記事作成日:

出不精な人ってどんな人?特徴から原因・直す方法まで徹底解説!

「出不精な人」と聞いて、自分がそのタイプに該当すると感じる方も多いのではないでしょうか?出不精の人と言っても、自分がそのタイプかどうか知りたいと思う方も少なくありません。今回は、出不精な人が持つ特徴をはじめ、なぜ出不精になってしまったのかその原因を探るとともに、効果的に改善するための方法まで徹底解説していきます。自分が出不精かな?と感じる方は、ご紹介する情報を自分と照らし合わせてみてください。

出不精の意味とは

私たちが耳にすることの多いフレーズとなる「出不精」とは、外出することを億劫に感じること、また、あまり遠方へ出掛けようとしない方など、あらゆることを面倒に感じるような性格の持ち主、そしてその状態を意味している言葉です。

本来「精を出す」などという言い方をする時、これには一生懸命努力するという意味が込められています。しかし「不精」は真逆の意味を持ち、自分で物事を遂行させていくことやあらゆる物事をすべて面倒に捉えることを指しています。

このように「出不精」と聞くと、それは聞く人にとってあまり良い印象を受けない言葉であることが分かるでしょう。

出不精の人の特徴

ここからは、出不精だと言われる人にはいったいどのような特徴があるのか、以下に代表的な特徴を5点ご紹介します。それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

特徴①お金を使いたくない

基本的に出不精の人は、「外出=出費」と捉えています。そのため、「わざわざお金を払ってまで…」などという考え方をしている以上、外出することを避ける傾向にあります。

また、家にいた方がお金も使うこともなく過ごせるなどと感じるため、より一層、外の世界から自分を遮断する傾向にあると言えるでしょう。

また、このようにお金を使うことをためらう以上、外出することの方にストレスを抱えてしまうため、結果的に家から一歩も出ない生活を送るようになることがわかります。

特徴②何をするにも面倒くさい

いつも何をするにも面倒に感じている人は、確実な出不精となる傾向です。そのような人は、プライベートで過ごす際、自分のことを行うだけでも面倒に感じている傾向です。

さらに、あらゆる物事を自分の手でやり遂げることさえ面倒だと思っているため、なかなか自分から率先して進んで行動することができません。与えられたことだけをしっかりとこなし、その他のイレギュラーな依頼には目を向けることさえしないほど面倒臭いと感じているのです。

このように、何をするにもすべてを面倒に感じている以上、外出するとなると高いハードルを越える必要があると言えるでしょう。

特徴③すぐ疲れる

普段からアクティブに活動している訳ではない出不精な人は、基本的に体力がついていないために、どうしても身体が疲れやすい傾向です。そのため、自分の休みの日にあえて出掛けることを好まず、自宅で過ごすことを優先するなど、そのような生活を送っています。

その結果、体力や筋力が低下し、少しの時間の耐久性しか持てないなど、普段の生活にも支障が出やすくなってしまうと言えるでしょう。

特徴④人と話すのが苦手

出不精な人は、もとから外出することを好まない傾向であるだけではなく、人と円滑なコミュニケーションをとることを苦手としています。そのため、誰と接し、話をする時もうまく自分からコミュニケーションを取ることができません。

これを特に苦手に感じているからこそ、人の多い場所へ行くことを避けることが多いと言えます。円滑にコミュニケーションを取ることができないからこそ、できるだけ自宅にいたいと感じているのです。

特徴⑤家でできる趣味がある

外出して外での楽しみを味わうよりも、家の中で自分なりに楽しさを見出し、過ごしているのも出不精の人が持つ特徴です。

たとえば、テレビゲームやスイッチ、また、映画鑑賞など、外で楽しむようなことを家の中でも気軽にできることが分かれば、より出不精が加速し、家で楽しみを満喫する傾向です。当然ながら家の中で自分なりに楽しめるなら、わざわざ外出する必要はなくなるということが分かるでしょう。

出不精になる原因

ここからは、なぜ出不精になってしまうのか、それには何らかの原因が考えられます。いったいどのようなことが原因で出不精を引き起こしてしまったのか、以下にその原因を5つご紹介します。それぞれの原因を詳しくみていきましょう。

原因①家の居心地が良い

誰もが自分の家や部屋で過ごす時間は至福の時間であり、極上の居心地を実感することができます。外にいるよりもはるかに環境も良く、リラックスすることができるため、快適に過ごすことができると言えるでしょう。

このような根本的な思いや考えを持っていることが原因で外出を敬遠し、出不精を引き起こしてしまっていることが分かります。

原因②仕事で疲れている

私たちは様々な仕事に就いています。中には自分の精神を削ってまで集中して行わなければならない業務を担っているという方も多いのではないでしょうか?

そのような方は特に、休日にまで外出し、人混みの中で過ごしてしまうと、自分の時間をゆっくりと持つことができない上、より一層体力を消耗してしまいます。

休日が明けた後の業務に大きな影響を与えてしまう可能性もあるため、それらを考慮し、自宅でゆっくりと休むという方も多く、このように普段から仕事で疲れがたまっているという方こそ、出不精になってしまうと言えるでしょう。

原因③ネットでなんでもできる

今や私たちの生活に欠かせない存在となったネット環境は、誰もが感じる利便性、快適性を持つツールのひとつです。このようなインターネットが定着したことで、ショッピングや映画鑑賞、ゲームなど、あらゆることを可能としているため、外出する意味がなくなってしまうのです。

また、友達同士でオンライン上で会話をしたりゲームを楽しんだり、まるで会ってコミュニケーションをとっているかのような感覚で過ごすことができます。つまり、インターネットがあることで生活する上で困ることがなくなったことがより出不精を引き起こしていることが分かります。

原因④辺鄙な場所に住んでいる

自宅から目的の場所までアクセスが良く、すぐに思うままの行動を起こすことができる場合、出不精になることはまずありません。

しかし、自分の住む周辺の環境が、とても辺鄙な立地である、あるいは自分で行くことができないようなエリアに住んでいる場合は、出掛けることそのものを億劫に感じてしまい、なかなか自ら行動に移すというシチュエーションが少ない傾向です。

このように、自宅から目的地へのアクセスが悪いために出掛けることが面倒になり、出不精となってしまった可能性があると言えるでしょう。

原因⑤容姿に自信がない

自ら好んで外出をしようとしない方は、自分の容姿にコンプレックスがあり、自信を持てないために外の世界と自分に一線を置いてしまう傾向です。

自分に自信がないからこそ、外出することで周囲の人からの視線を感じてしまい、より出不精が進んでいくと言えるでしょう。このように自分の容姿に自信がない方こそ、自宅に引きこもり、出不精を引き起こしてしまうと言えるでしょう。

出不精を直す方法

それではこの後は、出不精になっている人を出不精から脱出させるための最善の方法を以下に4点ご紹介します。本当は少し外の世界を覗いてみたいと思っているかもしれない出不精の人の生活スタイルを改善するための方法をひとつずつ詳しくみていきましょう。

直す方法①買いだめを辞める

家で過ごすことをとても快適に感じている出不精の人は、何事においてもやる気が起こらない傾向です。そのため、家で過ごす時間をたくさん取りたいために、外出回数を極端に減らしたがる傾向です。それでは絶対に出不精を改善することは困難です。

そのためにも、普段からあらゆるものをまとめ買いすることなく、必要なアイテムもすべて揃えておけば、いざという時でも外出することができるようになるでしょう。

このようなことから、外出するためのきっかけを作るという意味でも、あえて買い溜めをすることのない生活スタイルを作り上げていきましょう。

直す方法②出かける約束をする

これまで誰とも接点を持たず過ごしてきた場合、いざ自分が友達と出掛ける時、今から何をしてよいのか、また、合コンやバーティなど様々なイベントに積極的に参加するのがおすすめです。

もしもその場で自分と気が合う男性がいれば、デートへお誘いしてみるのも良いでしょう。このように、友達と約束を交わしたり、好きな人に自分の思いを伝えるなど、あらゆる行動を起こしてみてください。

直す方法③出かけるハードルを下げる

外出を苦手としている出不精の人は、できるだけ手軽にお出掛けすることができるようなセットを作り、気軽に外に出られる環境作りをしていくのがおすすめです。

例えば、メイクを時短で済ますことができる、また、コーディネートを簡単にセットアップするなど、パターンを準備しておくと自然と外へ出ようとする意欲が湧いてくるでしょう。

直す方法④行きたい場所を見つける

自分を取り巻く環境において、いつも景色が変わらないため、出不精の人は何事にも興味を持とうとしない傾向です。

しかし、ネットや雑誌、テレビで紹介されているようなスポットを参考に、「ここへ行ってみたい」と思える場所を見つけ出してみてください。そうすることで外出することを楽しいものだと認識できるようになるでしょう。

出不精であることのデメリット

この後は、出不精な人が感じるデメリットについて、以下に3点ご紹介します。出不精でい続けることによって、いったいどのようなデメリットを感じるのかひとつずつ詳しくみていきましょう。

デメリット①体力が落ちる

出不精になるとどうしても身体を動かす機会がなくなるため、体力低下につながります。それによって太りやすい体質になったり、身体がむくんだり、様々な悪影響が生じる可能性があります。そのため、健康を損なう恐れがあるため、外出や気分転換、適度な運動を行うことが大切です。

デメリット②友達がいなくなる

外出することを億劫に感じている出不精の人は、家で自分が楽しめることを知ってしまっている以上、なかなか人と接する機会を失っている状態です。仕事をしている時だけ人と関わることになりますが、それも業種によって状況は変わります。

このように、出不精の人は、必要最低限の動きのみで満足している分、友達と交流を持つ機会もないため、誰からも誘われることがありません。

仮に誘われたとしてもいつも断り続けているような状況なら、そのうち誰にも声をかけてもらえなくなり、結果的に友達がいなくなるという悪循環に陥ってしまうでしょう。

デメリット③流行がわからなくなる

今の時代のトレンドを掴めないのも出不精の人が感じるデメリットです。自分のファッションセンスや流行りのアイテムなど、何の情報もない状態で日々過ごしています。

このような状況にいる自分は、どんどん時代遅れの人間となり、周囲の人や社会の状態を把握しきれず、すべて出遅れてしまうという状況に置かれてしまうことでしょう。

そのため、時代遅れになるようなことがないよう、常に最先端の情報を入手し、おしゃれやメイク、マストアイテムなど、あらゆる分野にアンテナを張り巡らせておくことが大切です。

そのためにもネットなどを活用し、今の流行りをリサーチしておくようにしましょう。そうすることで話題性を欠くことなく過ごしていけるはずです。

出不精にはメリットもある?

出不精の人には様々なデメリットがあるという点をご紹介しました。しかし、実際は出不精であってもすべての物事に対してマイナスイメージを持つことばかりではありません。実は、出不精である人にも様々なメリットがあるのです。

では、いったいどのようなことをメリットに感じるのかと言うと、いつも休日を外出せずに自宅で過ごしていることを続けていれば、買い物に行って自分の欲しいものを購入する、また、食べたいものを食べるなど、必然的にお金を使う場面がないために、どんどんお金が貯まっていきます。

また、どうしても欲しいと思うものを、わざわざお店まで出向いて買い物に行くことをしなくても、余計な買い物をしなくてすむよう、ネットで簡単に買い物を終わらせてしまい、無駄な出費を行わない生活を送ることができるでしょう。

普段、仕事で多忙な時間を過ごしている方にとって、自分に使える時間はとても貴重なものです。そのため、出不精であっても、それなりに今の自分の状況を踏まえ、自分自身と向き合い、考える時間を手にすることができるのです。

その他にも、自分がチャレンジしてみたいことに一歩を踏み出すこともできるなど、ゆっくりとした時間を過ごすことを可能とするのです。このように、出不精であるからと言って、すべてをデメリットと捉えるのではなく、その中にはメリットもあるという点を理解して過ごすことも大切です。

少しずつ出不精を直して楽しみを広げよう

出不精の人と聞くと、どうしてもマイナスイメージに捉えられることも多い中、出不精の人が持つ特徴をはじめ、なぜそのようになってしまったのか、原因を探るとともに、どうすれば出不精を改善することができるのか、あらゆる情報を詳しく解説しました。

自分が出不精だと感じる方、あるいは周囲に出不精の人がいるという方も、この記事の情報を参考に、出不精であることを少しずつ改善し、自分なりの楽しみをたくさん発見していってください。

その他の関連記事はこちらから