記事作成日:

負のオーラを放つ人の特徴とは?改善方法を徹底解説!

広告

あなたの周りに負のオーラを持っている方はいませんか?または、あなた自身がそのように思われている可能性もあるかもしれません。負のオーラを放っている方は暗くて近寄りがたい雰囲気があります。このイメージを払拭することが生活していくうえで大切なことです。負のオーラを放つ人の特徴や改善方法について徹底解説していきます!

負のオーラの意味とは?

負のオーラとは暗くてマイナスなイメージを与えてしまう雰囲気のことをさします。自分ではそれが普通に思っていて気付かないことが多いですが、相手には良いイメージを持たれません。

一緒にいるとこちらまで暗くなってしまいますし、近寄りがたくて距離を置きたいと思われることも多いでしょう。このようなマイナスイメージは、より良い人間関係を築いていくためにも治すことが大切だと言えます。

負のオーラを放つ人の特徴【性格編】

自分はもしかしたら負のオーラを放っているのではないかと思っている方もいるでしょう。それぞれの特徴をまとめてみたので、自分は負のオーラを持っているのかどうかをチェックしてみてください。まずは性格編から見ていきます。

負のオーラを放つ人の性格①ネガティブ

負のオーラを放つ人はネガティブな性格をしており、相手と一緒にいる時にもネガティブさは伝わってくるので、気持ちを暗くさせてしまいます。例えば一緒に相手が楽しみたいと思っていても、いつでも落ち込んでいるような状態なので「一緒にいて楽しくないな」と感じてしまうのです。

またネガティブな性格の人は励まされたり、アドバイスをくれたとしても、「だって」「でも」と相手の考えを否定して認めることをしません。何を言っても否定でしか返ってこないので、対応するのも疲れてしまうでしょう。

負のオーラを放つ人の性格②プライドが高い

自分の都合の良いようにいかないと気が済まない方もいます。プライドが高いことで同僚から意見やアドバイスをされたとしても人の話を聞こうとはしません。自分の言っていることが正しく、相手に意見されたりするのはプライドが許さないのです。

「私が一番正しいのだから、私の言うことを聞いていればいい!」と思っている方は周りの人から嫌われますし、チームワークを乱すとともに空気も悪くしてしまいます。そして思い通りにならないと不機嫌になったり怒鳴り散らすこともあるので、物事も順調に進まなくなってしまい、困ることも多くなってきます。

負のオーラを放つ人の性格③自分に自信がない

ネガティブな考え方をする方は自分に自信がないことが多いです。「私なんて何もできない人間だ!」「私なんかうまくいくはずなんかない!」と頭から決め込んでしまい、自分に対する評価が低くなってしまいます。

本当は挑戦したいことがあったとしても、「できない」「無理」とチャレンジすること自体を諦めてしまうのです。「失敗は成功のもと」という言葉があるように、挑戦してもし失敗した時は失敗をバネにしてまた頑張ろうという気持ちが起きてくるものです。

諦めずにチャレンジすることで自分を成長させることにも繋がります。また自信がないことで他人と比較してしまうことが多く、余計に勝るものがないと思ってしまうところがあります。嫉妬心が出てくることから、周りに影響を及ぼしやすいと言えるでしょう。

負のオーラを放つ人の性格④意思が弱い

自分に自信を持てない人の中には、意思が弱くて意見を伝えられない方も多くいます。人と違う意見を言って注目を浴びるのは苦手ですし、波風立てないように周りにすぐ賛成してしまい、自分の意思は心の中に閉じ込めておくのです。このような方は何でも流されやすく騙されやすい人間であると言えるでしょう。

「私も同感!」とはっきり同調する気持ちを見せたら悪く思われることはないかもしれませんが、負のオーラを放っている人は「〇〇もそう思うよね?」と聞かれたら、声を発せずただ首を縦に振るだけの場合が多いです。全然しゃべらないことから「あの人感じ悪いよね!」と言われてしまうこともあり、良いイメージは持たないでしょう。

負のオーラを放つ人の特徴【態度編】

性格編で当てはまる項目はありましたか?次に負のオーラを放つ人の特徴の態度編を見ていきましょう。態度でも負のオーラがあるのかどうかがわかります。あなたの周りにこのようなタイプの方がいないかも一緒にチェックしてみてください。

負のオーラを放つ人の態度①イライラしやすい

身近にイライラしてばかりいる方はいませんか?相手から言われたちょっとしたことでもすぐ根に持ってしまう傾向にあります。「そんなことで怒るの?」とビックリすることもあるのではないでしょうか。常にイライラして怒っていると周りも「近寄りたくない」と思いますし、雰囲気も悪くしてしまいます。

イライラするようなことがあっても大人の対応をすることが大切ですが、負のオーラを放っている人はそれができません。自分の感情をコントロールできないため、いつも怒っている印象しか周りに与えないのです。

負のオーラを放つ人の態度②ため息の回数が多い

人間誰しも疲れたり落ち込むようなことがあったりするとため息が出るものです。しかしそれは一時的なもので、気分がいつも通りに戻るとため息はつかなくなります。自分に自信がないことやイライラしてしまうことなどから、頻繁にため息ばかりしている人は良い印象を与えません。

よく「ため息の数だけ幸せは逃げていく」と言われていますが、まるでクセのようにため息ばかりついている方の近くにいると、嫌な気分になってしまいます。

一緒に会っている時にもため息ばかりつかれたら、「一緒にいて楽しくないのかな?」「面倒に思われているのかな?」と相手は感じてしまうため、マイナスなイメージを持たれてしまうのです。

負のオーラを放つ人の態度③表情がない

人間は嬉しかったことや悲しかったこと、驚いたことや楽しいことなどで表情がコロコロ変わるものです。表情から相手が今どのような気持ちなのかを知ることができます。しかし表情がない人は嬉しいのか悲しいのかなどを読み取ることができません。

顔色一つ変えずに変化がない方は良いイメージを与えないので、マイナスなイメージを持たれることが多いです。本当は意見が言いたい、怒っているのに我慢して抑え込んでいることで、感情を表に出さないようにしている可能性があります。

感情をコントロールできなく怒鳴り散らすのはNGですが、我慢することが重なっていくにつれてストレスがどんどん溜まっていくことになります。ストレスを発散できずに我慢ばかりしていたら、そのうち爆発して手がつけられない状態になってしまうこともあるでしょう。生活していくことで時には感情を抑えることは必要なことですが、表情に変化がないことが多い場合は負のオーラを放っていると言えます。

負のオーラを放つ人の態度④猫背で姿勢が悪い

猫背の方は現代では多いと言われていますが、猫背で姿勢が悪いのも負のオーラを放つ人の特徴になります。背中が丸くなっている状態だと見た目もいいものではないですし、周りからは暗いイメージをもたれてしまいます。

きちんと姿勢を正さないと首や腰などに負担がかかってしまい、肩が凝ったり腰が痛くなったりする原因にもなるのです。血行も悪くなり、気持ちもネガティブになってしまいがちなので改善することが大切です。

負のオーラを放つ人のデメリット

負のオーラを放つ人は良いイメージをもたれませんが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。デメリットを知ることで負のオーラから脱却したいと思うはずです。いくつかデメリットを見ていきましょう。

  • 孤独感に陥る

負のオーラがある人はネガティブな発言が多かったり、変にプライドが高く高圧的だったりという人が多く、このような方とは付き合いたくないと誰もが思うことでしょう。

一緒にいるだけで疲れてしまい、悪い気分にばかりさせられてしまいます。そのうち誰も寄り付かなくなり、気づいたら負のオーラのある人の周りには誰もいなくなって一人ぼっちで寂しい思いをすることにもなるのです。

  • 体調が悪くなる可能性

ネガティブな性格からちょっとしたことが気になったり、傷ついたりすることもあります。悩みすぎて時には何も手につかなくなり、やる気も失せてしまう場合もあるでしょう。

精神的にダメージを負っていると体調にも変化が出てきやすいため、倦怠感を感じて動きたくなくなったり食べ物が喉を通らなくなったりという症状が現れることもあるのです。精神面だけではなく体調にも影響が出てくることがデメリットだと言えるでしょう。

  • 負の連鎖が続いてしまう

ネガティブになってしまうことで気持ちの切り替えができないことが多いのも、負のオーラを放つ人の特徴です。一度失敗したことに対して、「自分は何もできないダメな人間だ」と責めてしまいます。

そこから気持ちを切り替えて頑張ろうという気持ちが出てくれば良いのですが、落ち込んでいる気分のままいることでまた失敗をしてしまうといった負の連鎖が続いてしまうこともあると言えるでしょう。一度成功できれば自分にも自信がつくかもしれませんが、自分自身を変えなければ負の連鎖から逃れることはできないのです。

負のオーラを放つ人の改善方法

負のオーラがあることで辛い思いをしてきている方もいるかもしれません。改善できるなら治したいと思っている方も多いのではないでしょうか。自分の気持ちや行動次第で改善することは可能です。負のオーラを放つ人の改善方法をご紹介します。

改善方法①ポジティブを心がける

何でもネガティブに考えがちな性格をしているため、ささいなことでも気になってくよくよしてしまうことが多いです。悪い方向へばかり考えていたら負の連鎖からも抜け出せなくなってしまいます。

周りに対してもマイナスな発言ばかりしたりイライラしてばかりいたら相手も寄ってきてくれなくなってしまうでしょう。負のオーラから改善するためにも常にポジティブでいることを心がけるようにしてください。

例え失敗するようなことがあったとしても、「次頑張ればいいよね!」と前向きにとらえることができることが大切です。「失敗は成功のもと」と言いますし、失敗が自分自身を成長させることにも繋がります。

また相手に対して発言する時には、何も考えずに思ったままに伝えてしまうことも多いので、周りを不快にさせてしまうこともあるでしょう。口に出して発言する前に「これを言ったら嫌な気分になる人はいないか」を考えてから発言することが重要だと言えます。ポジティブになれたら周りも話しやすいと思うでしょうし、自然と自分の周囲に人が寄ってきて人気者になれる可能性もあるでしょう。

改善方法②清潔感のある格好をする

負のオーラがあるかどうかは見た目によって変わってきます。清潔感のない格好をしていると相手を不快な気分にさせてしまったり生理的に受け付けないと思われてしまうこともあるでしょう。髪はボサボサ、服はヨレヨレの状態ではマイナスなイメージを与えてしまいます。

清潔感のある格好は相手にも良い印象を与え、「友達になりたいな」「もっと話してみたいな」という気持ちになるのです。髪型をしっかり整え、シワのないきれいな服を着るだけでも見た目に対する印象はガラリと変わってくるでしょう。

また、ネガティブな気持ちになるかならないかは服の色でも違ってくる場合もあります。例えば明るい色の服を着ることで気分も明るくなったりやる気もみなぎってくる可能性があるのです。

逆に黒っぽい色の服を着ると気分もどんよりしてマイナスな方向にばかり考えてしまうこともあります。清潔感のある格好をするだけでも負のオーラを改善させることが期待できます。

改善方法③イメチェンしてみる

いつも同じ髪型や同じタイプの服装をしている場合、「たまにはイメチェンしたいな!」と思うこともあるでしょう。後ろ向きな考え方しかできず周りを暗い気分にしてしまう方でも、イメチェンをすることで気持ちに変化が出てきます。

まず一番手っ取り早いのは髪型や服装を変えることです。髪型は行きつけの美容院があったら美容師さんにおまかせしてみるのも良いでしょう。美容師さんは髪のエキスパートなのでそれぞれの顔の形やタイプによって似合う髪型を熟知しており、安心して任せられるのではないでしょうか。

服装に関してはどうしても同じ系統の服ばかりになってしまうことも多いです。思いきって違う系統の服にチャレンジしたいと思っている場合は、お店に行って直接店員さんにアドバイスをもらうことをおすすめします。自分一人ではイメチェンするのはなかなか難しいので、周囲の意見を聞きながらやっていくと、イメチェンを成功させることができるでしょう。

今すぐ負のオーラを払拭しよう

負のオーラを放っている人は自分に自信を持つことができないこともあり、ネガティブな発言ばかりするなどマイナスなイメージを持たれやすいです。負のオーラは自分の気持ちや行動次第で改善させることができます。今すぐ負のオーラを払拭して、ポジティブで明るく前向きな自分を作っていきましょう!

その他の関連記事はこちらから