見を通すことができます。例えば「今日、仕事終わりに一緒に飲みに行こう」と言われた時に、第一段階として「明日朝早く起きて家族で出かけるんです」と「行けない」と伝えずに事実だけを描写します。

そうすることで相手から「そっか、それなら今日はやめておいた方がいいね」と言われることもありますし、逆に「ちょっとだけいいじゃん!行こう!」と強引に誘ってくる場合もあるでしょう。

そこで第二段階として「どうしようかな、困ったな~」と自分の意見や感情を表現します。そこで「じゃあ今度にしようか」と言われる可能性もありますし、まだしつこく誘ってくる場合もあるでしょう。第三・第四と段階を踏んで断っていくことがポイントです。

  • NPC法

何を言われても同じ理由で断り続ける方法です。そうすることで相手はだんだん話す気が失せてきて自然な流れで誘いを断ることができるようになります。ひたすらに伝え続けて相手を諦めさせることができるのです。断り方には他にも方法があるので動画を参考にしてみてください。

相手との関係性でデートの断り方は変わる

デートに誘われても行きたいけどどうしても行けない、あるいは行きたくないから断りたいという場合もあるでしょう。自分にとって相手はどんな存在なのかを見極めてどう伝えれば良いのか考えることが大切です。

相手との関係性でデートの断り方は変わります。相手の気分を害さないように上手に断る方法をマスターしてください。

その他の関連記事はこちらから