記事作成日:

バカップルとは?特徴や嫌われるバカップルにならないための注意点を大公開!

バカップルとはラブラブすぎる恋人同士を皮肉った言葉で、「バカ」と「カップル」を組み合わせた造語です。ラブラブな恋人同士でも微笑ましく見えるカップルもいれば、見ていてため息が出るほど痛々しいカップルがいますが、その違いは何なのでしょうか?ここでは、バカップルの特徴やバカップルにならないための注意点を詳しく解説していきます。周囲からバカップルと思われないためにも、しっかりチェックしていきましょう!

そもそもバカップルとは?

バカップルとは「バカ」と「カップル」を合わせた言葉で、ラブラブカップルというよりは、もはや感覚が麻痺して周囲の人が引いたり驚くような行動を、恥ずかしがることもなく平気でしてしまうカップルのことを指します。

本人達は自分達がバカップルになっているなんて気づいていないでしょう。見ていて微笑ましいラブラブなカップルとバカップルは紙一重で、誰しもいつだってバカップルとして見られたり、バカップルになりうる可能性はあります。そうならない為にも、まずはラブラブカップルとバカップルの違いを見ていきましょう。

ラブラブカップルとバカップルとは何が違う?

では、バカップルとラブラブカップルの境界線はどこにあるのでしょうか。バカップルは、お互いが好き過ぎてバカになってしまっている状態で、周りの目を気にすることなくどっぷりと2人の世界に浸っています。人前でも気にすることなくイチャイチャし、友達と話す内容も彼氏や彼女のことばかり…。

一方ラブラブと呼ばれるカップルは、しっかりと「時と場合」を使い分けています。お互いのことが大好きな気持ちは共通していますが、周囲にあえてラブラブアピールはせず、人前でイチャイチャすることもありません。しかし、お家デートなど2人きりの時には、思いっきりバカップルぶりを楽しんでいます。

ラブラブカップルは、きちんと「TPO」考えて適切な愛情表現ができます。また恋愛以外のオン・オフがしっかりとでき、友達関係や仕事にも影響を与えません。そんな2人が一緒のところを見ると、なんだか微笑ましく、”ラブラブで素敵なカップル”という好印象を抱くでしょう。

バカップルの特徴【LINE・SNS】

ここからは、バカップルにありがちな特徴を【LINE・SNS】【行動】【会話】に分けて一緒ご紹介していきます。自分の言動を振り返りながら、バカップルチェックをしてみて下さい。どれかひとつでも該当したら、そればバカップル要注意です!

まずは、【LINE・SNS】から見て取れるバカップルの特徴からチェックしていきましょう。カップル間で連絡手段としてよく使われるLINEやSNSは、毎日やり取りするからこそバカップルの特徴が表れやすいです。以下を確認しながら、彼氏・彼女とのやり取りを振り返ってみましょう。

LINEやSNSの特徴①ハートが多い

おはよう♡・今〇〇してる♡・おやすみ♡など、LINEのメッセージのほどんどにハートマークをつけて送っていませんか?1つや2つでは問題ありませんが、お互いあまりにハートマークが多過ぎるとバカップル度が高いです。

他人が目にするものではないので、嫌な気持ちにさせたり迷惑をかけることはありませんが、度を越してしまうと行動にも表れやすいので注意しましょう。無意識にやっていることが多いので、彼氏・彼女とのLINEのやり取りをさかのぼってチェックしてみて下さい。

LINEやSNSの特徴②ツーショット投稿が多い

ツーショット画像や動画の投稿が多いのもバカップルの典型的な特徴です。ラブラブカップルでもたまにツーショット画像を投稿することはありますが、バカップルは会う度に写真を撮って投稿し幸せアピールをします。ひどいとハグやキスしている写真を自撮りして投稿することもあります。

見ている方も、最初は微笑ましくてもあまりに多いとウンザリしてしまい、そのうちスルーするようになってしまうでしょう。「ほんとバカップルだよね」「バカップルすぎて呆れる」と思われている可能性大です。

LINEやSNSの特徴③LINEのトップ画面がペア画

LINEのトプ画をお揃いにしているカップルも多いでしょう。共通の友達がいれば、それは一目瞭然でバカップルと思われてしまいがちです。

ましてや2人が顔を寄せてニッコリしているツーショット画像をお互いにトプ画にしていれば、バカップル度は非常に高いと言えるでしょう。周囲から引かれる原因にもなるので控えた方が良さそうです。

LINEやSNSの特徴④スタンプや絵文字だけでやり取りする

「おはよう」から「おやすみ」まで、毎日頻繁にLINEをしたがるのもバカップルの大きな特徴のひとつです。特に話すことがなくても、スタンプや絵文字だけでもやり取りをします。

会話をしなくても、とにかくスキンシップをとっていたいのでしょう。もし他人がスタンプや絵文字だらけの意味不明なラリーの画面を目にした時はドン引きされること間違いありません。

LINEやSNSの特徴⑤お互いの投稿に過剰に反応する

バカップルはお互いのSNSの投稿に過剰に反応します。「いいね!」ボタンも投稿後に直ぐに押す徹底ぶりです。そして「いいね!」ひとつで済みそうな内容でも、きちんとメッセージをつけるのもバカップルの特徴です。

また、SNS上で2人にしか分からない個人的な会話もしがちです。多くの人が目にするSNSでラブラブな会話を繰り広げていては、間違いなくバカップルの認定をされてしまうでしょう。

バカップルの特徴【行動】

続いては、バカップルにありがちな行動の特徴をご紹介します。バカップルは周囲の目を気にすることなくラブラブっぷりを発揮します。どのような行動をするとバカップル認定を受けてしまうのか詳しく見ていきましょう。自分たちの行動と照らし合わせてチェックしてみて下さい。

行動の特徴①公共の場でキスをする

バカップルはいつでもどこでも関係なく愛情表現を行います。道やホーム、公園など人目がつく公共の場であっても、平気でキスをします。普通の感覚の持ち主であれば、人前でキスするなんて恥ずかしくてできないでしょう。バカップルはそんなのおかまいなしに、2人の世界にどっぷり浸かっているのです。

行動の特徴②全てをペアルックにする

ファッションのカラーコーディネートを揃えたり、お揃いのアクセサリーを付けるのは微笑ましいですが、それがあまりに行き過ぎでしまうと痛いカップルに見えてしまいます。それは、髪型・服装・靴・持ち物など、頭の先から足の先まで全てペアルックにするようなファッションです。

好きな人とお揃いにしたい気持ちも分かりますが、度を過ぎると笑いもののカップルになってしまいます。ペアルックをしたいのであれば、ワンポイントに同じアイテムを取り入れたり、カラーやデザインで合わせるなど、さりげないリンクファッションを楽しむのが◎です。

行動の特徴③周りが見えていない

バカップルは2人だけの世界にどっぷりと浸かっている為、周りが見えていません。見えていないからこそ、恥ずかしめもなく公衆の面前でイチャイチャできたり、キスできたりするのです。

例えグループでいたとしても、周囲に関係なく2人だけの世界を楽しみ、2人しか分からない会話で盛り上がりイチャイチャラブラブします。そんなバカップルと一緒にいても周りの人は面白くも何ともありません。そればかりか、不快感さえ与えてしまうでしょう。

行動の特徴④常に一緒にいる

バカップルは時間が許す限り常に一緒にいます。休みの日に合うのは当たり前、どこに行くのも何をするのも常に行動を共にし、片時も離れようとしません。一緒にいる時は常に体を密着させ、周囲に入る余地を与えない独特の雰囲気を作り上げています。いつも一緒にいる・くっついているのもバカップルの特徴です。

行動の特徴⑤いつでも優先は恋人

バカップルは、いつでも恋人を最優先に考えます。例え先約があったとしても、彼氏・彼女とのタイミングが合えばそっちを断って恋人を優先してしまいます。

約束を恋人と会う理由で急にキャンセルしたり誘われる度に断っていれば、その内声もかからなくなり、気付けば友達も離れていってしまった、なんてことになりかねません。

バカップルの特徴【会話】

続いてはバカップルにありがちな会話の特徴をご紹介します。バカップルは会話の中にも痛い要素がたくさんあり、独特な世界観を持っています。2人きりの時に楽しむのは勝手ですが、人に聞かれると不快感を与えたりドン引きされる可能性があるので注意しましょう。

会話の特徴①結婚しようとすぐに言う

バカップルは「結婚しよう」「ずっと一緒にいよう」など、将来的な話を頻繁に口に出します。お互いに燃えやすいタイプなので、付き合って日が浅いにもかかわらず「絶対結婚しようね」などと言い合います。

周りからすれば、「この前付き合ったばかりなのにもう結婚の話をしている…バカップルだなぁ」と思っても、当の本人達は冗談ではなくいたって真剣なのです。現実的なことを考えて言っているのではなく、その場の感情だけて何も考えず口にすることが多いです。

会話の特徴②赤ちゃん言葉になる

2人きりの時にお互い甘え口調になったり、赤ちゃん言葉を使うことはラブラブカップルにもよくあることです。しかし、バカップルの問題なところはそれを人前でも平気で行ってしまうことです。

友達と一緒にいる時や電車の中で、急に赤ちゃん言葉で話始めたら、気持ち悪くなり、ドン引きされること間違いなしです。周りの友人達も、一緒にいるのが恥ずかしくなり呆れて離れていってしまうでしょう。

会話の特徴③好きを連発する

「愛してる」「好きだよ」「どれくらい好き?」「世界中でいちばん好き」など、バカップルの会話の中は、好き好きのオンパレードです。

自分の感情を隠すことがないので、愛情表現を何度も繰り返します。それを人前で行うと周囲をイラっとさせバカップル認定を受けてしまうので、赤ちゃん言葉と同様、過度な愛情表現は2人きりの時だけにしておきましょう。

会話の特徴④恋人を褒めまくる

恋人を褒めることはとても良いことです。しかしあまりにもベタ褒め過ぎると、自慢話やノロケ話に聞こえてしまい、相手をイラっとさせてしまうので注意が必要です。友達同士であれば、時には彼氏や彼女の愚痴をこぼすことはありますが、バカップルは褒めることしかしません。

例え、何か気に入らないことがあっても決して話さないでしょう。恋人を褒めるというよりも、こんなに素敵な人と付き合っていることをアピールしたいのです。聞く方も毎回そんな話をされては、ウンザリしてしまうでしょう。

会話の特徴⑤独特な愛称で呼び合う

バカップルは、他の人は呼ばない2人だけの独特の愛称やあだ名で呼び合うのも特徴です。2人の間だけで呼び合っていれば何の問題もありませんが、周囲に話す時までその愛称やあだ名を使うと、誰のことか分かってもらえないばかりか引かれてしまいます。

ましてや、人前で呼び合ったりすると尚更ドン引きされる可能性大なので気を付けましょう。2人の時はどう呼び合おうがイチャイチャしようが自由です。2人きりの時に存分にバカップルを楽しんで下さい。

嫌われるバカップルにならない方法とは?

ご紹介してきたように、バカップルの当本人達は何の悪気もなく幸せいっぱいでも、知らず知らずの内に周囲を不愉快にさせたり、イラっとさせている場合があります。最後は、嫌われるバカップルにならない為にはどうしたら良いのか、注意すべき点を見ていきましょう。

TPOを考える

バカップルが嫌わる原因のひとつが、いつでもどこでも平気でベタベタしたりイチャつくことです。バカップルにならない為にも、外にでは大人としてきちんと「TPO(時・場所・場合)」を考えましょう。

公共の場や公衆の面前でイチャイチャするのはNGです。ましてや、人通りが激しい駅や歩道などで立ち止まったり、電車の中でイチャつくのは絶対にやめておきましょう。

SNSで過剰にノロケ投稿しない

SNSで頻繁に恋人とのツーショットをアップしたり、過剰なノロケ投稿、2人しか分からない会話は控えましょう。SNSは多くの人が目にする場です。ツーショット画像や会話は、2人だけのLINEやダイレクトメールで楽しんで下さい。

どうしてもノロケ話をしたい時は、SNSではなく一部の仲の良い友人にたまにするくらいにとどめておきましょう。しかしそれもあまりしすぎると自慢話になってしまうので要注意です!

恥ずかしくない話し方をする

2人きりの時は、甘え口調や赤ちゃん言葉、何でも思いっきり楽しんで下さい。しかし、公衆の面前や公共の場では恥ずかしくない話し方をしましょう。独特のあだ名や愛称で呼び合うのも同じです。

「〇〇ちん、電話ちよーよー」「ちゅきだよ♡」みたいな会話を人前でしてしまっては、バカップルどころか”頭の悪い人”と思われてしまいます。大人の恋愛として恥ずかしくない言動を心掛けましょう。

嫌われるバカップルにならないように気をつけよう

バカップルにありがちな特徴をご紹介しました。自分の言動を振り返って当てはまることがあった場合は、周囲からバカップルと思われている可能性があります。ラブラブしていて何がいけないの?と思うかもしれませんが、周りが見えない非常識な行動は、人をイラつかせ、時には迷惑をかけることがあります。

今ラブラブカップルでも、好き過ぎるあまりに感情のコントロールが効かなくなり、これからバカップルになる可能性もあります。嫌われるバカップルにならない為にも、自分の言動に気を付けて誰からも羨ましがられる、微笑ましい素敵なラブラブカップルのままでい続けましょう!

その他の関連記事はこちらから