記事作成日:

スーツをスマートに着こなす袖丈の長さ&直し方を徹底解説!

広告

毎日ビジネスシーンでスーツを着用するという方、あるいはカジュアルシーンでスーツを着こなす機会が多い方など、スーツには様々な着用方法があることをご存知ですか?その中でも袖丈を意識してスーツをオーダーすることが大切です。今回は、スーツをスマートに着こなすための最適な袖丈の長さや、袖丈をお直しする際に気をつけたいポイントまで徹底解説していきます。どのようにスーツを着こなすべきか詳しくみていきましょう。

スーツをスマートに着こなす袖丈の長さとは

いつもビジネスシーンでスーツを着用するという方にとって、スーツをスマートに見せ、着こなすにはどれくらいの袖丈であるのが理想なのでしょうか?ここでは、スマートにスーツを着こなすための最適な袖丈について以下にそのポイントを詳しくご紹介していきます。

スーツの袖丈とは

スーツの「袖丈」とは、肩先からはじまり、袖口にあたる、腕のくるぶしまでの長さを指しています。そのため、オーダースーツを作成する際など、ジャケットの採寸を行う際は、肩先から袖まで縫い目を頂点にして長さをはかることになります。

このはかり方をすることで、自分にジャストフィットするサイズ感の袖丈となるスーツを手に入れることができます。

スーツの袖丈が合ってない場合はどう見える?

自分の身体のサイズに最適なジャケットを着用する際、袖丈によって見た目のイメージが大きく変わってしまうことをご存知ですか?

一般的におしゃれに着こなすためにカジュアルにスーツジャケットを着用したい場合は、袖丈はその時々のトレンドに合わせたサイズ感で微調整していくことになります。

袖丈を短めに採寸した場合、カジュアルかつ軽快な着こなしを行うことができる他、長めの採寸の場合はとてもルーズ感を持たせたおしゃれなコーディネートを楽しめるでしょう。

一方で、ビジネスでスーツを活用する際は、しっかりと採寸を行い、見た目にも紳士的でしっかりと見えるスタイルに仕上げなければなりません。

そのため、袖丈の長さひとつで見た目の印象が大きく変わってしまうことを踏まえ、正しい採寸を行い、自分の腕の長さに最適なジャケットの袖丈に合わせ、スーツをオーダーすることが大切です。

スマートに着こなして見える袖丈の長さの目安

ビジネスシーンでスーツを着用する際、誰が見てもとてもスマートでシンプルかつ清潔感のある見え方をする理想的な袖丈は、親指の先から11~12cmくらいを目安に長さを微調整するのが最もスタイルよく見せることができるスーツの袖丈だと言えるでしょう。

さらに、袖口からワイシャツが見える程度となる最適な袖丈となるため、正しく着こなすことでとてもおしゃれなビジネススーツスタイルを作り上げることができると言えるでしょう。

スーツの袖の種類

スーツをスマートに着こなしていくためには、自分の目的に沿ったスーツをオーダーしていくことが大切です。そのためにもどのような種類があるか、以下に3つのパターンでオーダーできるスーツの袖の種類を確認していきます。それぞれどのような特徴があるか詳しくみていきましょう。

種類①開き見せ

まったくのデザイン重視とした「開き見せ」は、ボタンもボタンホールも見た目に分かりにくい飾りとしてデザインされている袖のことを指します。

そのため、実際にはボタンホールからボタンをはずすこともなければ、袖口が開くということもないスタイルでオーダーする袖口です。少しカジュアルテイストでありながらも、ビジネスシーンでも引き締まった印象に仕上げることができるスーツスタイルです。

種類②重ねボタン

「重ねボタン」は袖口にあるボタンが重なり合ってデザインされているので、とても立体的に見せることができる上、ワンランク上質なスーツに見せることができるなど、上品さを持ち合わせたおすすめのデザインです。

実際にオーダーした際は、機械での仕立てが難しく、職人による手作業にて行われるため、コストがかかってしまうと言えるでしょう。

種類③本切羽

ボタンをはずすことでジャケットの袖口を開くよう仕立てることができる「本切羽」は、抜け感のあるスタイルを演出することができるため、とてもおしゃれに着こなすことができます。

しかし、袖口が開く分、袖丈の長さをお直しする際は少々難しく、袖丈の直しが難しく、受付できない場合もあるという点を理解することが大切です。

スーツの袖丈を決める際のポイント

ここからは、スーツの袖丈はいったいどのようなポイントに着目して決めて行けば良いか、以下にそのポイントを3点ご紹介します。快適で落ち着いた気持ちでスーツを着用するためにも、最適な採寸値を知った上で効率よく行っていきましょう。

ポイント①袖丈は両腕測る

オーダースーツを作成する際、スーツの袖丈を採寸する時は、必ず両腕それぞれの長さをきちんと採寸しておくことが大切です。これは、左右の腕の長さが異なることがあるからです。

そのため、実際に採寸を行う際は、必ず右腕、左腕、それぞれの長さをきちんと測った上でオーダースーツを作成していきましょう。

ポイント②ダブルカフスシャツを着る場合は袖丈を短めにする

とてもおしゃれで華やかな見え方をする「ダブルカフスシャツ」は、フォーマルシーンで着用する機会が多いため、そのようなシャツを着用する場合は、スーツジャケットを実寸地から少し短めにオーダーしておくのがおすすめです。

フォーマルで着用するスーツを1着持っておく際は、ぜひ袖丈の長さに注意してオーダーしていくようにしましょう。

ポイント③本切羽は袖丈の直しが難しいことを踏まえておく

「本切羽」の袖詰めを行う際、どれでも袖詰めが可能であるとは言い難く、この時、ボタンホールまである程度の長さを持たせている場合は、袖口から詰めていくと良いでしょう。

もしも袖口から詰められないという場合、少々難ある作業となることから、高い技術を持つ職人が在籍するスーツ店を利用して袖丈の直しを依頼するのがおすすめです。どのスーツ店でも受付してくれるわけではないため、事前に問い合わせを行ってからスーツを持参するようにしましょう。

スーツの袖丈の測り方

スーツをオーダーする際、実際に袖丈を測る際は、どのように行っていくのでしょうか?実寸値を採寸する際は、裁縫用のメジャーを使用して各部位の長さを正確に測っていきます。

手のひらを地面方向へ向け、斜め45度に腕を伸ばし、肩先にメジャーの0cmを合わせ、そのまま手首のくるぶしまで測ります。その部分の長さが袖丈となります。このような測り方で実寸値を測るようにしましょう。

スーツの袖丈の直し方

次は、スーツの袖丈が長い場合、あるいは短い場合、自分に最適な長さに直していく時の、スーツの袖丈の直し方についてご紹介します。この時、どのようなお店を利用すべきか、また、袖丈をお直しする際の相場価格、また、どのくらいの日数がかかるのか詳しくみていきましょう。

直し方①袖丈を直せるお店

購入したスーツやオーダーしたスーツの袖丈を短く詰める場合、一般的にはスーツを購入した店舗を利用し、お直しの依頼を行っていきましょう。もしも遠方で購入した場合、購入した店舗からお直し可能なスーツ店を紹介してもらえることもあります。

また、洋服のリフォームを専門的に行う業者があれば、そこにお直しの依頼を行ってみましょう。自宅近くに店舗がある場合は、直接来店して問い合わせてみることをおすすめします。

もしもオンラインでの対応となる店舗であれば、メール等を利用して、お直しの対応について問い合わせを行ってみましょう。

その他、他店購入のスーツのお直しにも対応可能な店舗があれば、そのスーツ店を利用するのもおすすめです。このように、スーツの袖丈のお直しを行うお店を選んで依頼を行ってください。

直し方②袖丈直しの相場

スーツの袖丈をお直しする際、一般的に2,000~3,000円を相場価格として対応する店舗が多いようです。その他、どのような生地で仕立てたスーツであるか、また、お直しの内容によっては費用が異なる場合もあるという点を踏まえ、袖丈のお直しの依頼を行ってください。

直し方③袖丈の直しにかかる日数

一般的にスーツの袖丈をお直しすることを依頼した場合、大抵は3~4日を目安に完成することが多いようです。店舗によってお直しに必要となる日数が異なるため、利用前におよそかかる日数を問い合わせた上でお直しの依頼を行っていきましょう。

また、あまりに急ぎで直しを行わなければならないという場合は、スーツを下取りしてもらった上で、新しく購入する方が良い場合もあるなど、その時々に応じて袖丈のお直しを検討されると良いでしょう。

着こなしのルールを身に着けよう

こちらの動画では、スーツを着こなすための予備知識をはじめ、ジャケットボタンの正しい留め方スーツのポケットはしまった方が良いのかどうか、また、ジャケットを羽織る時のルールを解説しています。

さらに、シーンに合わせたスーツの色をどのように選ぶべきか、そしてベルトの最適な長さなど、スーツを着こなすための守るべきルールをご紹介しています。ぜひこの動画を参考に、かっこよく、スマートなスーツの着こなしを真似ていきましょう。

適正な袖丈でスーツをスマートに着こなそう

スーツをスマートに、そしてかっこよく着こなすには、スーツの袖丈の見え方がポイントとなってきます。長すぎても短すぎても、着用シーンに合ったスーツの袖丈であることが理想です。

ぜひこの記事でご紹介したスーツの袖丈をお直しする方法や直し方のポイントを確認し、適正な袖丈でスーツをかっこよく、そしておしゃれに、スマートに着こなしていきましょう。

その他の関連記事はこちらから