記事更新日:

馬鹿にされる人に共通する特徴とは?馬鹿にしてくる人の心理と対処法を解説!

広告

周りに馬鹿にしてくる人はいますか?馬鹿にしてくる人がいたら距離を置きたいところですが、同じ職場にいたら関わらないわけにもいかないですし、精神的にも憂鬱になってしまうこともあるでしょう。どうして人を馬鹿にしてくるのか知りたい方も多いと思います。この記事では、馬鹿にされる人に共通する特徴、馬鹿にしてくる人の心理と対処法を解説していくので、参考にしてみてください!

1人で悩まずプロに相談してみよう!【エキサイトお悩み相談室】

「エキサイトお悩み相談室」は、24時間365日実績豊富なカウンセラーと電話ですぐ話せるオンライン相談室です。人間関係や仕事、子育て、不倫や浮気にいたるまで、メンタルにかかわる全ての悩みに160人以上のカウンセラーが親身に寄り添ってくれます。

サービス開始から15年、安全なシステムにより電話番号・名前も知られずに、辛いことがあった時はいつでも場所を選ばずに予約なしで電話やメールで相談できます。

在籍しているカウンセラーは全員、厳しい審査を通過した経験・実績豊富な実力者ばかり、誰にも相談できない悩みごとがあったら、1人で悩まずプロに相談してアドバスしてもらうことで、良い解決策が見つかるかもしれません。

エキサイトお悩み相談室の公式HPを詳しく見る

 

人を馬鹿にしてくる人の心理とは

自分は偉いと言わんばかりに見下した態度を取ってバカにしてくる人もいるでしょう。どのような心理があるのか、人を馬鹿にしてくる人の心理についてご紹介していきます。

心理①優越感に浸りたい

自分の言うことが全て正しいと思っている方も中にはいるでしょう。そのようなタイプの方は自分の意思を曲げないので、相手が違う意見を言っても何かと理由をつけて自分の意見に従わせようとします。「正しいことを言っているのになぜ意見をするの?」とイライラしてしまいます。

従わなくて反発するような人には自分が一番強いというのを認めさせようとしているのです。相手を見下すような態度を取ることで優越感に浸りたいと思っています。

心理②自分の身を守るため

相手が優位に立つのが許せないため、自分よりも優れていることに嫉妬する反面、関心がないことを装い、人を侮辱して自分の身を守っているという心理もあります。周りに負けてしまうと自分の評価が下がるのを恐れているところもあるのでしょう。

心理③注意を引きたい

自分が注目されていないと嫌だという人もいます。誰でもいいから注意を引きたくて、思ってもいないことを口走ってしまうこともあるのです。見下すという態度は誰が見ても気分が良いものではありません。

周りからは嫌われてしまいますし、かまってほしくて起こした行動が逆に敵を作ってしまうことにもなるのです。「ちょっときつい言い方だったかな」と後で後悔することもあるでしょう。

心理④アドバイスのつもり

本人は決してバカにしているつもりはなく、アドバイスをしているつもりでいたということもあり得ます。1つ1つの言葉がきついと感じ取られることも多いので、相手からは侮辱していると思われてしまうのです。

良かれと思ってしていることが相手にとっては不快で傷つく言葉を平気で言っています。本音をストレートに出し過ぎてしまうのは、相手を誤解させてしまうこともあると言えるでしょう。

心理⑤ストレス解消

日々の生活の中でストレスが溜まることもあるのではないでしょうか。どのようにストレスを発散していますか?家族や友達と出かけたり、趣味に没頭したりさまざまだと思います。人それぞれ発散方法は違います。

人を馬鹿にすることによって気分がスッキリして憂さ晴らしになるという方もいるのです。自分さえ良ければそれでよく、相手にどう思われているか、迷惑しているなんて理解できていません。バカにすることがストレス解消となっているため、繰り返し同じことを行ってしまうのです。

馬鹿にされる人に共通する特徴【性格】

バカにしてくる人は侮辱してもいいのと悪いのとに分類しています。どのような方がバカにされてしまうのか、気になる共通する性格の特徴をご紹介していきます。自分に当てはまるかチェックしてみてください。

馬鹿にされる人の特徴①自信がない

周りに流されずに自分の意見をしっかり持っている方は、何事に対しても自信を持って行動していくことができます。自信を持つことができないと、周囲に合わせておけば間違いないと思うようになり、自分を持つことができなくなってしまいます。

「いつも合わせてばかりいるよね」と馬鹿にされるようになるのです。発言すると反対されるのではないかという不安もあるのでしょう。思っていることがあっても口には出さずに心の中にしまってしまいます。

反対された時に、「何やってもうまくいかないダメ人間」と思いこむようになり、ますます口を閉ざしてしまうのです。コロコロと意見が変わることで、侮辱されるようになります。

馬鹿にされる人の特徴②ネガティブ

自分の良いところはどこですか?すぐにパッと思い浮かぶようならしっかり見ている証拠です。ネガティブになってしまうと、良いところを見つけることができずに、悪いところだけをピックアップしてしまいます。

誰にでも必ずよさはあるはずですが、ダメな部分にしか目がいかないため、自信も失われてしまいます。価値のない人間だと思うようになり、積極的に行動することができなくなるのです。

自信をつけるためには、良さに目を向けるようにして、自己評価を高めることが大切です。ネガティブは周りをも暗くしてしまいますし、いつも自信なさげにしていたら笑いものにされやすいです。

馬鹿にされる人の特徴③控えめな性格

控えめな性格で意見を言うのが苦手という方もいるのではないでしょうか。自分の中で思うことがあっても、発言したところで受け入れてもらえないと頭から思いこんでいる可能性があります。

はっきり自己主張することができずに、挙動不審になっている部分があるため、余計に馬鹿にされやすいのです。思っていることが相手に伝わらないため、周りからは「何を考えているのかわからない」と言われることも多いでしょう。

馬鹿にされる人に共通する特徴【行動】

バカにされる人に共通する性格的特徴をご紹介していきました。では行動の方はどうなのでしょうか。思い当たる行動があるかどうかチェックしてみてください。

馬鹿にされる人の特徴④失敗やミスが多い

学校や職場で失敗やミスをしてはいけないですが、人間なのでたまにはそういうこともあるでしょう。しかし、失敗やミスばかりしている人は笑いものにされやすいです。

相手の言っていることが正しくないことだとわかっていても、うまい言葉で返すことができなく、周りの失敗やミスを自分のせいにされてしまうこともあります。

要領よく行動できると一番良いですが、不器用な性格が災いしてうまく立ち回ることができないために、侮辱されてしまうこともあるのです。

馬鹿にされる人の特徴⑤声が小さい

声が大きいのと小さいのとでは相手の捉え方も変わってきます。大きく発声できると、ハキハキとした性格で我が強いというイメージがあります。一方で小さい声だと気が弱い性格で自己主張ができないというイメージを持たれるでしょう。

周りに流されて発言がコロコロ変わりやすいので、バカにされる原因となるのです。また、声が小さいことで言われるのが嫌だからと喋らないでいれば、「何を考えているかわからなくてつかめない人」と思われてしまい、見下されることも多くなります。

馬鹿にされる人の特徴⑥ネガティブな発言が多い

何かに挑戦する前から、「自分がやってもうまくいかない」とネガティブな発言ばかりしていませんか?自分に自信がないことから、一歩を踏み出せないことが多いです。

「できるから頑張って!応援してるよ!」と励ましても、「でも~」「だって~」などと言い訳ばかりして話が進まないと相手もイライラしてくるでしょう。会うたびに弱気なことばかり言っていては、次第に相手にされなくなり、笑いものにされてしまう原因となるのです。

馬鹿にされる人の特徴⑦身だしなみが整っていない

身だしなみは人前に出る時はとても大切なことで、整っていないと馬鹿にされてしまう可能性があります。何も着飾ってめいっぱいおしゃれをしなさいと言っているわけではありません。

ヒゲはきちんと剃る、寝ぐせを直す、女性ならばメイクをするなど最低限のことはできているのが当たり前だと言えるでしょう。学校や職場に行くのに不潔な格好で行けば、ジロジロ見られ笑いものにされる格好の獲物にされてしまうのです。

馬鹿にされた時の対処法

周りから侮辱されたことで悩んでいる方も多いかもしれません。「バカにされるようなことあったかな?」と自覚がない場合も多いでしょう。自分はきちんとしているつもりなのに、見下されるのはショックを受けてしまいます。馬鹿にされた時の対処法をご紹介していくので、参考にしてみてください。

対処法①適度に自己主張する

馬鹿にされているのに何も言わずに黙っていたら、余計にエスカレートしてくるでしょう。しかし、発言することで相手にどう思われるか怖いと感じることも多いと思います。

対処法としては、適度に自己主張することがポイントになってきます。かといって自分を全面に押しすぎるのも生意気だと言われかねません。相手を怒らせないように自己主張をしてください。

対処法②距離を置く

馬鹿にしてくる相手がいたら、関わりたくないと思うものです。しかしどこかで関わっていかなくてはいけない状況になることもあるでしょう。完全に絶ち切るのは難しいので、距離を置いく必要があります。

断ち切っても良い相手なら、そのまま距離を置くことができます。馬鹿にされることが嫌でも今後関わっていくことが必須の場合、関わることはできるだけ控えながらも、関係を崩さないように最低限の会話だけにしておきましょう。

対処法③馬鹿にする人を分析してみる

馬鹿にしてきたら、その人のことを分析してみるのも対処法の1つになります。バカにするような発言をしてきたら、悲しい気持ちになってしまいますし、イラっとくることが多いでしょう。

つい感情的になってしまい、冷静に話し合うことができなくなる可能性もあります。ケンカになったら余計に関係がこじれて、トラブルの元になってしまうでしょう。相手にバカにされた時は、まず分析から始めてみましょう。

「なぜ侮辱してくるのか?」を考えていき、頭の中で整理しておくことが大切です。さまざまな理由を候補に出しておき、どれが当てはまるかをチェックしてみてください。理由がわかればそれに添った対応の仕方ができるようになるでしょう。

対処法④聞き流す

バカにしてくるのは本気で言っているわけではなく、冗談の可能性も高いです。しかしたとえふざけて発言したのだとしても、相手を傷つける行為ですし発言には気をつけなければいけません。

本気にしていては、相手はもっと馬鹿にしてくるようになるでしょう。反応することで面白がって、相手の気持ちを考えずに発言してしまいがちです。馬鹿にされて嫌な思いをしたことがあるなら、聞き流すことも大切です。

何を言われても、「ふ~ん」「そうなんだ~」などと話を広げないようにしてみてください。相手は反応が薄いことでつまらないと感じますし、今後あまり見下してくることは少なくなるでしょう。

馬鹿にされないための予防法

馬鹿にされないための対処法をご紹介してきました。見下されることがあったら、対処法を試してみてください。バカにされているわけではないけれど、そのような事態になることを前もって防ぎたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

予防をしておくことで、見下されるターゲットからは外されるはずです。馬鹿にされないための予防法をご紹介します。

予防法①ハキハキした話し方を心がける

自分に自信を持つことができないと、自然と声が小さくなり、相手の目を見て話すことができないことも多いです。堂々とできない場合は、ハキハキと物事について話すことはできないでしょう。予防法としては、ハキハキした話し方を心がけることです。

ボソボソした喋り方だと「何を話しているのかわからない」と指摘を受けたり、目を見て話すことができないと挙動不審となり、おかしな人だと思われてしまう可能性が高いでしょう。自信ありげに堂々と話をすることで、相手もバカにすることはなくなるはずです。

予防法②能力を磨いて自信をつける

仕事関係の仲間にバカにされているという方もいるのではないでしょうか。予防法としておすすめするのは、能力を磨くことです。自分の中で能力を身につけることで、自信に繋がっていくため、堂々とした振る舞いができるようになります。

見下してくる人よりも自分の方が能力が上なら、何も言ってこないでしょう。もし言ってきたとしても、能力が備わっていたら見下されることも徐々に少なくなり、そのうち誰も言ってこなくなるでしょう。

予防法③嫌なことは嫌と言う

気が弱く周りに流されてしまいがちだと自己主張ができない人になってしまいます。何かを頼まれても嫌と言えずに、相手の言いなりになってしまうこともあるのです。向こうはつけあがり、何を言ってもOKしてくれるからと無理難題を押し付けたりすることもあるでしょう。

心の中ではやりたくないと思っていても、相手との関係を壊したくないという思いから「いいよ」とすぐにOKを出してしまうのです。やりたくないものは無理にしなくても良いです。自分の本当の気持ちをきちんと伝えられるようになることが大切です。

馬鹿にされない人になるために自分を変えていこう

さまざまな人間がいるので、人を馬鹿にしてくる人も中にはいます。優越感に浸りたい、注意を引きたいなどの心理から見下すような態度を取ることもあるのです。ターゲットにされてしまったら、何かにつけて見下されるようになります。そのたびに反応するのも疲れてしまうでしょう。

ターゲットにされてからの対処法も大切ですが、バカにされないようにするためにも予防策を取っておくことをおすすめします。馬鹿にされない人になるために自分を変えていきましょう!

その他の関連記事はこちらから