記事作成日:

人間嫌い度診断チェック!人間嫌いになった原因や治し方を解説!

人間嫌いに陥っているという人は実はたくさん存在し、それに対して自分を変えたいと思う方も少なくありません。今回は、自分自身が人間嫌いであるという方へ、自分が人間嫌いであることを診断すること、そして、なぜ人間嫌いになってしまったのか、その原因を探るとともに、正しい治し方まで徹底解説していきます。人を信頼し、楽しく生きることができる人間になりたいと感じている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

人間嫌いとは?

私たちが言葉で表現する「人間嫌い」とは、人と接することを苦手としている、あるいは人とのコミュニケーションがうまく取れずにいる性格を持つ方のことを指しています。そのため、自分を嫌っているという意味ではなく、また、人を嫌いだと感じているのではありません。

私たちが生きる世の中には、人間嫌いに陥っている人が想像よりもたくさんいて、それに対して克服を希望する方も存在しているのです。

人間嫌い度診断でチェック!

ここからは、人間嫌いの方に見られる特徴をご紹介します。意外と自分自身の考えや思いとは裏腹な結果となることもあるため、ぜひ自分のものさしを測る意味でも以下にご紹介する診断を行ってみてください。

人間嫌いに該当する診断によって、いくつか自分に該当するものが見られるかもしれません。ひとつずつ詳しくみていきましょう。

人間嫌い度診断①人に相談や頼るのが嫌い

顕著に人間嫌いであることが垣間見られる方こそ、人を頼ることができないという性質を持っています。そのため、どんなことでも自分でやろうとしてしまう傾向です。

本当は誰かにお願いしたいと思うことでも、どうしても人に甘えることができず、自分で片付けようと無理をすることが多いと言われています。

また、自分の弱さを周囲の人に察知されたくないために強がりを言うこともあります。もしも誰かに何かを手助けしてもらうと、それに対して何かで返さなければならないと感じてしまうことさえ面倒に思っているところがあります。

人間嫌い度診断②人に干渉・束縛されたくない

人間嫌いだと自分で理解している方の本心はとても寂しがり屋で、実は弱い一面も持ち合わせています。そのため、本当は誰かに頼りたいと思っています。しかし、人に干渉されたくないと感じているだけではなく、束縛を嫌うため、それなら自分ですべてを行う方が良いと考えています。

自分に過干渉な部分を見せる他、束縛してあらゆることを制限されるくらいであれば、すべてを自分でやりこなすといった自由度の高い方を選択するのは言うまでもありません。このように、人に干渉や束縛をされることを嫌う人こそ人間嫌いであると言えるでしょう。

人間嫌い度診断③集団行動より1人が好き

本来、人と接することを得意としている人は、当然ながら適度な集団行動も苦痛に感じることはなく、可能な限り、一人の時間を大切に過ごしていきたいと思っているのです。

これは、自分との思いや価値観の違いによって相手の思いと自分の思いに相違がみられた場合、傷つきたくないと思っているからです。このように、集団で過ごすことがストレスに感じ、単独行動で一人で動いている方がよほど楽に思えるため、集団行動よりも一人で過ごしたいと感じていることが分かるでしょう。

人間嫌い度診断④他人に無関心

人間嫌いの人は、自分以外の他人に対して、何か強い感情を抱くこともなければ、興味を示すこともありません。そのため、人が何をどのように考えているのかに対して興味がないという特徴を持っています。

たとえば、仕事の同僚から飲みに誘われることがあってもその誘いはお断りすることの方が多く、自然と誘われることも少なくなっている可能性もあります。必然的に一人孤立しているのが人間嫌いの人の特徴です。しかし、本人はそれに対して何かを感じている訳ではなく、むしろ、その方が気楽だと感じているのです。

人間嫌い度診断⑤人と話すのが苦手

人とコミュニケーションをうまくとることができないため、自分を多く語ることもありません。当然、人と接することが少ない分、いざ話をするシチュエーションに遭遇しても、自ら口を開くことはとても少なく、会話が弾むこともありません。

人間嫌い度診断⑥人の欠点に目がいく

人間嫌いを全面的に醸し出している人こそ、いつも人の悪いところばかりを見てしまう歪んだ視点を持っています。そのため、人の良いところに気付きにくく、欠点ばかりが目に留まり、そこに対して嫌な感情を抱くことで人間嫌いの感情が勃発しているかもしれません。

また、物事を捉える時も常にネガティブな思考になるため、人間嫌いをより強調させてしまうのです。このように、人の欠点やあら探しばかりするのは人間嫌いの人だと判断することができます。

人間嫌い度診断⑦他人のペースに合わせるのが苦手

自分の殻に閉じこもり、自分だけの世界観を持人間嫌いの人は、周囲の人に合わせるような協調性を持ち合わせていません。

そのため、自分のルーティンやペースを乱され、予定を変えられるなど、言語道断だと思っています。それをされることでストレスに感じるくらいなら、一人で過ごしている方がよっぽど良いと思っています。

人間嫌いになった原因は?

なぜ人間嫌いが引き起こされてしまうのでしょうか。もしかすると、その人はもともとは人間嫌いではなかったかもしれません。

ここでは、なぜ人は人間嫌いになるのか、また、人間嫌いになるには何らかの原因があると考えられます。ここではその原因を5つご紹介します。それぞれどのような原因であるか詳しくみていきましょう。

原因①家庭環境が悪かった

幼少期からの家庭環境に大きな変革があった場合、人間嫌いを引き起こすと考えられています。たとえば、子供心ながら深い傷を負ってしまうような出来事があった場合、誰を信じて良いか分からず大人に成長しているため、自分の存在価値を見失っている可能性があります。

その結果、人を信じることができなくなり、必然的に人間不信に陥り、結果的に人間嫌いを招いてしまったと言えるでしょう。

原因②いじめられた経験がある

これまでの人生の中で、一度でもいじめに遭った、あるいは人から悪口や陰口を言われたなど、卑劣なことをされた経験があるという方は、人間嫌いである人が多い傾向です。

確定的な理由は双方にしかわかりませんが、それでも結果的にいじめられた経験が人間嫌いを引き起こしてしまったと考えられるでしょう。

原因③他人への不満がたまっている

常に自分のことを認めて欲しいと感じる承認欲求が強い人ほど人間嫌いな人が多いと言われています。そのため、自分が努力したことや目標を達成した時は、周囲の人に「褒めてもらいたい」という気持ちを持っています。

しかし、自分の頑張りを評価されずに過ごしてきた場合、人に対して不信感や不満が募るのは言うまでもありません。ビジネスにおいて大きな成功を成し遂げても自分が認められることがない場合、人を信じることができなくなり、人間嫌いな人になってしまうでしょう。

原因④自分のことが嫌い

どうしても自分に自信を持つことができない人こそ自分を「好き」だと感じていません。そのため、人との関わりやつながりを避けようとする傾向です。

そのような中でも自分と接点を持とうとする人が現れた場合でも、「どうせ自分を利用しようとしているだけなのかも…」など、マイナスな思考だけが働いてしまうのです。このように、人を信じることができず、不信感が募るばかりとなり、悪循環が繰り返されてしまうと言えるでしょう。

原因⑤裏切られて人間不信になった

これまで自分がずっと信頼していた友人、長く付き合ってきた彼氏や彼女に裏切られ、騙されてしまったら…。そのような経験をした方は、必然的に誰も信じることができなくなってしまうでしょう。

また、自分にとって辛く悲しい出来事であっても、自分なりにその状況を理解し、克服することができればプラスな考えで前へ進んでいくこともできるでしょう。

さらに、自分を取り巻く環境に大きな変化が訪れ、新たな人間関係を構築することができた際は、人間嫌いになった自分を改善することができる可能性があると言えます。ぜひ実践してみてください。

人間嫌いな人が恋愛を成功させるには?

ここでは人間嫌いな人が持つ恋愛観について、恋愛成功のための法則を3点ご紹介します。どのような方法を実践すべきか詳しくみていきましょう。

価値観を認め合う

たとえ人間嫌いであっても、人には感情があります。誰かを好きになったり、好きになられたり、様々な経験をすることでしょう。

その中でも、恋人になった相手には、自分が人間嫌いだということを理解してくれる人であるか確認してみてください。そのような部分もひとつの個性だと捉え、お互いの価値観を認め合うことができれば、良い恋愛に発展していくはずです。

適度な距離感を大切にする

自分のペースを乱されることを嫌い、そのような人物を避ける傾向にあるのが人間嫌いの人の特徴です。そのような人が恋愛で相手のことをとても大切に感じても、それでも自分の世界観に立ち入られるのを避けたいと思っています。

そのため、恋愛関係に発展したとしても、お互い適度な距離感を保ち、それぞれの時間も大切にするような相手であるかを見極めることが大切です。

そのような距離感の大切さや束縛しないことを前提とした付き合い方ができる人であれば、とても楽しい恋愛を経験することができるでしょう。このように、二人の距離感を良い状態に保って恋愛を楽しんでみてください。

結婚前提に付き合わない

恋愛は男女とも自由です。そのため、その時を楽しく過ごせることを第一に考えたいものです。もちろん、付き合うことによって二人の将来を見据えていくことも大切かもしれませんが、結婚を前提とした付き合い方は、お互いを縛り付け、時に苦しめることになり兼ねません。

そのようなことを避けるためにも、その時々、瞬間を共に楽しく過ごせる相手を選び、恋愛関係を築いてみてください。その結果、人を信じることができるようになるかもしれません。

人間嫌いの治し方

最後は、人間嫌いを克服し、周囲の人と協調性を持って過ごすことができる存在になるめの方法を以下に5点ご紹介します。

ひとつでもご紹介する克服方法を実践することで、自分の中のわだかまりや不信感、不安感を解消してみてください。どのような治し方があるかひとつずつ詳しくみていきましょう。

治し方①人間嫌いな理由を紙に書きだす

人は書くことによって自分の思いをすべて吐き出せることがあります。そのため、人間嫌いになってしまった人は、なぜ自分がそのようになってしまったのか、自分の中にある決定的な理由を紙に書いてみましょう。

人に言葉で打ち明けることが難しい場合、書くことでその原因を明らかにしてみることで、新しい自分に変わるための一歩を踏み出せることにつながるかもしれません。ぜひ実践してみてください。

治し方②毎日小さな目標を決める

これまで人間嫌いで過ごしてきた方が、いきなり誰かを信頼し、多くの人とコミュニケーションを取れるのかというとそうではありません。どうしても人間嫌いの方は、人と深い関わりを持ちたくないと思っているので、その感情を少しずつ解いてみませんか?

そのためにも、毎日小さなことからクリアしてみましょう。たとえば、仕事やプライベートでも、人と話をする機会を1分でも2分でも増やしてみてください。また、自分から積極的に挨拶を交わし、会話のきっかけを作ってみてください。

それができるようになったら、少しずつハードルを上げ、ランチへ行ってみる、飲みに行ってみるなど、できることを少しずつ増やし、小さな目標を達成していくと良いでしょう。

それを繰り返し行ううちに、自分が信頼できる人が存在することに気付くかもしれません。毎日継続し、実践していくことをおすすめします。

治し方③固定概念や偏見を捨ててみる

これまで長く人間嫌いで過ごしてきたことから、人に対しての偏見や固定概念がとても強く、それを解消することができずにいます。そのため、相手を表面上で評価してしまいがちです。この機会にその判断を下すことは避け、まずはその人の本質を理解することができるよう努めてみましょう。

そうすることで、その人の考え方や自分に対する思いを理解することができるようになるはずです。このように、偏見や固定概念を強く持つことを辞め、少し自分の肩の荷を下ろしてみませんか?

治し方④人に期待しないようにする

人間嫌いの自分を克服するには、人に対して見返りを求めるのではなく、率先して何事にも手を差し伸べるような寛大な心を持ってみてください。人はどうしても自分に見返りを求めるものです。しかし、それをすると自分が不利になると大きな勘違いをしてしまいます。

そのような状況では人間嫌いを克服することはできません。そのため、あまり過度に人に期待することは避け、自分で物事を遂行させていくようにしましょう。

治し方⑤人を信じて頼ってみる

自分自身が物事に躓いた時、どう解決して良いか迷った時、また、辛い時や悲しい時は、素直に人を信じ、頼ってみてはいかがですか?人は心と心でつながっているものです。

そのため、心穏やかで人の気持ちを感じ取れる人なら、やさしく手を差し伸べてくれるはずです。これを良い機会とし、自分でどうしてよいか分からなくなった時は、思い切って人を信じ、頼ってみてください。

きっと頼られた人もその気持ちを汲み、お互いの間に信頼関係が生まれる可能性もあります。ぜひ相手を信じ、接してみましょう。そうすることで人間嫌いを克服することができるようになるはずです。

人間嫌いに囚われないことが克服する近道!

人間嫌いになるには様々な原因があり、また、それを克服することができるということが分かりました。これまで自分で人とどう関われば良いか分からなかったという方は、ぜひこの記事でご紹介した人間嫌いになった原因を理解するとともに、治し方を実践してみましょう。

そうすることで、人に対して、そして自分に対して正しい考えや道を進んでいけるよう、自分なりに努力を行っていくことができるはずです。ぜひ人間嫌いを克服し、楽しい人生を過ごしていきましょう。

その他の関連記事はこちらから