記事作成日:

スーツのズボンだけ先にダメになったらどうする?理由&対処法を解説!

広告

スーツは上下セットで購入するものですが、ズボンだけ先にダメになってしまうこともあります。ではなぜ、ズボンだけ先にダメになってしまうのか、その理由と対処法もあわせてご紹介するので、スーツのズボンがダメになってしまうことで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

スーツのズボンだけダメになる理由

スーツのズボンだけが先にダメになってしまうのは一体なぜでしょうか。対策をする前に、ズボンがダメになってしまう原因を知ることで、今後の対策にもなります。

理由①サイズがきつい

初めに購入した際に、間違ったサイズを購入している可能性があります。そもそもサイズが合っていないと、短期間でもズボンがダメになってしまうので、購入の際にはサイズを間違えないようにしてください。

普段着ているサイズをそのままスーツにも適応してしまうと、間違ったサイズを購入しているということにもなりかねません。メーカーや商品によって同いサイズでも、実際に着てみると誤差が生じることもあります。

特に、筋肉質の方や上下で肉のつき方が異なる方は、セット販売されている物では上下どちらかはサイズが合っていないということもあるでしょう。既存のサイズでは、合うスーツが見つからないときには、オーダーメイドがおすすめです。

理由②破れやすい素材

あまり素材にこだわらずに購入している方は、すぐに破れしまうという方もいます。安いスーツほど素材も弱く、ちょっとした衝撃でもすぐに破れてしまこともあるでしょう。

スーツは、毎日着るもので、意外と動きの多い日々を送っているため、素材がすぐに傷んでしまうことも理由の一つです。絶対に破れない素材はありませんが、少しでも頑丈な素材を選ぶことで、スボンがダメになることを防げます。

特に普段動きが多い方は、破れりにく素材を選ぶ必要があり、少し高くでも長持ちすればこまめに買い替える必要がないので、結果としてコスパも良くなります。

理由③連続して着用している

1着のスーツを毎日着るのか、2着のスーツを交互に着るのかでは、劣化するスピードは当然異なります。もし1着のスーツを毎日着ているのであれば、1年以内にズボンだけでなく、ジャケットも一緒にダメになってしまうこともあるでしょう。

日本は四季がはっきりとしてる国なので、特に梅雨時期は湿気を吸いやすく、それが劣化スピードを早めている可能性もあります。スーツが休む間もなく働いているような物なので、使用した分劣化が速くなるのは当然のことと言えます。

また、毎日着用するということは、それだけ選択やクリーニングに出す機会も多いということです。洗剤などを使うこともあるため、化学製品が素材を劣化させているということも考えられます。

スーツのズボンだけの買い換えは可能?

では、スーツのズボンだけが先に劣化してまった場合、ズボンのみの交換は可能なのでしょうか。ここでは、スーツのズボンだけの買い換えは可能かどうか、ご紹介します。

在庫があれば可能

スーツは同じデザインが多く出回ることが難しく、ましてやオーダーメイドの場合は同じものがあるわけでもないので、スボンだけダメになってしまうと困る方もいるでしょう。

もし、スーツを購入して1年以内であれば、在庫がある可能性が高いので、買い換えが可能です。しかし、1年を過ぎてしまうと在庫があるということは稀で、同じズボンを求めることは困難です。

購入後半年程度なら、同じスーツを置いている可能性がさらに高まるため、買い替えを考えているのであれば早い段階で、購入した店舗に確認をしてください。

実情は非常に難しい

利用しているスーツ店が行きつけのお店で、万が一の時のために替を置いてもらっているなどの特別な事情があれば別ですが、基本は在庫がなければ買い替えはできません。

特にスーツは、同じ製品を何着も置くことはなく、次から次へと新しいものと入れ替わってしまいます。ですから、同じロットのスーツと出会えること自体が奇跡なのです。

多くの店舗では、同じロットのスーツを取り扱うことなく、在庫も抱えないため、スーツを購入する際には短期間でダメになっても良いものを購入するのか、長い目で見て使用できるスーツを購入するのかを考えておくと安心です。

スーツのズボンだけダメになった時の対処法

では、スーツのズボンだけダメになった時はどのように対処したら良いのでしょうか。このままでは、スボンだけがダメになった時にジャケットだけ手元に残り、これがどんどん積み重なると家がジャケットまみれになってしまいます。

残ったジャケットをうまく利用するための対処法をご紹介するので、ズボンだけダメになって困っている方はこちらも参考にしてください。

対処法①別のズボンと組み合わせる

スボンだけダメになったとしてもジャケットはまだ使用できるため、他のズボンと組み合わせてみましょう。以前着用していたズボンに近いデザインであればそこまで違和感はなく、別のズボンを組み合わせることでジャケットを無駄にせずに済みます。

た違ったデザインのズボンを組み合わせることも可能です。ジャケットの色に合わせなくても、トータルで組み合わせたときに違和感がなければ問題ありません。

逆に上下の色が違えばおしゃれなスーツとして生まれ変わるため、スーツのコーディネートを楽しむことができるでしょう。

対処法②普段着用のジャケットにする

残ってしまったジャケットは、普段着用として利用することもできます。ジャケットのデザイン性のもよりますが、カジュアル系のデザインであれば、休日のコーディネートにプラスすることで、清潔感のある印象を演出することができるでしょう。

春や秋には、朝晩冷えるので寒さ対策のジャケットとしても大活躍すること間違いありません。無理に仕事に着ていく必要はなく、普段着用に回してしまえば捨てる必要もないです。

また、周囲でジャケットを探している方や必要としている方に譲るというのも一つの方法です。捨てるのではなく、誰かの役に立つ形で引き取られるのであれば、それも良いでしょう。

対処法③生地をリメイクする

それでもジャケットの使い道が見つからないう方は、生地をリメイクして別の物に変えてしまうのもありです。残ったジャケットの生地を使い、カバンやハンカチ、別の衣類などに変換することができます。

誰かにプレゼントしてもらったり、初めての購入したなどの思い入れのあるスーツであれば、捨てるのは勿体無いので、小さいスーツを裁縫してもらい、思い出として手元に置いておくというのもおすすめです。

生地のリメイク方法は様々なので、自分に一番合っている物に変えて手元に残しておくのが良いでしょう。お人形サイズのスーツを作ってもらえれば、部屋に飾ることもできます。

スーツのズボンだけダメになった時のコーディネート例

上下バラバラのスーツをどのように着こなしたら良いのか分からない方もいるでしょう。最後に、スーツのズボンだけダメになった時のコーディネートの一部をご紹介します。

コーディネート例①紺ジャケット×ベージュのパンツ

紺色のジャケットにはベージュパンツの組み合わせがおすすめです。以前着用していたズボンもネイビー系だったとしても、紺色にはベージュ系がよく合うので、こうした組み合わせ方も活用することができます。

一気に明るい印象にもなるため、爽やかな印象を与えることもできます。ベージュだけでなく、カーキとの相性も抜群なので、紺に合う色を見つけましょう。

また、紺色のジャケットは仕事面だけでなく、休日コーデにも最適な色なので、デイリー使いにもうってつけです。

コーディネート例②ベージュジャケット×紺のパンツ

ベージュのような明るい色のジャケットの場合、落ち着きのあるネイビー系のズボンがよく合います。全体的にまとまり感があり、おしゃれな印象も与えながら清潔感も出るのでおすすめです。

パーティーにも参加できそうな組み合わせになるため、仕事終わりの飲み会の参加にも最適なコーディネートです。ネクタイもズボンの色に合わせることで統一感も生まれます。

また、ベージュ系のジャケットはスマートな印象にもなり、ワンランク上の雰囲気も醸し出してくれるでしょう。結婚式や二次会にもぴったりなので、オシャレ着としても活躍します。

コーディネート例③紺ジャケット×グレーのパンツ

定番の組み合わせといえば、紺色のジャケットとグレーのパンツです。しっくり感もあり、人を選ばずに着こなすことができるため、コーディネートで迷った時には紺色とグレーを組み合わせてみましょう。

全体的にシンプルな印象なので、アクセントが欲しい方はネクタイやシャツに柄物を取り入れるのがおすすめです。普段着用としては、タートルニットを組み合わせてもおしゃれです。

スーツのズボンだけダメになった時はジャケパンがおすすめ

スーツのズボンだけがダメになってしまったら、捨ててしまうのではなく、他のスボンと組み合わせたり、リメイクしたりとあらゆる方法で活用することをおすすめします。

その他の関連記事はこちらから