記事作成日:

なんでもできる人の特徴や性格の共通点は?多才な人になるための方法を解説!

広告

自分にできないことができる人を見ると、その人に対して「すごい!」という感情と、「自分はどうしてそんなこともできないのか…。」という両方の気持ちを持ったことはありませんか?実際、なんでもできる人は様々な長所や特徴を持っているものです。

今回は、そんな「なんでもできる人」がどのような特徴や性格の持ち主であるのかをご紹介したうえで、多才な人間性を持てるようになるための最善の方法を解説します。

なんでもできる人とは?

周囲の人から見ると、とても自信を持っているように見えるのが「なんでもできる人」です。なんでもできる人が持つ特徴に挙げられることは、3つあります。

1つ目は「仕事ができる」ことです。どんな仕事に就いてもセンスを持ち、豊富な経験を持つため、あらゆる物事に対しても応用力を身に付けています。そのため、仕事をこなすスピードも早く、誰よりも頼られる存在であると言えます。

2つ目は「人と上手にコミュニケーションが取れる」ことが挙げられます。なんでもできる人は、周囲にいる人と上手にコミュニケーションを取り、自分の意見を強く主張するだけではなく、人の意見を聞き入れることができます。そのスキルを活かして仕事もプライベートも充実した生活を送っています。

最後は「出来事に敏感に反応することができる」ということです。これは、目の前にあることだけではなく、より先を見据えた行動ができることにつながります。そのため、あらゆる物事に対して敏感に反応し、それに順応するだけの力を身に付けています。

大きな失敗もなく、予防線を張ることができるのも「なんでもできる人」の特徴に見られることです。このように、3つの代表的な特徴を持つ人こそ「なんでもできる人」であると言えます。

なんでもできる人の特徴【性格編】

それではここからは、「なんでもできる人」と言われる人が持つ「性格」に焦点を当て、どのような特徴を持っているか、以下に4点確認していきましょう。なんでもできる人だからこそ、その性格は良いか悪いか気になるところです。自分に当てはまるかも合わせてチェックしてみてください。

性格①努力を惜しまない

「才能がある」「ひとつのことに長けたものを持っている」など、「なんでもできる人」だからこそ持ち合わせている特徴があります。しかし、この才能や長けたものは、生まれながらに持っているとは言い難いものです。実は、自身が成長する過程の中で、自分が骨身を削って努力を重ねてきたこともあるはずです。

人には言えない苦労と努力をしたからこそ、「なんでもできる人」になったと言っても過言ではありません。このように、毎日コツコツと様々な方面から努力を重ねていくことで、「なんでもできる人」を目指すことができます。

性格②何事にも前向き

「人生山あり谷あり」と言われていますが、なんでもできる人が持つ性格はとても単純なものです。実際、どのようなことが自分の目の前に叩きつけられようとポジティブな姿勢で立ち向かう性格の人こそ、「なんでもできる人」だと言えます。

自分の目指すべき目標を定め、それに向かって努力し、頑張る人こそ「なんでもできる人」への道を突き進んでいくことができるでしょう。

性格③自分を客観視できる

自分がいったいどのような存在であるか、どんな性格の持ち主であるかなど、自分という存在を理解できる人こそ「なんでもできる人」だと言えます。また、自分の性格をコントロールし、客観視することができるのも大切なスキルです。

このように、自身の思いを適切にコントロールしながらも、物事を客観視することができる人こそ、「なんでもできる人」であると言えるでしょう。

性格④負けず嫌い

闘争心や向上心が人一倍強く、どんなことに対しても「負けたくない」という強い意志を持っている人こそ、「なんでもできる人」に該当します。

「絶対に」「必ず」などというように、設定した目標に辿り着こうと努力し、人に負けるまいと思える強い信念を持って頑張るタイプの人が「なんでもできる人」です。負けず嫌いは、強い原動力を掻き立てるスキルを持っているため、ぜひ全面に発揮していくことをおすすめします。

なんでもできる人の特徴【言動編】

「なんでもできる人」はいったいどのような言動を繰り返しているか、その特徴を以下に4点みていきましょう。「なんでもできる人」だからこそ、人からの信頼も厚く、ぜひ真似たいと感じるかもしれません。

言動①愚痴を言わない

「なんでもできる人」は、自分を信じ、信念を貫きながらも努力を惜しまず生活しています。そのため、周囲の人や何事に対しても愚痴を言うことはありません。

愚痴を言うよりも、次なるスキルアップを目指しています。そのため、さらにポジティブシンキングができ、高い目標に向かって突き進んで行けるという行動力を持っています。

言動②すぐに行動できる

自分自身や友達のことなど、生活を送る中であらゆる行動を積極的に行える人こそ、「なんでもできる人」です。そのため、失敗するかもしれないと思うことでも、勇気を持って行動に移すことができます。どんなことも恐れずチャレンジ精神を持っている人こそ、「なんでもできる人」だと言えるでしょう。

言動③1つのことに集中できる

複数のことを同時に行うことを苦手とする方が多い中、「なんでもできる人」は、その集中力の高さから、限られた時間を効率良く利用することができます。さらに、楽しみながら実践することができるという器用さも持ち合わせています。要領よくこなしていくことができるのも「なんでもできる人」の特徴です。

言動④誰にでも親切にできる

人に対してやさしい心を持つのは、「なんでもできる人」が持つ大きな特徴です。特に、人を選ばず親切心を持って接することができるため、周囲の人からの人望も厚く、好かれる存在であると言えます。

普段から言動にも配慮があり、人を不快にさせるようなことがありません。周囲の人と上手に調和がとれる人こそ「なんでもできる人」です。

なんでもできる人の特徴【仕事編】

「仕事面」において、「なんでもできる人」はいったいどのようなスキルを持っているのでしょうか?ここでは、「なんでもできる人」の仕事に対する意欲や姿勢を探ってみましょう。

仕事の特徴①理解力が高い

どんな難題であっても、豊富な知識の中から解決策を見出すことができる「なんでもできる人」は、高い理解力を持つ人であると言えます。そのため、その日にあったことをことを頭の中で整理することができ、ビジネスが円滑に進む場面が見受けられることが多いです。どんなことでもこなせ、理解力が高い人こそ「なんでもできる人」だと言えるでしょう。

仕事の特徴②臨機応変に対応できる

ビジネスにおいては、日々変革も多く、様々なシチュエーションに遭遇することもあるでしょう。その度に動揺していては、とても仕事になりません。どんな事態が起こっても、その事柄に対して臨機黄変な対応ができる人こそ、「なんでもできる人」だと言えます。

柔軟な対応ができるからこそ、ビジネスを成功へと導くことができると言っても過言ではありません。広い視野を持ち、さらに、物事をすべてポイティブに捉えることができるため、周囲の人を驚かせることもあるでしょう。

仕事の特徴③時間を無駄にしない

1分1秒たりとも充実した時間にするという精神を持つ「なんでもできる人」は、時間に対してとても敏感です。そのため、無駄な時間の使い方をするのを敬遠する傾向です。

与えられた時間の中で、どれだけの仕事をこなして行けるかという思いを常に頭の中に持ち、1日のスケジュールを描きながら行動に移すのが「なんでもできる人」です。このように、時間を有効に利用できる人こそ「なんでもできる人」だということが分かります。

仕事の特徴④コミュニケーション能力が高い

人付き合いを円滑に行うためには「コミュニケーション能力」を持っていることが必須です。これは、ビジネスを行う上でとても重要なスキルです。仕事を成功へと導くためには、人と人が心の内をしっかりと話し合えるスキルが必要です。

その時にしっかりと相手とコミュニケーションを取れるかどうかは、仕事を行う上でも必要不可欠なスキルです。人と多く接する機会が多い人こそ、コミュニケーション能力が高く、ビジネスを成功させるなど、大きく会社に貢献することができる逸材となれるでしょう。

多才でなんでもできる人になる方法

これだけ様々なメリットを持つ「なんでもできる人」は、人がうらやむ存在であることが分かります。では、「なんでもできる人」になるには、いったいどのような方法を実践すれば良いか知りたい方も多いのではないでしょうか?

ここからは、人がうらやむような「なんでもできる人」になるための方法をご紹介します。誰でも簡単に実践できる方法なので、ぜひこの機会に「なんでもできる人」を目指してみましょう。

なんでもできる人を真似てみる

なんでもできる人は、自分からそれを人に対して自慢することはありません。さらに、自分自身で「絶対に成功への鍵を掴む」という強い信念も持って生活する方が大半であるという特徴を持っています。

そのため、自分も「なんでもできる人になりたい」と思うなら、まずは身近にいる「なんでもできる人」に倣い、その人を真似ることから始めてみましょう。そうすると、自然と自分の行動や言動も良い方向へ変わっていくでしょう。

達成可能な目標を立てて行動する

ひとつ大きな目標を掲げ、その目標を達成するという強い意気込みを持って日々行動してみましょう。たとえば、「仕事でスキルアップする」「役職に就く」など、明確な目標があるとなお良いです。

さらに、自分はその目標に対してどのような言動を取り、どのような性格になれるように努力するかを決めます。その目標に向かって進む自分の姿にきっと自信がつくはずです。このように、「なんでもできる人」になるためには、自分が掲げる目標に向かってしっかりと行動することが大切です。

今までの自分とは決別する

これまで自分に対してあまり自信がなかったという方も多く、何をやってもネガティブになってしまう性格の方は、これまでの自分とは決別する気持ちを持ち、新たなスタートを切っていきましょう。それが「なんでもできる人」になれる第一歩となります。

自分の考えを改め、物事を良い方向へと考え、導くことができるよう前向きな姿勢になることが大切です。そして、自分に自信を持ち、人に理解してもらえる存在になれるよう努力していきましょう。

なんでもできる人には欠点がないの?

「なんでもできる人」は、不自由なく物事をこなしていく逸材だと感じる方が多いですが、欠点となり得ることはあるのでしょうか?ここでは、「なんでもできる人」と言われながらも、「欠点」だと感じることにはどのようなことが挙げられるか確認していきましょう。

【ひとつ自慢できるようなスキルを持っていないことが多い】

何事にも対応する高い能力を持っていても、人に対して特に自慢できるようなスキルを持ち合わせていないのが「なんでもできる人」の欠点です。その結果、公言できるような強い自信に満ち溢れた雰囲気を持たないこともあります。

【人から敬遠されることも】

豊富なスキルを持っているからこそ、周囲の人から高い評価を得ている「なんでもできる人」は、高い位にいる分、何かに失敗してしまった時は厳しい評価を下されることもあります。たった1度の失敗がその後に大きく影響される可能性も高く、欠点と捉えられることもあります。

【やり方によって嫌われる存在になることも】

なんでもできる人だからこそ、周囲の人からやっかみに思われることもあります。また、人によっては妬みに感じていることもあるでしょう。

そのため、嫌味を言われる他、陰気な嫌がらせを受けることもあります。このように、なんでもできる人は、やり方によっては周囲の人を敵に回してしまう可能性もあるため、生活面で注意が必要です。

【努力を評価してもらえない場合もある】

人から見ると、なんでもできる人は、元から持つ「才能」であると勘違いされることも多く、どれだけ努力を重ねても、その過程に対して高い評価を得ることができないケースが目立ちます。本人にとって、努力を評価してもらえないことに辛さを覚えることもあるでしょう。

このように、「なんでもできる人」だからすべて「良い」と言えることもなく、「欠点」と捉えられる部分もあるということを理解しておくことが大切です。

誰だってなんでもできる人になれる

なんでもできる人にはどのような特徴や性格があるか、また、多才な人間性を持つことができるようになるためにはどうしたら良いかを徹底解説しました。

「なんでもできる人」を見るととてもうらやましく思えるものです。しかし、自分も努力を重ね、実践していくことでなんでもできる人になれるはずです。ぜひ、この記事でご紹介した方法を参考に、なんでもできる人を目指してみてはいかがですか?

その他の関連記事はこちらから