記事作成日:

運命の人は見分けられる⁈運命の人の特徴と出会いの前兆を解説!

運命の人に出会うことができたら、それはとても素晴らしい事でしょう。しかし、だれが運命の相手なのかなど事前に知る余地はありませんし、仮に出会ったとしてもちょっと印象が良い人で終わってしまうかもしれません。

ここでは、自分の運命の相手の見分け方や、出会いの前兆などを解説していきます。運命の人との出会いはすぐそこに、もしくは既に出会っているかもしれません。運命の人の出会いのサインを逃さないようにしましょう!

運命の人とはどんな人?

誰しも一度は運命的な出会いをし、その人と結ばれたいと思ったことがあるでしょう。ですが、やはり何処にいるのかも誰かも分からない相手を、事前に知ることはできません。まずは、運命の相手とはどんな人なのかについて見ていきましょう。

運命とは

「運命的な出会い」「運命の人と結ばれる」などとよく言いますが、そもそも「運命」とは何なのでしょうか。運命というのは、“人の力や意思を超越したところで起こることになる出来事を操る力の事”とされています。幸せなことも不幸せな出来事も、同じく運命として扱われます。

似たような言葉に「宿命」という言葉がありますが、自分の力で変えられるのが運命、変えられないのが宿命とも言われています。運命とは、あらかじめ定まっている未来の出来事そのものであり、確実にそうなる未来を指しています。

赤い糸で繋がっている人

恋愛においては、運命の人というよりも「赤い糸で繋がっている人」という方が、ロマンチックでなじみ深いかもしれません。そもそも赤い糸というのは、東アジアで広く信じられている伝説であり、いつか結ばれる男女は、足首同士が赤い糸で繋がっていると言われています。

これが転じて、日本では「手の小指同士で繋がっている運命の赤い糸」として広まっています。目には見えず、決して切れることはなく添い遂げることが運命で決まっていると言い伝えられています。

こうして強い運命で結ばれている相手とは、簡単に離れ離れになることはありません。仮に別れたとしても、また出会って結ばれるという、出会うべくして出会った関係の相手とも言えます。

運命の人の特徴

運命とは何か、赤い糸で繋がっている人について、解説しました。やはり伝承などの抽象的な言葉ばかりでしたが、ここからは自分の運命の人とはどんな人なのか、その特徴について見ていきましょう。

特徴①初対面でも初めて会った気がしない

まず1つ目は、初対面でも初めて出会った気がしない事です。相手とは間違いなく今回初めて顔を合わせているはずなのに、明確な根拠はないけれど初めて出会った気がしない、どこかで出会っているのではと感じる相手は、非常に貴重です。

それこそ運命レベルの相手であり、幼いころから長く一緒に過ごしてきたかのような、旧知の仲にも似たある種の親しみを感じられるような人とも言えます。そういった相手とは、心の波長ともいうべき相性がぴったりであるために、初対面でもよそよそしさなどを感じないのです。

実際に話をしてみて、内容やテンポ、話題などが噛み合うとなれば、多少確信を持っても良いレベルです。初対面の気がしない相手と出会った場合には、可能性のある人であるとして少し意識をしてみましょう。

特徴②同じ価値観を持っている

価値観が同じであることです。生きている人には誰しもその人だけの価値観があり、千差万別です。たとえ最初は良い人だと思っても、価値観の相違からトラブルに発展してしまうケースは十分に考えられます。

運命の相手の場合、完全に一致するとまではいかなくとも、それに限りなく近い価値観を持っている場合が多いです。特に「お金よりも時間が大切である」「信頼を常に維持したい」といった、譲れない核の部分が共通している相手は、良いパートナーになる可能性が高いでしょう。

お互いの持っている価値観、特に本質的な部分がどれだけ近いかどうかというのも、運命の相手かどうかを見定めるうえでの大きなポイントとなります。特に女性は男性に対して、似通った価値観を求めていることが多いようです。

特徴③共通点が多い

お互いに共通する点が多いことも運命の人の特徴と言えます。例えば好きな食べ物であったり、趣味といった身近なものや、何かしら体験をした後に感じた感想など、身の回りで起きる如何なる事に対して総じて同じ意見を持つような相手は、とても居心地が良いものです。

自分の運命の相手とは、こうした共通点の多さから相性がとても良いと感じるケースが多いです。運命の人は、これからの長期にわたって良好な関係を築くことができる相手でもありますから、先に挙げた価値観の合致も含めて共通する点が多ければ、その分良い関係となるでしょう。

特徴④運命の人との未来が想像できる

相手と過ごす未来を想像できるというのも、特徴の1つです。出会ったことが無いとイメージしにくい特徴かもしれませんが、例えば「来年はこの人とこんなことをしているだろう」といったような、先の未来がイメージとして浮かんでくるのです。

自分一人の未来ならまだしも、一緒にいる未来を容易に想像できる相手というのは、非常に得難い人のはずです。そう思えること、想像できることは、その相手と一緒に居続けたいという気持ちの表れなのでしょう。

特徴⑤何も言わなくても心が通じる

何か言葉にしなくても心の中で思っていたことが通じるのも、運命の人の特徴です。ここまでくると明確に運命の人ではないかと感じるレベルですが、言葉にしなくとも気持ちを察してくれる相手というのは、とても貴重な存在になります。

例えば仕事、もしくはプライベートで何かしら悪いことがあり落ち込んでいたとします。それを表に出さないようにしていても、落ち込んでいることに気付いてくれる相手は、その先も良い理解者になってくれる可能性が高いです。

言葉にしなくても、相手の思っている事、やりたい事が手に取るように分かるパートナーというのは、非常にうらやましい関係性でしょう。

運命の人と出会う前兆

以上、運命の相手の特徴について、それぞれ解説してきました。そんな相手がいれば今すぐに出会いたいところですが、出会う時というのは、実は得てしてその前兆があります。続いては、出会いの前兆となる事柄を紹介していきましょう。

前兆①恋人との別れ

1つは、恋人との別れです。それも長年付き合った相手との別れという、当人からしてみれば激変といっても過言ではないほどの変化です。長く付き合っていた相手への気持ちが唐突に冷めてしまったり、逆にあっさりと関係を切られるといった出来事が起きます。

それほどの大きな失恋を経た後というのは、運命の相手に出会う確率が高くなります。勿論恋人との別れはつらいものではありますが、それを経験した後の自分というのは今までとは違った魅力を持っているものです。

大切な誰かとの別れを経験した時ほど、自分の環境の大きな変化というものはありません。この状況下で出会った相手こそ、本当の自分の運命の相手なのかもしれません。

前兆②失敗や挫折

2つ目は、失敗や挫折を経験することです。それも日常生活で起きるような些細なものではなく、仕事の中で大きな失敗をしてしまう、仲の良い知人と仲違いをしてしまうなど、精神的に辛い経験が、運命の人との出会いの前兆といわれています。

こういった時には、当然大きく落ち込んでしまったり、塞ぎ込んでしまいたくなるような気持ちになります。そこで、今までの自分の仕事やプライベートを見つめなおす時間が作り出され、その大きな失敗や挫折を克服しようとする心理が働きます。

この克服というのが、運命の相手と出会う大切な段階なのです。恋人との別れの時と同じく、乗り越えて成長した人間性を獲得したというプロセスが重要です。

前兆③イメージチェンジしたくなった

イメージチェンジをしたくなった時も出会いの前兆と言えます。この時、何かしらの目的があるわけではなく、何となくの軽い気持ちでイメチェンをしたくなった時が当てはまります。

何となく急に髪を切りたくなった、あまり行ったことはないけれどネイルサロンに行く気になった、メイクのテイストを変えたくなったなど、イメージの変化は運気の変化が訪れる合図なのかもしれないのです。

特段気になっている相手がいるわけでもなく、恋人が好みだからというわけでもなく、自分から雰囲気を変えたいと思った時には、できるだけ全力で自分を磨いてみましょう。それが、運命的な出会いにつながるかもしれません。

前兆④生活環境が変わった

生活環境の変化というのは、割と分かりやすい前兆かもしれません。進学であったり、予想外の転勤であったりなど、ガラッと生活環境が変わるような事が起きるときには、人間関係もそれ相応に変わるものです。

そして、環境が変わるということは、人間関係も大きく変わります。つまり、新しい出会いも多く発生することになるので、その中に運命の相手がいる可能性だって決してゼロではないのです。

加えて環境が変化すれば、自分自身も変化するものです。新しい生活の場に対し、前向きな気持ちでいられるのであれば、それだけ良い出会いができる可能性も高いと考えて良いでしょう。

往々にして、環境の変化は不安が付きまとうものではありますが、ぜひともプラスに考えて、フットワーク軽く様々な場所に足を運んでみて下さい。良い出会いが起きるかもしれないと前向きに臨んでみましょう。

前兆⑤長い間交友が絶えていた友人や知人から連絡が来た

今まで長い事交友が無かった知人や友人から突然連絡が来た場合も、出会いの前兆といえるでしょう。お互いに長期間連絡を取ろうとしなかったのに、ある日急に連絡が来た時には積極的にそれに応対してみましょう。

連絡をしてきた人が異性であった場合は、その人が運命の相手の可能性がありますし、そうでなかったとしても、その人から繋がっている誰かが運命の人というケースもあり得ます。どちらにしても、運命の出会いに繋がる大きなきっかけになるでしょう。

長い間交友がなかったのに唐突に連絡が来ると、少し身構えてしまうこともあるかもしれません。しかし、それがきっかけとなり運命の出会いになる可能性もあるので、躊躇せず、まずはコミュニケーションを取ることから始めてみて下さい。

運命の人と出会うタイミング

このように、起きた時には必ず出会いが待っているとは限りませんが、何かの変化が起きた時には、運命の人との巡り会いがその先に待っている前兆かもしれないのです。

では、実際にその相手と出会うタイミングは果たしていつなのでしょうか。続いては、運命の人出会うことが多い、主なタイミングについて見ていきましょう。

タイミング①恋愛以外に夢中になっている時

1つは、恋愛以外に夢中になっている時です。これはつまり、特に恋人を求めているわけではない、仕事や趣味など没頭している何かが他にある状態と言えます。自分としては、別に恋人がいなくてもハマっている何かがあるのですから、楽しく過ごしているでしょう。

そのように、自分の人生をしっかりと楽しめている人というのは魅力があるものです。完全に恋愛ごとに興味が無いまではいかなくとも、恋人はいてもいなくても良いといった心境でしょう。

逆に、とにかく恋人がほしい、寂しいから相手が欲しいといった理由で、恋愛ごとに夢中になっていると、運命の相手を逃してしまうかもしれません。それに、自分の理想が合致するような相手しか目に映らなくなってしまうなど、視野も狭くなるでしょう。

好みや理想などに当てはめることなく、まずは、自分の私生活に自信を持てるようになるところから始めてみてはいかがでしょうか。今までに考えたことのなかったタイプの人が、意外と安心して一緒にいられる相手というケースもあります。

タイミング②辛いことを乗り越えた時

2つ目は、何か辛いことを乗り越えた時です。生きていれば嬉しいこともありますし、辛いことだって起きるものです。辛いことが起きてしまった時には心が落ち込んでしまいますが、それを乗り越えられたとき、運命的な出会いをしやすくなります。

先に解説した前兆の中で言えば、長年付き合っていた恋人との別れ、仕事もしくはプライベートで大きな失敗や挫折を経験した時は、辛い事に該当します。これを乗り越えた時、その人は人間として大きく成長しているでしょう。

こうした状況の人は、人との出会いや些細なことへの感謝などを忘れずに行えるようになっているはずです。そうした人間的な魅力が、自分との相性がぴったりな運命的な相手を引き寄せてくれる事だってあるのです。

タイミング③新しいことを始めた時

また、新しく何かを始めた時も、出会いのタイミングとして数えらえます。今まで挑戦してこなかった何かにチャレンジしてみたなど、新しいことを始めた時は、自分の環境を多かれ少なかれ変化させていることになります。

運命の相手と簡単に出会うことができれば、それほど困りはしないでしょう。それは、相手が自分の生活リズムから外れた場所にいるからかもしれません。だからこそ新しいことをスタートし、これまでの生活に変化を加えるのです。

前兆の中で言えば、イメージチェンジをしたくなる時が当てはまります。料理教室や軽いスポーツを始めるなど、とにかく新規でのチャレンジをしてみることが大切です。

運命の人の見分け方

前兆やタイミングで解説した通り、運命の人との出会いをするのには様々なきっかけがあります。例え新しいチャレンジをして環境を変化させ、様々な人と巡り合ったとしても、その中で誰が運命の相手かは簡単に見分けるのは難しいでしょう。

以下では、運命の人の見分け方を解説していきます。心当たりがある方は、もしかするとその人が運命の相手なのかもしれません。

見分け方①偶然が重なる

まず1つ目は、偶然が何回も重なることです。どこかに一人で、もしくは知人と出かけた先で、偶然出会ったり、別の場所で見かけることがあったりなど、示し合わせていないのにバッタリ会うなどの偶然が頻繁に起きます。

その出先というのも、よく行く場所ではなく、普段は足を運ばないような場所で偶然出会うという流れです。こんなことがあるのか、と感じるような偶然が何度も重なるようであれば、相手に運命を感じても良いのではないでしょうか。

確実に関連性があるのかどうかはわかりませんが、価値観が共通しているからこそ、行く先も偶然ながら被ってしまうのかもしれません。複数回の偶然が続くようであれば、自分から思い切って声をかけてみましょう。

見分け方②見返りを求めない

2つ目は、相手が見返りを求めるかどうかです。何かしら自分に良いことをしてくれた後で、見返りを求める気持ちは少なからずわかるでしょう。良く言えば義理堅く、良いことをしてくれたらそのお返しを忘れない人だとも捉えられます。

ですが「無償の愛」という言葉があります。恋愛においてはよく「相手に○○をしてほしい、○○になってほしい」といった気持ちが湧きがちですが、見返りを求めず自分がしたいからしてあげた、という思いで行動してくれる人もいます。

見返りを求めず自分の助けになるようなことをしてくれた人がいるのであれば、その人が運命の相手であるという見分け方ができます。できれば、その人に対して自分も見返りの無い行動を取れると良いでしょう。

見分け方③安心感がある

一緒にいるときに、安心感のある相手かどうかも大切です。恋愛において、一緒にいてドキドキする相手というのは、デートをするときなどにも緊張したりと、今まさに恋愛をしている感覚があって、それはそれで良いのかもしれません。

ですが、運命の相手と一緒にいると、どちらかというと緊張よりも安心感を感じることが多いようです。実際、結婚に至った相手との初めてのデートで「緊張など全くしなかった」という経験をされている人も少なくありません。

これに関しては特徴の中で解説したように、初めて会った気がせず、昔なじみの相手のような感覚だからこそ、緊張などせずに安心を感じられているのかもしれません。また、性格や価値観など、一致している点が多いほど、より一緒にいるのが苦にならないでしょう。

もしも初めてのデートで、緊張など感じることなく安心して出かけられるような相手であった場合には、その後も続けて会うことをおすすめします。長期的に、安心して自分の身を任せられる人の可能性が高いです。

運命の人と勘違いしやすい人の特徴

運命の相手の見分け方について解説しました。該当すれば絶対にその人が良い相手であるとは言い切れませんが、どれかに該当している以上、相性の良さは間違いなくあるでしょう。最後に、運命の人だと勘違いしてしまいやすい特徴についてもいくつか見ていきましょう。

勘違いしやすい人の特徴①条件が理想と一致

1つは、自分の相手となる人の条件が、理想と完全に一致している事です。外見が良い、収入が良い、性格が良いなど、自分の理想の相手の基準となるポイントはいくつかあるかもしれませんが、それに面白いほどピッタリ当てはまる相手は要注意です。

一見、理想と合致する人が目の前にいるのであれば、その人が運命の相手で間違いないと思うかもしれません。しかし、付き合いを持ち始めてから相手のほころびが見えてきたとき「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうケースが少なくないのです。

何が問題なのかというと、一言でいえば相手のステータスのみを見ているのが原因に挙げられます。相手の条件ばかりに目が行っていると、相手の本質をしっかりと見極める事ができず、結果として失敗に終わってしまう流れがあります。

肝心なのは、ステータスよりも、自分が相手と居て楽しいか、安心して過ごすことができるかです。理想通りの人と出会ったとしても、その人の価値観や考え方などが自分と合うか否かもチェックする必要があるでしょう。

勘違いしやすい人の特徴②自分の言いなりになる

もう1つ、何でも自分の言いなりになるような相手も要注意です。自分の言ったことややってほしいことを何でも実現してくれるのですから、自分からすればとても良さそうな相手に見えるかもしれません。

しかし、完全に自分の言いなりになる相手とは、都合の良い相手と言い換えることもできますし、その人は自分の気を引こうとして従順になっているだけかもしれません。こう考えると、運命の相手とは言いにくいのではないでしょうか。

また、言いなりにばかりになっている人は、主体性が無く、自分を前に出すことができないとも見て取れます。そうした相手を心から信頼することができるかと言われれば、不安が残るところでしょう。

本当に運命の相手であるのであれば、一緒にいて安心感を得られるものです。それは相手にとっても同じですし、だからこそ自然体で接してくれるはずです。あまりにも自分の思い通りになる相手がいる場合には、用心するべきです。

運命の人の特徴を心に留めておこう

「運命の相手と結ばれる」というと、難しく感じてしまうかもしれません。どこの誰が相手なのかも分からないのに、それを見分けるというのは困難にも思えるでしょう。ですが、そこまで深く考える必要もないのです。

大切なのは、日ごろから自分を磨き続ける事、チャレンジする精神を常に忘れない事、焦らないことです。見分け方や特徴をしっかりと心に留めておいて、良い出会いを迎えるための準備を整えておきましょう。

その他の関連記事はこちら