記事作成日:

男の嫉妬は女の嫉妬より怖い⁈嫉妬する男性の行動・態度・心理と対処法を徹底解説!

”嫉妬”と聞くと女性のことをイメージしてしまう方は多いようですが、実は男性の多くも嫉妬をします。この記事では嫉妬する男性の心理、その態度や行動の特徴、そして上手に対処する方法について紹介していきます。嫉妬しやすいタイプの男性との接し方の参考にしてください。

侮ってはいけない男の嫉妬

”女性の嫉妬は怖い”と聞くことがありますが、実は男性の嫉妬も侮ってはいけません。女性以上に男性は嫉妬していることを表に出しやすく、軽く見ていると少々面倒なことにもなりかねないということを覚えておくことは大切です。

嫉妬については、それを感じる側に問題があるという意見を持つ方もいますが、実際には全く何もその感情を感じない人はおらず、すべての人がその程度は別として、嫉妬を感じたり誰かに嫉妬させたりしながら生活しています。

恋愛をしていくうえでも、無意識のうちに相手を嫉妬させてしまうことは珍しくありません。そんな中で、上手に対処し、関係がこじれてしまう前に解決することが重要です。特に男性は一筋縄ではいかないことがあるので、今から上手な対処法を身に着けておきましょう。

嫉妬してしまう男性の心理とは

まず最初に、嫉妬してしまう男性の心理を理解することから始めましょう。表には見えない男性の心理が分かれば、それに対処するためのヒントを得ることができます。

嫉妬する男性の心理①彼女を独占したい

嫉妬する男性の心理として最も多いと言われているのは、”彼女を独占したい”という気持ちです。大切な彼女を独り占めにしたいという、この独占欲が強ければ強いほど、嫉妬心も比例して強くなる傾向にあります。

この心理がとても強い方は、彼女が他の男性と楽しそうに会話しているのを見るだけでも嫉妬心に駆られることがあります。こちらは全くそんなつもりはないのに、なぜか機嫌を損ねてしまっているということがある場合、この心理が関係していると考えられます。

嫉妬する男性の心理②他の男性への対抗心

他の男性への対抗心が強いことによって嫉妬心が生まれることがあります。特に、自分よりも何らかの点で優れている男性がいて、その男性について彼女が誉めたりしてしまうと過剰に反応して、嫉妬心が芽生えてしまう場合があります。

男性は基本的にプライドの高い生き物なので、自分のプライドが傷つくことを恐れます。あまりに自分とはかけ離れたレベルにある男性であればそれほど気にはしませんが、身近にいて同じような立場に身を置いている男性と自分を比較して、無意識のうちに優劣をつけることが多々あります。

嫉妬する男性の心理③マイナス思考

マイナス思考が強い男性も、些細なことがきっかけで嫉妬に駆られることがあります。このタイプの男性は、何でも悪い方に考えてしまう癖があり、彼女についても心配が絶えません。

例えば、デートの誘いをたまたま都合が悪くて彼女が断った時でも”自分は嫌われてしまった”とか”他の男性と約束があるのでは…”と不安を感じてしまうのです。

こうしたマイナス思考が強い男性というのは、基本的に自分に自信のないタイプが多いと言われています。自信がないゆえに、悪い方へと考えすぎてしまって不安が募り、それが徐々に嫉妬心へと発展していくというわけです。

嫉妬する男性の心理④過去のトラウマ

嫉妬する男性の心理としてもう一つ覚えておきたいのは、”過去のトラウマ”によるものです。過去に経験した恋愛において彼女からひどく裏切られたことのある男性は、無意識のうちにそれを引きずっている場合が多く、突然その時のことを思い出して心配になり、嫉妬心が沸き起こるのです。

中には、実際の過去の経験だけでなく、以前に見た映画やドラマなどで、女性が男性を欺き裏切るような悲しい場面を見たことによって、それをリアルに受け止めてしまい、”もしかして彼女もそうなのでは…”と不安に感じ、嫉妬心が芽生えることもあります。

男性が嫉妬しやすい状況

嫉妬する男性の心理について理解することができましたが、次に実際に嫉妬心が芽生えやすい、いくつかの状況も考えていきましょう。この点を理解しておけば、不必要に嫉妬心を煽りかねない面倒な事態を避ける点で役立ちます。

嫉妬しやすい状況①他の男性と楽しそうにしている時

”そんな些細なことで?”と思うかもしれませんが、男性の多くは、彼女や自分の好きな女性が他の男性と楽しそうに会話したり、時間を過ごしている状況を見ると、多少なりとも嫉妬心を持ってしまうことがあります。

男と話していること自体に嫉妬しているというよりも、それによってとても楽しそうにしている彼女の姿を見ることで、”その人が好きなのでは”とか”自分よりその男性といる方が楽しく感じるのでは…”という気持ちになり、不安になるのです。

嫉妬しやすい状況②他の男性と比較される時

一般的に男性はとてもプライドの高い生き物なので、他の男性に対してすぐに対抗心を燃やしてしまう傾向があり、自分が他の人より劣っていると思われたくないという意識を持っています。優劣関係なく自分が他の人と比べられていると感じる時、プライドが傷つき怒りを覚えることもあります。

男性は自分の中では人と比べて自分の立ち位置を確認しがちなのですが、人がそうするのは嫌がります。なのでいつでも、他の人と比較するような言動を避けるように心がけるのは大切なことです。

当然のこととして、付き合っている男性に対してもどかしく感じる部分や、直してほしいと思う部分もあるとは思いますが、そこは少し辛抱してあげて、むしろ今努力している良い点に注目して、誉めてあげるようにしましょう。

嫉妬しやすい状況③他の男性を褒めた時

彼女が他の男性を誉めているのを聞く時にも、男性は嫉妬心を燃やしがちです。特に「かっこいい」とか「優しい」という、その男性に少し気があるかのようなコメントを聞くと、”その人に好意を持っているのではないか…”と敏感に反応してしまうことがあります。

普段から自分の話をそれほど真剣に聞いていないように思える男性であっても、このような他の男性を誉めるワードに対しては非常に敏感で、さりげなくこぼれ出てしまった他の男性への誉め言葉も、意外と覚えていることがあるので要注意です。

嫉妬しやすい状況④彼女が趣味や仕事に集中している時

彼女が自分以外のものに没頭し、注意を集中している時にも男性は嫉妬してしまうことがあります。そして意外にもそれは単に”人”に対してだけでなく、彼女の仕事や趣味などが該当することもあります。基本的に男性は、好きな女性にはいつでも自分のことを考えていてほしいと思うものです。

彼女が自分より他のことにたくさんの時間やエネルギーを注いでいるのを見ると、”自分は彼女にとってそれほど大切な存在ではないのか…”と思ってしまい、嫉妬するというわけです。

もちろん一生懸命に頑張っていることが問題なのではありません。物事に真剣に取り組む姿は男女を問わず人の心を打つものがあります。なので、夢中になる趣味や仕事があっても、彼氏とのための時間もしっかりと取ってあげるようにしましょう。

動画で見る男が嫉妬しやすい状況とは

この動画では、男性の意識を自分に向けたいという気持ちで駆け引きをするために、嫉妬しやすい状況をあえて作るのは無意味なことであり、それよりもむしろ相手に幸せになってほしいという与える気持ちが大切だということが強調されていました。

まさにその通りで、大切に思っている相手を苦しませないために、できる限り嫉妬につながりかねない場面を作らないという目的で、ここでいくつか挙げた、”嫉妬しやすい状況”についての情報を利用していくことをおすすめします。

嫉妬する男性の態度や行動の特徴

では、実際に嫉妬心が煽られてしまった男性はどんな行動や態度でそれを表現するのでしょうか。ここでは、一般的に特に多いとされる5つの特徴について解説していきます。

特徴①何も話さなくなる

嫉妬する男性の特徴で特に多く見受けられるのは、無口になり何も話さなくなることです。彼女に対して言いたいことはあるかもしれませんが、男性にはプライドがありそれが邪魔をして、素直に言葉で表現することができません。

”自分はそんなことで嫉妬してしまう弱い人間だと思われてしまうのではないか”という心配があるゆえに、気持ちをはっきりと口に出せず、”何も話さない”という行動で抗議をしているのです。この場合女性側から見ると、理由が分からないままなぜか男性が不機嫌になってしまっているというパターンです。

特徴②愛情を確かめようとする

男性は、愛情を確かめようとする行動によってその嫉妬心を表すこともあります。あえて自分が他の女性と楽しそうに過ごしているところをわざと彼女に見せてアピールし、彼女はそれに対してどのような反応を示すのかを観察して、本当の気持ちを確かめようとすることがあります。

また、突然急に甘えてきて彼女の愛情を確かめようとする男性も少なくありません。やはりこの場合も、プライドゆえに自分が嫉妬したことを言葉でストレートに言い表すことができないため、こうした行動を取ってしまうわけです。

特徴③他の男性を否定する

彼女や好きな女性が他の男性を誉めた時に、嫉妬した男性がとる行動として多いのは、その男性を否定するというものです。でも、彼のことをこんな風に言っている人もいる…”などと、少しマイナスな部分に触れつつ否定してしまうのです。

この時の言い方としては、直接自分の意見を言うのではなく、第三者がこんな風にマイナス評価をしているという形で、自分が悪口を言っていると思われないように、他の男性の良くない部分を伝えようとすることが多いようです。

中には、彼女にその矛先が向いてしまい”君はわかっていない”とか”男を見る目がない”という言い方をする男性もいます。これは必ずしも本心で言っているわけではないので、このような言葉をかけられても、過敏にに反応しないようにしましょう。

特徴④他の女性の話をしてくる

反応としては2番目に挙げた特徴と似ていますが、ここでの男性の気持ちとしては、”自分だけが嫉妬して苦しいのは悔しいので、彼女にも同じ気持ちを分かってほしい”というのが大半を占めています。

あからさまに職場の女性の同僚の話を出して誉めたり、過去の恋愛の話をして彼女を嫉妬させようとすることがあります。この場合、対応するのが少々面倒に感じるかもしれませんが、悔しいという彼の気持ちを汲み取って、上手に聞き流してあげるのが最善でしょう。

特徴⑤いつも以上にスキンシップを取ろうとする

他にも嫉妬心を感じた時の反応として多く挙げられるのは、いつも以上にスキンシップを取ろうとするというものです。スキンシップは基本的には、かなり親密な関係でしか取ることはありませんので、それをすることで彼女との関係を再確認して安心感を得ようとしているのです。

この時に、スキンシップを嫌がられてしまうと男性の不安な気持ちは一気に加速して、嫉妬心がさらに大きくなってしまいかねません。状況は様々ですが、可能であれば広い心を持って優しく受け入れてあげましょう。

嫉妬する男性への上手な対処法

ここまでで、嫉妬する男性の心理や行動の特徴、さらには嫉妬しやすい状況について解説してきましたが、ここからは、嫉妬する男性に対してどのように上手に対処していくことができるのか、その対処法について詳しく紹介していきます。

対処法①マメに愛情表現をしてあげる

男性が嫉妬するのは、自分よりも他の人や物事に彼女が興味を抱いていると感じるからです。なので、その原因となっている不安を取り除いてあげることが、男性の嫉妬心を和らげる一番の近道と言えます。

この点で、男性への愛情表現をマメに行ってあげるのはとても有効な対処法です。”一番大切に思っているのはあなたなんだよ”という気持ちを定期的に伝えたり、態度で示してあげることで男性は安心し、普段の些細なことで嫉妬してしまうのを防ぐことができます。

対処法②異性の話を避ける

嫉妬深い男性と接していく際に特に気を付けたいのは、その男性の前で異性の話を頻繁にすることです。特に特定の異性について頻繁に、又は長々と話したり、その男性の名前を使って親しい関係にあるということを匂わせるようなことを言うのは慎むようにしてください。

嫉妬深い男性であっても、何も知らなければ嫉妬心を持つことはありませんし、そのようにして余計な心配を相手にに負わせることも避けることができます。この点を普段の会話で少し気を付けていくだけで、不必要な悩み事を減らすことができるでしょう。

対処法③自分も嫉妬しているそぶりを見せる

もう一つの嫉妬する男性への上手な対処法は、自分も嫉妬しているそぶりを見せることです。自分の好きな女性が、自分に対して嫉妬してくれているというだけで、男性は”自分のことを心配してくれている”または”自分のことを好きでいてくれているんだ”と感じ安心することがあります。

時々”…さん(女性)とすごく楽しそうに話してたね”とか、”会社で誰かに言い寄られてたりしてない?大丈夫?”などと声をかけるだけでも、嫉妬しているそぶりを見せることができ、自分は彼女にとって大切な存在なのだと感じさせることができるのです。

意外と怖い男の嫉妬は上手に対処していこう

”嫉妬”と聞くと、女性が持つ感情というイメージを持っている方も多いようですが、実は男性の多くも女性に対して嫉妬します。もちろんこれには個人差があり、嫉妬の表し方もそれぞれで違うことがありますが、意外と嫉妬深い男性は少なくありません。

何も知らずに男性と過ごしていると、思わぬところで嫉妬させてしまって大切な関係が関係がこじれてしまうということもあり得ます。そんな不必要な摩擦を避けるためにも、嫉妬する男性の気持ちや行動の特徴についてしっかりと理解して、上手に対処していきましょう。

その他の関連記事はこちらから