記事作成日:

陽キャラの意味と共通する特徴は?陽キャラor隠キャラの診断リストを大公開!

陽キャラという言葉を聞いた事があるでしょうか?若者の間ではよく使われる言葉であり、あなたの周りにも一人はいるかもしれません。今回は、そんな陽キャラというのがどんな人の事を指す言葉なのか、主な特徴や、対語になる陰キャラかどうかの診断方法などをご紹介していきます。

陽キャラとは?

陽キャラと言えば、どんな人の事を思い浮かべるでしょうか?あまり馴染みのない方もいるかもしれませんが、キャラクター性を表す言葉として、若者の間ではよく用いられています。まずは、陽キャラとはどんな人の事を指すのかの解説から入りましょう。

陽キャラの意味

陽キャラとは、読んで字のごとく「陽気なキャラ」を略した言葉の事です。言葉が示してるように性格は陽気で、人見知りをすることなく誰が相手でも臆せず話す事が出来ます。

学校、職場においては、この陽気な性格からコミュニケーション能力が高く、誰が決めたわけでもありませんがカーストの上位に位置する人とみなされます。話をするのが上手であったり、盛り上げ上手な人というのはどこでも居る事ですが、そういった人たちはおそらく陽キャラに該当するでしょう。

陰キャラとの違い

そんな陽キャラの対義語として、陰キャラという言葉があります。こちらも字面から大体把握できるでしょうが「陰気なキャラ」の略語であり、ネガティブ、地味、あまり人と話をしたがらない人の事を指す言葉として用いられることが多いです。

他人と関わる事が苦手なインドア派の人や、コミュニケーション能力が低い人はこの陰キャラに該当すると言われています。実際にはそんなことは無いのかもしれませんが、陽キャラと比較するとどうしても陽キャラの人の方が目立ってしまう訳です。

陽キャラか陰キャラか今すぐ診断

陽キャラと陰キャラのそれぞれの意味について、簡単にではありますが解説しました。では、自分はこの陽キャラと陰キャラ、どちらに該当するでしょうか?主観的に判断するのはいささか難しいので、診断を行ってみましょう。

例えば、友達の数の多さは重要な判断材料になります。胸を張って多い方だと答えられる人は、交友関係が広くその分コミュニケーション能力がある陽キャラだと言え、逆に少ないと思うようなら、あまり人と関わりたがらない陰キャラの可能性が高いです。

2つ目は、自分から知人を遊びに誘ったりするかどうかです。これも陽キャラは自分から積極的に人に話しかけ、どんどん友達を作っていきますが、基本的に受け身であまり人に誘いを持ちかけるような事をしない場合、陰キャラとなります。

初対面の相手と問題なく会話が出来るかどうかも重要です。陽キャラなら今日会ったばかりの相手にも臆することなく会話をして仲良くなる事が出来ますが、陰キャラの場合には変に見られたくないせいか、どうしても会話が発展しにくいです。

陽キャラの共通する特徴

診断に1つでも当てはまれば陽キャラ、陰キャラだと断定できるわけではありませんが、友人の多さ、コミュニケーション能力の高さなどが重要な判断材料であることに間違いはありません。続いては、陽キャラの共通する特徴を見ていきます。

陽キャラの特徴①誰とでも平等に話せる

まず1つ目は、誰とでも分け隔てなく平等に話す事が出来るというものです。前述した通り、陽キャラの人たちというのは、総じてコミュニケーション能力が高く、例え初対面の人であっても、男女どちらであっても同様に接してくれるものです。

相手が今日あったばかりであまり知らないからだとか、異性だからと無駄に距離を置くことはありません。こうした他人への平等な接し方やコミュニケーションを直ぐに取る事が出来る力が、陽キャラを陽キャラたらしめているのかもしれません。

陽キャラの特徴②ムードメーカー的な存在

2つ目は、ムードメーカーとなる様な存在であることです。陽キャラの人が一人いるだけで、その場の雰囲気がすぐに明るいものになった経験はありませんでしょうか?それは、陽キャラの人がムードメーカーとしてその場に合わせてくれているからなのかもしれません。

これにも、どんな人とも平等に話せることが関連しており、周りにいる人への配慮、会話への巻き込みなど、場の空気を作り出すのが得意なのです。そこにいるだけで周りの人を楽しく明るい気分にさせるのも、陽キャラならではの特徴なのでしょう。

陽キャラの特徴③おしゃれに気を配っている

単に話が上手、誰とでも話せるというだけではなく、見た目にも気を配っているのが陽キャラです。ファッション、髪型、メイクなど、自分を良く見せる術を知っていますので、見た目に手を抜くという事はほぼ無いと言っていいでしょう。

勿論、おしゃれな人は全員が必ず陽キャラと確定をすることはできません。しかし、流行などには敏感で、かといって見る人を不快にさせる事もありませんので、見た目からして陽気な人であることをうかがわせるのです。

陽キャラの特徴④自己主張ができる

内面的な部分で行くと、自己主張がハッキリと出来る事も特徴の1つに数えられます。何度もコミュニケーション能力の高さが共通していると述べていますが、それが出来るという事は、自分の中にしっかりとオリジナルの意見や主張を持っていると言い換えられます。

ですので、他人に対して胸を張って自分の意見を語れるなど、自己主張ができるのも陽キャラの特徴です。これに合わせて自己肯定感も強く、無駄に自分自身を卑下するような発言もすることはありません。

陽キャラの特徴⑤性格がポジティブ

やはり、性格もポジティブで常に前向きな人間は陽キャラで間違いないでしょう。自己主張の強さ、自己肯定感をしっかりと持っているという事は、それだけ自分に自信を持っているという事であり、マイナスな考えを持つことはそうそうありません。

例えその人にとって、他の人からすれば悲しい事や落ち込んでしまうような事があったとしても、当人はそれをプラスに捉えられます。こうした芯の強さも、周りを明るくさせる陽キャラならではの魅力なのかもしれません。

陽キャラの特徴⑥運動神経が良い

陽キャラは、体を動かす運動も好きな傾向にあります。サッカーやバスケットなど、複数人で行う運動は特に好きです。こうした皆で行うスポーツというのも、陽キャラにとっては1つのコミュニケーションの取り方なのかもしれないです。

幼少時からスポーツに取り組んでいれば、その分知人や友人も多くいる事でしょう。勿論、あまり運動が得意でなくとも明るく陽キャラと呼ばれてもおかしくない人はいますが、傾向として運動が得意な人が多いのです。

陰キャラを卒業して陽キャラになる方法

往々にして、陰キャらの人たちというのは陽キャラにいささか憧れを持っている事でしょう。もし陰キャラを脱却したいというのであれば、誰であっても陽キャラを目指し近づく事が出来ます。

陽キャラになる方法①イメチェンする

まずは、イメージチェンジをすることから始めてみましょう。特徴の中でも述べた通り、陽キャラの方はお洒落が得意で見た目に気を遣っています。見た目だけ変えればすぐに陽キャラになれるという訳ではありませんが、外見のイメージが人に与える影響は大きいものです。

陽キャラになる方法②笑顔を絶やさない

2つ目は、日常的に笑顔でいる事です。これも見た目の印象からくるもので、陽キャラ、つまり明るい人を想像した時には、大抵笑顔を浮かべているものでしょう。笑顔を向けられて、嫌な気持ちになる人はそう居ない筈です。

もし積極的に人と話したりせず、外交的でなかったとしても、いつでも笑顔を絶やさない人からは明るい印象を受けることは間違いありません。普段から人前では意識して笑顔を保つようにしてみましょう。

陽キャラになる方法③話しかける努力をする

自分から積極的に話しかける努力も大切です。これも特徴の中で述べた通り、陽キャラは自分からどんどん周りの人に話しかけ、誘いを持ち掛けます。コミュニケーション能力を磨くという意味でも、こうした努力は必要です。

何もないままでは難しいので、まず他人に興味を持つことから始めてみましょう。周囲にいる人の変化に意識を向け、それが感じ取れたら話しかけてみる、というところからスタートしてみてください。

陽キャラになる方法④身体を鍛える

体を鍛えるのも有効な方法です。これは、自分自身に自信を持つために行います。筋肉トレーニングは一朝一夕では効果が出ませんが、筋肉はしっかり鍛えた分だけ裏切らずに効果が出るものですから、体を鍛えて自己肯定力を高めてみましょう。

人気者の陽キャラになろう

陽キャラも絶対的に良い人という訳ではありませんが、それでも社交的で皆を楽しませる事が出来る人間というのは憧れるものでしょう。自分を磨いて、人気者の陽キャラを目指してみましょう。

その他の関連記事はこちらから