記事作成日:

ひとりになりたい心理とは?疲れた時のストレス解消法やおすすめの場所をご紹介!

何だか今日はひとりになりたいなと思う時もあるのではないでしょうか。誰かと一緒にいると楽しいけれど、ひとりでいる方が気楽だと感じることも多いです。人と一緒にいるのが疲れる、こんな気持ちを何とかしたいと思いつつもどうやって解消したら良いのかわからないといったこともあります。この記事では、ひとりになりたい心理、疲れた時のストレス解消法やおすすめの場所をご紹介します!

ひとりになりたいと思う理由

ひとりになりたいと思うことは誰にでもあることでしょう。それぞれ理由も異なりますが、人と一緒にいることが億劫になってしまうのです。ひとりになりたい理由にはどのようなものがあるのかをご紹介していきます。

理由①心身ともに疲れている

心身ともに疲れが生じていることで、ひとりになりたいと思うこともあります。学校生活や社会の中で生きていくうえで、人間関係というのはなくてはならないものです。

人と関わっていくことが大切になってくるので、うまくいかなかったり、何かトラブルを抱えていると、「ひとりになりたい」と思うようになります。

一人になることで、ストレスを解消しようとしているのです。また、肉体的に疲れていると、人と一緒にいたくないと思うことが強くなり、「放っておいてほしい」と感じます。体力が回復するにつれて疲れもなくなり、いつもの状態に戻ってくるのです。

理由②周りに気遣いしすぎている

仕事をしていると、周りにはさまざまな人がいます。自分と合う合わないといった問題も出てくるでしょう。しかしそれは社会で働く以上はつきもので、多くの方がうまくコミュニケーションを取りながらこなしています。

例えば、自分は周りと意見が違うけれど言えなかったり、思ってもいないことでも相手に合わせたりして過ごすことも多いでしょう。周りに気を遣いすぎていることでストレスや不満を感じ、「ひとりになりたい」と思ってしまいます。

理由③主婦として家事子育てなど家族を支えるのが大変

主婦なら家事や子育てなど家庭のことは全てやるのが当たり前と思われてしまうことが多いです。働いていないのだから当然だと言われてしまうと、大きなプレッシャーがかかってしまいます。

男性は働いて家計を支えてくれる存在ではありますが、休みもしっかりあります。しかし、主婦の仕事には休みがなく、365日やらなければいけないことが多いです。自分一人に家のことを任されることで、大きな負担となってしまい、ひとりになりたいと思うこともあるのです。

ひとりになりたいときの心理

ひとりになりたい時の心理には、仕事関係、プライベートなどに関するものなどさまざまあります。共感できる内容のものも多いかもしれません。ひとりになりたいときの心理についてご紹介します。

心理①何をしてもつまならない

仕事にはやりがいが感じられない、友達と一緒に遊んだり、恋人と過ごす時間は楽しいもののはずなのに、何をしてもつまらないと感じることもあるでしょう。

これは、友達との遊びもワンパターンだったり、恋人といつも一緒にいることでマンネリ化してしまい、余計につまらなく思うというのもあるかもしれません。友達や恋人といるよりも、一人でいた方が楽しいのです。何をしてもつまらないのは、ひとりになりたい心理だと言えるでしょう。

心理②気持ちの切り替えをしたい

人間関係などトラブルが生じると、ストレスや不満がたまって爆発しそうになることはありませんか?その場は何とかやり過ごしたものの、もうその相手と一緒にいたくない、逃げ出したいと思うこともあるでしょう。

ストレスや不満を抱えたままでいると、何も楽しめないですし、早く気持ちの切り替えをしたいと考えるのです。解消法はそれぞれ異なりますが、自分の好きなことに没頭したり、じっと考えたり、気持ちの切り替えをしたいことでひとりになりたいという心理が出てきます。

心理③ストレスがたまっている

仕事や友達、恋人などが理由で最近落ち込みがちだという方もいるのではないでしょうか。考えることが多くなると、頭がついていかなくなり、知らず知らずのうちに過剰なストレスを溜め込んでいる可能性もあります。いつもよりもふさぎ込んでしまうと感じた場合には、うまくストレスを発散させながら過ごしていくことが大切です。

心理④人間関係に悩んでいる

職場やプライベートでも悩みを抱えていませんか?上司とうまくいかない、友達や恋人とケンカをしてしまったなど人間関係に関する悩みは非常に多く、解決するまでは考え込んだり、落ち込んだりする場合がほとんどでしょう。

どんなに気が合って信頼できる相手だとしても、一歩間違えば味方から敵になってしまう場合もあるのです。一緒にいても解決しないので、少し距離を置いて冷静に考えたいと思うことから、ひとりになりたいという心理が出てきます。

ひとりになりたいときにおすすめの場所

一人になるには自宅で自分の部屋にこもることもできますが、家族がいてなかなか一人の時間を作ることができなかったり、家にいるよりも外出したいという方もいるでしょう。ひとりになりたいときにおすすめの場所をご紹介します。

おすすめの場所①公園

心身ともに疲れてきたら、公園へ行ってみるのもおすすめです。歩いて散歩するのも良いですが、ひとりでゆっくり考えるために、まずはベンチに座ってみましょう。

ベンチに座って余計なことを考えずにボーっとしてみてください。自然豊かな景色を見て癒され、静かでゆっくりと時の流れを感じることができるでしょう。次第に今まで溜まっていたストレスも解消され、元気になれるはずです。

おすすめの場所②旅館やホテル、温泉

お風呂や旅館・ホテルでおいしいものを食べたり、癒されたいという方にはおすすめの場所です。一人でゆっくりとした時間を過ごすことができるでしょう。ただし、旅館やホテル、温泉を利用する場合は、お金がかかりすぎるというデメリットがあります。

疲れやストレスなど完全に回復させるには1日では足りない場合も多いのではないでしょうか。何日間か泊まって休養することが必要になってくるので、経済的にも余裕があれば遠出でゆっくり羽を伸ばしてみるのもおすすめです。

おすすめの場所③図書館

本が好きな方であれば、一人で図書館へ行くのもおすすめです。図書館には、マンガや小説、趣味の本など多数の本が揃っています。読みたい本があれば、自由に椅子に座って読むことができ、静かな環境で心穏やかに過ごすことができるのです。

また、図書館にあるDVDやブルーレイ、ビデオなどを視聴できるコーナーがあるため、楽しめます。ここでは一人専用の席もあるので、ボーっと考え事をすることもできるでしょう。

長時間ひとりになりたいのであれば、混雑している時間帯は使用するのを控えた方が良さそうです。好きなことに集中することができるので、嫌なことも忘れられます。

おすすめの場所④カラオケ

カラオケは友達とワイワイ行くのも楽しいですが、人間関係などに疲れたら一人でカラオケを利用するのもおすすめです。個室の誰もいない空間で、思いっきり自分の好きな曲を歌うことができます。ストレスが溜まって爆発しそうになったら、好きな歌に全身全霊を込めて吐き出しましょう。

思いっきり歌うことで、嫌なことや悲しいこともすっかり忘れ、頭もスッキリした状態になります。一人でカラオケに行くのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、おひとりさまも流行っていますし、マイクも独り占め、自分だけのショーの始まりです。

おすすめの場所⑤ボクシングスタジオ

ストレスを発散させようと思っても、何もしなければ溜まる一方です。体を動かすことは解消にも良いので、ボクシングスタジオを利用するのもおすすめです。

サンドバッグを嫌な相手のことを考えながら思い切り打ったり、汗を流すことでリフレッシュすることができるでしょう。体を動かして汗を流すことは体にも良い影響を与えます。汗と一緒にストレスも流してください。

ひとりになりたいときのストレス発散方法

ひとりになりたいと思う時は、ストレスや不満を抱えていることが多いです。無理に人と関わろうとすると、体にも悪い影響を与えてしまいます。気持ちをリフレッシュして次に進んでいきたいところです。ひとりになりたいときのストレス発散方法をご紹介します。

ストレス発散方法 ①癒される音楽を聴く

音楽を聴く時はいつもポップスなどの軽快な音楽が多いという方もいるでしょう。発散させたい時には、クラシックなどの癒される音楽がおすすめです。

ストレスの度合いが大きい場合は、自律神経が乱れている証拠だと言われています。耳で聴くことでリラクゼーション効果がある音楽は、このバランスを整えてくれる働きをするのです。一人になって落ち着いた曲を聴くことで、心安らかになり、辛いことや嫌なことも吹き飛ばすことができるでしょう。

ストレス発散方法 ②お風呂に入る

お風呂にゆっくり浸かることも発散方法の1つです。ストレスが溜まることにより、自律神経が乱れてしまうため、気持ちが不安定な状態になってしまいます。この状況が続くと、精神的に病んでしまい、病気になってしまう場合も考えられます。

お風呂に入ることは、自律神経の乱れを整えてくれる効果があるため、良い影響を与えることができるのです。また、ストレスを溜め込むことにより筋肉が固まってしまう傾向にあり、血液の循環が悪くなる場合もあります。

湯船にゆっくり浸かることは、凝り固まった筋肉をほぐし、血液の流れを良くする働きをします。精神面だけではなく、健康面でも良い影響を与えるので、シャワーだけで湯船に浸かる習慣はないという方もいるかもしれませんが、発散させたい時には、ぜひ湯船にゆっくり入って癒されてください。

ストレス発散方法 ③美味しいものを食べる

美味しいものを食べると、幸せな気持ちになる方も多いのではないでしょうか。ストレスでイライラすることも多々あり、周りに八つ当たりしてしまうことも少なくありません。イライラを解消させるためには、美味しいものを食べるのがおすすめです。

好きなものをたくさん食べることで、幸せな気分になりますし、満足感を得ることもできます。ただし、イライラが解消できるからといって、食べ過ぎには注意が必要です。いつの間にか肥満になっていたら、健康にも悪影響を及ぼします。

ストレス発散方法 ④時間を気にせず寝る

「嫌なことは寝て忘れろ」と言われるように、ストレスには睡眠が効果絶大です。7~8時間は確保した方が良いとされています。十分に睡眠を取っていると、頭もスッキリし、効率を上げることができるのです。

逆に寝ている時間が短いと、自立神経に乱れが生じストレスが溜まってしまうので、毎日しっかり寝ておくことが大切です。

ひとりになりたいと言われたときの対処法【彼氏・彼女】

彼氏や彼女にひとりになりたいと言われたら、どうしたら良いのか悩むことも多いでしょう。「もしかしたらこのまま別れてしまうことになるのでは?」と思うかもしれません。彼氏や彼女にひとりになりたいと言われた時の対処法をご紹介します。

対処法①自分磨きをする

自分磨きをするのが対処法の1つです。一人になりたいということは放っておいてほしいと思っているので、そっとしておきましょう。その間は気になってしまうかもしれませんが、自分磨きをして、今よりももっと素敵な人になってください。

対処法②冷却期間を置き、連絡が来るのを待つ

1人になりたい場合はそっとしておくことが大切で、このまま破局になってしまうかもしれないといった不安もあると思いますが、一度冷却期間を置いて、相手にゆっくり考える時間を作ってあげることが必要になってきます。

こちら側から電話やLINEをしたくなってしまいますが、ひとりにしてほしいと思っているため、向こうから連絡が来るまで待つようにしましょう。時間が経てばそのような気持ちも収まってくることも多いので、また元通りにと思っているなら相手から連絡が来るはずです。

ひとりになりたいと言われたときの対処法【妻】

妻に「一人になりたい」と言われたらどう対処して良いのかわからないこともあるでしょう。関係がうまくいかなくなってしまったら、最悪離婚になってしまう可能性もあります。妻にひとりになりたいと言われた時の対処法をご紹介します。

対処法③家事・子育てに参加する

家事や子育ては妻がやるのが当たり前だと思い、何もしてこなかったという方も中にはいるのではないでしょうか。自分が頑張らなくてはという気持ちが強くなり、大きな負担となってしまうことで、家族から離れたくなってしまう場合もあります。

今まで妻にばかり押し付けていた方は、家事や子育てに参加してみてください。2人で助け合って子供を育てていかなくてはいけません。妻が全て一人で行ってきたことの大変さが身に染みてわかるはずです。

対処法④労いの言葉をかける

妻が努力をしても、なかなか夫には伝わらないことも多いです。実際に家事や子育てを行ってみて、初めて大変さがわかることも多々あります。

夫婦である以上、お互いに思いやりの気持ちを持って接していくことが大切です。たまには、「いつもありがとう」と労いの言葉をかけてみてください。夫からの感謝の言葉がうれしくて、妻は頑張っていくことができます。

疲れたときはストレスを発散して心のバランスをとろう

職場の人間関係や恋人・友達とうまくいかなくなったり、生活していく中で「一人になりたい…」と疲れてしまうこともあるでしょう。ストレスが溜まると体にも良くないので、しっかり発散させることが重要になってきます。疲れた時は、ストレスを発散して心のバランスを取りましょう!

その他の関連記事はこちらから