記事作成日:

旦那が好きすぎる妻&妻に好かれる旦那の特徴を大公開!

旦那のことが大好きすぎてしょうがないという方はいますか?付き合っている頃よりも結婚してからの方がラブラブだという夫婦もいるのではないでしょうか。仲が睦まじいことは良いことですが、好きすぎるゆえに起こる男女間の問題もあり、悩むことも多いかもしれません。この記事では、旦那が好きすぎる妻や、妻に好かれる旦那の特徴を大公開します!

旦那のことが好きすぎる妻の特徴

夫婦の形はそれぞれなので、旦那のことが好きすぎるという感情を持っていることはおかしいことではありません。

結婚をすると旦那に対して嫌悪感を示してしまうこともあるので、好きという気持ちを持つことができるのは喧嘩も少なくなり、良い関係を築いて行けるでしょう。旦那のことが好きすぎる妻の特徴をご紹介します。

旦那を好きすぎる妻の特徴①一緒に行動する

大好きで仕方がないと、自分の時間を大切にするよりも、旦那といる時の方が楽しくて幸せを感じます。旦那が行くところを追いかけて常に一緒に行動したいと思っているのです。仕事など、どうしても離れなくてはいけない時を除き、可能な限り一緒に過ごしていきたいと思っています。

同じ時間を共有することで新しい発見も増えてきますし、ますます旦那のことが好きになってしまうでしょう。男性側の立場だと、くっついてくる妻にかわいいと思いながらもいつも一緒なことで、自分一人の時間も欲しいなと思うこともあるかもしれません。

旦那を好きすぎる妻の特徴②スキンシップが多い

付き合っている頃はラブラブでスキンシップも多かったかもしれませんが、結婚生活が長くなってくると恋人のような感情はなくなり、家族として切っても切れない絆で結ばれるようになります。

だからといって嫌いになるわけではありませんが、付き合っている頃よりもスキンシップをしなくなってしまうことが多いです。旦那を好きすぎるがゆえについスキンシップを取りたくなってしまうのです。

スキンシップは愛情表現の一つでもあるので、相手に対して態度で好意を伝えています。ハグやキスをすることで愛情を確かめ合うことができ、ますます好きな気持ちを実感するようになるでしょう。

旦那を好きすぎる妻の特徴③子供の前でも名前で呼ぶ

子供ができると「夫や妻」という関係から「パパやママ」に変わってきます。子供が産まれるまではお互いを名前で呼んでいても、家族が増えることで名前で呼ぶ機会がなくなります。

たまには名前で呼んでほしいと思うこともあるのではないでしょうか。旦那が好きすぎる妻は、子供の前でも名前で呼ぶことが多いです。結婚しても付き合っていた頃と同じようにドキドキ感や新鮮さを味わっていたいですし、いつまでも恋愛の時のような距離感を保っていたいと思っているところがあります。

旦那を好きすぎる妻の特徴④好きなことを素直に伝える

付き合っている時も結婚後も「好き」という言葉を口に出して伝えるのは恥ずかしさを覚えて、なかなか勇気がいることではないでしょうか。旦那のことが好きという気持ちが溢れてきているため、自然と口から出てくるようになるのです。

ストレートな気持ちを素直に伝えることができるというのは、夫の立場からするとうれしいと思うことでしょう。逆に旦那が面と向かって好きだと言ってくれなかったら、寂しい気持ちになることもあるのです。

旦那を好きすぎる妻の特徴⑤頻繁に連絡する

一緒に暮らしていても、お互いに自由な時間は干渉せずに好きなように過ごしていることが多いのではないでしょうか。夫婦で常にいるばかりでは疲れてしまい、窮屈に感じてしまうこともあるでしょう。

一人の時間は相手が何をしているのかわからないので、「今どこで何をしているのだろう?」「早く返ってこないかな」と気になってしまうのです。いてもたってもいられずに頻繁に連絡してしまうといった特徴があります。

LINEやメールを送ってもすぐには返信できないこともあるかもしれませんが、なかなか返事をもらえないことに対して心配になってしまうのです。旦那からの返信を待たずに一方的にLINEやメールを送りつけることもあるでしょう。

また旦那が送ってこないことに、連絡が欲しいと何回も催促をしたりといった行動を取ることもあります。少しの心配ならうれしいと思いますが、過度にメールなどをしすぎることは旦那も疲れてしまいます。

それぞれ連絡の快適な頻度には個人差があり、お互いに大事だと感じる回数やこのタイミングで取り合うようにしようなどあらかじめ話し合いをしておくことで、相手にどう思われるか考えることなく気兼ねせずに連絡を取ることができるようになるでしょう。

旦那を好きすぎる妻の特徴⑥自分磨きを怠らない

旦那を好きすぎる妻の特徴として、自分磨きを怠らないことが挙げられます。常に自分磨きをしている妻は、同性から見てもかわいい・きれいに見えることが多いです。

それには日頃から努力をしている為、体重管理をしっかりと行ったり、美容院やネイル・エステに通うなど、努力を怠らず頑張っています。それも全て旦那に褒めてもらうためです。外見を磨いて旦那に綺麗になった自分を見てもらえることを目標に励んでいるのです。

妻に好かれる旦那の特徴とは?

妻にこんなに好かれる旦那は幸せなのではないでしょうか。夫婦でいるのに顔を合わせても会話をしないような関係ではいたくありません。どのような旦那が妻に好かれているのか、その特徴をご紹介します。

妻に好かれる旦那の特徴①感謝の言葉を忘れない

恋人同士の時はお互いに気を遣うことも多く、「ありがとう」と少しのことでもお礼を言ったりすることもあるのではないでしょうか。しかし夫婦生活が長くなるにつれて、してもらったことが当たり前に感じてしまい、いつしか感謝の言葉を言わなくなってしまう場合もあります。

妻に好かれる旦那は日頃から感謝の言葉を忘れません。何かしてもらったことに対して、ありがたい気持ちがあるので、言葉に出して「ありがとう」と素直に言えるのです。夫婦間でも思いやりの気持ちを持って接することが大切です。

妻に好かれる旦那の特徴②家族のために仕事を頑張っている

妻に好かれる旦那は、家族のために仕事を一生懸命頑張っています。時には辛いと感じることがあっても、家族がいるから頑張ろうと思える気持ちになるのでしょう。そんな旦那のために、陰から支えてあげたいと思うようになるのです。

仕事を頑張って稼いでくれているからこそ、家族は幸せに暮らすことができ、妻も家事や育児をしっかりして、愛する旦那のためにおいしいご飯を作って待っていてあげたいと思うはずです。仕事も家事も育児も中途半端な夫なら、支えてあげたいとは思わないものです。

妻に好かれる旦那の特徴③イケメン

中身も大切だけれど、まずは外見という方もいるのではないでしょうか。イケメンであることから、好きすぎてしまうといった傾向にあります。イケメンは見ているだけでも目の保養になり、自然と元気も出てくるものです。

気付けば、旦那のことを見つめていることも多いでしょう。つい「かっこいい…」と惚れ惚れしてしまい、口に出してしまうこともあるかもしれません。

妻に好かれる旦那の特徴④サプライズを欠かさない

お互いの誕生日や記念日は2人にとって重要なイベントです。妻の愛情を日頃から常に感じている旦那は、妻のことをいつでも大切に思っています。妻の喜ぶ顔が見たい一心でさまざまなサプライズを考え、事前に念入りにプランを立てていることが多いです。

毎回違ったサプライズを用意してくれるため、刺激があってドキドキ感を味わうことができるでしょう。「今回はどんなサプライズを考えてくれているのかな?」とイベントが楽しみになるのではないでしょうか。妻の笑顔を見るためには、旦那は苦労もいとわないのです。

妻に好かれる旦那の特徴⑤妻の心の支えになっている

日々の生活の中で辛いと感じることがあったり、イライラしたりすることも多いでしょう。その辛さやイライラを旦那にぶつけて八つ当たりしてしまうこともあるかもしれません。

本来なら喧嘩に発展しそうな内容ですが、妻に好かれる旦那はそんな不安定な状態でも心の支えになってあげて、優しく接することができるのです。そのような旦那は妻に好かれる傾向にあるでしょう。

旦那のことが好きすぎて起こる弊害は?

旦那のことが大好きなのはラブラブで良いことですが、あまりにも好きすぎてしまうことで起こる弊害もあります。円満な結婚生活を続けていくため、よりよい人間関係を築いていくためにもトラブルは防いでおきたいところです。どのような弊害が考えられるのかご紹介していきます。

弊害①依存しやすい

旦那のことが好きすぎることで、依存しやすい傾向にあります。自分のことよりも夫のことしか見えていないのです。旦那が何をしているのか気になって、こっそり後をつけることもあるのではないでしょうか。

会社仲間と飲みに行く場合、女性もいるのではないかと不安になり、返事も返ってこないのにLINEやメールを送り続けるといった行為に出る場合もあるでしょう。旦那を好きすぎるがゆえの行動だとしても、依存していて妻がダメになってしまうのではないかと心配になるのです。

弊害②交友関係が狭くなる

旦那と過ごす時間がとても大切で、友人は二の次といったこともあるでしょう。友達に旦那との話をペラペラしゃべったり、惚気て自慢話をしていると、友達も離れて行ってしまいます。

いくら友人であっても、毎度のように旦那とのラブラブ話を聞かされることで、今後は付き合いたくないなと思われる可能性が高いです。

友達よりも旦那が優先であることがわかったら、もう誘いたくないと思われ、溝が深くなり元通りの関係に戻れなくなってしまいます。旦那だけいればそれでいいというのは寂しいもので、友達ならではの楽しみもあるので、交友関係が狭くなるのはもったいないです。

弊害③周囲から反感を買う

旦那のことが好きすぎる妻はそう多くいるわけではありません。みんながみんな旦那ラブではなく、うまくいっていない家庭だってあります。または旦那のことは普通で特に何とも思っていないという方もいるでしょう。

あなたが周りに夫が大好きであることを伝えると、それが惚気になり自慢話に聞こえてしまいやすいです。惚気話はただ聞いているに過ぎないので、周りと楽しく会話ができるネタを選ぶことが大切です。周囲から反感を買うことになり、悪口や陰口をたたかれる原因となります。

弊害④子供に嫉妬する

子供は自分にとってもかけがえのない大切なものです。しかし子供よりも旦那が一番になってしまうことで、子供をかまっている夫に対して、「自分をかまってほしい」とワガママが出てしまいます。

旦那からすると、まるで子供が2人いるような気分になるでしょう。子供に嫉妬してしまい、自分の方を見て欲しいという気持ちが強くなってしまうのです。

弊害⑤旦那に嫌われる

旦那に依存することで嫌われてしまうこともあるでしょう。好きだからといっても、その行動が行き過ぎたものだった場合、「もう付き合いきれない!」と嫌気がさしてしまう可能性があるのです。

好きすぎるあまりに離婚に発展しないとは限らないので、夫婦といえども適度な距離感を保つことも必要だと言えるでしょう。

旦那のことが好きすぎる場合の上手な対処法

旦那のことが好きすぎて辛いと感じることもあるのではないでしょうか。これからも良い関係を築いていくためにも、上手な対処法を知っておく必要があります。うまく対処しながら旦那のことだけを考える時間を少なくしていきましょう。

対処法①趣味を見つける

旦那のことが頭から離れずに、いつも考えているという方もいるでしょう。旦那のことばかり考えていては他に楽しめるものがなくなり、夫がいないと生きていけないと依存状態になってしまいます。

頭から忘れさせるためにも、趣味を見つけてみてください。自分が興味を持てそうな趣味を持つことで、集中することができます。何かに没頭している時は旦那のことは忘れることができるのです。趣味にも目を向けていくことで、旦那ばかりになることも少なくなっていくはずです。

対処法②友達をつくる

旦那だけがいればそれでいいと思っていると、友達も離れてしまいます。交友関係が狭まってしまうので、友達をつくることも対処法の1つです。

友達を作っておくと、旦那がいない間コミュニケーションを取ることができるので、心も穏やかになれます。旦那以外との輪が広がっていくため、寂しい思いをしなくてすむのです。

対処法③頑張りすぎない

旦那が好きすぎることで、何でもやってあげたくなってしまう方もいるでしょう。尽くして良い女をアピールしているかもしれませんが、頑張りすぎると精神的にも不安定になってしまいます。お互いに良い関係を築いていくためには、無理をしないで自分のペースで生きていくことが大切です。

対処法④旦那に干渉しない

夫にラブなことからつい干渉してしまうこともあるのではないでしょうか。好きだからこそ相手のことを知りたいし、行動を把握しておきたいという気持ちがあります。そのため、電話やLINEなどでしつこく連絡を取ることもあるのです。

旦那の立場からすると、信頼されていないと感じますし、干渉されることが窮屈に思えてしまいます。癒しを求めるために浮気に走ってしまう男性も中にはいるでしょう。好きだからといっても自分の感情を抑えて、大人の余裕を見せることも大切です。

旦那に愛される妻の特徴とは?

夫にとって愛される妻でいたいと誰もが思うことではないでしょうか。常に笑顔で「行ってきます」「おかえりなさい」と声をかけてくれたり、いつでもニコニコしている姿を見るとかわいいなと思います。

女性の笑顔が嫌いな男性はいません。「早く家に帰って妻に会いたい」と思うような居心地の良い空間を作ることができるでしょう。

また「男性を胃袋で掴む」といった言葉があるように、料理上手な女性は夫に愛される特徴の1つにあげられます。毎日おいしい手料理が待っていると思うと、旦那も早く仕事を終わらせて帰宅したいと思うはずです。

お互いのことをいつまでも好きでいられる夫婦になろう

いつまでも相手に対して好きな気持ちを持つことは素敵なことです。しかし度が過ぎてしまうと、夫婦関係にもヒビが入ってしまう可能性があります。うまく自分の心をコントロールして旦那ばかりにならないようにすることが大切です。お互いのことをいつまでも好きでいられる夫婦になりましょう!

その他の関連記事はこちらから