記事作成日:

お風呂がめんどくさいと感じる心理や理由とは?お風呂嫌いの改善方法を解説!

毎日のお風呂が大好きな方がいる一方で、お風呂に入ることを面倒だと面倒に感じる方やもお風呂が嫌いな方もいらっしゃいます。今回は、その中でもお風呂を面倒だと感じる方が持つ心理状態や、なぜお風呂を嫌いになるのかその理由や改善方法を徹底解説していきます。さらに、快適なお風呂タイムを過ごすことができるおすすめのアイテムまでご紹介します。お風呂嫌いの方はぜひこの記事をチェックしてください。

お風呂がめんどくさいと感じる心理

ここからは、お風呂を面倒だと感じる方が持つ心理状態を探ってみます。いったいどのような心理であるがゆえ、お風呂を好まなくなってしまったのか、以下に4つの心理を詳しくみていきましょう。

心理①お風呂が嫌い

お風呂は好んで入る方とそうでない方の二極化を辿る傾向です。そもそもお風呂が嫌いだという方は、当然、毎日お風呂に入りたいとも思うことはなく、どちらかと言えば入らないという選択をする方が大半です。入らないことに慣れてしまうと、よりお風呂に入りたいという気持ちが薄れてくるようです。

このように考えると、無理にお風呂に入る必要はないかもしれませんが、少しでもお風呂嫌いを克服することができれば、バスタイムを楽しいものだと感じることができるでしょう。

心理②洗うのがめんどくさい

お風呂に入ると身体を洗ったり、髪を洗ったりと、様々なことをしなければいけません。疲れて帰ってきて、お風呂に入ることでどの行動もとても面倒に感じてしまうでしょう。

特にお風呂が嫌いだという方の場合は、お風呂で行う工程をとてもめんどくさいと感じていることが分かります。その上、お風呂に入ることじたいをストレスに思っていることでしょう。

心理③1日入らなくても大丈夫

お風呂好きの方とは異なり、お風呂嫌いや入ることを面倒だ、めんどくさいと感じる方は、1日くらいお風呂に入らなかったからと言って、どうということもなく、何とも思っていない傾向です。そのため、「汚い」という感覚は一切なく、何なら「清潔感」を保っていると勘違いしている方が多いと言えるでしょう。

その上、翌日に人と会うなどという機会がないとなれば、なおさら、1日お風呂に入らないことに対して特に思いを持っていないことが分かります。お風呂よりも他に気が向くことがあるという心理が働き、より一層、お風呂からは足が遠のいてしまうという状況になるでしょう。

心理④入ったら出たくなくなる

お風呂がもともとあまり好きではないという方が、あえてお風呂へ足を踏み入れた場合、身体を洗ったりシャンプーをしたりなど、一連の流れはとりあえずこなすかもしれません。しかし、厄介なことに、一度お風呂に入ったら、その後は出たくなくなるという心理が働くことが多いと言われています。

これは、お風呂に入ることが一大決心であり、それをこなした後は力尽きてしまい、何事も考えられなくなってしまうからです。このように、お風呂に入ることを面倒に思う方は、入ってしまったら次は出たくなくなるという心理状態になってしまうという点を理解しておきましょう。

お風呂がめんどくさいと感じる理由

お風呂を面倒に思う方が、なぜそこまで「めんどくさい」と思ってしまうのか、それにはいくつかの原因があると考えられています。以下にお風呂に入ることを面倒に思う理由を4点確認していきます。

理由が分かれば、それを改善することでお風呂嫌いを克服することができるかもしれません。どのような理由があるか、ひとつずつ確認していきましょう。

理由①お風呂に入る元気がない

毎日仕事で疲れて帰ってくると、そのままベッドに寝転び、寝てしまいたいという思いに駆られる方が大半であることをご存知ですか?それほど肉体的にも疲れ果てているためにお風呂に入ることをとても億劫に感じてしまうのです。お風呂に入る元気がないために、お風呂をより面倒に感じてしまうことが分かります。

理由②寒い

特に冬場は肌寒い日が続く上、お風呂に入れば身体が濡れてしまうため、さらに「寒い」と感じる方が多いです。寒さほどストレスに感じることはないかもしれません。

寒さはお風呂に入ることを嫌だと思ってしまう最も多い理由であり原因だと言われています。このように、寒さを感じることのないよう、浴室暖房などを効率良く活用すると良いでしょう。

理由③お風呂の時間が無駄

これからまだ仕事が残っている、あるいはすぐさま眠りにつきたいなど、様々な思いからお風呂の時間を無駄に感じる方も少なくありません。

そのためお風呂を後回しと考え、眠りにつきたいと思っているのです。その思いが強ければ強いほど、よりお風呂を面倒に感じ、その時間を睡眠に使いたいとさえ思うようになってしまうでしょう。

理由④風呂掃除がめんどくさい

お風呂に入ると当然、排水溝やバスタブなど、湯垢を掃除しなければなりません。そのまま放置しておくとカビの温床となってしまうため、不衛生な環境となっていまいます。そのようなことを避けるためにも、お風呂に入ったら、お風呂掃除は欠かさず行うことが大切です。

しかし、お風呂嫌いの方にとって、わざわざお風呂掃除をしなくてはならないという行為じたいをめんどくさいと感じ、お風呂に入ることを避けるのもひとつの理由として挙げられることが分かります。

お風呂がめんどくさいと感じた時の改善方法

では、ここまでお風呂を面倒に感じる方は、どのような方法を実践すればスムーズなお風呂の時間を取り、快適なバスタイムにすることができるか、最もおすすめの改善方法を以下に3点確認していきます。どのように対処すればお風呂に入ることを億劫に思わなくなるのか、その方法を確認していきましょう。

改善方法①帰宅したらすぐ入る

お風呂を面倒に感じることなく過ごすためにも、仕事から帰ったら、そのまますぐにお風呂に入るようにしましょう。リビングで休憩してしまうとその後お風呂に入ることをよりめんどくさいと思ってしまいます。そのため、帰宅後にすぐにお風呂に入ることがおすすめです。

改善方法②時短する

髪が長いと、お風呂上りにどうしてもドライヤーに時間を取られてしまいます。そのため、髪を短くカットし、それぞれのシーズンでヘアスタイルをアレンジしても良いでしょう。

ドライヤーの際は、しっかりと水気をとってからドライヤーを行えば、時短効果を実感することができます。そうすれば時短で楽しいバスタイムを過ごすことができるでしょう。

改善方法③事前に浴室を温める

お風呂に入ることに対して寒さを感じる場合、それはストレスにつながります。そのため、お風呂に入る前に事前に浴室暖房を利用して浴室を温めておくと良いでしょう。温かい状態でお風呂に入れるならそれだけでもストレスをひとつなくすことができます。ぜひこのような改善方法を実践してみてください。

お風呂がめんどくさい時におすすめのアイテム

ここからは、お風呂が面倒だと思う方が、少しでもバスタイムを楽しむことができるおすすめのアイテムをご紹介します。以下のアイテムを活用し、快適なお風呂タイムを過ごしていきましょう。

おすすめアイテム①体拭きシート

これ1枚使用するだけで全身を隅々まで拭きあげていくことができる厚手で大判タイプのシートのため、お風呂に入りたくないという方でもこれさえあれば全身を清潔にすることができるでしょう。

ノンアルコールかつ無香料タイプな上、アロエエキスを配合しているため、お肌をしっとりと仕上げることができるなど、肌にやさしいおすすめのシートです。専用容器等不要で手軽に取り出すことができます。

 

おすすめアイテム②入浴剤

温浴効果が高く、疲労回復、また女性が悩まされる冷え性の改善に効果を発揮する「入浴剤」は、毎日のバスタイムを快適にしてくれます。身体の芯から温め、代謝アップに効果を発揮してくれるでしょう。ぜひ入浴剤を使用してゆったりとリラックスした時間を過ごしてください。

おすすめアイテム③スマホ用防水カバー

お風呂やキッチン、トイレなど、水を使用する場でも防水スマホケースがあれば、テレビを見たり料理レシピを確認するなど様々な場面で活用することができます。高感度タッチパネルを搭載しているため、スムーズな操作を可能としています。

ホルダーを変えれば縦、横に自在に向きを変更することができるので、とても手軽に使用することができるでしょう。これを使用してバスタイムを快適に過ごしてみてください。

 

めんどくさい毎日のお風呂タイムを有意義な時間に変えよう

お風呂に入ることを面倒に感じる方には様々な理由や心理が働いていることが分かりました。しかし、衛生面を考慮し、お風呂に入らないという訳にもいかないため、お風呂の時間を少しでも楽しめるよう、改善方法についても詳しく解説しました。

ぜひこの記事でご紹介したお風呂嫌いの方の改善方法を実践するとともに、お風呂アイテムを活用し、少しでも快適で楽しいバスタイムを過ごしていきましょう。

その他の関連記事はこちらから