記事作成日:

【2021】スーツハンガーおすすめ10選!型崩れを防ぐ種類や選び方は?

社会人になって毎日スーツを着用するようになると、必ず必要になる「スーツハンガー」は誰もが1本は持っているはずです。とは言え、自分が持っているスーツハンガーは型崩れなく適切に使用できるものであるか見極めるのは難しいと感じる方も多いでしょう。今回は、スーツをきれいに保管することができるおすすめのスーツハンガーを10種類ご紹介します。各製品の特徴やスーツハンガーの選び方のポイントを徹底解説していきます。

スーツハンガーとは?

私たちが毎日着用するスーツは、一般的に使用されるハンガーとは異なり、スーツを専用に引っ掛けておける「スーツハンガー」の使用がおすすめです。スーツハンガーを適切に使用することで、ジャケットやズボンにシワが付くことを防ぐ他、スーツの型を崩さずに保管することができます。

折りジワなどが付くと翌日の仕事に着用しにくくなるなどビジネスに支障を来すことがないよう、スーツハンガーを活用するようにしましょう。

スーツハンガーの上手な選び方

ここでは、スーツをきれいに引っ掛けておくことができるスーツハンガーを選ぶポイントを、以下に3点ご紹介します。何気に使用していたハンガーとの違いを明確にした上で、改めて自身のスーツを保管するためのスーツハンガー購入の参考にしてみてください。

選び方①ジャケットの肩幅

スーツハンガーを選ぶ時は、ジャケットの肩幅とハンガーの幅が合致していることを第一に確認していきましょう。メジャーで肩幅をはかり、そこから2〜4cm差し引きしてみてください。たとえば、肩幅45cmの男性であれば、41〜43cmとなります。この幅に合うスーツハンガーを探していきましょう。

さらに、スーツハンガーは肩先部分が特に太く設計されているものを選ぶと、ジャケットを引っ掛けた時に安定感があります。ハンガーにジャケットをかけたら、フロントボタンは開けたままで吊るして保管するようにしてください。

選び方②種類

一般的なハンガーをはじめ、スーツハンガーにも様々な種類があります。大半の方が使用するのが木製タイプのスーツハンガー、そしてプラスチック製のハンガーです。その他、出張先など移動先でスーツに着替える場合などは折り畳み式のスーツハンガーを活用することもあります。

木製のスーツハンガーは、とても上質でしっかりとした作りであること、また、スーツの型崩れを起こさずに保管することができます。ハンガー本体も見た目に上品に見えるため、スーツをおしゃれにかけておくことができるでしょう。

また、プラスチック製のハンガーは、軽量タイプに設計されている上、雨に濡れたスーツをかけておくには最適です。木製のスーツハンガーと同様、しっかりと幅のあるタイプが販売されているため、安定してスーツを引っ掛けておくことができます。

出張先まで持ち運びする場合は、折り畳み式かつガーメントケース用のハンガーがおすすめです。フック部分が回転式の設計となっているため自在に吊るすことができるでしょう。コンパクトに収納できるなど、活用の幅も広く、ひとつ持っておくと安心です。

選び方③メーカー

スーツハンガーと言ってもその種類やメーカーは様々です。自分で選ぶにはどうしても迷ってしまうという方は、メーカーもののスーツハンガーをチョイスしてみましょう。

スーツメーカーが販売しているスーツ用ハンガーなら、確実にビジネススーツに合致するため、こだわりのメーカーをリサーチしておくのも良いでしょう。

スーツハンガーのおすすめ10選

それではここからは、自身のビジネススーツをきれいな状態で引っ掛けておくことができるスーツハンガーを厳選し、10種類ご紹介します。

これまでスーツ専用とされるハンガーを使用していなかったという方は、改めてスーツハンガーの必要性や人気の製品をチェックし、この機会に準備していきましょう。

おすすめ①PARACHASE 木製ハンガー スラックス用バー付

少しレトロ感とアンティーク調の風合いを見せる「PARACHASE 木製ハンガー スラックス用バー付」は、とてもおしゃれかつ上品なスーツハンガーです。

また、ジャケットをはじめ、スラックス、そしてネクタイまでひとまとめにして吊るしておくことができるので、場所を取らず優秀なアイテムとして人気を集めています。さらに、肩幅に沿ってきれいなラインを描いた状態で保管できるため、型崩れを予防することができるでしょう。

滑り止め防止機能が搭載されているため、スラックスがずり落ちてしまうことなく保管が可能です。フックは1回転する仕様なので自由に利用することができるでしょう。耐久性があり、高級感のあるスーツハンガーをお探しの方におすすめです。

 

おすすめ②シンコハンガー ワンオールストップハンガー

スラックス部分はラバー加工が施されているため、ズボンを引っ掛けた時もずり落ちる心配がなく、回転式のバーによって簡単に取り出せるという魅力を持つ「シンコハンガー ワンオールストップハンガー」は、スーツハンガーとして最適な製品です。

毎日着用するスーツに折りジワがつくことなく良い状態で吊るしておけるので、シワになる心配がありません。きれいに保管しておける「シンコハンガー ワンオールストップハンガー」を活用して、スーツを正しく扱っていきましょう。

 

おすすめ③マワハンガー ズボン吊り

ドイツ製でできた、スーツのために作られた「マワハンガー ズボン吊り」は、ズボンの裾から吊るすことできれいにシワを伸ばすことができる画期的なスーツハンガーです。

特殊コーティングを行ったプラスチック素材を採用することで、スラックスのズリ落ちを予防する効果を発揮することができるでしょう。クリップの型も付きにくく、長く保管していてもシワになりにくいという特徴を持っています。きれいな状態でスーツを保管しておけるおすすめの製品です。

 

おすすめ④NAKATA HANGER スーツハンガー

一般的な日本人男性の肩幅に合致する木製タイプのスーツハンガーの中でも人気の「NAKATA HANGER スーツハンガー」は、植毛加工が施されたフェルト素材のバーを採用することで、ズボンの滑りを予防し、ジャケットとともに安定して吊るしておけるおすすめの製品です。

天然ブナを採用し、丈夫に仕上げるだけではなく、湾曲型で機能性に優れているという点から人気を集めています。「NAKATA HANGER」のマークが印象的な使用用途の広いスーツハンガーです。

 

おすすめ⑤KOBEL メンズ用ジャケット・スーツ・コートハンガー

きれいな形状でしっかりと型を保ったままスーツを保管しておくことができる「KOBEL メンズ用ジャケット・スーツ・コートハンガー」は、1本にジャケットもスラックスも吊るしておけるので、スマートに片付けることができるおすすめの製品です。

ハンガー本体はしっかりと幅を持たせた設計のため、安定した使用感を実感することができるでしょう。マット調に仕上げたブラックカラーが、お部屋のインテリアにも見え、ビジネスマンらしくスマートで華やかな印象を与えることができるでしょう。

 

おすすめ⑥StorageWorks スーツハンガー

天然木材を使用して作られた「StorageWorks スーツハンガー」は、肩の丸みに合わせた設計で作られているので、型崩れを起こさずにスーツを引っ掛けておくことができます。

自在に方向を変えることができる回転式のフックが付いているので、収納時も邪魔にならずに片付けておけるでしょう。きれいに見えるハンガーのため、クローゼット内でもおしゃれに見せることができるおすすめの製品です。

 

おすすめ⑦長塩産業 木製オリジナルハンガー

スーツをきれいな型のまま保管し、長期間保管してもシワになりにくい設計の「長塩産業 木製オリジナルハンガー」は、肩口部分が幅6cmという分厚さを持たせた設計のスーツハンガーです。

そのため、抜群の安定感でスーツを保管しておくことができます。見た目にも高級感があるため、リビングにの壁に引っ掛けておくのも良いでしょう。

 

おすすめ⑧エヌケープロダクツ スーツハンガー

クリップが付属した「エヌケープロダクツ スーツハンガー」は、ハンガーの先端に滑り止めが付いているので、ジャケットの滑りを予防する他、肩幅43cmに設計された製品です。そのため、ジャストなスーツハンガーにジャケットにかけておくことができるでしょう。安定感のある形状が人気を集めています。

 

おすすめ⑨IEOKE 木製 スーツハンガー

上質な木材を使用し、手作業で作られた「IEOKE 木製 スーツハンガー」は、フェルトバーに滑り止め加工を施すことで、スラックスを安定して引っ掛けることができる人気の製品です。

フックが回転式なのですぐにスラックスを取り出せる他、肩幅部分を幅広に設計しているため、シワやヨレ、型崩れなく保管できる優れものです。スーツハンガーにフィットするようかけておくことができるので、ぜひ毎日活用してみてください。

 

おすすめ⑩TOKYOHANGER スーツハンガー

スラックス止め付のリーズナブルな価格で販売されている「TOKYOHANGER スーツハンガー」は、オーソドックスなスーツハンガーとして人気を集めています。

スラックスを止めておけるので、ずり落ち防止、そしてシワなく吊り下げておける実用性の高い製品です。デザイン性に優れているなど、見た目にもシンプルな中におしゃれな感覚を持つことができるおすすめのスーツハンガーだと言えるでしょう。

 

スーツハンガーの正しい使い方

私たちは普段、何気にスーツハンガーを使用しているかもしれません。しかし、実はスーツハンガーには正しい使用方法があります。

どのような使い方をすれば、スーツをきれいな状態で保管しておくことができるのか、改めてここでスーツハンガーの正しい使い方をレクチャーしていきます。これまで使用してきた方も、今一度自身の使用方法が正しい手順であるか再確認していきましょう。

  1. 肩先は約5cmほど厚みのあるタイプのスーツハンガーを選ぶ
  2. 最初にジャケットを引っ掛け、この時、肩先の厚みに合わせてジャケットをかける
  3. スラックスはボトム専用のハンガーに設計されているクリップで裾をつまみ、吊り下げて保管する

このように正しく3ステップを踏んで自分のスーツを吊り下げておくことで、シワになることを防ぎ、翌日も快適な着心地を実現させることができるでしょう。

スーツハンガーでジャケットやズボンの型崩れを防ごう

毎日ビジネススーツを着用するメンズにとって、スーツハンガーはとても大活躍するマストアイテムです。ここではぜひおすすめしたいスーツハンガーを10種類ご紹介するとともに、各製品の特徴を詳しくみていきました。

ビジネススーツは型崩れなくきれいな状態で保管しておくことが大切です。そのためにも、この記事でご紹介したスーツハンガーを活用し、大切なスーツをきれいに吊るしておきましょう。

その他の関連記事はこちらから