記事作成日:

「好きなのかわからない」気持ちが曖昧な原因と対処法・診断方法を解説!

好きな人や気になる人と恋人同士になれて幸せだと思うことが多いのではないでしょうか。しかし、彼氏と付き合ってはいるものの、自分は本当に彼氏のことが好きなのかと疑問に思うこともあるかもしれません。自分のモヤモヤした気持ちをはっきりさせたいものです。「好きなのかわからない」気持が曖昧な原因と対処法・診断方法を解説していきます!

彼氏のことを好きなのかわからない原因とは?

彼氏のことが好きなのかわからなくて悩んでいる方もいるでしょう。好きで交際しているにも関わらず、どうしてこのような気持ちになるのか不思議に思うかもしれません。

原因を突き止めることで、今後どのような対処法を取って行ったら良いのかわかってくるようになるはずです。彼氏のことを好きなのかわからない原因をご紹介します。

原因①相手の嫌な部分を見てしまった

付き合い当初は「理想の人」だと思い交際をしてきてラブラブな時間を過ごしてきたけれど、ふとした瞬間に態度や行動で嫌だなと思うことも出てきます。

すごく好きで付き合っていたけれど、「本当はこんな人だったんだ…」とガッカリしてしまうこともあるのです。相手の嫌な部分を見てしまうと、許せることなら今まで通り良い関係を築いていくことができますが、許せないことなら別れを考えることもあるでしょう。

原因②浮気された

彼氏に浮気されるほどショックなことはありません。バレないように浮気を繰り返している男性もいますが、どこかでボロが出て結果彼女を傷つけてしまうことになるのです。「彼女という私がいながらどうして浮気をしたの?」と悲しさ・裏切り・怒りで感情のコントロールが効かなくなってしまいます。

謝られたからもう1回チャンスをあげようと元通りに戻っても、浮気癖のある人はなかなか治らないので繰り返すことが多いです。浮気されたことで愛情が冷めてしまい、好きかどうかわからなくなることもあると言えるでしょう。

原因③トキメキがなくなった

付き合い初めは彼氏に対してドキドキすることも多かったけれど、月日が経つにつれて次第にときめかなくなってしまうこともあります。マンネリ化してしまい、ときめきがなくなると刺激が欲しくなることもあるでしょう。

恋愛においてときめきがなくなってしまうと、彼氏に対する気持ちも冷めてしまいますし、恋愛そのものがつまらなくなって彼氏のことが好きかどうかわからない状態になることもあるのです。

気になる人のことを好きなのかわからない原因とは?

彼氏ではないけれど、今気になっている人がいるという方も多いでしょう。「気になる」=「好き」という気持ちがあると思いがちですが、実は気になっていてもそこには好きかどうかわからない感情がわいてくる場合もあるのです。なぜそのような気持ちが出てくるのか原因を探っていくので参考にしてみてください。

原因①元カレとタイプが違う

元カレのことが本当に好きだったのに別れることになった場合、未練が残って心のどこかでまだ想っている可能性があります。気になる人と一緒にいても、元カレのことが頭によぎって、つい2人を比べてしまうこともあるのです。

気になる人が付き合ってきたタイプと違う場合、「私はこの人のことが好きなのかな?」と考え込んでしまうこともあるでしょう。今まで付き合ってきたタイプと違うのになぜ気になるのかと疑問に思ってしまいます。

原因②過去の恋愛がトラウマになっている

過去の恋愛でひどいフラれ方をしたり、心を傷つけられたことでトラウマになってしまっている場合もあるでしょう。もう恋愛はコリゴリだと消極的になってしまいがちです。気になる人はいるものの、また好きになったら傷つくだけだと自分の感情を抑え込んでいる可能性があります。

過去と現在の恋愛は全く違うもので、気持ちを乗り越えていくことが大切になってきます。前向きな気持ちで新しい出会いを楽しんでいけると楽になれるのではないでしょうか。

原因③好きという感情が分からない

初めから好きという感情が分からないという方もいます。これは恋愛経験が少ない女性に多く、気になる人がいても「この気持ちは何なの?」と気づいていない可能性があります。好きな感情を自分でわかっていないと、恋愛どころかそのままの関係で終わってしまうのです。

好きなのかわからない場合の5つの診断方法

好きなのかわからない気持ちをはっきりさせたいと思っている方もいるでしょう。ラブな感情があると思えるようになれば、恋愛にも積極的になれるはずです。好きなのかわからない場合の5つの診断方法をご紹介します。イエスが多いほどあなたの中に愛があることが確かなので、チェックしてみてください。

診断方法①一緒にいると安心感がある

一緒にいると安心感がありますか?付き合い当初はラブラブでも、徐々に好きかどうかわからなくなってしまうことも多いです。ときめきはなくても一緒にいることで癒されたり、居心地が良い状態なら愛情があると言えるでしょう。相手のことを嫌だと思っていたら、居心地が悪くて距離を置きたいと思うはずです。

診断方法②その人のことばかり考えてしまう

いつもその人のことで頭がいっぱいになっていませんか?何をしている時でも、「今どうしているのかな?」「仕事から帰ってきたかな?」「もう寝ているかな?」などと四六時中考えているのは、相手のことをもっと知りたいという気持ちの表れです。

何とも思っていない場合は普段からあまり気になることもないので、その人のことばかり頭にあるのは好きだと判断することができるでしょう。

診断方法③連絡を待っている自分がいる

相手に返事を送った後、連絡を待っていませんか?好きな人に送る場合は、何て返信されてくるのか待ち遠しくなります。自分が送ったLINEに既読がついているかどうか頻繁にチェックすることもあるでしょう。

好きな人だからこそ待ち遠しいし、チェックしてしまうのです。好きな人とやり取りをして繋がっていたいと思っています。

診断方法④連絡への返信が早い

相手から連絡が来た時に返信が早い場合は、好きだと判断できるでしょう。愛情を持っているからこそ、スマホを握りしめて連絡が来るのを待っていることもあるのです。これが好きな相手ではなかったら、すぐに連絡をしなくても時間がある時に送ればいいと思うようになります。

診断方法⑤会うときに気合が入る

2人で会う時には気合が入ってオシャレして出かけていませんか?それは相手に良く思われたいという気持ちがあり、好きという証拠だと言えます。好意を持っている人には「きれいだね」「かわいいね」と言われたいものです。

髪型からファッションまで手を抜かずにキメていき、「何て言ってもらえるかな?」と2人で会うことが楽しみで仕方がないのです。逆に何とも思っていない場合は、特別オシャレをしていくこともなく、自分が着たいものを着るといった形になるでしょう。

相手のことが好きなのかわからない時の対処法

診断方法を試してみても、やっぱり相手のことが好きなのかわからない場合、どうしたらいいのか悩んでしまいます。本当は想っているのに気づくことができなかったら、その恋愛は進展なしに終わってしまいます。相手のことが好きなのかわからない時の対処法をご紹介していくので、参考にしてみてください。

対処法①距離を置いてみる

彼が近くにいる状態で気持ちがわからない場合は、一旦距離を置いてみることが大切です。自分一人でいる時間が増えることから、彼のことをどう思っているのか落ち着いて考えることができるようになります。

距離を置くことで、彼がいない時間を過ごすことになるため、どんな心情なのかを改めて分析していくこともできるでしょう。

対処法②第三者に相談する

あなたのことをよく理解してくれている友人など第三者に相談することも対処法の1つです。自分では考えて結論が出せないことでも、第三者から客観的に見てもらうことで、良いアドバイスをくれる可能性も高いです。

自分では気づかなかったことにハッとさせられることもあるでしょう。また悩みを聞いてもらうことでストレス解消になったり、解決する場合もあるので、1人で悩まずに思いきって相談してみてください。

対処法③好きな部分を書き出してみる

主観的ではなく客観的に見ることが大切なので、相手の好きな部分をノートやスマホのメモ機能などを使って書き出してみましょう。それを第三者の目線から見て、相手のことをどう思っているかを考えていきます。しっかり書き出すことで、自分の気持ちに気付くことができるようになるのです。

好きなのかわからない気持ちと正面から向き合ってみよう

彼氏や気になる人がいるけれど、自分の気持ちがよくわからなくて悩んでいる方も多いです。付き合っている彼氏の場合は、相手の嫌な部分が見えてしまったり、浮気をされたりなど、許せない一面があると愛情が冷めてしまう場合もあるのです。

また気になる人の場合は、過去の恋愛でトラウマがある・元カレとは違うタイプだった・そもそも好きという感情がわからないなど、自分で乗り越えていかなくてはいけない部分も強いと言えます。

悩んでしまった時は、原因を探ってみてから診断方法を試してみてください。それでも自分の気持ちに気付けない場合は、対処法も行ってみることをおすすめします。好きなのかわからない気持ちと正面から向き合ってみましょう!

その他の関連記事はこちらから