記事作成日:

好きな人とLINEを長続きさせるための頻度や話題を徹底解説!

手軽なコミュニケーションツールの定番であるLINE。好きな人とのLINEはできるだけ長続きさせたいものですが、それには頻度や話題が重要なポイントです。

そこで今回は、好きな人とLINEを長続きさせるための頻度や盛り上がる話題に加え、注意点や相手の脈ありサインまで徹底的に解説していきます。

好きな人とLINEを続けるためには頻度と話題が大切

会話をするように、文字やスタンプで手軽に連絡が取れるLINE。何気ない事でも気軽に話せるので、コミュニケーションが取りやすいのが魅力です。

好きな人とLINEを交換して連絡が取れるようになったら、なるべく長く続けたいものです。つい嬉しい気持ちが先走ってしまいがちですが、長続きさせるためには頻度や話題が大切なポイントです。

頻度や話題を間違えてしまうと不快な思いをさせてしまう可能性があり、返事が来なくて長続きしないだけではなく、恋愛対象外になってしまうこともあるので要注意です。

好きな人とLINEを長続きさせるための頻度

できることなら毎日連絡を取りたいという方もいるでしょう。でも気になる人だからこそ、毎日だと迷惑なのか、一日に何度もしたら良くないのか、数日に一回くらいの方が良いのか、など、頻度に迷ってしまう方も少なくありません。。

では、どのくらいの頻度が適切なのでしょうか。まずは、好きな人とのLINEを長続きさせるための頻度について解説していきますので、迷っている方はぜひチェックしてみてください。

LINEの頻度①仲良くなるためには毎日が基本

仲良くなるためには、毎日コミュニケーションを取るのがおすすめです。頻度が高すぎるのでは、と思われる方もいますが、毎日することで次第にあなたの存在が当たり前のものになっていき、二人の距離がぐっと近づきます。あなたからLINEが来ない日があると、思わずあなたの事を気にしたり、恋しくなったりするでしょう。

また、まだお互いあまり知らない仲であれば、1日に1度でもやりとりすることで少しずつお互いのことを知ることができ、距離が縮まっていきます。ただし一日に何度も一方的なLINEをすると迷惑になってしまったり、そんなに暇なのかなと思われてしまうので注意しましょう。

LINEの頻度②忙しい時間帯を避ける

頻度と合わせてタイミングも大切です。なるべく続けるには忙しい時間帯は避けるようにし、迷惑にならず返事がしやすい時間を選ぶことが重要です。

朝は忙しい方が多いので、毎朝すると迷惑になってしまい、返事が来ない可能性も高いでしょう。朝よりは夜の時間帯の方が余裕があることが多く、返事も来やすいです。

ただし、夜遅い時間帯は疲れていたり、もう休んでいることもあるので避けたほうが無難です。昼休憩の時間や、仕事が終わる時間がわかっていれば、そのタイミングを狙うのもおすすめです。

LINEの頻度③寝る前に数回

毎日が理想とはいっても、一日に何度もすると相手にとって負担になってしまうこともあります。一日の中でも、寝る前は比較的余裕がある方が多いのでおすすめです。

時間的に余裕があると、相手もきちんと内容を読んで返事をしてくれる可能性が高いと言えます。特に、休みの日の前日の夜はのんびり過ごす方が多いので、長く続きやすいでしょう。

ただし、夜は疲れていて休みたいと思っている場合もあります。余裕があるからと言ってずっと続けてしまうと相手の負担になってしまうので、数回やりとりをする程度が良いでしょう。

LINEの頻度④毎日同じ時間帯と決めつけない

朝よりは夜、特に寝る前が返事が来やすいためおすすめですが、毎日同じ時間帯がベストだと決めつけないことも重要です。頻度やタイミングは、相手の生活リズムや予定、忙しさに合わせましょう。

中には仕事柄不規則な生活をしている方もいますし、夜に飲み会など予定がある場合もあります。そんな時に何度も送ると迷惑になってしまうので、忙しそうなら手短に終わらせましょう。

また仕事の休憩時間など、少し手が空きそうな時間帯が分かるようであれば、昼休憩の時間帯にするのもおすすめです。できるだけ相手の生活リズムを把握して、ストレスを感じない頻度やタイミングでLINEをするのが長続きさせるポイントと言えます。

LINEの頻度⑤デートに誘う目的の場合

仲良くなるためには毎日するのがおすすめですが、デートに誘う目的の場合であれば、デートで実際に会ってお互いを知ることができるため、そこまで頻繁にコミュニケーションを取る必要はありません。

ただ1週間や2週間など、間隔が空きすぎると相手の気持ちが冷めてしまう可能性があるため、2~3日に1回程度を目安に連絡を取ると良いでしょう。

好きな人とLINEを長続きさせるための話題

好きな人とLINEができるのは嬉しいけれど、何を話したら良いのか困ってしまうという方もいるのではないでしょうか。長く続けるためには、頻度だけではなく話題も重要なポイントです。

盛り上がる話を振ったり、好感を得られるような話題をすることで反応が来やすくなり、長続きしやすくなります。ここでは好きな人とLINEをする際におすすめの話題をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEの話題①友達との出来事

友達との出来事は、好きな人とLINEをする際におすすめの話題です。例えば友達と行ったお店が美味しかったとか、スポットがどうだったかという話題は相手も興味が湧きますし、楽しそうと感じればデートに誘ったり誘われたりするきっかけになります。

友達との出来事を話すことは、あなたが友達を大切にしているという印象を与えることにもなり、好感度がアップします。また、共通の知り合いがいればその方の話題を出すのも良いでしょう。

お互いに知っている方の話であれば相手も話に乗りやすく、共感しやすいためより仲良くなれる可能性が高くなります。なるべく答えやすいような話をすると返事が来やすく、会話が盛り上がるので長続きしやすくなります。

LINEの話題②趣味や好きなこと

趣味や好きなことの話題も盛り上がりやすいのでおすすめです。好きなことについて話すのはお互い楽しいですし、相手のことを知ることもできます。

ただし、自分の好きなことばかり一方的に話すと相手が冷めてしまうこともあるので、お互いが興味を持てるように配慮することが重要なポイントです。

趣味や好きなことの話を振り、あなたももっと知りたいという姿勢で相手に好きなことについてたくさん話させてあげると、返信率も高くなって長続きしやすいでしょう。

また好きな音楽やアーティスト、映画、スポーツなどお互いの趣味について話すことで共通点が見つかることもあり、会話が盛り上がりやすくなります。

趣味が好きなことの話題はお互いを知ることができるだけではなく、デートのきっかけになることもあります。好きな食べ物、気になっているお店などの話が出れば、今度一緒に行こうと誘いやすくなりますし、好きなアーティストがいればライブに誘うこともできます。

LINEの話題③恋愛観

恋愛の話題は、好きな人が恋愛についてどう考えているのかという恋愛観を知ることができるのでおすすめです。好きなタイプを始め、理想のカップル像やデートプランなど恋愛観について話せば、二人の距離がぐっと縮まるでしょう。

恋愛観を知っておくことは、これから関係を進展させる上でも大切なことです。気持ちや好みを深く知ることができれば、スムーズに関係が進展することもあるでしょう。

ただし、過去の恋愛の話題は不快にさせてしまったり、警戒させてしまう可能性があります。向こうから話をしてこない限りは、あなたから過去の恋愛について触れるのは避けましょう。

LINEの話題④タイムリーな話題

タイムリーな話題は気軽に話しやすいので、長く続けやすくおすすめです。お互い家にいるのであれば、リアルタイムのテレビの話題などは盛り上がりやすいですし、自分が興味のあることを知ってもらうきっかけにもなります。

気軽な内容であれば、相手も気軽に返事しやすくなるため長続きしやすくなります。また気軽なLINEをしても大丈夫だと思ってもらえれば、今後特に用事がない時でも相手から連絡が来やすくなります。

気軽な話がしやすい関係になれれば相手にとってあなたがより身近な存在になり、LINEが長続きするだけではなく自然とコミュニケーションの頻度も高くなるでしょう。

LINEの話題⑤昔の面白かった話

昔の面白かった話は相手も興味を持ちやすく、会話が盛り上がって長続きしやすくなります。自分が学生だった頃にあった面白い話や失敗した話をすれば、楽しくLINEが続くでしょう。

また昔の話は自分の事を知ってもらうのはもちろん、相手の事を知るチャンスでもあります。自分の昔の話だけではなく、相手に学生時代どんな感じだったのかなど聞いてみるのも良いでしょう。

高校生や大学生の頃など、学生時代の話は学校だけではなくサークルやアルバイトといった共通の話題も見つかりやすいので盛り上がるでしょう。

また、子供の頃の話題は育ってきた環境やどんな子供だったのかなどを深く知ることができます。同じ地元であれば、地元の話をすると会話が弾みます。

好きな人とLINEをする時の注意点

せっかく好きな人とLINEをするのなら、好感を持ってもらいたいものです。はじめは好感を持ってもらっていても、LINEの仕方や内容によっては相手を不快にさせてしまったり面倒に思われ、恋愛対象外になってしまう可能性もあります。

好きな人とLINEをする時には、相手が読みやすいようにする、不快になるような内容は避けるなど注意する点がいくつかありますので、チェックしていきましょう。

注意点①長文過ぎたり質問攻めにしない

伝えたいことや聞きたいことが多くて、つい長文を送ってしまったり質問攻めにしてしまうという方もいるのではないでしょうか。長文過ぎると読みづらいですし、相手は返信しづらくなってしまいます。

相手が長文を送って来たのであれば別ですが、長文過ぎるLINEは避け、なるべくシンプルで読みやすい文を心がけましょう。文の長さの目安は、2~3行程度だとスクロールしなくてもパッと読みやすいのでおすすめです。

少し長くなってしまいそうなら、適度に行間を空けるようにしましょう。また絵文字が多すぎるのも読みづらいので要注意です。まだそこまで深い仲ではないのに、プライベートなことまであれこれと質問攻めにしてしまうのも失礼です。

相手の事を知りたい気持ちからたくさん質問してしまいがちですが、一度にいくつも質問すると相手は返信しづらく、だんだん返信が来なくなってしまう可能性もあります。返信しやすいよう、シンプルに質問するようにしましょう。

注意点②細切れすぎるのもNG

LINEの仕方は人それぞれですが、数文字程度の細切れで送っている方は要注意です。長文過ぎるのは避けるべきですが、細切れすぎるのも良くありません。細切れすぎると読みにくい上、そのたびに通知が行ってしまうので相手はうっとうしく感じてしまいます

細切れすぎるLINEはどこまで続くのかわかりづらく、好きな人に面倒くさいと思われてしまう可能性も高いでしょう。また読みにくいため内容が入って来ないので、細切れすぎるLINEは避け、読みやすいシンプルな内容にするように意識しましょう。

注意点③非常識な時間帯を避ける

LINEが来ると通知が行くように設定している人がほとんどです。LINEは電話より気軽ですが、深夜に送ってしまうと相手が休んでいる時に通知が行ってしまい、迷惑になる可能性があります。

朝起きてから見てくれれば良いと思って送ったとしても、深夜など非常識が時間帯だと通知は行ってしまうので、好きな人に非常識な人だと思われてしまいます。緊急の内容でない限りは、早朝や深夜など非常識が時間帯は避け、相手が起きている時間帯にしましょう。

注意点④もったいぶらない

好きな人とのLINEでは、もったいぶらないというのも大切です。例えば、用件を言わずに「今時間ある?」だけ送ってしまうことはありませんか。好きな人からの返信が欲しくてもったいぶっているとしても、相手からすると用件がわからないので、どう返信したら良いのか迷ってしまいます。

また何か緊急の事なのかと思って忙しいのに焦らせてしまう可能性もあり、結局何ということない内容だったら、相手は迷惑だと感じてしまうでしょう。

先に用件を言わないことは相手への配慮が足りないことになるので、良いコミュニケーションを続けるためにも、もったいぶらず先に用件を伝えるようにします。

また返信をもったいぶってじらすというテクもありますが、やりすぎると面倒くさいと思われます。もったいぶらず、シンプルに返信した方が好感を持たれるのでおすすめです。

注意点⑤悪口を言わない

友達や知人の悪口は、例えその方が好きな人の知らない人であっても、相手にとって聞いていて気持ちの良いものではありません。共通の友達や、好きな人の友達の悪口はもってのほかです。

たとえ自分がその方の事を嫌いであっても、好きな人にとっては大切な存在であるこ可能性もあります。相手が不愉快に感じれば、LINEが続かないだけではなく、今後連絡が来なくなってしまうこともあるでしょう。

LINEで分かる異性の脈ありサインとは

好きな人とLINEをしているときに気になるのが、相手が自分の事をどう思っているのかどうかです。実はLINEでの反応や内容から、脈があるかどうか知ることができます。ここでは、LINEで分かる異性の脈ありサインをご紹介しますので、相手の気持ちが気になったらぜひチェックしてみましょう。

脈ありサイン①遅くなっても返信してくれる

忙しいとすぐにLINEの返信が来ないこともありますが、脈ありの場合は遅くなったとしても必ず返信をしてくれます。仕事などで忙しくて、中にはLINEを返す時間が無いという方もいます。

しかし気になる相手からのLINEには、その関係性を絶ちたくないという気持ちから、忙しくてすぐに返信できなかったとしてもそのまま放置することはありません。

時間がある時なら、すぐに返事が来ることも少なくありません。多少遅くなっても無視されず、「遅くなってごめん」と言う言葉と共に返信してくれるようであれば脈ありの可能性があるでしょう。

脈ありサイン②写真やURLがよく送られてくる

異性が自分の言ったお店のURLや、自分が取った写真をよく送ってくるのも脈ありサインの一つです。写真やURLをよく送るのは相手の「いいね」「行ってみたい」という返事が欲しいからで、好きな人の気を引きたいという気持ちの表れです。

気になっている相手だからこそ、食べておいしかったものや面白い、良いと思った写真をわざわざ送ってくるのでしょう。また、自分が良いと思ったものを好きな人と共有したい、自分の事をもっと知ってもらいたいという気持ちもあります。

特に誰でも見られるSNSにはアップしていない写真を送ってくるようなら、あなたの事を特別に思っているということでしょう。行きたいお店やスポットのURLが送られてきたら、一緒に行きたいというサインの可能性もあるので、デートに誘うチャンスです。

脈ありサイン③話題を広げてくれる

相手からどんどん話題を広げてくれるようなら、それはあなたに気があって、もっと話したいという気持ちの表れです。話題を広げることで、なるべく長くやりとりをしたいということなので、脈ありサインだと言えるでしょう。

あなたが気になっているお店や食べ物の話をした時、具体的な話をしてきて話題を広げたり、デートに繋げるような話をしてくるようなら脈ありと言えます。

また、あなたが興味のある話題の質問をして積極的に話題を広げて盛り上げようとするのも、好意を持っているサインと言えます。好きな人から話題を広げてくれるようなら、あなたも話題を広げてLINEを盛り上げるようにすると楽しくLINEが続くでしょう。

脈ありサイン④質問に答えてくれる

好きな人の事をもっと知りたいという気持ちから、あなたから相手に質問をすることもあるでしょう。時には好みのタイプや恋人の有無など、恋愛についての質問をすることもあります。

恋愛に関する質問は答えづらいこともあり、どうでも良いと思っている人に対してはスルーしてしまうことも多いものですが、気になっている相手だと答えにくくても無視することはなく、しっかり答えてくれます。

あなたからの質問を流さずに答えてくれて、相手の方からも聞き返してくるなど会話を続けようとしてくるようなら、脈ありと言えるでしょう。

脈ありサイン⑤疑問形の文面が多い

質問というのはLINEを始めたり、会話を続けるために効果的なものです。気になる人や好きな人に対しては、もっと相手の事を知りたいという気持ちから無意識に質問が多くなります。

相手の意見や気持ち、様子を聞きたいので、自然と「あなたはどう?」「何が好き?」「何してる?」と問いかけて探ってくるのです。異性からのLINEで疑問形の文面が多いのであれば、あなたの事を知りたいという気持ちが強いということなので、脈ありサインの可能性があります。

脈ありサイン⑥タイムラインに反応してくれる

LINEにはタイムライン機能があり、近況などを投稿することでLINEの友だちと共有することができます。タイムラインにはテキストだけではなく、写真や動画、位置情報、スタンプ、URL、LINE MUSICなどさまざまなコンテンツを添付することができ、見た友だちからコメントやいいねをもらえることもあります。

タイムラインに限ったことではありませんが、気になる相手の近況や動向というのは気になるものです。自分が投稿したタイムラインに異性がスタンプやコメントで反応してくれることが多いなら、脈ありサインの可能性があるでしょう。

好きな人からLINEの返信が来ないのはなぜ?

好きな人とLINEをしている時、未読のままだったり、既読が付いたのに返信が来なくいと「どうしてだろう」心配になってしまうこともあるでしょう。しかし、返信が来ないからと言って次から次へとLINEを送ったり、催促するのは逆効果になってしまうこともあります。

返信が来ないのは脈なしという可能性もありますが、それ以外にもさまざまな可能性があるので、深く考えすぎないようにしましょう。ここでは、好きな人からLINEの返信が来ないときに考えられる可能性を解説していきます。

LINEの返信がない①疲れている

好きな人からLINEの返信がない場合、疲れていて見ていない、返事できないという可能性があります。仕事などで疲れていると、返信する気になれないことは誰にでもあります。

また仕事や友達と会っているなどして、返信する暇がないほど忙しいという可能性もあります。あなたがLINEできる状況でも、相手もそうとは限りません。

落ち着いてから返信しようと思っていることもあるので、疲れているんだな、忙しいんだなと考え、過度に心配せず気長に待ちましょう。

LINEの返信がない②単に忘れている

返信がない場合、単に忘れている可能性もあります。仕事で忙しかったり、急ぎのメッセージに対応していたりするとうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。また、後で返信しようと思っていたら忘れてしまった、読み忘れていた、通知に気付かなかったというケースもあります。

単に忘れているだけであれば、連絡を取りたくないと思っているわけではないので心配ありません。数日待っても返信がなければ、スタンプや軽い話題で連絡してみると返信が来る可能性もあります。

「どうして返事くれないの」と催促するようなメッセージを送ると、相手が冷めてしまうこともあり逆効果なので注意が必要です。

LINEの返信がない③駆け引きの可能性

あえて返信をせずに駆け引きをしている可能性もあります。自分の事を気にして欲しい、目を向けてほしいという気持ちから、やりとりを断って相手の気を引こうとしているのです。駆け引きの場合、相手はあなたの事が気になっているということなので、心配することはないでしょう。

また、好きな人だからこそ、どう返したら良いか悩んでいて返信が遅れているといこともあります。あなたの事を大切に思っているからこそのことで、待っていれば返事が来る可能性が高いでしょう。

好きな人とLINEを長続きさせるために頻度と話題を工夫しよう

今回は、好きな人とのLINEを長続きさせるための頻度や話題、注意点について解説しました。LINEを長続きさせるためには、相手に配慮した頻度やタイミング、盛り上がる話題などを意識することが大切です。

読みづらい文面や迷惑な時間帯のLINEは長続きしないだけではなく、返信が来なくなる可能性もあるので注意が必要です。今回の記事を参考に、ぜひ頻度や話題を工夫して、好きな人と楽しいLINEを続けましょう。

その他の関連記事はこちらから