記事作成日:

好き避けする男性の心理や特徴とは?嫌い避けとの違いを解説!

好きな人にそっけない態度を取られた経験はありませんか?「嫌われたかも」「私何か悪いことしちゃったかな?」と不安になってしまうこともあるでしょう。その行動には実は意味があるのかもしれません。好きゆえに逃げ腰になってしまうという男性も中にはいるのです。この記事では、好き避けする男性の心理や特徴、嫌い避けとの違いを解説していきます!

好き避けとは?

「好き避け」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。この意味は、特別な感情のある・気になっている人物に対して逃げるような動作を取ってしまうことを指しています。

「正直もっと親しくなりたい」「もっと距離を縮めたい」という心情があるにも関わらず、気になる人物の前でドキドキしているなどの理由からこのような態度を取ってしまうのです。

どうして逃げられてしまうのかを考えた時に、好き避けだとすぐに理解できる方も少ないでしょう。抵抗感を持たれているかもしれないと思うことが多いかもしれません。男性の好き避け事情を詳しくご紹介していくので参考にしてみてください。

好き避けしてしまう男性の心理

避けられると見込みはないのかなと不安になってしまいます。どうして興味があるにも関わらず嫌いというような態度を取ってしまうのか気になるでしょう。本当は嫌いじゃないのに逃げてしまうことを後悔している可能性も多いにあります。好き避けしてしまう男性の心理についてご紹介します。

心理①好きな気持ちを隠したい

気になる人物に対して関心があることがバレてからかわれてしまい、嫌な思いをしてしまうこともあるはずです。親密になりたい気持ちはあるのに周りに隠すという思いからわざと好き避けをして、何とも思っていないことを強調しています。

特に社会人以降の好き避けは、公になるのが照れるというよりも関心を持っていることがバレてしまったら気まずくなって仕事にも影響を及ぼす可能性があるためだと考えられます。

心理②恥ずかしい

好きな相手と一緒にいることはうれしさもあるけれど恥ずかしさも多いものです。男性の中には女性と顔を合わせると目を見て会話が不可能になり、顔を赤らめてしまうといった状況になることもあります。声をかけられても恥ずかしさのあまり逃げ出したくなるのです。

あからさまに遠ざかると無視されている・興味がないと思ってしまいますが、それが好き避けだと理解できれば羞恥心から逃げ腰になっている姿はかわいいと思えるのではないでしょうか。

心理③自信がない

自分に自信がないと積極的に動くことができないといった状況に陥ることもあるでしょう。相手を特別に思っているけれど、「相手になんかしてもらえるはずない」「誘いかけても無駄だ」と思い込むことで逃げる行動を取ってしまいます。

男性は振り向いてもらえる確信がなかったら、なかなか誘うことはできない方も多いと言えるでしょう。自信が持てないことから、何もすることなく諦めてしまうのです。

心理④恋愛経験が浅い

恋愛経験が多いと少ない場合では女性に対する接し方も変わってきます。慣れている場合はどのように話を広げていけばいいのか、どんな誘い方が効果的なのかが理解できています。女心をよくわかっているため、何をしたら喜んでくれるか、機嫌を損ねてしまうかを熟知しています。

そのため、興味を抱く女性ができたら自分からどんどんアピールしていくことができるのです。例えフラれたとしてもめげずに精いっぱいの力を出しきれたらそれだけで満足です。

一方の恋愛経験が浅い場合は気になる人ができたとしても、そこからどのように進めていけばいいのか難しいところがあります。女性と面と向かって何から言葉を交わせばいいのか、会話のネタも思いつかないのです。女性の方から声をかけてくれたらスムーズに進んでいくでしょう。

心理⑤コミュニケーションが苦手

意思疎通を取ることを不得意としているために好き避けしてしまう場合もあります。このようなタイプの方は異性だけに限らず、同性に対してもうまく関わっていくのが難しいです。

友達を作ることも信頼して心を開くことができるまで時間がかかってしまうため、気になる女性なら特に焦ってしまって逃げ出したくなります。どうしていいのかわからずその場に居づらくなってしまうのです。

好き避けする男性の特徴とは【態度】

気になるのに知らんぷりする男性かどうかを見極めることができます。「もしかしてこの行いは特別だから?」と思っている方は、以下の項目に当てはまるかチェックしてみてください。好き避けする男性の態度の特徴をご紹介します。

好き避けする男の特徴①周りに人がいるとそっけない

周りに誰かがいる時にそっけない振る舞いを取っている場合は、好き避けの可能性大です。身近に好意があることをバレたくないために興味のないふりをしています。正直なところ言葉を交わしたくてウズウズしていますが、みんなに知られたらかわれたり、仕事で支障をきたすことを考えているのです。

2人でいる時はニコニコでおしゃべりしたり、向こうから声をかけてくれるといった態度が見られるなら、関心がないわけではないでしょう。周りに誰かいる場合よりもふたりきりでの状態を見て判断することをおすすめします。

好き避けする男の特徴②会話が広がらない

おしゃべりが広がらないというところだけ見ると、意思疎通を取るのが不得意で話し下手なのかなと思うでしょう。男性に声かけして相手の言葉が「はい」「いいえ」「そう」といった場合、そこからネタがなくなってしまい気まずくなってしまう場合もあります。

これは好意を持っている女性に言葉をかけられて、返答の仕方に悩んでいるのです。焦って頭の中が軽くパニックになっている状態だと思われます。この種類の男性は普通におしゃべりできるまで時間がかかってしまうので、根気強く声をかけていたらそのうち心を開いて会話も続くようになります。

好き避けする男の特徴③すぐに目をそらす

ラブな方の姿を見つけると、いつのまにか目で追っていることが多いです。これは「何をしているのだろう?」「困ってはいないだろうか?」などの思いから見ています。視線を感じることから男性の方を見ると、すばやく目を背けるのは好き避けの可能性ありです。

見ていたことを悟られないようにしなくてはいけないと思っています。目をそらした直後に髪をしきりにいじる仕草、持っている本で顔を隠すなどごまかしている様子があれば確率はますますアップするでしょう。

好き避けする男の特徴④よく視線を感じる

いいなと感じている方の動作は気になるもので、自然と行くところを目で追っています。視線を頻繁に感じるなら可能性が高いと言えます。

自分が見ていない時にだけ目がいくのは、気付かれないようにしなくてはいけないためです。近距離ではなく離れていても視線がささることが多ければ、好き避けの可能性は大です。

好き避けする男の特徴⑤なぜが近くにいることが多い

自分から積極的に言葉をかけることはできませんが、気付けばなぜか近くにいるのが多いならば可能性アップです。本当は声をかけたいと思っていても、コミュニケーションがうまく取れなく、逆に不快になってしまったらと思うと行動できずにいます。

声をかけなくても興味の持っている相手のそばにいられるだけで幸せだと感じているのです。近くにいることで向こう側から声をかけてもらったり、何か良いことが起こるかもしれないという感情も少なからずあるのかもしれません。

好き避けする男性の特徴とは【言動】

どのような態度があるのかを見てきました。続いて言動に注目してみてください。男性の口から出てくる言葉からも好き避けかどうかを判断することがで可能です。少し興味のある男性の存在がいる方は好意を寄せてくれているのかをチェックしてみてください。

好き避けする男の特徴⑥憎まれ口をたたく

ラブな感情があるにも関わらず、つい憎まれ口をたたいてしまい後悔することもあるかもしれません。本当に思っていることではないのに、反対のことを伝えて反感を買うこともあります。

憎まれ口をたたくことで相手の目を向かせようとしているのです。ただ友達のような感覚なのか、好き避けなのか区別がはっきりとつきにくいところもあるでしょう。

子供の頃は興味のある子ほどいじめたくなるもので、その延長線上でつい嫌味っぽいことを言い、自分を見て欲しいとアピールしている場合もあります。

好き避けする男の特徴⑦自分の話をしない

別の人物とは楽しそうにいろいろな対話をしているにも関わらず、自分にはプライベートの話などほとんどしてこない場合は好き避けの可能性も考えられます。気になる女性とは距離を取ってしまいがちですが、会話に関しても自身のことを詮索されたくない心情があるのです。

それは相手に嫌悪感を持っているから喋りたくないわけではなく、プライベートのことをペラペラ喋ることによって女性にどう思われるかが心配なのでしょう。

「こんな人だったなんて!」と思われることで嫌われるのではないかという不安が募ります。女性側からすると、いろいろ質問してきてくれるのに男性のことは教えてくれないと悲しくなることも多いと言えるでしょう。

好き避けする男の特徴⑧小さな声でありがとう

興味がある女性とは面と向かって言葉を交わすことができなくて、感謝も自然と伝えられないこともあります。もっと親密になりたい感情はあるものの、なかなか実行に移せない状態なのです。相手に何かしてもらったりプレゼントをもらった時などは、しっかりお礼を伝えたいものです。

しかし嬉しさを全面に出すことで心情が悟られてしまうかもしれないと思ってしまい、つい少しツンとした態度を取ってしまうこともあります。

小さな声で「ありがとう」と伝えて終わる場合もあるでしょう。好き避けかどうかを確認するには、感謝を伝えた時の表情を見てください。照れてニコニコしている姿が見受けられたら可能性があります。

好き避けする男の特徴⑨二人だけの時はよく話す

周囲に誰かがいる時は喋ってくれなくてそっぽ向かれてしまいがちですが、男女間だけになると急に饒舌に声をかけてくる方もいます。

大勢いる中では自分の感情が悟られることを恐れ無視したり、別の人物の前で関心を持っている女性と対話をすることが不得意などの事情により、2人になった時だけよくやり取りすることもあるのです。

その振る舞いはまるで別人のように感じてしまいますが、周囲の視線を気にしなくてよくなるために2人で楽しく言葉を交わすことができるようになります。

もしあなたに嫌悪感を持っているのだとしたら、1対1では余計にやり取りしたいと思わないはずです。誰にも邪魔されない空間だからこそいろいろな話ができるようになり、笑顔も出てくるのです。

好き避けする男の特徴⑩つい嘘をついてしまう

つい嘘をついてしまう男性は好き避けの可能性も考えられます。関心がある女性に対して感情を悟られないように余計なことを口走って嘘を言ってしまうこともあります。

自分のタイプの人とは違うことを口に出したり、あなたには興味がないということを主張してしまうのです。

女性からは「私のことは何とも思っていないんだな」と勘違いされ、距離が縮まるどころかどんどん離れていってしまうでしょう。「何で悪化させるようなことを言ってしまったんだろう…」と後で後悔することも多くなります。

好き避けする男性の特徴とは【LINE】

LINEは現代ではコミュニケーションツールとして用いられ、利用している人がほとんどなのではないでしょうか。

文章だけのやり取りなので、相手に誤解を招くような言動をしてしまうなど気を付けなければいけないことも多いです。好き避けする男性はLINEでも特徴があります。内容や行動を思い出して見極めてみてください。

好き避けする男の特徴⑪直接の会話より積極的

直接言葉を交わしたいと思っていても、本人を目前にしたら恥ずかしくて何も喋ることができなくなってしまう男性もいます。LINEは文字のみのやり取りなので、顔を見なくともコミュニケーションを取ることができます。普段面と向かって話せないことをLINEでたくさんしたいと思っているのです。

周りの目も気にならず、2人だけの空間を楽しむことができるので積極的になれるのでしょう。またLINEは文字を打ちながらじっくりと考えて、どうやって答えたらいいか、絵文字やスタンプの使い方が間違っていないかなど送る前にしっかり確かめることができるのも、積極的になれる理由の1つなのではないでしょうか。

好き避けする男の特徴⑫返信が遅い

返信が遅いのは嫌われているのではないかと感じてしまうことが多いですが、理由があるとないとでは違ってきます。理屈がないのに返事がくるのが遅い場合は、単純に関わりたくないから無視している状態だと言えます。

しかし仕事が忙しいなどの事情から返信が遅れる場合は嫌われているというわけではありません。好き避けする男性のLINEが遅いのは、送る内容をじっくり考えているためです。

「的外れの回答をしてしまって引かれたらどうしよう」「どのように送ったら自分を意識してもらえるか」頭の中で考え答えを出そうとしています。文章だと送る前までならいくらでも修正は可能なので、最終的に自分の中でOKが出てから送るために時間がかかってしまうのです。

好き避けする男の特徴⑬そっけない返事が多い

そっけない返事をされたら「LINEしていて楽しくないのかな?」と思ってしまうでしょう。好き避けする男性は、興味を抱いている女性とのLINEで「はい」「うん」「そうだね」などそこから会話が続くようなネタに持って行こうとはしません。

気になる人と連絡先を交換しコミュニケーションが取れて、いろいろなことを知りたいと思うものです。しかしやり取りをしている中で自分の正直な感情が公にならないように、質問の答えに対して返事だけしている状態だと言えるでしょう。

相手に気持ちが伝わってしまうと嫌われてしまうのではないか、もう気まずくてLINEもできなくなってしまうかもしれないという不安があるために、質問したいのを押し殺しています。それが逆に女性側にとって「いつもネタもなく途切れてしまうから、きっと私に興味がないんだ」と誤解を生むことも多いです。

好き避けする男の特徴⑭たまに返信が返ってこない

たまに返信がこない時があれば駆け引きをしている可能性が考えられます。男性が自分のことをどう思っているのか送らないことで確かめようとしているのです。

少し焦らして意識させようと思っていたり、長い間やり取りをしていて自分の恋愛感情がバレないようにするためにたまに返事をしないで様子を見ている場合もあります。

これだけでは好き避けかどうかを判断するのは難しいかもしれないので、急に返信が途切れたタイミングなどから予想して見極めていくことをおすすめします。

好き避けする男の特徴⑮敬語

普通に会話ができているのにLINEでやりとりを行ったら急に敬語になる男性もいます。丁寧な言葉はお互いの距離を感じてしまいますし、「私と親しくなりたくないのかな?」と悲しくなってしまうでしょう。もっと距離を縮めたいと女性側が思っていても、進展しないこともあります。

言葉遣いが気になるものの、本人にはなかなか聞きづらいことも多いです。普段から敬語ならば一線を置いていると考えられますが、LINEだけ言葉遣いが変わっている場合は好き避けの可能性があります。気になる人とコミュニケーションが取れることでうれしさが相手に伝わり、気持ちが知られることを恐れています。

あえて敬語を使って感情を隠し通そうとしているのです。また関心を抱いている女性とのLINEは特別なもので、「いつも以上に丁寧に返信しなくては」という思いから、敬語を使っている場合も考えられるでしょう。

嫌い避けの場合は好き避けとどう違う?

「好き避け」は相手に恋愛感情を持っているからこそ緊張などから言葉が詰まってしまい、その場から逃げ出したくなります。逆に「嫌い避け」がありますが、これから先関わりたくないために距離を置いていきます。特別な感情は全くなく、抵抗感があるからそのような行動をするのです。

以下のような様子が見受けられたら嫌い避けの可能性が高いです。見極めておくことで相手の心情を推測することができるでしょう。

嫌い避けの特徴①目をそらした後に不快な表情をする

目がバチッと合った時に視線をそらされるのは好き避けになりますが、そらした後の表情に注目してみてください。特別な感情を持っている場合は照れたような顔を見せることが多いですが、不快な表情をしていたら嫌い避けの可能性が高いです。

「なんでそんなに見てくるんだ」「もしかして興味があると勘違いされている?」「視線が気になるから勘弁してほしい」と呆れているのかもしれません。特別に思ってくれているのかなと思っていても、向こう側からしてみると不快極まりない状態の場合もあるのです。

嫌い避けの特徴②二人だけの時も話すのが嫌そう

2人きりの時に楽しく過ごすことができるのは好き避けのパターンになりますが、大勢の前だけではなく2人だけの時も話すのが苦痛にしていたら、根本的に関わりたくないという表れなのでしょう。

明らかに嫌々の状態でいられたら女性も気まずくなってしまうのではないでしょうか。その雰囲気を払拭するためにいろいろ喋りかけてもそっけない態度をされて受け答えが続かなくなってしまいます。このような状態が見られた場合は嫌い避けの可能性が高いです。

嫌い避けの特徴③LINEでブロックされる

LINEの交換をしていて今まで楽しくコミュニケーションを取っていたけれど、急にブロックされて悲しい思いをしている方もいるのではないでしょうか。完全に相手との関係を断つことになるのでよほど抵抗感がない限りすることはないでしょう。

好き避けの場合は返信が遅かったり、無視することもありますが、繋がりを消すことはできないのでブロックまではしません。本当に関わりたくないと思っていない限り、連絡手段を断つことはしないはずです。見極めが難しいところですが、この場合は嫌い避けで間違いないと言えるでしょう。

嫌い避けの特徴④ほぼ返信してこない

ほぼ返信してこないなら嫌い避けの可能性が高いです。関心を抱いている場合は、LINEで楽しくやり取りしてくれますし長く続くことが多いです。

たまに送ってこないこともありますが、それは駆け引きをしているか理由があってのことです。これが抵抗のある男性の場合、LINEをしたくないと思うのが自然な流れでもあります。

返事をくれたと楽しみにしていて開いたら、スタンプだけのこともあるでしょう。スタンプのみはそこで会話がストップになるため、「もうLINEを終わりにしたい」といった意味にもとれます。とにかく言葉を交わすこと自体がないに等しいので、関わりたくないために返信してこないのです。

男性の行動を理解して好き避けと嫌い避けを見分けよう

気になる男性がいて、「もしかしてその行動って好き避けなのかな?」と思う方もいるのではないでしょうか。興味を持っているにも関わらず、恥ずかしい、自信のなさからやり取りが続かなかったり、周囲に人がいるとそっけない態度を取ってしまうことがよくあります。

女性に「嫌われているのかな?」「私に興味がないのかな?」と勘違いされてしまうことも多いでしょう。好き避けをする男性は、目が合った時に視線をそらすことが多々あります。やはり特別な女性に対しては自然と目で追っているものです。

見ているうちに目が合ってしまうと、自分の気持ちを隠そうとするがゆえにそらして何事もなかったかのように振る舞います。その時に照れているようなら好き避けの可能性が高く、不快で怒ったような表情をしている場合は嫌い避けになります。男性の行動を理解して、見分ける力をつけましょう!

その他の関連記事はこちらから