記事作成日:

スーツを長持ちさせる収納方法をご紹介!長期保管の注意点は?

スーツを毎日着用する方にとって保管方法はとても大切です。スーツは収納方法によって長く着用することができるため、正しい保管方法について知識を得ておきましょう。今回は、スーツを長持ちさせるための最適な収納方法についてご紹介するとともに、長期保管する際にスーツが傷んでしまうことを防ぐための注意点に触れながら解説していきます。

スーツの収納方法にこだわるべき理由

普段着と同じ扱いでスーツの保管を行っている方も多いでしょう。しかしそれは大切なスーツを知らず知らずのうちに負担をかけてしまっていることになります。

スーツをきれいな状態で維持できる形状記憶のスーツは、通常であれば一度オーダーしたら長期的に愛用していくことができる優れたアイテムです。

しかし、収納方法を誤ってしまうことで簡単に型崩れしてしまい、また、湿気によって虫食いやカビなどが生えてしまうなど、スーツにダメージを与えてしまいます。

そのようなことを避けるためにも、スーツを少しでも長く着用していくには普段からしっかりお手入れを行い、正しく収納することが大切です。

スーツを収納する際に押さえておきたいポイント

ここでは、スーツ収納時にぜひ実践してほしいポイントをご紹介します。以下の5つのポイントをひとつずつチェックし、スーツを適切に扱い、収納することをおすすめします。どのようなポイントを見ておくべきか確認していきましょう。

スーツ収納のポイント①ポケットの中身をすべて出す

スーツを保管する際、ついボールペンなどがついたままでクローゼットの中に収納してしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか?

ボールペンはポケットの中でジャストサイズになるものは意外にも少なく、大抵の製品はポケットサイズに合致せず、ポケットの中で斜めに突き刺さってしまうこともあります。

また、重みのあるボールペンを使用していた場合は、本体の重量によってスーツが型崩れしてしまう恐れがあります。このようなことを避けるためにも、保管の際はポケットの中を空っぽの状態にしておくようにしましょう。

スーツ収納のポイント②ブラッシングする

スーツを収納する際は、ブラッシングをかけるようにしましょう。これは、虫食いを予防するだけではなく、スーツに付着した汚れやほこりを除去できる上、生地にテカりが見られることを防ぐことができるからです。

毎日スーツを着用する方にとって、本当は毎日ブラッシングを行いたいところですが、忙しい毎日を過ごす中で、なかなか思うようにできないという方が大半ではないでしょうか。

しかし、その場合でも、定期的なお手入れとして着用回数が3回に1回の割合でしっかりと丁寧にブラッシングを行うようにしましょう。ブラッシングを行うと行わないとでは、生地へのダメージが変わります。綺麗な状態を保つためにも、スーツのブラッシングを心掛けるようにしましょう。

スーツ収納のポイント③適切なハンガーにかける

スーツの保管時は、折りたたんで保管するのではなく、スーツ専用のハンガーを使って、必ずスーツを吊り下げた状態で保管しましょう。

また、スーツの肩幅のラインに沿ってしっかりとホールドすることができる幅が3~5cm程度ある太めのハンガーを選ぶことが大切です。これは、スーツの肩幅にきちんと合うハンガーを使用しなければ、スーツの型崩れが起こってしまうからです。

さらに、スラックスをかける際も、専用のハンガーを使用し、シワを作ることのないよう、吊り下げて保管するようにしましょう。スーツ専用のハンガーを使用して、正しくスーツを保管して下さい。

スーツ収納のポイント④除湿剤や防虫剤を活用する

日本には四季があります。そのため、季節によっては室内の湿度が上昇する梅雨時期や冬などは、湿気によって保管しているスーツにカビが発生する可能性があります。また、虫食いを起こし、スーツに穴が開いてしまうことも少なくありません。

そのため、スーツを保管する際は、クローゼットの湿度が適正であるか、必ず室内に湿度計を設定して湿気対策を施していきましょう。中には除湿剤を活用することで良いスーツの保管状態時を作ることができます。

このようなことから、適切に除湿剤を使用するとともに、ゴキブリなどの虫の被害に遭わないためにも、必要ある時に防虫剤も活用してみてください。

スーツ収納のポイント⑤陰干しする

スーツを保管する時は、着用することで本体には湿気や汗が染み込んでしまうため、それらをしっかりと乾燥させた状態で片付けることが大切です。

そのためにも、一旦陰干しにして外の空気で乾燥させるようにしましょう。風通しの良い場所にハンガーで吊るしたスーツを下げ、半日ほど乾かしてからクローゼットへ収納してください。

試してみたいスーツの収納アイデア

ここからは、スーツを効率よく収納していくためにも、ぜひおすすめしたい収納アイデアを以下にご紹介します。少しでも長くスーツを愛用していくことができるよう、少しの工夫でぐんっと着用期間が延びるため、ぜひ実践してみてください。それではひとつずつ詳しくみていきましょう。

便利なスーツハンガーを活用する

基本的にスーツの収納を行う際は、専用のハンガーを活用します。この時、スーツハンガーのみだけではなく、スラックスやネクタイ、バッグなど、様々なスーツアイテムを一式片付けておくことができるスーツハンガーを利用するのがおすすめです。

特に、カフスやネクタイピン、腕時計など、毎日使用する細かいアイテムを収納しておくことができる小物置きなどもあるととても便利です。ぜひこのようなスーツハンガーを活用してみてください。

押し入れに突っ張り棒を設置する

普段、クローゼットや押し入れなど、あらゆる場所に「突っ張り棒」を活用する方も多いのではないでしょうか?この突っ張り棒こそ、スーツを収納しておく際にとても便利に利用することができます。突っ張り棒は、重量があるものでも耐えられるだけの製品もたくさん販売されています。

突っ張り棒は、耐重性のある製品を選ぶようにしましょう。突っ張り棒を設置したら、そこにスーツハンガーにかけたジャケットを掛け、スラックスは別のハンガーを使用するなど工夫してみてください。

吊るすことで下にスペースが生まれるため、そこにはビジネスバッグなどを立てかけておくこともできます。ぜひ、万能に活用できる「突っ張り棒」を活用してみてください。

不織布製の衣装ケースに収納する

スーツの収納時は、ほこりや汚れがスーツ本体にかぶることがないよう、また、湿気などから傷みを予防するためにも、不織布製の衣装ケースを使用してみてください。

今は100均一でも手軽に購入することができる他、ホームセンターなどでも豊富な種類が展開されているため、ぜひ、不織布製の衣装ケースを活用してスーツを大切に保管しましょう。

あえて見せる収納にする

最近では、インテリアを目的として、見せる収納に人気が集まっています。どうしてもスーツなどはクローゼットに吊るして保管するイメージが強いですが、逆に見せる収納にすると、意識的に片付けを行うようになります。

そのため、スーツだけではなく、あらゆるものをきれいに並べて収納してみましょう。スーツに関連するアイテムなら、すべてまとめて整理しておけば、使いたい時にすぐに活用することができます。このように、ぜひ、見せる収納を活用することをおすすめします。

スーツを長期保管する際に気を付けること

スーツを様々なアイデアで片付けられることが分かったら、次は、スーツを長期的に保管していく時に気を付けることについて以下にその注意点を確認していきます。ぜひスーツ収納前にチェックしてみてください。

注意点①クリーニングに出す

長期に渡ってクローゼットの中でスーツを保管するなら、ニオイやカビの原因となることを予防するためにも、一度きれいにクリーニングを行っておきましょう。クリーニングを行うことで、自分では落としきれない汚れをきれいに洗い落とすことができます。その後、クローゼットの中で保管するようにしてください。

注意点②スーツとスーツの間隔をあける

スーツを吊るして保管する際は、スーツとスーツが触れ合うことのないよう、少し間をあけて保管するようにしましょう。これは、双方の生地が合わさり、摩擦でダメージを与えてしまうことを予防するためです。

また、密着することで湿気が発生した際もカビの原因になってしまうこともあります。このようなことから、スーツ間に少し空間を持たせて保管するようにしましょう。

注意点③定期的に陰干しを行う

あまりに長期の保管となる場合でも、やはりクローゼット内は湿気が溜まり、カビの原因となることから、スーツにもダメージを与えてしまう可能性があります。

そのため、たとえ防虫剤や除湿剤などを使用して気を付けていても、月に1度は陰干しにしてスーツをしっかりと乾燥させていきましょう。そうすることでスーツを清潔に、そしてきれいな状態を維持していくことができます。ぜひ実践してみてください。

注意点④ 不織布カバーを使用する

スーツカバーは、大切なスーツを守るためには欠かすことが出来ない必要なアイテムです。カバーは色々なタイプがありますが、不織布タイプのものがおすすめです。

不織布には非常に小さい細かな穴があるため、通気性がよく、そして吸水性と保湿性にも富んでいるという特長があります。ホコリの付着やカビを防ぐ効果があり、虫から守ることもできます。長期保管の際は注意して保管することが大切なため、スーツは不織布カバーをかけて保管を行いましょう。

注意点⑤直射日光が当たらないようにする

スーツは直射日光の当たる場所で保管することは避けるようにしてください。これは、紫外線による生地の劣化、また、色褪せを予防するためです。このようなことから、長期保管の際は注意して直射日光を避けた場所に正しく保管するようにしましょう。

スーツの上手なたたみ方とは

ここからは、スーツを吊るして保管する方法ではなく、たたんで保管する時の方法について詳しくみていきます。クローゼットの中でかさ高くなりがちなスーツを小さく収納したい時は、たたんで保管する方法もあります。

たたみ方を知っておけば、出張時など畳んでスーツケースに入れる時も役立つでしょう。上手なスーツのたたみ方をぜひマスターしてください。

ズボンのたたみ方

通常、ジャケットもズボンも、専用ハンガーに吊るしたり掛けたりして保管するのが一般的であると言われています。しかし、折りジワやスーツの型が崩れてしまうことを防ぐには、意外にもたたんで保管するのがおすすめです。ズボンはどのような手順でたたんでいけばよいか、そのステップをみていきましょう。

  1. 股のセンターライン部分を基準にしてズボンを合わせ半分に折る
  2. 腰部分と裾を合わせるように折った後、さらに半分に折る

これだけの簡単ステップできれいにズボンをたたんで保管することができます。スーツの保管方法に悩んだ時は、ぜひ「たたむ」という方法も実践してみてください。

ジャケットのたたみ方

ジャケットもズボンと同様に、折りジワを最小限にして小さく折りたたむことができます。コンパクトに折りたたむことができれば、収納スペースを有効活用することができるため、ぜひ実践してみて下さい。ジャケットをたたんで保管する時のステップは以下の通りです。

  1. ジャケットのボタンを留める
  2. ジャケットを裏返しにする
  3. 袖を揃えてきれいに折りたたみ、袖の付け根から中央に向かって折る
  4. ジャケットの襟を見せるように半分に折りたたむ

このように、ジャケットもズボンと同様に、とても簡単な手順でスーツ本体を折りたたみ、長期的であってもきれいに保管しておくことができます。

ジャケットとズボンを一緒にコンパクトにたたむ方法

さらにスーツ本体をできる限りコンパクトに収納していきたいと思った時は、ジャケットとズボンを一緒に折り込み、たたんでいく方法を実践してみてください、特に難しい手順はなく、誰でも簡単に行うことができます。

やり方は、ジャケットの間に折りたたんだズボンを収納するというステップのみで、小さく収納スペースを取らずに保管しておくことができる最善の方法だと言えるでしょう。

クローゼットの大きさが限られていて保管場所を十分に確保できないと悩んでいる方は、ぜひ実践してみてください。すっきりとジャケットとズボンをまとめることができるだけで、複数着あるスーツもすべてきれいに片付けることができるでしょう。

スーツを長持ちさせる上手な収納方法を実践しよう

スーツはある工夫を凝らすだけでとても長く愛用していくことができるアイテムです。そのため、大切に扱い、正しく保管することが大切です。どのように保管すればよいか、また、保管の際に注意したいことを守ることで、より長くそして良い状態のスーツを長く着用していくことができるでしょう。

これまでスーツの収納方法に困っていたという方、また、思うように収納スペースが取れなくて悩んでいた方は、ぜひこの記事でご紹介したおすすめの収納方法や収納の際のアイデアを活用して、自分のスーツを長持ちさせていきましょう。

その他の関連記事はこちらから