記事作成日:

話しやすい人に共通する特徴まとめ!話しかけやすい人になるための方法を解説!

自分を取り巻く環境の中に、とても話やすく親しみやすいと感じる方はいますか?また、自分は周囲の人にどのように思われているか気になるところです。今回は、話しやすい人が持つ特徴や、逆に話にくい人だと感じる理由、さらに話しかけられやすい人になるためにはどのような方法を実践すべきか、人に良い印象を持ってもらえる自然な流れやおすすめの方法を徹底解説していきます。

話やすい人とは?

人との距離感が程よく、とても居心地の良さを感じることが多い話しやすい人は、人とは少し異なる雰囲気を持ち合わせていると言えます。たとえば、何気なく話をしている中でもとても軽快で、人を楽しませながらも押さえどころはしっかりとわきまえているなど、行動や言葉にキレが見られます。

そのため、自然と会話が弾み、周囲にいる人を楽しませるユーモアを持っています。また、話し合いの場面で人を陥れたり責めるようなことは絶対にしません。会話の中でしっかりとコミュニケーションをとりながら最善の方法を模索します。

このように、話しやすい人は人望も厚く、周囲の人から好かれる存在であると言えるでしょう。常にポジティブな姿勢も見られるなど、周りに良い影響を与えることができます。

話しやすい人の特徴【行動・態度】

では、話しやすい人にはいったいどのような行動が見られるのでしょうか?また、人から好かれる存在であることから、普段の生活態度も気になります。ここでは、話しやすい人の言動や態度に焦点を絞ってそれぞれの項目をチェックしていきましょう。

話しやすい人の特徴①会話の引き出しが多い

いつも笑顔で人と接する傾向にある話しやすい人は、話すことやネタを事前に準備しておかなくても、ごく自然な会話の流れであらゆる話題が持ち上がります。これは持って生まれた素質でもありますが、普段から自分で意識していなくとも、あらゆる情報に対してアンテナを張り巡らせていることが分かります。

さらに、初対面の人であっても、相手の緊張する様子を察知し、その場を和ませるような会話へと導いていきます。これも話しやすい人が持つ自然な手法だと言えるでしょう。そのため、どのような人であっても、話をすることでとても良い雰囲気を作り上げることができることが分かります。

話しやすい人の特徴②空気を読むのが上手

とても不思議に感じる方も多いかもしれませんが、話しやすい人ほど、相手がどう感じているか、今、何を思っているかを察知し、その場の空気を瞬時に読み取る力を持っています。そのため、その場似合う雰囲気で会話のネタを披露しています。

それもわざとらしさは一切なく、自然な流れでできてしまうので、話題性に尽きることはありません。そのような話しやすい人と同じ空間にいるだけでとても居心地の良さを実感できるでしょう。

話しやすい人の特徴③共感力が高い

人からの人望が厚く、話しやすい人は、会話の中で相手を否定することはしません。どちらかと言えば自分にも当てはまることがあると感じることに同調する傾向です。それが取り繕ったことではなく、ごく自然な会話で表現されるため、より相手との会話が弾むことでしょう。

さらに、お互いの印象が良くなり、その後の良い人間関係の構築につながります。このように、相手に同調し、共感することで、さらに信頼ある人だと思ってもらえます。

話しやすい人の特徴④共通の話題を見つけるのが上手

いつも肯定的な姿勢や態度で人と接するという特徴を持つ話しやすい人は、話す相手が自分とどのような共通点を持ち合わせているかリサーチする能力を持っています。そのため、相手との会話の共通点をキャッチしたら、どんどん話題性が豊富になり、より饒舌に話が弾んでいくでしょう。

さらに、上手に相手との言葉のキャッチボールを実践するため、相手がどのような考えを持っているか聞き出すこともできます。このように、お互いの共通点を見つける能力が長けた人こそ話しやすい人であると言えるでしょう。

話しやすい人の特徴⑤適度な相槌

相手の気持ちをしっかりと受け止めることが大切だと言われる「会話」は、一方的に聞き入れることが良いとは言えません。そのため、相手の話をしっかりと聞き、話の内容をよく理解していることを相手に伝えるためにも、適度に相槌を打つことが大切です。

相槌を打つことで、自分の話をうわの空で聞いているのではないと判断できる分、安心感を持ってもらうことができます。それが善循環となり、何でも隠さずに話ができる存在に感じるようになるでしょう。

話しやすい人の特徴【見た目】

では、話しやすい人は、見た目の容姿にどのような特徴を持っているのでしょうか?実際、話しやすい、話しかけやすいという人は、見た目の印象が良いからこそそう思われる傾向です。どのような表情で人と接しているのか、見た目の特徴を詳しくみていきましょう。

話しやすい人の特徴⑥TPOにあった身だしなみ

その場、その時、その雰囲気にふさわしく、きちんとした身だしなみを整えている人こそ、話しやすい人だと言われています。誰が見てもしっかりとした見た目と立ち振る舞いを行っていれば、それだけで第一印象をクリアし、好感度アップにつながるでしょう。

また、自然とそのような話しやすい人の周りには人が寄ってくる傾向であり、誰もが良い印象を持っていることがうかがえます。ぜひ、話しやすい人の特徴を真似て、人望厚く信頼度の高い存在を目指してみましょう。

話しやすい人の特徴⑦健康的な体

周囲の人からの印象が良く、また、スリムで自分の身体をしっかりとコントロールしている人こそ、見た目にも美しく、清潔感のある容姿をしています。だからこそ、その雰囲気が会話にも自然と出てくるため、周囲の人に良い印象を与えることができます。

それほど健康的な身体を持ち、心身共にポジティブな考えを持っている人こそ話しかけやすい人だと思われる傾向です。このように、誰が見ても引き締まった美しい身体を維持していくことが大切です。

話しやすい人の特徴【性格】

人の性格はそれぞれ異なります。当然、明るく前向きな姿勢を持つ人こそ、話しやすい人であるという印象を持たれやすく、人に対して優しい心を持っています。

良い環境で良い人付き合いを行うことで、自分の性格も自然とやさしくなっていくものであり、それは長い年月をかけても変えていくことができると言われています。ここでは、話しやすいと言われる人が持つ性格の特徴を詳しくみていきましょう。

話しやすい人の特徴⑧いつも明るく笑顔が絶えない

毎日充実した楽しい生活を送っていると、自然と笑顔溢れる自分を手に入れることができます。それが、周囲の人にとって話しやすい存在になるようです。そのため、自然な笑顔で、いつも笑っている明るい性格の持ち主こそ、たくさんの人を寄せ付ける力が宿っていると言えるでしょう。

そして、何よりも、物事がすべて善循環する傾向のため、例えばビジネスでは大きなプロジェクトの成功につながる、また、プライベートでは新たに良い出会いがあるなど、自分の自然な努力と周囲の人の力が合わさり、良い連鎖を引き起こしていくと言えるでしょう。

話しやすい人の特徴⑨ポジティブ思考

周囲の人から話やすい人だと思われている人は、自分では普段からそのペースで行動しているため気付きにくいようですが、とてもポジティブな思考であると言えます。そのため、発する言葉にマイナスな要素がありません。常に前を向いて歩いているので、良いことばかりが降り注いできます。

また、会話が常に楽しいという一面を持っているため、相手との話題が尽きず、どんなことでも楽しく話をすることができるでしょう。その会話の中でお互いの考えや思いを高め合いながら、より向上心を持って過ごしていくことができます。

このように、話しやすい人は、ポジティブな思考であること、また、物事に対して積極的な姿勢を見せるという特徴を持っています。

話しやすい人の特徴【話し方】

私たちは普段何気に生活している中で、相手がいるからこそ様々な会話を楽しむことができます。また、話しやすいと思われている人ほど、言葉のキャッチボールが上手くできるなど、その話し方に特徴がみられると言われています。では、話しやすい人にはどのような話し方の特徴があるか詳しくみていきましょう。

話しやすい人の特徴⑩積極的に会話に参加

話しやすい人は、常に会話を楽しみ、誰に対しても積極的な姿勢が見受けられます。そのため、いつも話の輪の中にいる存在であり、また、話したいと思っている人の行動や態度を察知し、輪の中へ促すよう自然な対応ができるのです。

だからこそ、周囲の人と調和が取れ、信頼度も高く、人気者であるという特徴を持っています。このように、いつも自然と輪の中へ溶け込み、積極的な会話をする人こそ、話しやすいと思われる存在だと言えるでしょう。

話しやすい人の特徴⑪相手に質問をする

自分の意見だけではなく、相手の意見や思いを尊重することができるのが話しやすい人が持つ特徴です。そのため、そのような話しやすい人は、相手がどのような話題を持ちかけてきたか、また、相手に対して質問し、その質問に対してどんな答えを見出してきたかをしっかりと覚えています。

いつもどんなことに対しても焦りを見せず、常に冷静に相手と向き合い話をする姿勢を見せるため、しっかりとお互いの思いを理解し合うことができると言えるでしょう。

話しやすい人の特徴⑫簡潔で分かりやすい

いつも人との会話を自然と楽しめる話しやすい人は、自分を主張するような話題をしない傾向です。その分、誰にでも分かりやすく、楽しめる話題性のある話をしています。そのため、会話の内容も簡潔で分かりやすく、話にくどさがないので聞いていても話していても、弾むような楽しさを感じることができるでしょう。

また、会話の波長がとてもリズミカルで心地良く、楽しく過ごせる雰囲気を味わうことができるなど、話しやすい人と過ごすことでポジティブな自分を見つけ出すことができます。これぞまさに、話しやすい人が持つ特徴だと言えます。

話しやすい人の特徴⑬ハキハキと好感が持てる喋り方

普段からテキパキと物事を遂行させていくことができる話しやすい人は、会話もとてもハキハキとしています。これはその人が持つ性格そのものに特徴があるのかもしれませんが、常にテンポの良さを実感することができるでしょう。

この会話のリズムは相手に対してとても好感度が高く、その時間、その空間をとても楽しく過ごすことができます。自然と魅力ある話し方ができる話しやすい人は、良い人間関係を築いていけると言えるでしょう。

話しにくい人の特徴

ここまで話しやすい人が持つ特徴やの行動や態度、話し方などについて詳しくみていきました。この後は、逆に話しにくい人だと言われたり思われてしまう人が持つ特徴をご紹介します。

いったいどのような特徴を持っているのか以下に確認していきましょう。自分がそのような人に該当していないかも合わせてチェックしてみてください。

話にくい人の特徴①話を遮る

自分本位な言動が多く、相手の話の間を割って入ってくる、あるいは話を否定するような人は、周囲の人に話しにくい人だと思われている可能性が高いです。

実に、この手のタイプは、相手がどう思い、どのような気持ちを持っているかを理解することができず、意見を聞き入れない傾向です。このような人は、話しにくい人の典型的な特徴だと言えるでしょう。

話にくい人の特徴②隙がない

何事も完璧にこなせる人はそういません。しかし、話しにくい人は、自分に一生懸命であり、真面目な性格の持ち主であることも多く、すべてをきっちりとやりこなしたいと思っています。そのため、人間的にも隙を見せることがありません。

人からは完璧主義に捉えられることも多く、近づきにくいオーラを放っています。このような人は話しにくいと感じる方が多く、周囲に人が寄って来ないタイプだと言えるでしょう。

話にくい人の特徴③いつも不機嫌そう

せっかく話をするタイミングがあっても、見た目にとても不機嫌な雰囲気を醸し出していた場合、どうしても話しかけ辛くなります。また、一見さっぱりと見えて、物事に執着しない傾向です。

そのため、話しやすい人と比較しても人に依存することもなければ、一人単独行動を好む傾向です。このようないつも不機嫌そうにしている様子を見せる人は、どうしても話しにくい存在に感じられてしまうでしょう。

話にくい人の特徴④感情的

基本的に、周囲の人から話しにくいと感じられる人は、話しやすい人よりも感情の起伏が激しく、また、喜怒哀楽に大きく左右されるため、それに振り回されてしまう人が多い傾向です。そのため、仕事で失敗した時や、悔しい思いをした時は、言動が急変することもあります。

そのような姿を見かけた人は、より一層話しかけにくくなってしまうでしょう。また、感情的になりすぎるあまり、周囲の人が一線を引くことも多く、孤立する傾向です。

もちろん、中にはやさしく声をかけ、歩み寄る人もいますが、あまり目立ってそのような行動を取る人も少ないでしょう。このようなことから、感情の起伏が激しく喜怒哀楽に左右されるタイプの人は、どうしても話しにくい人だと思われ、必然的に周囲に人が寄ってこないタイプの人になってしまうでしょう。

話にくい人の特徴⑤デリカシーがない

話しにくい人と言っても、決して悪い人という訳ではありません。この手の話にくい人とは、自分以外の他の人に対してそこまで大きく関心を持たない傾向にあります。そのため、どんなに仲良く、親密な間柄であっても、そこまで深く掘り下げ、相手のことを知ろうとすることをしません。

何事においても物事が起こった時も、すべてあっさりとした態度で接し、業務的に片付けるような行動を取ることもあります。普段からこのような態度で過ごしている話しにくい人の様子を見ている人にとっては、たとえ何らかを伝えなければならないという事態でも、話しかけることを躊躇してしまうでしょう。

下手に話しかけたことで、逆風が起こり、とばっちりを受ける可能性もあります。それほどデリカシーに欠ける部分が目立つのも、話しにくい人が持つ特徴だと言えます。

せっかく距離を縮めて良い付き合いをしようと思っても、話しにくい人が心を開かない限り、永遠と平行線を辿ってしまうと言えます。その結果、より話しにくくなり、良い関係性を築くことは難しくなってしまうでしょう。

話しやすい人のメリット

話やすい人であることは、自分では気付かない、とても良い一面が隠れています。そんな話やすい人が自分で気付くことができないメリットについて、「恋愛編」そして「仕事編」の2つに分けてそれぞれ詳しくみていきましょう。実に驚くほどメリットだと感じることがあるのです。

メリット①恋愛

話やすい人は、同性にも異性にも好かれる傾向です。これは、いつも明るく笑顔で話しをする時もとても楽しそうな様子を見せるからです。さらに、相手の話に耳を傾け、同調する姿勢が見られる分、相手が親近感を覚え、恋愛へと発展する可能性が高くなります。

そのため、新しい出会いのチャンスも度々訪れるなど、人生をポジティブに過ごすことができるでしょう。このように楽しい時間を共に過ごせる話やすい人は、異性からモテる要素を持っていると言えます。

また、棘のあるような態度をすることがなく、いつもふんわりと柔らかい雰囲気を持つため、周囲の人に対してとても好印象を与えることができます。さらに、見た目の印象もとてもやさしく、穏やかな人柄を醸し出しているため、敵対するような相手は存在しないのではないかと言われるほどです。

見たままの印象がとても良い雰囲気である分、より一層、自然とモテる存在になると言えるでしょう。このように、恋愛において、話やすい人はメリットずくしでさらに楽しい毎日を過ごせることが分かります。

メリット②仕事

そもそも話やすい人は、人とコミュニケーションをとることを得意としています。そのため、ビジネスにおいて仕事の大切な話をしやすく、円滑に業務を進めていくことができます。さらに、自分の考えや意見を述べることができるため、仕事に対する前向きな姿勢を高く評価されやすいというメリットがあります。

上司にも好印象なのも話やすい人が持つメリットだと言えるでしょう。また、ビジネスにおいて大きく飛躍するタイプのため、大きなプロジェクトを任されるなど、適任とも言える仕事が舞い込んでくることが多く、すべてにおいて善循環を起こすことができます。

高い能力を持ち、初対面の人とでも打ち解けやすく共感する姿勢を持っているからこそ、仕事でも多くの人からの信頼を得ることができると言えるでしょう。

話しかけやすい人になる方法

これまで話しかけやすい人だという評価を受けていない人にとって、明日から自分を変えて話しかけてもらえるような人物になるのはそう簡単ではありません。では、周囲の人からの印象が良く、人としっかりコミュニケーションが取れる人物になるにはどのような努力が必要になるのでしょうか?

ここからは、人から話しかけてもらえるよう、少しでも話しかけやすい人になるための最善の方法を以下に4点ご紹介します。すべてをクリアし、実践するのは一気にできることではありません。そのため、ひとつずつで良いので、自分のできることから行ってみましょう。

そうすることで、少しずつ周囲の人から認められる存在になり、話しかけやすい人へと自分を変えていくことができます。どのような方法があるか確認してみましょう。

方法①笑顔を忘れない

誰しも初めて出会う人に対しては、すぐに自分をさらけ出すことはできません。これは、自分も相手もお互いのことを警戒している可能性があるからです。また、どんな接し方をすれば良いか迷っているのかもしれません。

そのような時こそ、あえて自分から笑顔で柔らかい表情を心掛け、やさしい言葉遣いで話しかけてみてください。それが相手にとって好印象に映れば、話やすい人かもしれないと思ってもらえるでしょう。

そして、その後の会話が弾んでいくはずです。このようなことから、初対面の人に対して警戒心ばかりを抱くのではなく、自分から進んで笑顔で接していくようにしましょう。

方法②相手の話をきちんと聞く

話やすい人はそもそも、自然な流れの中で会話がどんどん弾んでいきます。しかし、これから話やすい人を目指す人は、まだ高い意識を持った上で実践していかなければ、どこかでズボラになり、落とし穴にはまってしまうかもしれません。

そのようなことを避けるためにも、まずは会話を弾ませる大前提として、相手の話に耳を傾け、きちんと聞くという姿勢をとってみましょう。そうすることで、この人は私の話をすごく良く聞いてくれる人だという印象に変わり、自分もそれを真似て話やすい人になってみたいと思うようになります。

自らそのような思いになった時こそ絶好のチャンスです。自分も相手も楽しめるような会話と雰囲気作りを行っていきましょう。しっかりと意識して実践することをおすすめします。

方法③挨拶やお礼をしっかりする

話下手で口数が少ない人が話しかけやすい人になるには、相当苦労があると感じる方も少なくありません。しかしこれはひとつのきっかけを作ることで、そこから世界観が広がり、とても良い環境作りを行うことができます。

そのため、まずは朝の挨拶から始まり、昼、夜と、基本の挨拶を心掛けてください。この時もしっかりと笑顔で、そして相手の目を見て感情込めて伝えると良いでしょう。

お礼の挨拶は決して怠ってはいけません。毎日当たり前にできる気持ちの良い挨拶によって、爽快で印象強い存在になれるはずです。

方法④清潔感のある見た目

これは誰にでも言えることですが、まだ話もしたことがない人、あるいは名前も分からない人に対して、まず言えることは、「見た目」の印象が良いか悪いかという点です。当然、話やすい人は第一印象がとても良く、そのおかげで他愛もない話をたくさんすることができるでしょう。

それと同様に、人が話しかけやすく、打ち解けやすい人とは見た目の印象がとても清潔感があり、貴重な存在であると言えます。このように、見た目だけでも随分とその人の印象を変えていくことができるでしょう。

話しやすい人にはメリットがいっぱい!

話やすい人が持つ特徴をはじめ、話しかけやすい人になるための最善の方法をご紹介しました。話やすい人はそもそも周囲の人からの好感度も高く、それをもろともせず、ごく自然に過ごしているだけで、ビジネスでも大きく飛躍するなど、様々な場面で善循環が起こる存在であることが分かりました。

自分自身が話しかけやすい人になりたいと思う場合は、ぜひこの記事でご紹介した様々な方法を実践し、メリットがたくさんある話しかけやすい人になり、しっかりとコミュニケーションがとれる人を目指していきましょう。

その他の関連記事はこちらから