記事作成日:

IQが高い人の特徴は?普通の人との違いやIQが高い人ならではの悩みを解説!

賢さや知能の高さを表す言葉として、時折IQという言葉を耳にします。この数値が高ければ高いほど、賢くて知能が高いという事は分かるかと思われますが、実際にIQの高い人というのはどんな人なのでしょうか?今回は、IQの高い人の特徴、特有の悩みなどを解説していきます。

IQとはどういうもの?

テレビなどでも、しばしばIQという言葉を耳にする機会があるかと思われます。IQとだけ聞くと、知能の高さや賢さといったイメージが漠然と浮かんでくる事でしょうが、実際にはIQとはどんなものなのでしょうか?

IQとは?

まずIQというのは、知能指数を指す言葉です。「intelligence quotient」を略したものであり、その人の精神年齢を暦年齢、つまり実年齢で割って、その数値を100倍する事によってあらわされる数値になります。

精神年齢というのは、1905年に世界で初めて作られたという「ビネ=シモンテスト」で算出する事が出来ると言われており、このテストによって導き出された精神年齢を、当人の暦年齢で割れば、IQが大方分かるという訳です。

IQが高いの基準

聞いたこともあるかもしれませんが、IQ、つまり知能指数の基準値は100となっています。つまり、一般的な知能を持っている人であれば、IQを調べてみると100あたりになり、低くても90、高くて109までが平均的な人のIQという事になります。

そして、IQが高いと言われる人は、この平均以上、つまり110以上を記録すれば、高いIQを持っていると判断されます。110から119までは平均以上、120から129までは優秀、130以上の数値は極めて優秀と判断され、この130以上の中でも先天的に高い知能を持っていた人を「ギフテッド」と呼ぶ模様です。

IQが高い人にはどんな特徴がある?

IQとはどういうものなのか、どこからがIQが高いと判断されるのかがお分かりいただけたでしょう。あまりIQを計測する機会というのは無いために、身の回りにIQが高い人がいるかについては分からないでしょうが、実際にIQが高い人というのはどんな特徴があるのでしょうか?

IQが高い人の特徴①論理的に話すことができる

まず1つ目に考えられる特徴は、論理的な話し方が出来るという事です。いかにもIQが高い人の特徴といったものですが、人との会話をするときには、自分の中の主観的な感情と、会話の内容とを切り離して、内容を分かりやすく要約して伝えてくれます。

相手がどんな人であったとしても、感情という主観的な部分を無駄に入れることが無く、論理的な説明や会話が可能なのです。只、あくまでも客観的な真実を伝える事に長けていても、相手に寄り添ったり、共感するといった感覚的な話し方はしない様です。

IQが高い人の特徴②情報処理能力が高い

2つ目は、情報処理能力が優れているという事です。これも1つ目と同様、賢そうな人の特徴といった印象を受けますが、物事の本質を見抜く能力というのがIQの高い人には共通して備わっていますので、どんな物事であってもスムーズに事を運べるのです。

仕事をする中でも、目の前の事に対して素早く自分の中で優先順位をつけ、実行に移す能力があります。自分の仕事の優先度を判断するだけではなく、他の人への仕事を割り振る事についても得意としていると考えられます。

IQが高い人の特徴③記憶力が高い

3つ目に、記憶力が優れている事も挙げられます。これもやはりIQの高い人が備えていそうな能力ですが、情報処理能力が高いからなのか、物の構造を読み解く力にも秀でていますので、一度でも見聞きした事については中々忘れないのです。

実際、IQが高いと判断された人の中にも、記憶力に優れている人は多く見受けられたとされています。その中には、学校の授業で一度もノートを取ったことが無い、取る必要が無いほどに記憶能力が優れている人もいるほどです。

IQが高い人の特徴④好奇心が旺盛

旺盛な好奇心を持ち合わせている事も共通しがちな特徴に数えられます。本質を読み解きたい、構造を理解したいという気持ちが、IQが高い人にとってはとても強い好奇心となって現れます。

その為、常日頃から思考したり、疑問を持つことが習慣付くまでになっている事も珍しくありません。他の人が素通りするような事柄であっても決して見逃すことなく、どうでも良いと思える事に関しても理解をしようとします。

IQが高い人の特徴⑤プライドが高い

実は高いIQを持っている人の中には、プライドが人並み以上に高い人もいます。一般の人がどうでも良いと思えるような事についても知的好奇心が向かうほど、本質を妥協なく突き詰めようとしますので、気になったことについてはとことん追求をします。

ですので、興味のある事などに向かっている時には高い集中力を発揮しますし、妥協をしない姿も良く見られます。そして、集中している時に他人に邪魔されるのも、ひどく嫌う傾向にあります。

IQが高い人の特徴⑥感情を制御できる

論理的な話しが出来るという特徴の中でも述べた通り、自己の感情を制御する事も造作なくできます。自分の思考と今現在の感情とを混ぜることなく、切り離して考える能力がありますので、たとえ大きな壁やトラブルが生じたとしても、感情的になる事はまず無いのです。

ただし、周囲の人からすると、周りの人と協力して問題を解決するというよりも、ただ問題に対処しているのみで、冷たい印象を受ける事も少なくない様です。

IQが高い人と普通の人との違い

共通しやすい特徴をいくつか解説してきましたが、特段IQが高くなくとも、プライドが高かったり、論理的な話が出来るなど当てはまるところはあるでしょう。続いては、普通の人と高IQの人との違いについて見ていきましょう。

違い①妥協せずに取り組めるかどうか

1つ目は、妥協することなく物事に取り組めるか否かです。特徴の中でも解説したように、IQが高い人は興味を持ったことに対して極限まで突き詰めようとしますので、一度集中した時には一切妥協をする事はありません

対して、一般的な人でも興味のある物に対してはある程度集中はできるかもしれませんが、高IQの人ほど熱中し、集中力が持続する事はないでしょう。

違い②頭の回転が早いかどうか

見逃す事が出来ない違いは、やはり頭の回転の早さです。目の前にある物事に対して瞬時に分析や判断を行い、結論や意見を導き出す事が出来る、所謂問題解決能力に差があるのです。

一を聞いて十を知るという言葉もありますが、まさに高いIQの人はこれを実践しています。一方、普通のIQの人は試行錯誤を繰り返す事で、ようやっと結論にたどり着けます。

違い③細身で高身長かどうか

一気に外見的な特徴になりますが、細身で高身長かどうかも実は違いになります。実はこれまでの歴史を振り返ってみると、高いIQを出した人たちというのは、男女関係なく高身長で、細身の外見的特徴が共通していたのです。

複数の研究においても、知性が高い、つまり高IQの子ほど肥満度が低めで、また高身長の子ほど知性が優れているという結果も出ているほどです。

IQが高い人によくある悩み

この様に、高いIQの人は頭の回転が非常に早く、集中力も高い等随所で高いパフォーマンスを発揮できます。普通の人からすれば羨ましい事この上ありませんが、当の本人からすると特有の悩みもある様です。

悩み①孤独になりやすい

1つ目は、孤独を感じやすいという事です。感情を板に挟むことなく、常に論理的な思考と会話が出来る反面、友人や恋人とも同じように会話の目的などを先に考えてしまって、純粋に楽しく会話をするといった事が出来ないのです。

悩み②すぐ結論に達する

頭の回転が早いがために、人よりも先に結論に達してしまうのも、時に悩みになります。また、知的好奇心の深さからすぐに結論を求めようとし、まだ過程段階に居る一般の人とはどうしても差が生じてしまうのも、当人にとっては悩みどころになってしまう様です。

悩み③自分と同じレベルを他人にも求めてしまう

そして、周りに自分と同レベルを求めてしまう事もあります。会話1つとっても、自分と同じレベルを相手に求めていますので、まだ相手が理解に至っていないのに結論を話したり、高いIQならではの理解力が必要な話に普通の人がついていけなくなる事もあります。

その為、相手の知識のレベルに合わせて分かりやすく話を置き換えたりだとか、感情的な部分も交えて訴える様な説明をするのも不得手としている方も少なくないのです。

ギフテッドなIQが高い人と上手に付き合おう

高いIQを持っている人は、それを仕事やプライベートでいかんなく発揮する事が出来る反面、特有の悩みを抱えている事も珍しくありません。特徴などをしっかりと理解して、上手に付き合っていける事を願っています。

その他の関連記事はこちらから