記事作成日:

人といると疲れる人必見!原因と改善方法を徹底解説!

人といると疲れてしまって、一人でいたほうが気が楽だからと単独行動になってしまう方は、珍しくないでしょう。仕事、プライベート問わず人間関係は誰にでも一定以上はありますから、悩みになっているかもしれません。今回は、そんな人といると疲れてしまう原因や、対処法を紹介していきます。

人といると疲れる人の特徴とは?

人といると疲れてしまう方の特徴としては、まず他人に優しすぎる事が挙げられます。一見いい事のように聞こえますが、自分が忙しくても他人を優先しようとすると、どんどん疲れていってしまうのです。

2つ目は、無駄に見栄を張ろうとしがちである事です。承認欲求が強く、知人から認められようと身の丈に合わないブランド物などで身を固めるなど、実力以上の自分を見せようとするのはやはり疲れるものです。

また、嫌われることを恐れている事も特徴です。誰しも進んで嫌われたくないのは共通しているでしょうが、人付き合いの中で嫌われるのを避けるべく、自分の主張をせずに他人の意見に合わせがちです。

人といると疲れる原因

人といると疲れてしまう方の、共通しがちな特徴について、まずは幾つか紹介しました。では、なぜストレスを感じてしまうようになっているのか、そこにはいくつかの理由が考えられます。

原因①自己主張できない

1つは、自己主張を控えがちである事です。特徴の中でも述べた通り、他人に嫌われることを恐れて他の人の意見を尊重し、自分の意見は持っているけれど押し殺していて,中々自分の意見を出さないのです。

例えば、知人と出かけていてお昼ご飯を食べるタイミングになった時、和食よりも洋食良い、と思っていても、相手が和食を選ぼうとしている為に躊躇う、ボールペンを貸してほしいという事すら言えないなど、兎に角主張が希薄です。

言いたいことがあるはずなのに、周囲の目線、評価を気にしてそれを言わないというのは確実にストレスになりますし、我慢をしているという風にも言い換えられますから、思い通りにいかないのはやはり疲れるのです。

原因②周りを気にしすぎている

2つ目の原因は、周りに気を遣いすぎている、気にし過ぎている事です。周囲に気を配ることができる人というのは、確かに社会的に評価されることではあるでしょうし、周りにいる人からも気を遣ってくれる良い人だという評価がもらえる事でしょう。

それだけであれば良い事のように思えるかもしれませんが、これも特徴の中で記述している通り、自分よりも他人を優先しているというのは思っている以上に苦痛になります。ここには、嫌われたくないという気持ちが強いことが関係していると考えられます。

自分の行動が相手にどう思われるか、どうしたら相手に好印象を持ってもらえるかを常に考え、それに合わせた行動をしていると、本当にやりたい事が出来ないままですので、やはりストレスになりますし、疲れてしまうのも無理はありません。

原因③承認欲求が強い

3つ目は、承認欲求が比較的強い事です。学生時代の勉強であったとしても、社会に出ての仕事であっても、何かしら認めてもらいたいという気持ちが強く、また努力をしているのに認められることが無いのは無駄に気力を消耗するだけです。

承認欲求自体は、誰にでもあるものです。社会的に認められたい、そこまではいかなくとも、自分に近しい人たちから認められたいという気持ちは別段おかしくは無いものですが、それが強いとあまり良い事は無いでしょう。

実際、この承認欲求を満たすために色々と努力をするけれど、誰にもそれに気づかれる事無くスルーされるというのは、本人にとってはストレスになります。それが続けば、努力することそのものに疲れてしまうのです。

人といると疲れる場合の改善方法

この様に、人といると疲れてしまう方の特徴、そして原因は色々とあり、疲れている事も実感していて改善をしたい方も居る事でしょう。そんな方たちの為に、人といても疲れないようにするための改善方法を紹介していきます。

改善方法①自己主張する

基本的に改善の方法は、原因をしっかりと解決する事であり、1つ目は自己主張をはっきりとするように心がけます。人といても疲れる事が無く、むしろそっちの方が好きという方というのは、自分が持っている意見ははっきりと主張します。

自分の意見を押し殺すというのは、想像以上にストレスになる事は実際に体験したことのある方ならわかるでしょう。それをはっきりと言えるようになることは、溜まっている気持ちを外に出す事であり、ストレス解消にもつなげられます。

今まであまり自分の意見を主張してこなかったために、主張をすること自体勇気が必要かもしれません。それでも、少しでも他と違う意見を持っているのであれば、少しずつでも良いので躊躇う事無く本心を言ってみましょう。

改善方法②周囲の事を気にしすぎない

2つ目は、周囲の事を気にしすぎるのを辞めるというものです。これも原因や特徴を根本的に解決するものであり、先に挙げた承認欲求を完全に満たそうとしない事でもあります。

誰であっても何かしらを認めてほしいという欲があるのは当然ですが、それで見栄を張って実力以上の事をしたり、出来る範囲で頑張ったとしてもその目的が自身の成長ではなく人から認められる事だった場合には、どんどん疲れる一方です。

嫌われる事も恐れているかもしれませんが、例え幾人からあまり良く無い評価を受けたとしても、全員から嫌われるようなことは稀です。これからは他人ではなく自分がどう思うかなどを優先して考えるマインドを作っていきましょう。

改善方法③自分を認めてあげる

3つ目は、自分自身を認めてあげる事です。承認欲求が強いために、周りから認められようとするときには、今現在の自分自身を認めてあげられていない状態とも言えます。どれほど頑張ったとしても、万人に嫌われないように、というのは無理な話です。

と同時に、何事も完ぺきにこなせる人間というのはあこがれるかもしれませんが、実際そんな人はいません。自分が憧れている誰かにも、何かしらの欠点がありますし、自分自身も分かっているかもしれませんがどこかしら欠点はあるものです。

そして、その欠点がある自分自身を認めてあげる事、今まで十分に努力をしている事を評価してあげましょう。こうなれば、人と会うたびにいちいち見栄を張ったり、努力をし過ぎる事も無くなります。

改善方法④良い人間関係を構築する

最後に、良好な人間関係を構築することも改善方法になります。言葉だけでは何をすればよいのか分からないかもしれませんが、人といると疲れてしまう方は、それが分かっている為に人との関わり自体を避ける傾向にあります。

人との関わりを苦手に思っている方の行動改善は、能動的に動くことで進み始めます。とはいえ、いきなり良い人間関係を作ると言っても、何をすればよいのか分からないでしょうから、まずは挨拶をすることから始めてみましょう。

挨拶の1つ程度であれば、あまり話したことのない相手であってもできるでしょうし、そこから無難な話に繋げる事が出来れば、相手も話していて悪い人ではないとわかる事でしょう。少しずつ改善してくことが大切です。

人といると疲れる人におすすめの本2選

人といて疲れないようにするための改善方法をいくつか解説しました。実際に色々と動いてみるのも良いですが、行動を起こすためには人間関係に限らず、考え方から改めていく事が重要です。最後に、お勧めの啓発本を2冊紹介しましょう。

敏感すぎて生きづらい人の こころがラクになる方法

敏感すぎて生きづらい人の こころがラクになる方法

敏感すぎて生きづらい人の こころがラクになる方法

長沼 睦雄
1,300円(09/22 21:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

1冊目は、根本裕幸氏の著本です。人気の心理カウンセラーである根本氏が、もっと友好に接していきたい人、苦手でどう接していくべきか分からない方に対して、どんな距離感で付き合っていくべきなのかの解決策を示してくれます。

 

敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法

敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法

敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法

根本裕幸
1,463円(09/22 21:05時点)
発売日: 2018/03/16
Amazonの情報を掲載しています

もう1冊も、同じく根本裕幸氏著の「敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法」です。人といて疲れてしまうのは、HSPと呼ばれる非常に敏感な体質であるとし、生きづらさを解消するためのノウハウを教えてくれます。

誰にでもありうる日常の生活の中で、疲れずに人と付き合っていくにはどうするべきなのか、また嫌いな相手との距離の取り方といった、人間関係に関する悩みを解消するための本として推奨できる一冊です。

 

人といると疲れる時は苦痛やストレスを解消しよう!

多かれ少なかれ、人間は他人と関わって生きていくものです。その中で疲れてしまっていては、無駄なストレスが溜まってしまうでしょう。改善の仕方は色々とありますから、まずは考え方から変えていってみましょう。

その他の関連記事はこちら