記事作成日:

尊敬できる人に共通する特徴とは?尊敬される人になるための方法を解説!

「尊敬できる人」と聞くと、皆さんはどんな人を思い浮かべるでしょうか。仕事でもプライベートでも、尊敬できる人がいる場合には想像しやすいでしょう。そういった人が身近にいると、自分も信頼と尊敬を集めたいと思うはずです。今回は、尊敬される人の特徴、実現のための方法などを解説します。

尊敬できる人は意外と多くない

そもそも、尊敬できる人がどれだけいるかというのが気になるところでしょう。とあるアンケートで、全国の30歳から45歳までの有識既婚者女性110名を対象に「尊敬できる人がいるか」の調査を行ったところ「いる」が40%少々「いない」が60%近くを占める結果になりました。

本アンケートはあくまで限られた人数を対象にして行われたものではありますが、それでも尊敬できる人がいないという回答の方が半数を超えている結果から見て、以外にも尊敬される人は多くない事が分かります。

尊敬できる人の特徴【性格編】

限定的な調査ではありますが、尊敬される人は想像していたよりも多くは無いことが分かりました。では、そんな中で4割の方が「いる」と解答していた、尊敬できる人にはどんな特徴があるのか、まずは性格から見ていきましょう。

尊敬できる人の性格①何事にも努力できる

まず1つ目は、努力家である事が挙げられます。何かしたい、やりたいと思ったことに対しては、手を抜くことなく全霊を持って取り組みます。そんな全力をかけている姿勢が多くの人に見られ、尊敬に行きつくのです。

この努力する内容に関しては人それぞれではありますが、共通する事柄として、人から指示されてやり始める事では無いのがほとんどです。自らやるべき事ややりたい事を決定し、努力ができる行動的な所に惹かれるのでしょう。

尊敬できる人の性格②マイペース

2つ目は、マイペースな性格である事です。これに関しては些か意外に思われるかもしれませんが、どれだけ忙しい状況下であったとしても、人に接する際には平等に、且つ丁寧に対応できます。ですので、忙しいから対応できない、といった事も言いません

逆に、今仕事が詰まっていて困った状態だ、というように相談を持ち掛けた時には、逆に手を貸してくれる事の方が多いです。こうした器の大きさ、良い意味でのマイペースさも魅力と言えるわけです。

尊敬できる人の性格③正直で誠実

基本的に、いつでも正直で誠実な対応をしてくれる性格というのもあります。たとえ事実を述べて自分が不利になってしまったり、不備を疑われるようなことになったとしても、それを包み隠そうとはせず必要と判断して伝えます。

そこで嘘偽りを言ってしまえば、それこそ尊敬などされる人ではなくなってしまうでしょう。トラブルにつながってしまっても、その上でそれを解決するべく努めようとする誠実な姿勢も、周りの人からは好意的に受け止められるのです。

尊敬できる人の性格④ポジティブ

尊敬できる人は、大抵ポジティブで明るい性格をしている事が多いでしょう。ネガティブで後ろ向きな姿勢だと、優秀で悪くはない人だったとしても、尊敬にまで行きつくのは難しい所です。

ですが、物事を前向きにとらえ、たとえ失敗してしまったとしても、反省をしつつも後悔はせず、次はどうしたら成功に導けるのかを優先して考える傾向にあります。努力家な事も相まって、常により良い方向へと進む人は、やはり魅力的です。

尊敬できる人の性格⑤責任感がある

もう1つ、責任感の強さも共通しているとされます。特に職場などで頼られる人は、最終的に責任を持てる人です。これはつまり、誰かの失敗を自分の責として認識できるという事であり、いざという時には非常に頼りになります。

職場でもプライベートでも、例えいつもは暇そうにしていたとしても、問題が発生したりした時には真っ先に自分に責任があると名乗り出るのです。これに伴って、もし自分に過失があった場合には、非を認める事ができます。

尊敬できる人の特徴【行動編】

尊敬される人の性格として、共通する点をいくつか解説しました。性格という内面から良い点を知る事が出来れば、確かに信頼もされることでしょう。そして、行動からも尊敬の念を抱かれるケースは少なくありません。

尊敬できる人の行動①他人を無下にしない

1つは、他人にを無碍にすることが無い事です。どれだけ自分の意見に自信を持っていたとしても、他人から意見を受けて、それを無下に扱ったりはしないものです。もしここで無下にされる様なら、尊敬などされる事は無いでしょう。

人の数だけ意見はありますから、自分と相手で意見に違いがあることは当たり前だと考えています。そしてその意見をしっかりと聞き入れてくれ、否定したりもしません。勿論、好き嫌いで人を見る事も無いので、好感が持てるのです。

尊敬できる人の行動②とにかく仕事ができる

やはり、仕事ができるか否かは尊敬の念を抱くか否かに大きく関係してきます。往々にして尊敬される人は仕事において優秀であり、自分よりも仕事ができる人を見れば、信頼され尊敬されていてもなにも文句は言えません。

加えて、それを鼻にかけて相手に自慢したりといった傲慢ともいえる態度を取ったりもしません。更に、仕事以外の場であってもよくできて、その裏には性格で紹介した努力家な面が関係していると考えられます。

尊敬できる人の行動③自分のミスを認められる

3つ目は、自分に過失があった場合、それを素直に認める事が出来る点です。間違いを間違いと認められるのは、決して意志が弱いからではありません。むしろ逆で、心が強く優しい人物であるからこそ、非を認められるのです。

特に、他人が自分の間違っている判断に巻き込まれてしまっている場合には、立場など関係なく謝ってくれるでしょう。上から目線ではなく、落ち度をはっきりと、客観的に認識できる、人間としての強さを持ち合わせている訳です。

尊敬できる人の行動④感情を上手くコントロールする

感情を表に出すような人が近くにいると、どんな気持ちになるでしょうか?見方を変えれば自分の感情に素直な人と捉えられますが、上手くいかない事があった時に癇癪などを起こされても、いい気分にはならないでしょう。

そういった時、感情をしっかりとコントロールできる人というのは、人に好かれます。先に述べた通り、他人を無下に扱わないために、例え意見が対立してしまった時でも、耳を傾けて論理的に考えてくれます

尊敬できる人の行動⑤人の悪口を言わない

誰しも、どこかで人の悪口を言ってしまった経験があるかもしれません。大人になっても残念ながらそうした場面を見る事も多かれ少なかれありはしますが、まず悪口や陰口を自分から切り出したりはしません。

また、他人が悪口を話していたとして、それに乗っかって話を広げる事もしません。むしろ、その人が居ない場所で良い所を言ってくれている人こそ、真に尊敬できる人物と言えるでしょう。

逆に尊敬できない人の特徴とは?

この様に、尊敬される人というのは決して自分を驕ったりせず、他人を尊重することができます。逆に、尊敬に値しないと判断される人はどんな人かも気になるでしょうから、自分を振り返って当て嵌まっていないか確認してみましょう。

尊敬できない人の特徴①時間やお金にルーズ

まず、時間にルーズな人です。時間を守れるかどうかは、その人が信頼に足るかどうかを計る大きな要素になります。特に社会人ともなれば、時間を守る事は必須でありますが、それが出来なければ、信頼を得るのは厳しいでしょう。

時間だけではなく、お金にもルーズな人も同様です。他人に何と言われても、お金を貸し借りすれば何かしらのトラブルが生まれます。借りたり、貸したりといった状況にならないよう、自己管理と意見をしっかりしておきましょう。

尊敬できない人の特徴②行動が伴わない

言葉と行動が嚙み合っていない人も、尊敬されはしないでしょう。解説した通り、尊敬される方は責任感が強い方が多い為、軽々しく言葉を出したりはしませんし、やると言ったら責任をもってやり遂げてくれます。

しかし、自分の口で「やる」と言ったのに、蓋を開けてみれば全然言った事をやっていない人が居たら、自分の言動に責任を持てない人間だと判断されるでしょう。そんな人が周りから信頼を集められるかと言われれば、厳しいのは間違いありません。

尊敬できない人の特徴③自分の間違いを認めない

自分の間違いを認められない人は、やはり信頼に足るとは言いにくいです。尊敬される人の特徴とは完全に正反対であり、無駄に高いプライドがあり、例え非があるとわかっている状況下でも「自分は悪くない」と言い続けます。

やはり非があった時の対応というのは、信頼できるかどうかが大きく分かれるポイントです。常に謙虚な姿勢を持ち、ある程度客観的に自分を見られていれば、素直に謝罪の言葉を口にしてくれるはずです。

尊敬できない人の特徴④他人の陰口を言う

こちらも尊敬される人とは真逆の特徴ですが、本人がいないところで陰口を言う人は良い人とは言いにくいでしょう。誰かの悪口や陰口を言う人というのは、言っている本人の人間性に何があると周りに示しているようなものです。

何かしら不都合なことが起こった時、直ぐに誰かに責任を押し付けたり、貶める様な事を影で言う傾向があります。尊敬される人は、他人に対して敬意を払ってくれていますので、そもそも自分から陰口を発信したりはしないのです。

尊敬できない人の特徴⑤人によって態度が変わる

もう1つ、人によって態度を変える事もマイナスな特徴です。例えば、上司に対しては媚びを売る様に機嫌を取ろうとしたり、対して部下に対しては偉そうな態度を取ったりと、相手の立場でコロコロと態度が変わるのはいただけないでしょう。

本当に尊敬されている人というのは、先輩でも上司でも、部下であっても同僚であっても、等しく接してくれます。媚びを売る事も、高圧的な態度を取る事も無い平等な接し方が、人を惹きつけるのでしょう。

周囲から尊敬される人になる方法

尊敬できる人が身近にいるかどうか、出会えるかは非常に大切ですし、また自分が人から信頼を得るに足る人間になるのも、とても有益です。最後に、尊敬を集められる人間になる為の方法をいくつか解説します。

尊敬される人になる方法①自分の仕事に責任を持つ

まず、自らが受け持っている仕事に責任を持つようにしてみて下さい。特徴の中でも紹介している通り、やると言った事、受け持つことになったものに対しては、最後まで責任をもってやり遂げるようにします。

途中で投げ出してしまう用では評価も下がってしまいますが、最後までやり遂げる事で、信頼を得られ、言動の一致している芯のある人だと認識されるでしょう。また、もし自分に非があることが分かった時には、素直にそれを認める事も重要です。

尊敬される人になる方法②人の悪口を言わない

2つ目は、人の悪口や陰口を言わない事です。尊敬される人、されない人の共通する特徴でも述べている通り、人を貶めるような事を本人が居ない場所で言っている人に、プラスな感情を抱くことは難しいはずです。

行うべきは、逆に他人の尊敬すべきところや、長所を見つける事です。他人のどこが優れているかというのをしっかり観察し、出来ればそれを本人に伝えて上げられれば、仕事をする姿を見てくれていると感じ好感を得られます。

その為には、自分の感情を十分にコントロールする必要があります。もしも悪口を言う人が近くにいたとしたならば、ハッキリとそれを否定せずとも、決して参加して助長せずにそっと離れて下さい。

尊敬される人になる方法③どんな事にも努力する

やはり、努力家な面というのは欠かせません。仕事において必要と思うスキルについて勉強をしてみたり、コミュニケーションを取るのが些か苦手と思うのであれば、積極的に人との会話をしたりするなど、どんな事でも良いので成長してみましょう。

現状に満足をしていては、停滞してしまうだけです。地道な努力というのは口で言うほど簡単なものでは無いかもしれませんが、それをやり続け周囲からの期待や想像を超える工夫をすると、より魅力的になるでしょう。

尊敬される人になる方法④別け隔てなく人と接する

人と接するときには、分け隔てなくしてください。上司などの目上の人に対して媚びへつらい、部下などに対しては威厳を見せようと横柄にしてしまっては、尊敬されない、態度が相手によって変わる人になってしまいます。

自分にとっての損得を優先せず、相手を優先して考えると、おのずと行動に出てくるものです。その為には、まず謙虚な姿勢を持って横柄な態度は絶対にせず、安定した精神状態でもって人と接する事を推奨します。

尊敬される人になる方法⑤器の大きい人物になる

最後に、器が大きいと言われる人間を目指してみましょう。仕事においては、部下がミスをしてしまったり、自分に影響が出るような失敗が起きたとしても、それに対して怒ったりせず、どうすれば解決できるかを真っ先に考えられると良いです。

また、プライベートでも同じことが言えます。家族や付き合っている相手と仲たがいをする場面があっても、一度呼吸を置いて相手を許し、自分にも非が無かったか客観的に見られるようになれれば、近しい人からの尊敬も集められるでしょう。

尊敬できる人だと思ってもらえるような言動を心がけよう

人から尊敬されないよりは、尊敬される人になりたいと思うのが人間の心理というものでしょう。いきなりは難しいですが、少しずつ積み重ねたり、今までにない挑戦をして、長期的な目標にしてみて下さい。

その他の関連記事はこちら