記事作成日:

【男女別】人を好きになる瞬間・きっかけを大公開!

人を好きになるのはどんな時か、考えたことはあるでしょうか?男性と女性で好きになる瞬間は違うとされており、それを知る事が出来れば人から好かれる人間になれる可能性も上がるでしょう。本記事では、男女別の人を好きになるきっかけや瞬間について解説します。

そもそも「人を好きになる」とはどういうこと?

そもそも「人を好きになる」というのはどんな事なのか、考えたことはあるでしょうか?一言の「好き」にも、友情や友好としての意味合いもあれば、家族に向けるもの、そして恋愛的な意味のものもあります。

同じ単語でも、その中に含まれている意味は違っているという事が分かります。ただ、友情と恋愛の「好き」については混同してしまう事も少なくありません。最終的には、その「好き」がどんなものかを自分で決定することになります。

特に恋愛的な意味で好きになった時には、その人が何をしても可愛く感じられたり、良い事をすべて共有したかったりといった気持ちが生まれるでしょう。

人を好きになる仕組みは男女で違う?

好きに関しても色々なものがある事が分かりましたが、男性と女性でもどんな流れで好きになるのか、というしくみについては異なっているところがあると言われています。

人を好きになる仕組み①男性は「特別感」に弱い

まず男性についてですが、特別に感じられている時、というのが特に弱いと考えられます。特別というのは、頼りにされたり、相談を色々と持ち掛けられたり、といったように他とは違う扱いを受けていると感じた時が相当します。

頼られて嫌に思う人というのはあまりいないでしょうし、それが女性相手ともなれば自分に気があるのではないかと思うのです。自分を好きになってくれた人の事を好きになる、という現象もあるように、特別視されている事には弱い訳です。

人を好きになる仕組み②女性は「自分を受け入れてくれる人」に弱い

対して女性の場合には、自分の事を受け入れてくれる人に弱いと考えられています。例えば一緒に居て全くストレスを感じなかったり、楽しく過ごせる相手に対しては、好きになりやすいと言われています。

特に女性というのは、自分の感じている感情や状況などについて、共感を求める傾向があるとされています。それを上手く受け入れられるような男性がいるとしたら、とても居心地が良いと感じるのでしょう。

人を好きになる瞬間&きっかけ【男性】

この様に、好きという感情は同じであっても、男性と女性ではどのような流れで好きになるのかに関しては異なっているところがありました。ここからは、具体的に男女別で人を好きになる瞬間やきっかけをご紹介していきます。

人を好きになる瞬間①共通点が多いことに気づいたとき

まず、共通点が多い事に気が付いた時が挙げられます。類似性の法則、というものがあり、人間は当人と似ているところがあったり、近しいところがある人に対して親近感を覚えやすくなる、という心理があるとされています。

この共通点というのは、趣味でも好きなものでも、出身地などの個人的なものでも何でも構いません。とにかく自分と共通しているところがある相手と居れば、何かと会話も盛り上がりやすく、それが恋愛につながるのです。

人を好きになる瞬間②自分を頼りにしてくれたとき

続いて、自分を頼ってくれた時というのが挙げられます。好きになる仕組みの中でもご紹介した通り、男性は女性から何かしらの特別扱いをされるのに弱い傾向があります。頼られる、というのも、その特別を感じる立派な要因です。

これも心理としては、他人から自分の事を必要とされていると感じた時、自分自身に関する価値を認めてもらえた、と思い、その人に対して好意を抱きやすくなります。心理的にも理にかなっているきっかけという訳です。

人を好きになる瞬間③笑顔や仕草がかわいいなと感じたとき

心理的なものではなく、外見として仕草や笑顔に惹かれる、というきっかけも考えられます。特にギャップというものには男女共に弱いところがあり、いつもあまり表情の変わらない人が時折見せる笑顔、可愛いしぐさなどには、心を動かされるものがあるでしょう。

人を好きになる瞬間④相手のギャップを見たとき

先に述べていますが、相手に対してのギャップを感じた時は女性を好きになりやすいです。笑顔などだけではなく、仕事でいつもスーツを着ているのに、私服でワンピースやスカートなどを履いているのを見た時というのは、間違いなくギャップを感じられます。

いつも仕事でしっかりとした面ばかり見ている分、そうした女性的な面を見られると気持ちが持っていかれやすいと考えられます。

人を好きになる瞬間⑤女性の優しさに触れたとき

男性が女性を好きになる瞬間として特に多いのが、女性の優しさに触れた時や優しくされたときが挙げられます。自分が困っていたり、疲れていた時に優しさや親切を感じる事をされると、恋愛感情が生まれやすくなります。

これはアピールして行われる優しさよりも、自然と行われるさりげない優しさに対してはポイントが高い様です。自分だけではなく、他人に対して優しくしているところを見ても、恋愛感情に結びつく事があるのです。

人を好きになる瞬間&きっかけ【女性】

男性が女性を好きになる瞬間についてご紹介しました。続いては、女性が男性を好きになる瞬間やきっかけについてです。似通ったところもありますが、やはり異なっているところもあります。

人を好きになる瞬間①嬉しいことや楽しいことを共有できたとき

まず、嬉しい事や楽しい事を共有する事が出来た時、というのが挙げられます。人には、出来事から生じた感情を他人と共有したい、という心理があります。これは男女とも共通していて、特に嬉しい事や楽しい事など、プラスな気持ちになったことは共有したがります。

この共有をしたくなる心理というのは、男性よりも女性の方が多い様で、感情に関して男性よりも敏感と言われている女性が、人を好きになるきっかけとして特有のものになっています。

こういった感情の共有というのは、それなりに会話もうまくなければ実現しない事でしょう。すなわち、聞き上手でしっかりと自分の話を聞いてくれているかどうかも重要なのかもしれません。

人を好きになる瞬間②男性の優しさを感じたとき

続いて、男性の優しさを感じた時があります。男性が女性を好きになるきっかけの中でも同じものを挙げていましたが、女性も同じく異性の優しさを感じた時というのが、最も多いきっかけとなっている様です。

特に、自分が弱っていたり困っている時には他人からの優しさというのが身に染みるものです。男性から優しくされたことで、自分の事を気にかけてくれている、大切にしてくれているという気持ちになります。

特に女性に対して優しくする事が出来るほど、相手の状況を把握して対応に移れる男性というのは、相手を慮れる優しい人である事でしょう。

人を好きになる瞬間③自分のフォローをしてくれたとき

優しさを感じた時と被るところもありますが、自分のフォローをしてくれた時というのもあります。何かしらの助けをいつもしてくれたり、一緒に何かを使用としてくれる男性に対しては、好きになりやすいとされています。

特に自分に非がある失敗をしてしまった時には、気が落ち込んでしまうのは誰でも同じです。そんな時に助けてくれる男性がいるならば、これも自分の事を悪く思っていないのではと好意的に受け止めます

そこから、悩みや相談などを打ち明けようという考えにシフトしたりといった事も考えられます。男性も自分の事を頼ってもらえてうれしく感じ、そこから付き合いがスタートする可能性は大いにあります。

人を好きになる瞬間④相手からのアプローチを受けたとき

相手から積極的なアプローチを受けた時、というのも、女性が好きになる瞬間に数えられます。それまでに特別好意的に思っていなかった相手からの好意に気が付いた時というのは、異性として意識し始めるタイミングになるのです。

人間というのは、自分を好きな人の事を意識したり、好きになるという心理があります。特に女性は恋愛に関して受けの姿勢という考えが根強いために、男性からの積極的なアプローチに弱い面があるのでしょう。

人を好きになる瞬間⑤知らない世界を教えてもらったとき

もう1つ、自分の知らない世界を教えてもらった時、という瞬間があります。女性には様々な心理がある事をご紹介していますが、自分が知らない事を教えてくれたり、未体験の経験をさせてくれる人に対しても、好意を持ちやすいのです。

その中でも、特に自分の人生観や価値観といった、大きなものに対しての変化を与えてくれる人の事は、より印象に残ります。それゆえに、学校の教師や仕事のできる先輩といったように、歳がある程度離れていても好きになる事があります。

人を好きになるのは素敵なこと!

男女で人を好きになる瞬間やきっかけというのは異なってはいるものの、同じ「好き」という気持ちに変わりはありませんし、それはプラスな感情なのでとても素敵な事です。是非自分の気持ちに素直になってみてはいかがでしょうか?

その他の関連記事はこちらから