記事作成日:

フィットネスアプリおすすめ10選!自宅で手軽に運動不足解消!

健康的な身体を手に入れれば、美容やダイエットにも良い効果をもたらします。そのような時にぜひ使用したいのが「フィットネスアプリ」です。今回は、多くの方から支持を得ているおすすめのアプリを10種類ご紹介します。アプリを活用し、手軽に運動不足を解消していきましょう。

フィットネスアプリのメリット・デメリット

私たちが手軽に、そして便利に活用できる「フィットネスアプリ」というものがあることをご存知ですか?まずは、このフィットネスアプリを使用することのメリットとデメリットからそれぞれみていきましょう。

フィットネスアプリのメリット

普段、少しでも身体を動かすためにフィットネスに通う方もいれば、自分自身でストイックに自宅でトレーニングを重ねる方もいるでしょう。

トレーニングの際に「フィットネスアプリ」を活用すれば、自分のペースでトレーニングを継続させることができるだけでなく、動画を視聴しながらトレーナーを真似てトレーニングに慣れていくこともできます。さらに、ご自身がコンプレックスに感じている身体の部位別に効率良くトレーニングを行うこともできます。

このように、フィットネスアプリがあれば、自分でトレーニングメニューを考えることもできる上、自身のトレーニング内容が記録されていくので、毎日運動することに対してモチベーションを維持していくことができます。

フィットネスアプリを活用してトレーニングを続けていくことで、将来に向けて健康で美しい身体作りを行うことができるということが分かります。

フィットネスアプリのデメリット

自身のトレーニング記録を取ることができるフィットネスアプリは、とても便利に活用することができる反面、少しデメリットに感じる部分もあります。

たとえば、フィットネスアプリの指示通りにトレーニングを行っていても、自分が思っている通りの効果が表れないということもあります。トレーニング成果については個人差も大きく生じるので、その点は理解の上で利用するようにしましょう。

また、使用する際にスマホの充電がなくなりやすいと感じることもあります。そして、自宅でトレーニングを行うことになるので、運動内容によっては周囲の住人に音が響いてしまうこともあります。

このように、使用する際にデメリットだと感じることもあるようです。しかし、毎日少しずつフィットネスアプリを取り入れ、トレーニングを行う際はフローリングにマットを敷いて行うなどの工夫を凝らすことで、周囲の人に迷惑をかけることなく楽しくアプリを利用することができます。

フィットネスアプリの上手な選び方

それではここからは、最適なフィットネスアプリをどのような視点から選べば良いか、その選び方のポイントを3点ご紹介します。各ポイントをしっかりとチェックし、トレーニングを行う際はフィットネスアプリを活用していきましょう。

選び方①運動メニューの提示

健康や美容、ダイエットのために運動を行おうと思っていても、実際どのようなトレーニングメニューが効果的であるか、自分では分からないという方が多いのではないでしょうか?そのような迷いを取り除いてくれるのが「フィットネスアプリ」です。

このフィットネスアプリは、1日に行うトレーニングメニューをはじめ、時間単位、1週間単位の期間で、自分に必要となるプログラムを自動提供してくれます。毎日異なる運動を行うことができるのでとても楽しく続けられます。

フィットネスアプリが指示するプログラムを毎日継続していくことで、自分の身体が大きく改善していくことを実感することができるでしょう。そして、継続していくことで自然と身体も鍛えられます。これから運動を始めようと思う方は、ぜひフィットネスアプリを活用していきましょう。

選び方②トレーニングの記録

身体を鍛え、美しいボディラインに整えていくことは誰もが目標とするところです。だからこそ、トレーニングを継続していくことがとても大切なことであり、それが後にリバウンドを予防することにつながります。

自分自身がコツコツと努力して行ったトレーニングを記録しておくことは、自分の身体の変化を知るための大切なツールになります。また、身体の変化だけではなく、心の変化も感じることができるようになるでしょう。このように、トレーニングの記録は運動に対する自身のモチベーション維持につながるので、必ず残しておくことをおすすめします。

選び方③操作のしやすさ

最近のアプリはひと昔前とは異なり、とても簡潔で操作性に優れたものが数々登場しています。フィットネスアプリは、日々の運動データをはじめ、食事データや外食での食事内容、コンビニで購入した食品まで、様々なものを登録することができます。

そのため、誰でも手軽に操作することができます。ほとんどのフィットネスアプリは説明なく画面に触れるだけで使いやすくおすすめです。

フィットネスアプリのおすすめ10選

続いては、これからダイエットに励むという方に向けたおすすめの「フィットネスアプリ」を厳選して10種類ご紹介します。スマホをお持ちの方であれば、「App Store」や「Google Play」より無料ダウンロードすることができます。ぜひこれからご紹介するフィットネスアプリを活用して、自身のボディメイクに役立てていきましょう。

おすすめフィットネスアプリ①Nike Training Club

毎日どのような運動を行い、どれほどのカロリーを消費したかを自動計算&記録してくれる「Nike Training Club」は、毎日のトレーニングを快適にサポートしてくれるおすすめフィットネスアプリです。特に、運動を始めたばかりの方で、どんなトレーニングメニューを組めば良いかお悩みの方や、今よりもさらにステップアップしたトレーニングを行っていきたいという方におすすめです。

このアプリの嬉しいポイントは、動画で運動フォームを視聴できることです。動画による説明を受けることができれば、正しい運動フォームを身に付けることができるだけでなく、効率良く楽しくトレーニングを行うことができます。ぜひデイリーユースに活用したい最適なアプリです。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ②FiNC

毎日の食事管理、運動メニュー、そして体重記録まで、様々な機能を持ち合わせた「FiNC」は、男女の性別問わず多くの方から人気を集めているフィットネスアプリです。

運動メニューを行う際は、アプリの中でトレーナーによる動画説明があるので、それを視聴しながら正しいフォームでトレーニングを行うことができます。また、ダイエットに役立つ食事メニューの提供など、運動以外の様々なコンテンツを利用することができるおすすめのアプリです。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ③WEBGYM

コミュニケーションを取りながら楽しくフィットネストレーニングに励むことができる「WEBGYM」は、SNS機能を備えたおすすめのアプリです。他のユーザーが行うトレーニングに対してコメントを残す他、「いいね」を送ることもできます。

とても楽しく利用できるアプリとして多くの方から支持を得ている人気のアプリです。仲間とともに楽しくトレーニングを続けていきたいという方に最適です。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ④30日間フィットネスチャレンジ

自宅で好きな時に簡単にトレーニングを行いたいという方におすすめなのが、期間を定めてトレーニングに集中することができる「30日間フィットネスチャレンジ」です。トレーニングを習慣化させることができ、運動することがどんどん楽しくなるアプリです。

毎日継続することで、自分が思っている以上の成果をあげることができるなど、努力する楽しさを味わえるアプリとしておすすめです。これから運動を始めようという意気込みのある方にぴったりです。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ⑤365日 腕立てアプリ 続く筋トレ

毎日のトレーニングに最適な「腕立て」をアプリにした「365日 腕立てアプリ 続く筋トレ」は、とてもシンプルに継続することができるフィットネスアプリです。腕立てはとても単純な筋トレなので続けやすくおすすめです。

トレーニング方法はとても簡単です。毎日スマホを置いて腕立てをするだけの簡単エクササイズです。スマホの画面に顔が近づくことで自動的に回数をカウントしてくれるので、毎日決めた回数の腕立てを行うだけというとても手軽なフィットネスアプリです。

App Storeでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ⑥30日でお腹の脂肪を落とす

ウエストラインをほっそりと見せたい、インナーマッスルを鍛えていきたいという方に最適なのが「30日でお腹の脂肪を落とす」というフィットネスアプリです。これは、1日10分継続して行うトレーニングです。

毎日のトレーニングメニューが異なるので、飽きずに続けていくことができるフィットネスアプリとして人気を集めています。1日1日のトレーニングの積み重ねによって、ぽっこりお腹をぺちゃんこに導くアプリとしても目が離せません。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ⑦Daily Yoga

本当はヨガスタジオに通いたいと思っていても、仕事の都合やプライベートでなかなか思うように時間が取れないという方に最適なのが、自宅でヨガに挑戦できる「Daily Yoga」です。女性トレーナーが動画解説を行い、分かりやすく簡単な動作を真似てトレーニングすることができるので、誰でも手軽に始めることができます。

500種類以上ものヨガやピラティスが収録されていて、ヨガ初心者から上級者まで、各レベルに応じたトレーニングを受けることができます。アプリで手軽にヨガやピラティスが楽しめるのは、忙しく過ごす方にとって嬉しいことです。

正しいフォームを動画で確認しながら行えるので、確実なスキルを習得することができるでしょう。気軽にヨガレッスンを継続させていくこともでき、ぜひヨガやピラティスを始めてみたいという方におすすめのアプリです。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ⑧SOELU

毎日5:00〜24:00まで、15分間の有料ライブレッスンを提供するフィットネスアプリです。ライブでトレーニングを行うことができ、同じトレーニングを共有する方とともに楽しくレッスンを受けることができます。

トレーニングは予約制で行っているので、自分の参加したいトレーニングを早めにチェックしておくと良いでしょう。また、このアプリは月額980円で有料登録を行うことで、直接インストラクターから指導やアドバイスを受けることができる他、トレーニングについての疑問や質問を問い合わせることもできます。

自身のトレーニングをしっかりと確立させたいという方や、短時間の15分間集中トレーニングで効果を挙げていきたいという方におすすめのアプリです。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ⑨脂肪燃焼ワークアウト

インストラクターの指導音声や動画でフォームを確認しながらトレーニングを実践することができる「脂肪燃焼ワークアウト」のフィットネスアプリは、3日に1回お休みしながら効率良く運動を行うことができるので、トレーニングをより楽しく続けられるおすすめのアプリです。

トレーニングレベルは一律となりますが、体力作りのためには最適です。毎日継続してトレーニングを行うことで、目に見えて身体に変化を感じるでしょう。

これまで継続して運動を行っている方にとっては快適にトレーニングを行うことができますが、運動初心者の方が行う場合は、始めたての頃は少し体力的に厳しいと感じることもあるかもしれません。

しかし、長期的に継続して行うことで高いダイエット効果を期待することができるので、ぜひこの機会に「脂肪燃焼ワークアウト」にチャレンジしてみてください。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

おすすめフィットネスアプリ⑩ストレッチ1.2.3

身体を柔軟にしてこそ、高いダイエット効果を得られることをご存知ですか?そのためには、まず自身の身体を柔軟にするためのストレッチが有効です。そのような時にぜひ利用したいのが「ストレッチ1.2.3」です。

ストレッチ1.2.3は、ストレッチをどのような方法で行うべきか、そのフォームや方法を動画で解説してくれているので、誰が利用しても分かりやすいアプリとなっています。また、単にストレッチというだけではなく、頭痛や肩こり、腰痛や冷え性、アンチエイジング効果など、様々な身体の不調を改善するための方法が数多く紹介されたアプリです。

そのため、自分の身体の悩みに応じた効果のあるストレッチを実践することができます。効率良くトレーニングができるので、ぜひ自分に合うストレッチ法を行ってみましょう。カテゴリー分けされているので扱いやすく、また、操作性にも優れているおすすめのアプリです。

App Storeでダウンロードはこちら

 

Google Playでダウンロードはこちら

 

フィットネスアプリで身体を引き締めよう

多くの方から高い支持を得ているおすすめのアプリを10種類ご紹介するとともに、各アプリの特徴を詳しく解説しました。私たちは日常生活を送る中でどうしても運動不足に陥り、身体に不調を来すことが多くなります。だからこそ少しでも健康体を維持し、効率良く身体を鍛えていくことが理想です。

自宅にいながらも手軽に行える「フィットネスアプリ」を活用すれば、自身の体力作りも行うことができます。この記事でご紹介した様々なフィットネスアプリで気になるアプリがあれば、ぜび毎日継続してトレーニングを行うことをおすすめします。そして健康で引き締まった身体を手に入れましょう。

その他の関連記事はこちらから