2018/10/27

スーツをかけるハンガー選び

●スーツを長持ちさせる為にはハンガーが重要なカギとなります


みなさんスーツを収納するときどうしますか?引き出しなどにたたんで収納しますか?長時間スーツをたたんだままシワが付いてしまいます。スーツにシワは大敵です。シワを付けない為にもスーツは必ずハンガーにかけて収納するように心がけましょう。そしてスーツにはスーツにあった理想のハンガーがあることはご存知ですか?これもスーツを綺麗に保つための重要なポイントとなるのでキチンと押さえて置きましょう。スーツをかけるハンガーによって綺麗に持ち続ける事ができるかそれとも早くスーツをダメにしてしまうか違ってくるので説明して行きましょう。

▼そもそもスーツをもっと知りたい方はコチラ!
ブランドネームに騙されるな!本当に上質な「スーツブランド」の見極め方
【スーツの裏地を徹底解説】生地の選び方・オススメの組み合わせ方も紹介

●スーツはシルエットが重要です


スーツは保管方法を一歩間違えるとシルエットが台無しトなってしまいます。せっかく奮発して高級ブランドのスーツを購入したのにシルエットが崩れてしまって品祖なスーツになってしまいますね。だからこそキチンと収納して長持ちさせるよう努めましょう。そしていつ着ても新品同様に気持ち良く着れる様に準備しておきましょう。

●種類別に分けるハンガーの用途


まずはスーツの基本となるジャケットです。こちらは肩の部分が立体的になっているのでハンガーも厚めの物を選びましょう。厚めの物を選ぶ場合は木製のハンガーが良いでしょう。木製の物は肩の形に合わせて作られている事が多いので肩の立体的な形を保つのには最適です。スーツの一番重要ポイントはジャケットになりますから必ず肩のシルエットを崩さない様にハンガーで保管するようにしましょう。次にシャツです。シャツは薄手だからワイヤーのハンガーを使用している人も多いハズですがワイヤーハンガーの場合は肩の部分が出てしまいます。尖った形状になってしまうのでワイヤーのハンガーは使用しない様にしましょう。シャツもできれば木製でジャケットの時よりも薄手の物を選ぶと良いでしょう。シャツは良くたたんでタンスの引き出しにしまっている人も多い様ですが、こちらもシワを防ぐためにはハンガーにかける様にすると綺麗に長持ちさせて着続ける事ができるでしょう。そしてスラックスです。ジャケットのハンガーにセットとなってついている物もありますが、できれば別で保管するのが理想です。スラックス専用の木製ハンガーが好ましいでしょう。そしてキチンとシワを伸ばしてかけるのも重要ポイントとなるで忘れずに!そして時期によってはクローゼットの扉を開けて空気を入れ替える様にしましょう。そうする事によってカビや虫食いなどからスーツを守る事ができます。その他でネクタイの収納方法ですがこちらも使わないハンガーなどがあればそれにひっかけて空気の入れかえをしながら保管すると良いでしょう。シワもつかずにカビも無く綺麗に持ち続ける事ができるのでネクタイも同様に保管する事をお勧めします。

●自分のスーツのサイズを必ず把握しておきましょう


ジャケットの場合は特に肩幅によってスーツの大きさも違ってきます。だからハンガー選びを間違う事によってジャケットの肩部分を台無しにしてしまう事もあります。自分の肩幅をしっかりと把握してからのハンガー選びをしましょう。サイズを把握しておくことによってシャツもキチンとした保管方法を実現する事ができます。スラックスの場合はほとんどのサイズを対応しているハンガーがほとんどです。よほど大きいサイズじゃない限り通常の木製ハンガーで大丈夫です。是非スーツ選びだけではなくてハンガー選びもしっかりして長持ちさせシワも無く汚れも無く綺麗にスーツを保管してください。そして通気性の良いクローゼットなどで保管する事も一緒にお勧めします。

▼オーダースーツの関連記事はコチラ!
>30代の男性におすすめのオーダースーツ!男を格上げする一着の作り方とは
>渋谷のオーダースーツ店ランキング、自分だけの至高の一着を手に入れる
>唯一無二の一着を作りたい人必見!表参道のオーダースーツ店ランキング
>銀座オーダースーツ店ランキング。クオリティにこだわりたい男性に捧げる