記事作成日:

甲斐性なしといわれるダメンズの特徴は?甲斐性のある男性になるために取るべき行動

甲斐性なしという言葉は、男性の気位などを表す言葉として使われます。基本的にマイナスな意味で使われ、結婚相手が甲斐性のない相手だと大変だと女性からも少なくない声が上がっています。本記事では、甲斐性なしな男性とはどんな人の事を指すのか、その特徴や改善方法などを解説していきます。

甲斐性なしの意味とは?

甲斐性なしと言われた男性は、軒並み少なくないショックを受ける事でしょう。それだけマイナスな意味合いを持っている訳ですが、まずは甲斐性なしというのがどのような意味を持っているのかについて解説しましょう。

甲斐性なしの意味

まず「甲斐性」というのは、何か物事をやり遂げる、達成しようとする気力や努力、頼りがいがある、経済的な生活能力がある、というような意味を持つ言葉です。これが無いと言っている訳ですから、甲斐性なし=意気地なしとも言い換えられます。

もっと分かりやすい言葉に置き換えるのであれば、やる気や気力が感じられない、行動力が無い、責任感を感じない男性という事になります。また、女性関係やお金の使い方がだらしない男性にも、同じように甲斐性なしという言葉が使われるケースがある様です。

甲斐性なしになってしまう原因

男性ならば言われたくはない言葉である事に間違いはありませんが、これは生まれつきの性格など先天的なものではなく、生活環境が大きく関係していると言われています。これまで、ほとんど努力をせずともなんとなくで生きてきた男性は、甲斐性なしになりがちとされています。

本人がそのまま変えるつもりはないと考えている場合、苦労する事は間違いないでしょう。しかし、言われたかどうかにかかわらず自覚をしており、どうにか改善したいと思っているのであれば、十分に良い方向へ向かわせられる可能性はあります。

甲斐性なしといわれるダメンズの特徴

甲斐性なしな男性というとどんな人の事を指すのかについて、簡単にではありますが解説しましたので、何となくは把握できたところでしょう。甲斐性なしにはいくつかの意味が含まれていますので、ダメな男と思われてしまう甲斐性なしな人の特徴を挙げていきます。

甲斐性なし男の特徴①お金を湯水のように使う

まず1つ目は、お金使いが荒くどんどん浪費してしまう事です。どれだけ収入が多かったとしても、ギャンブルなどに注ぎ込んでいては貯金などできようもありません。こうした男性も、甲斐性なしと呼ばれることになります。

また、収入が決して多いとは言えないのに、大きなお金を使ってしまう男性もいます。そういった男性は大抵若い人であり、やりたい事をやってみせようとどんどん散財をしてしまい、しまいには借金をしてしまう事もあります。

甲斐性なし男の特徴②女性関係がルーズ

2つ目は、女性関係がだらしない事です。女性に対してアプローチをするときに、まるであなたにだけ心酔しているかのようなセリフばかり口にしますが、そういう人ほど不特定多数の女性に同じ言葉を使うものです。

そして、いい加減な性格の為に、様々な女性と中途半端なままの関係をキープしがちです。加えて、先に挙げた通り本来使うべきではないところでお金を散財していますので、程度が悪いと女性側が養うケースもあるほどです。

甲斐性なし男の特徴③見栄を張る

3つ目は、無駄に見栄を張る事です。服装1つとっても、有名なブランド品で一式そろえたい、飲食店では見栄ばかり意識してボトルキープをするなど、甲斐性が無い男性ほど見栄っ張りで回り方の見た目を気にする傾向があります。

これは、本人の承認欲求が比較的強い事が関係していると考えられます。その為、自分で良いと思うものを自分自身の判断基準で選ぶのではなく、他人に良く見えるように有名なブランドの物ばかりに身を包んでいます。

甲斐性なし男の特徴④向上心が感じられない

向上心が感じられないのも、共通しがちな特徴の1つです。仕事においては、現状で満足している、現状を維持するだけで良いなど、これ以上の成長をしようとしません。これは、それだけ楽に生きたいと思っている事を表しています

楽に生きたいと思う事、それ自体が完全なる悪という訳では決してありません。ですが、今以上に成長して高みを目指したい、というような向上心がまるで感じられない男性は、甲斐性なしと言われてしまっても仕方が無いでしょう。

甲斐性なし男の特徴⑤経済力がない

経済力の無い男性も甲斐性なしと言われてしまいます。シンプルに収入が低い、派遣社員などで定職についていないなどがこれに該当し、または自分の力で稼ごうともせずに自堕落な生活ばかり送っている人も、間違いなく甲斐性なしです。

こうした経済的な面も含めて、生活能力も著しく低いともされています。先に挙げたお金遣いの荒さも当てはまりますし、いい歳をしている大人なのに自立した生活が送れていないなど、こちらが心配になる様な男性では将来性など感じようもありません。

甲斐性なし男の特徴⑥自慢話ばかりする

収入があって経済力があり、外見も悪くない男性に共通しがちなのが、自慢話が多い事です。自分の今までの武勇伝や、カッコよさを発揮した話ばかりで、これもやはり自己承認欲求から来ているものなのかもしれません。

女性の目から見て、尊敬できる男性と言えばこれからの目標に向かって努力をしようとしている人でしょう。それなのに過去の話、しかも聞いてもいないのに自慢ばかりしてくるような男性は、少なくとも良い印象は持てないでしょう。

甲斐性なし男の特徴⑦時間にルーズ

自分中心の考えなので、時間にもルーズです。これは時間を守るという事をしないという形で現れ、待ち合わせなどをしてもしっかりと時間を守る事の方が少ないほどです。相手に無駄な時間を使わせることに罪悪感を感じていないからなのかもしれません。

甲斐性なし男の特徴⑧言い訳ばかりしている

言い訳の多い男性も、良くは映らないでしょう。努力をしない事に対する言い訳をはじめとして、都合の悪い話に関してはすぐに話をすり替えようとします。加えて、人との付き合いについてもはぐらかす事が多いので、総じて信用されなくなってしまいます。

甲斐性なし男の特徴⑨決断力がない

自分では重要な判断を下す事が出来ない、決断力の無さはまさに甲斐性なしを絵に描いた様です。判断を人に任せ、そのくせ自分の望むような結果を得られないと不満や責任の押し付けばかりで、これもやはり人からの信用を無くします。

甲斐性なし男の特徴⑩周囲に流されやすい

自分の意見を持たない、または自分でやると公言していたのに後になってそれを曲げるような、流されやすい性格の人も甲斐性なしと呼ばれます。明確な軸を自分の中に持っていないために、周りの人の耳触りの良い意見に流されてしまうのです。

自分がブレているという事を客観的に気付く事が出来ていないのが、余計質悪くさせてしまっています。

甲斐性のある男性の特徴とは?

逆に甲斐性のある男性と言えば、まず誠実な性格をしています。自分自身に自信を持っていますので、言い訳をしたり、隠し事などもしたりはしません。また、一人の異性をずっと大事にしてくれるのが最も甲斐性を感じられる点でしょう。

お金に関しても、割とシビアに管理をしています。ただ、決してケチで守銭奴という訳ではなく、お金を使うべきところと使うべきではないところをしっかりと見極めています。

甲斐性のある男性になる方法

甲斐性の無い男性は、総じて人からの信頼を得る事が難しいです。ならば、人から信頼されて異性からも好かれるであろう、甲斐性のある男性になるための努力をするべきです。

方法①地道に働く

まず、地道に働いてみましょう。肌に合わないからとすぐに仕事をやめたりせず、好きになれるところを探してみるべきです。また、お金についてもギャンブルなどに使わず、一攫千金などハイリスクなものであるという事を理解しましょう。

方法②目標を決める

努力が出来ないのは、明確な目標を定めていないからなのかも知れません。今現状維持に固執しているようであれば、それとは縁を切るべきです。現状の維持=何も変わらないという事であり、これはほとんど衰退と同義です。

甲斐性のある男性も、最初からそうだったわけではありません。幾度も目標に向かって課題に立ち向かい、失敗を重ねたからこそ今があるのです。まずは現実的な目標を定め、そこに向かうための努力をしてみましょう。

方法③欲求に流されない

お金遣いを荒くしないためにも、自分の欲求にすぐに流されないようになるべきです。そのためには、生きるうえでの優先順位を定めましょう。健康を優先すれば無駄な飲食はなくなり、仕事を優先すればスキルや経験もおのずと付いてきます。

甲斐性なしのダメンズを卒業しよう

甲斐性なしな男のままでは、異性はおろか同性からも見限られてしまう可能性が高いです。大切なのは、自分を磨き高めようとする努力をする意思を持ち続ける事です。是非とも開所なしを卒業し、胸を張って生きられるようにしてください。

その他の関連記事はこちらから