記事作成日:

話す時に目を合わせる人の心理は?目をそらしてしまう人の克服法を解説!

人と話をする時だけではなく、ふとした時に人と目が合う瞬間はありませんか?目が合うことじたい、人に対してとても良い印象を与えることができるため、恋愛上手になれたり、ビジネスでもメリハリのある印象に見られるなど、お得な一面があります。今回は、話をする時に目と目が合った時のその人の心理や、目を合わせることを苦手としている方の改善方法について徹底解説していきます。

目を合わせると印象が良い

人と人が目を合わせる瞬間、それは双方の気持ちが通じ合うことを意味しているだけではなく、目を見て話しをすることで相手の考えを理解することもできます。また、その時、その瞬間で、相手が何を思い、どう感じているのかなど、お互いの気持ちを確認することもできるでしょう。

さらに、目を合わせること、目を合わせて話しをすることは、双方にとってとても印象良く、イメージの良い人だと捉えられるなど、メリットに感じることがたくさんあります。

また、人の心は相手の目を見ればすぐにわかると言われていますが、目を合わせることでとても印象良く見せることができるのです。だからこそ、人と話をする時は、ごく自然に目が合うことがとても印象良く、大切なことだと言えるでしょう。

目を合わせる人の心理【男性】

目を合わせる場面は様々にあります。もしも、相手の人と目が合った時や、意識的に目を合わせる人は、その時にいったいどのような思いでいるのか、男性の心理を探っていきましょう。

男性の目を合わせる人の心理①好意がある

男性に意中の女性がいて、その人を好きだという思いが強いと、自分が意識していなくても、自然とその女性を見つめてしまうものです。

男性はとても単純なため、好意のある女性が自分の視界にいるだけでとても嬉しいという感情が湧いてくるなど、幸せを感じる方が多いと言われています。だからこそ、自然とその女性を目で追ってしまうなど、相手に対して好意を持っている心理状態であることがわかります。

男性の目を合わせる人の心理②リアクションの確認

男性が目を合わせる時は、相手が今、いったいどのような思いでいるか、また、どんな考えを持っているかなど、意見を述べるよう促す際に、相手のリアクションを確認したいために目を合わせることがあります。

たとえば、仕事を行う際も、大切な伝達事項を忘れていないか、相手の目をグッと見つめ、本当に自分の話を理解しているかを確認するという意味であえて視線を送ることがあります。

男性のビジネスにおける上司などからの強い視線は、仕事を成功させる上でもよく見受けられる状況だと言えるため、この心理状態を理解しておくと良いでしょう。

目を合わせる人の心理【女性】

次は女性が目を合わせる時、その仕草や行動にはいったいどのような意味が込められているのでしょうか?さらに、その時の心理状態が気になります。ここでは、女性が目を合わせる時の心理状態について以下に3点みていきましょう。

女性の目を合わせる人の心理①言いたいことがある

自分が言葉を発して伝えればすむことがあっても、アイコンタクトや目を合わせることで相手に自分の思いや話したいと思っていること、また、伝えておきたいことがあることに気付いてもらえるよう、意図的な思いから視線を送り、目を合わせる動作を行っています。

いわば、心の声をアイコンタクトで送っていると言えるでしょう。とにかく、今の自分の思いに気付いてほしいという強い心理が働いていることがわかります。

女性の目を合わせる人の心理②気持ちを汲み取ろうとしている

女性はいつも母性が働く生き物だと言われています。そのため、相手が異性であっても同性であっても、相手がいったいどのような気持ちでいるか、表情だけで判断しようとしています。それは女性がそもそも生まれながらに持っている能力だと言えるでしょう。

この能力を持ち合わせていることで、相手をより理解することができます。そして、相手の表情ひとつで今の思いや気持ちを汲み取ろうとして、あえて視線を向け、目を合わせていることもあります。

上手に相手の気持ちを探りながらも、しっかりとコミュニケーションを取ろうとする努力が垣間見られる心理状態であると言えるでしょう。

女性の目を合わせる人の心理③計算している

女性から目を合わせようとする行動でその時の心理状態は、自分を見てほしいという欲求の現れであると言われているのです。つまり、自分に自信を持っている女性に多い傾向で、さらに男性に向けて視線を送り、相手と目を合わせようとするのは、その人に自分を評価してほしいと願っているからです。

さらに、異性から「可愛い」と思ってもらいたいという心理が働いています。それが自分が思いを寄せる相手であればなおさらそう思ってほしいと感じているでしょう。

このように、恋愛へと発展する可能性を秘めている「目を合わせる」という行為は、女性にとっては意図的に計算して行っている行動であり、それを思う心理状態であることがわかります。

目を合わせるのが苦手な人の心理

私たちは誰もが人と目を合わせることを得意としている訳ではありません。中には人と目を合わせるのがとても苦手だという方もいます。ここでは、目を合わせることが苦手で、どうしてもそらしてしまう傾向の方の心理状態を探っていきましょう。

心理状態が分かれば、それを回避するための対策を講じることで、簡単に誰とでも目を合わせられるということに気付くかもしれません。どのような心理になっているか詳しくみていきましょう。

目をそらしてしまう心理①恥ずかしい

そもそも恥ずかしがり屋の方にとって、人と目を合わせることじたいがすでに「恥ずかしい」の最高潮となり、思うように目と目を合わせることができず、そらすことを優先してしまうこともあります。特に初対面の異性ともなればなおさら緊張も高まり、恥ずかしさで精一杯な状態になることでしょう。

このような状況の時は、恥ずかしさを脱ぎ捨て、自分に自信を持って相手の目を見ながら話しをすることができるよう、普段からトレーニングを重ねることが大切です。恥ずかしいと思ってばかりいると、本当に相手に自分の気持ちを伝えたいと思った時に、素直に伝えることができなくなります。

恋愛上手になるための努力も必要です。また、慣れてくると自分から進んで物事を実践することができるだけではなく、言葉でも視線でも伝えることができるようになり、自然と恥ずかしいという思いがなくなるなど、目をそらすことなく相手の目を見て話しができるようになってくるでしょう。

目をそらしてしまう心理②後ろめたい

目をそらす時の心理状態は、相手に対して何らか隠し事をしている、あるいはやましい出来事があるなど、バレると困るような後ろめたい気持ちがあることを指しています。そのため、そのような人が話をする時、無意識に目をそらす傾向です。

しかし、たとえ目をそらしていても、何か裏があるという雰囲気を察知し、分かる相手にはすぐにバレてしまうので注意が必要です。このように、自分にうしろめたい何かがある場合は、目を合わせたくないという心理が働くことがわかります。

目をそらしてしまう心理③緊張する

目をそらす時の心理状態は、相手に対して何らか隠し事をしている、あるいはやましい出来事があるなど、バレると困るような後ろめたい気持ちがあることを指しています。そのため、そのような人が話をする時、無意識に目をそらす傾向です。

しかし、たとえ目をそらしていても、何か裏があるという雰囲気を察知し、分かる相手にはすぐにバレてしまうので注意が必要です。このように、自分にうしろめたい何かがある場合は、目を合わせたくないという心理が働くことがわかります。

人と目を合わせるメリット

目をそらしてしまう相手の人に対して「好き」という感情を抱いている場合、自分が過剰に意識しすぎているために、緊張して目をそらしてしまうことがあります。本当はしっかりと目を見て話しをしたいのに、つい、目をそらすなど、自分の意思に反してそっけない態度をとってしまうこともあるでしょう。

これは単に相手に好きという感情を持っているために緊張していることでそのような行動をとってしまっただけで、本当はしっかりと相手の目を見て話しがしたいと思っているのです。

とは言え、人は緊張するとどうしても相手を目の前にしても目をそらしてしまう傾向です。少しでも緊張の糸をほどき、相手の目を見て話せる努力が必要だと言えるでしょう。

メリット①説得力が上がる

ここからは、人と目を合わせることで、どのようなメリットを実感することができるか、自分にとっても相手にとっても良い効果があるため、以下の情報をチェックし、自分でもチャレンジできるよう行っていきましょう。メリットを理解することで、きっと上手に人と目を合わせることができるようになるでしょう。

メリット②印象が良くなる

「目力」などという言葉もあるよう、人と目を合わせることによって、相手に対して言葉以上に説得力を伝えることができます。そのため、ビジネスにおいては、秘訣やアイデアなどの意見を出し合い、話し合う中でも、目を合わせて話しをすることで、より説得力を持たせて相手に伝えることができるのです。

恋愛においても、自分の気持ちを素直に相手にストレートにぶつけることができます。そのため、相手に「好き」という強い気持ちを伝えることができるのです。それほど目を合わせることは様々なシチュエーションにおいて良い説得力になると言えるでしょう。

メリット③異性をドキドキさせられる

人と人が話をする時は、相手の思いをしっかりと理解するためにも、相手の目を見て話しをする、話を聞くというのがひとつのスキルだと言えます。

さらに、目を見て、合わせて話しをすることで、「とてもまじめな人」「素直で心優しい人」「信頼感がある人」などのように、相手に対して自分を好印象に見てもらうことができるでしょう。

このように、目を合わせて相手と話をすることで、会話以上のメリットを実感することができるため、必ず人とコミュニケーションを取る時は、話す相手と目を合わせ、しっかりと相手の話に耳を傾けるようにしましょう。

その後、自分の意見を述べるなど、お互いに相乗効果が得られるよう、人と目を合わせて話しをする、話を聞くことが大切です。

目をそらしてしまう人の克服方法

相手と目を合わせ、話をすると、それによって相手の気持ちを自分に向けることができるようになるとともに、ドキドキとさせることができます。もちろん、その逆もあります。

もしも恋愛対象として見ている相手であればなおさら、ドキドキ感も強く、その後、恋愛へと発展する可能性を十分に秘めていると言えるでしょう。

克服方法①目の周りを見る

人から目をそらしてしまいがちいな方は、何らか良い方法があれば、自分でもそれを克服したいと思っています。では、いったいどのような克服方法があるのでしょうか?

最後は、目をそらしてしまう人にとって、それを克服するための最善の方法を詳しくご紹介します。ぜひ以下にご紹介する克服方法を実践し、自分なりの努力を重ねていきましょう。少しずつ努力を重ねることで、目をそらしがちな方も、きっと話をする相手の目を見ることができるようになります。

克服方法②親しい人で目を合わせる練習をする

相手の目をじっと見つめて話しをすることに恥ずかしさやもどかしさ、緊張する気持ちが先走ってしまうという方は、まずは相手との距離感を保ち、目ではなく、目の周りにある鼻、額など、それらの部位に視線をずらしてみてください。

最も良い位置は、目と目の間に視点を置く気持ちで行うとよりやりやすくなります。このように、毎日人と接し、話をする中で、少しずつ相手の目を見て話しをすることができるよう、日々努力を続けていきましょう。

克服方法③相手の目はずっと見続けなくて良い

初対面の人は、誰でも話をする時に緊張するものです。そのため、普段なら親しい人と話をする時にできていることができなくなってしまうこともあります。それほど緊張する場面に直面しても、初対面の人と話すことを躊躇するのではなく、自分から積極的に話をしてみるのも方法です。

この時、それがビジネスシーンであれ、プライべートであれ、相手に失礼のない接し方をすることが大切です。そのため、あまりの緊張で相手の目を見て話しができないということを少しでも改善していくためにも、まずは親しい友人や家族と話す時に、目を見て会話をする練習を行っていきましょう。

親しい人となら顔なじみであり、また、心開ける相手でもあることから、自然と目を合わせやすくなります。その練習に少しずつ慣れてきたら、まったくの初対面の方と話をする時も、ためらいなく自然な行動で行うことができるようになるでしょう。

目を合わせて話すとメリットがたくさん!

人と目を合わせることにあまりに意識しすぎてしまうと、どうしてもぎこちない雰囲気になったり、相手を警戒させてしまうこともあるでしょう。そのようなことを避けるためにも、常に相手の目を見続けるのではなく眉間あたりに視線をそらせてみてください。

そうすれば相手にも失礼のない接し方をすることができるでしょう。意外とその手法は相手に気付かれずにすむ最善の方法だと言えます。ぜひ実践してみてください。

その他の関連記事はこちらから