記事作成日:

引きこもりでも働きやすい仕事の条件とは?おすすめの仕事15選をご紹介!

引きこもりだけれど「このままではいけない」「働きたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、なかなか外に出るのに抵抗があったり、自分に働けるところがあるのかと不安に思うこともあるでしょう。今回は、引きこもりでも働きやすい仕事の条件やおすすめの仕事をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

引きこもりから社会復帰する際の不安

引きこもりから抜け出したい、社会復帰したいと考える方は多いでしょう。しかし、引きこもりから社会復帰する際には「自分にできる仕事があるのか」「続けられるかわからない」などさまざまな不安を抱えがちです。まずは、引きこもりの方が社会復帰するにあたって抱きやすい不安を見ていきましょう。

不安①自分を雇う職場はあるのか

引きこもりになると自分に自信を無くしてしまい、仕事探しをしても自分を雇ってくれる職場などあるのかと心配になってしまう方が多くいます。しかし世の中には非常に多くの仕事があり、業界や仕事内容、働き方もさまざまです。

意欲や熱意、向上心を重要視している企業は多く、引きこもりであっても採用してくれる職場は必ずあるので、心配せずに仕事探しをしましょう。

やりたい仕事がある場合は、役に立つスキルや知識を学んだり資格取得を目指したりなど、積極的に行動して希望する職場にアピールすれば、熱意が伝わり好印象を与えられます。また正社員にこだわらず、フリーランスを目指すのもおすすめです。

不安②仕事を続けていくことができるか

採用が決まっても、仕事を続けられるか不安という方も多いです。引きこもりの方の中には仕事経験がなかったり少ない方が多く、仕事がきっかけで引きこもりになってしまったという方もいるでしょう。

そのような場合、仕事を長く続けたことがない、仕事で辛い思いをしたことから、続けられるのか不安を感じてしまうのです。

また長く引きこもっていると、通勤のために決まった時間に起きて家から出られるか、職場まできちんと行けるかといった不安もあります。仕事選びをする際には、自分が無理なく続けられる仕事内容や勤務条件かどうかに注目すると良いでしょう。

不安③職場の人と上手くやっていけるか

職場の人と上手くやっていけるかというのも、多くの方が抱える不安でしょう。引きこもりだと人との交流がない状態が続くため、コミュニケーションの取り方がわからなくなってしまうのです。もともとコミュニケーションが苦手という方もいるでしょう。

引きこもりの原因が人間関係やいじめ、パワハラ、セクハラなどだった場合には、このような不安を抱えやすいです。職場の人と上手くやっていけるかという不安を抱えている方は、就職支援サービスを利用して相談に乗ってもらったり、担当者とのやり取りでコミュニケーションの練習をするのも良いでしょう。

不安④どんなふうに自分は見られるのか

周囲の目が気になって、自分がどんなふうに見られるのかと不安に感じる方も多くいます。引きこもりだったという過去に後ろめたさがあり、周りの人に変な目で見られるのでは、馬鹿にされるのではといった悩みを抱えがちです。

しかし、意外と周囲はそこまで自分のことを見ていません。特に職場の人は、今の職場での態度や仕事ぶり、成果を見ていますので、気にせず真面目に仕事に取り組めばきちんと評価されますし、不安も解消されるでしょう。

引きこもりが働きやすい仕事の条件

世の中には非常に多くの仕事があり、その中からどのように自分に合った仕事を見つければよいか分からないこともあるでしょう。

引きこもりの方は「自分にできるか」「続けられるか」といった不安を抱えがちなので、無理なく働き続けられるような仕事を見つけることが大切です。ここでは、引きこもりでも働きやすい仕事の条件をチェックしておきましょう。

条件①人と関わる機会が少ない

コミュニケーションが苦手、職場の人と上手くやっていけるか不安という方は多いでしょう。そのような場合、いきなり人とたくさん関わる仕事につくとストレスになってしまい、続けるのが難しくなる可能性があります。

実際、対人関係からくるストレスは退職理由の中でも大きな割合を占めており、精神的負担が大きいものです。

コミュニケーションが苦手だったり、人との関わりに大きな不安を感じている方は、無理して人と多く接する仕事ではなく、人と関わる機会が少ない仕事を選ぶと良いでしょう。実は人と関わる機会が少ない仕事というのは多く、引きこもりでも働きやすい環境と言えます。

条件②短時間勤務が可能

働くというと正社員やフルタイム勤務をイメージしますが、まずは短時間勤務からスタートするのがおすすめです。「ちゃんと働きたい」と正社員やフルタイム勤務の仕事を探しがちですが、いきなりそのような仕事の仕方をすると疲れやストレスが溜まり、続けるのが難しくなります。

せっかく採用されたのに短期間で辞めてしまうと、次の就職活動にも影響が出ますし、自分に自信を無くしてまた引きこもってしまう可能性もあるでしょう。

まずは無理なく働けるよう週2~3日や1日4~5時間など短時間勤務の仕事を探し、少しずつ社会復帰していくのがおすすめです。短時間でも「自分はちゃんと働けるんだ」という自信をつけることを重要視し、慣れてきたら出勤日数を増やしたり、正社員を目指すなど段階を踏んで進んでいきましょう。

条件③経験がなくても大丈夫

自分を雇ってくれるのか不安という方は、経験がなくても大丈夫な職場を探しましょう。経験や資格がないからといって心配する必要はありません。やりたい仕事があるなら、未経験でも新しい仕事にチャレンジしましょう。

経験がなくても大丈夫という会社は多く、知識や経験がない社員を育てていき戦力にしたいと考えています。研修が充実している、入社後のサポートがしっかりしている、中途採用の社員が活躍している会社なら経験がなくても働きやすいでしょう。

条件④在宅でできる

毎日きちんと出勤できるのか不安、家から出るのに抵抗があるという方は、在宅でできる仕事が良いでしょう。インターネットの発達と働き方の多様化で、テレワークが当たり前になっており、在宅でできる仕事も多くあります。

在宅なら人との関わりがほとんどなく、ストレスも感じにくいでしょう。在宅での仕事には会社に就職して在宅勤務という形と、業務委託のフリーランスがあります。

フリーランスは収入が不安定で収入も少ないというデメリットがありますが、通勤する必要がなく、慣れた自宅で自分のペースで仕事ができるのは大きな魅力で、引きこもりの方にとって社会復帰のハードルが低いと言えるでしょう。

条件⑤職場の平均年齢が高い

働く人の平均年齢が高い職場は、引きこもりでも無理なく働きやすいです。平均年齢が50代以上と高い職場は、体力的にも精神的にもハードではなく、引きこもりからの社会復帰がしやすいでしょう。

平均年齢が高い職場なら体力を求められる、プレッシャーが大きい、業務が難しい、スピードを求められるといったことが少なく、無理なく働けるといえます。また年配の方は仕事を優しく丁寧に教えてくれるケースが多いので、安心して社会復帰できるでしょう。

引きこもりにおすすめの仕事7選

ではここからは、引きこもりにおすすめの仕事をご紹介していきます。まずは、人との関わりが少ない仕事です。働きたいけれど、職場の人と上手くやっていけるか、続けられるか不安という方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの仕事①警備員

警備員は一人での仕事が多いため人と話す機会が少なく、引きこもりでも働きやすいです。警備の仕事は人手不足になりやすいため求人数が多く、年齢制限がないケースも多いので採用される可能性も高いでしょう。

引継ぎや仕事前の打ち合わせでは少し職場の人と接する機会があり、全く人との関りがないわけではないので、引きこもりからの社会復帰におすすめです。

警備員には商業施設などを巡回する施設警備員や、交通整理をする交通誘導警備員、入館管理、モニター監視などがあり、働く場所もオフィスビルや商業施設、学校、工事現場などさまざまです。

勤務時間も昼間と夜間があり、特に夜勤はほとんど人がいないので人との関りが少ないです。夜間は給与も高いですし、引きこもりで夜型の生活になってしまった方も働きやすいでしょう。

おすすめの仕事②清掃業

オフィスビルや商業施設、学校、駅や空港などの清掃を行う清掃業も、人との関わりが少ない仕事です。使用後や営業終了後の施設の床やトイレ、窓ガラスを清掃する場合は、特に人がいない環境で作業します。

はじめは仕事を覚えるために先輩と一緒に行動することになりますが、慣れてくれば一人で作業するので、黙々と自分のペースで仕事ができるでしょう。一人での作業が好きな方にとっては、ストレスが少なく働きやすいと言えます。

ただし、職場によっては複数人で清掃業を行うところもあるので、なるべく人とのかかわりを減らしたい場合は一人で作業できるのか確認しておきましょう。

おすすめの仕事③介護職

介護職は深刻な人手不足が問題となっており、採用率が高いため、引きこもりでも雇ってもらえる可能性が高い仕事です。介護職には訪問介護やデイサービス、特別養護老人ホーム、障害者福祉施設などがあり、経験がなくても働くことができます。

警備員や清掃業とは違って人との関わりがあり、シフト制で夜勤があったり重労働だったりと大変ですが、業務を通してコミュニケーション力が身に付きますし、人から感謝される喜びを味わうことができ、やりがいを感じられるでしょう。

介護職に興味がある方は、就職後に研修を受けることもできますが、事前に介護職員初任者研修などを受けて介護の基礎知識や技術を学んでおくのがおすすめです。

おすすめの仕事④配達員

配達員の仕事も採用率が高く、一人で働く時間が多いので、引きこもりの方におすすめです。配達員には宅配便や宅配ピザなどの他、個人宅に食事を配達する「Uber Eats」やAmazonのに藻を配達する「Amazon Flex」などもあります。

車やバイクの免許があれば経験がなくても採用される可能性が高く、運転や道を覚えるのが得意、体を動かす仕事をしたい方にぴったりでしょう。

営業所で荷物を積んだ後は一人で配達し、仕事は荷物を受け渡ししたり指定の場所に運ぶだけなので、人とのかかわりも少ないです。配達した先で「ありがとう」「ごくろうさま」など感謝されることもあり、やりがいも感じられるでしょう。

おすすめの仕事⑤工場の作業員

工場の作業員は黙々と作業を行うことが多いため、仕事中に職場の人とのコミュニケーションを求められることはほとんどありません。

ミスが事故に繋がらないよう、作業中は会話を禁止している職場もあります。一人で黙々と作業するのが好き、マニュアル通りに作業するのが得意という方に適している仕事でしょう。

中には単純作業を行うところも多いので、難しい作業は不安、少しずつ慣れていきたいという方にもおすすめです。工場には化学や金属、食品など業種によっても仕事環境や内容が異なるので、自分に合ったところを選びましょう。

おすすめの仕事⑥図書館司書

図書館司書は図書館で本の貸し出しや返却処理、資料選定や読書案内などの業務を行う仕事で、図書館司書やその補助をする司書補はどちらも国家資格に定められています。

司書は大学・専門学校での講習修了、もしくは司書補として3年以上の勤務経験と講習修了で取得できますが、司書補は講習を修了すれば資格取得できます。また資格がなくても、図書館スタッフとして働くことは可能です。

忙しすぎたり重労働ではないので引きこもりでも働きやすく、本が好きな方はもちろん、少しずつ人とコミュニケーションを取っていきたいという方にもぴったりでしょう。

おすすめの仕事⑦農業

農業も黙々と作業することが多いのでおすすめです。農業は若い世代にも注目されており、大変なことも多いですが自分のペースで働けるのが大きなメリットです。自分で畑を持っていなくても、人手不足の農家が求人を出していることもありますし、引きこもりの支援団体が農家と提携している場合もあります。

支援団体と提携している農家であれば、引きこもりに対しての理解もあり社会復帰しやすいでしょう。新規で農家を目指す人へのサポートとして「農業次世代人材投資資金」や首都圏から地方移住する際の「移住支援金」などもあります。

引きこもりにおすすめの在宅の仕事8選

次は、在宅でできるおすすめの仕事を見ていきましょう。インターネットの普及により、クラウドソーシングやリモートワークによる仕事は増えています。

また在宅の仕事はフリーランスも多く、自分のペースでできる、やっただけ収入になるのがメリットです。外に出るのに抵抗がある、通勤が不安という方は、在宅の仕事を探してみてはいかがでしょうか。

おすすめの仕事①Webライター

Webライターは、Webサイトなどに掲載する文章を決められた納期までに書く仕事です。場所や時間を問わず仕事でき、やり取りはメールやメッセージで行うため引きこもりでも取り組みやすいでしょう。自由度が高く、打ち合わせも少ないため時間の拘束がないのが魅力です。

主な働き方は、クラウドソーシングに登録し、個人で案件を受注していきます。Webライターには文章構成スキルや先方のニーズに合った文章を書くスキル、SEOライティング知識などが必要ですが、資格は不要で案件をこなしていくうちに身に付けることも可能です。

おすすめの仕事②Webデザイン

WebデザインはWebサイトのレイアウトやデザインを決める仕事で、コツコツ作業するのが好き、デザインが好きという方にぴったりです。自宅ででき、やり取りもネット上で行うため、引きこもりでも働きやすいでしょう。

デザインの知識に加えてプログラミングの知識も必要になるため、未経験でWebデザインをしたい場合にはスクールに通って学ぶのがおすすめです。ハローワークなどでもWebデザイナーの講座を行っていますし、オンラインスクールで自宅にいながら勉強することもできます。

おすすめの仕事③イラストレーター

イラストレーターはイラストを描く仕事で、絵が得意な方が在宅でできるおすすめの仕事です。作品として販売する、挿絵を描く、サイトや企業などの依頼に合わせたイラストを描くなど仕事の幅は広く、デジタルイラストであればネット上で仕事が完結します。

企業だけではなく、プロフィール用の似顔絵やSNSで使うイラストやスタンプなど、個人からの依頼も増えているので、イラストを描くのが好きという方は趣味の延長線上で取り組みやすいでしょう。

イラストレーターとして活動する場合、仕事の依頼・受注サイトにサンプルをアップしたり、SNSで自分が描いたイラストを発信して、依頼に繋げていきます。

おすすめの仕事④プログラミング

プログラミングはスマホアプリやゲーム開発などを行うITエンジニアの仕事で、在宅で社員として働くほか、フリーランスとしても働けます。人手不足のため需要が高く、収入が高く将来性もある注目の仕事です。

プログラミングというと難しそうなイメージがありますが、子供の教育にも取り入れられており、特別な資格は必要なく、自宅で専門スキルを学べる教材も多くあります。パソコンでの作業が好きな方は、挑戦してみるのも良いでしょう。

おすすめの仕事⑤動画編集

動画編集はYoutube動画や企業のPR動画などを編集する仕事で、動画コンテンツが増えているため需要が高まっています。

動画編集のスキルは必要ですが、専門学校に通わなくてもオンラインや書籍でも学べるので、自宅で勉強することも可能です。依頼された動画を編集して経験を積んでいけば、自分で動画を作成して発信したり、企業に就職することもできます。

おすすめの仕事⑥アフィリエイト

アフェリエイトは、ブログやサイトなどに広告を貼ったり記事で商品を紹介し、収入を得る仕事です。パソコンとインターネットがあれば誰でも手軽に始められるのが魅力で、広告や記事を閲覧したり、商品を購入すると広告主から成果報酬として収入を得ることができます。

好きな時間に仕事ができるのが大きなメリットですが、始めてすぐに成果が出るわけではありません。長期的に続けてアフェリエイトやWebサイト・SEO・商材の正しい知識やノウハウを身に付け、ブログなどの閲覧者を増やしていければ成果も上がっていきます。

おすすめの仕事⑦データ入力

ライティングやプログラミングなどのスキルはないけれど、在宅で手軽に仕事をしたいという方は、データ入力がおすすめです。データ入力は、企業が人件費削減のため事務作業を外注しているもので、案件数も多くあります。

紙や音声のデータを文字に起こす作業が主で、名刺や住所入力も多く、ワードやエクセルの簡単な操作ができれば取り組める仕事です。単価は低く慣れないうちは時間がかかりますが、案件数をこなしていくことで収入アップを目指せます。

おすすめの仕事⑧YouTuber

Youtuberは自分がアップした動画に広告を掲載し、収入を得る仕事です。動画作成は自宅でも可能で、動画を閲覧した人が広告を見ることで収益を上げることができます。

収入を上げるためには、継続的に動画をアップして視聴数やチャンネル登録者数を増やしていく必要があります。動画を撮影するにあたって、カメラに向かって話す事を続けているうちに、人前で話すスキルを身に付けることもできるでしょう。

引きこもりの人が利用したい就職支援サービス

引きこもりの人が社会復帰したいと考えた時「一人では心細い」「どうしたら良いかわからない」と思ったら、就職支援サービスを利用してみましょう。

引きこもりの人が利用できる就職支援サービスにはさまざまなものがあり、親身に相談に乗り一人一人に合った支援をしてくれます。講習やビジネスマナーなど就職に役立つサポートもあるので、ぜひ利用してみてください。

利用したいサービス①ハローワーク

ハローワークは厚生労働省が運営している職業紹介機関であり、正式名称は「公共職業安定所」です。誰でも無料で職業相談や求人検索ができ、履歴書作成や面接対策セミナーや講習も行っています。

企業に就職したい場合には、ハローワークに相談してみると良いでしょう。正社員を目指す35歳未満の人向けの「わかものハローワーク」というものもあり、マンツーマンで就職活動をサポートしてくれます。

利用したいサービス②ひきこもり支援推進事業

ひきこもり支援推進事業は厚生労働省が取り組む引きこもりの方向けのサポート事業です。ひきこもり支援ポータルサイト「ひきこもりVOICE STATION」では、引きこもりの人やその家族向けの情報提供をしています。

また専門相談窓口である「ひきこもり地域支援センター」では、引きこもり支援コーディネーターが訪問支援などを行いサポートを行っています。

利用したいサービス③就労移行支援事業所

就労移行支援事業所とは障害がある方の一般企業への就職をサポートする福祉サービスで、市区町村の障害福祉窓口を通じて申し込むことができます。

障害者手帳がなくても場合によっては市区町村の判断で利用することができ、ビジネスマナーやPCスキルなどの職業訓練、給食から就職までのサポート、就職後の定着サポートを受けられるのが特徴です。

就職後も支援を受けられるのがポイントで、見学や体験もできるので興味がある方は近くにある事業所をチェックしてみましょう。

利用したいサービス④地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは、厚生労働省がNPO法人や企業に委託している就労支援機関です。働くことに悩みがある15歳~39歳までの若者向けに、キャリサコンサルタントなどによる相談、コミュニケーション訓練、セミナーなどのサポートを行っています。

地域若者サポートステーションは若者支援の実績やノウハウがあるNPO法人や企業が運営しているので、安心して利用できるでしょう。

引きこもりから社会復帰への一歩を踏み出そう

今回は、引きこもりでも働きやすいおすすめの仕事をご紹介しました。引きこもりでも、仕事をしたいと考えている方は多いでしょう。「仕事が見つけるか」「うまくやっていけるか」など不安を抱えがちですが、引きこもりでもできる仕事は多くあります。

人との関わりが少なかったり、在宅でできる仕事なら無理なく続けられるでしょう。就職支援サービスもうまく利用しながら、ぜひ引きこもりから社会復帰への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから