記事作成日:

メンタルを鍛える方法をご紹介!メンタルが弱い人と強い人の特徴は?

当サイトの記事には広告、アフィリエイトが含まれています。

メンタルが弱くて悩んでいる方もいるでしょう。ちょっとしたことで落ち込んでしまい、自分はダメな人間なんだと思いこんでしまいがちです。メンタルが弱いと、精神的にもダメージを受けてしまいます。メンタルを鍛えて、強い自分に変身したいものです。この記事では、メンタルを鍛える方法、メンタルが弱い人と強い人の特徴についてもご紹介していくので、参考にしてみてください。

メンタルが弱い人の特徴

メンタルが強い弱いとよく言いますが、どのような違いがあるのでしょうか。メンタルが弱い人の特徴をご紹介します。自分に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

メンタルが弱い人の特徴①自信がない

自分に自信を持っていれば、何事に対しても意欲的にチャレンジしていくことができます。しかし、自信を持つことができないと、挑戦してもいないうちから諦めてしまいます。

どうせチャレンジしてもうまくいかないと頭から思い込んでしまうのです。何かをやるといった時でも、気が弱ってしまい、堂々と物事に取り組むことができなくなります。

メンタルが弱い人の特徴②傷つきやすい

メンタルが弱い人は傷つきやすい性格をしているため、少し何かを言われただけでも人生の終わりとさえ思ってしまうくらい落ち込んでしまいます。相手は軽く発言したことだとしても、本人は傷ついてなかなか立ち直れないといった状況になるのです。

発言1つ1つを気にしていたら、心が持たなくなってしまうでしょう。メンタルが弱い人は気にしすぎなところがあるので、自分に対することを何か指摘されたのであれば、ここは治したいと思うところを改善して、あとは受け流すくらいの気持ちでいる方が心にも余裕ができてくるはずです。

メンタルが弱い人の特徴③プレッシャーに弱い

メンタルが弱い人はプレッシャーに押しつぶされそうになることも多々あります。自分に自信がない分、責任ある仕事を任されたり、期限の設けられている案件があると途端に緊張してしまい、「期限内に仕上げられなかったらどうしよう」と心配になるのです。

真面目な性格でもあるので、人一倍努力をすることで何とか切り抜けようと考えています。しかしプレッシャーの弱さから失敗してしまうこともあるでしょう。一度失敗してしまうと、プレッシャーのかかるような仕事は何かと理由をつけて回避しようとします。

人に期待されることはプレッシャーを感じるので、自分のペースで地道に続けていける仕事を率先して選ぶことが多くなるのです。

メンタルが弱い人の特徴④周りの目が気になる

メンタルが弱い人は、周りの目が常に気になってしまいます。自分は他人からどう思われているのだろうと目を光らせているのです。

良い評価をもらえたら嬉しくなり、気になる評価をされた場合は自分のどこが悪かったのだろうと不安になって、傷ついたり不安を感じたりします。「嫌われていないかな?」と過度に心配になり、相手の顔色を伺いながら接してしまうことも多いでしょう。

「嫌われないようにしなきゃ!」という気持ちが強く出ていることから、言葉を選びすぎて挙動不審な行動を取ったりすることもあります。それが裏目に出て、周りからは変わった人だと思われることも多々あるのです。

メンタルが弱い人の特徴⑤流されやすい

他人に流されやすい性格をしているのもメンタルが弱い人の特徴の1つでもあります。自己主張はできないタイプですが、自分の意見はしっかり持っています。

しかし、発言したら批判されるのではないか、こう言ったら嫌われてしまうのではないかという気持ちの方が強くなるため、結局周りの意見に合わせてしまうのです。

自分の意見を心の中に我慢して閉じ込めておくので、ストレスに感じることもあるかもしれません。周囲からはいつも人に合わせてばかりで本当はどうしたいのか掴みどころがない人物だと思われてしまうこともあるでしょう。

メンタルが強い人の特徴

メンタルが弱い人の特徴をご紹介してきました。精神的なダメージも大きく、メンタルを強くしたいと思っている方も多いでしょう。どのようなタイプが該当するのかメンタルが強い人の特徴についてご紹介します。

メンタルが強い人の特徴①気持ちの切り替えができる

人間なので失敗して落ち込んだり、言われたことに対して傷ついたりすることもあるでしょう。メンタルが強い人は気持ちの切り替えが上手にできています。何事に対してもポジティブな性格をしているため、落ち込むことがあっても良い方向に考えることができるのです。

「失敗は成功のもと」という言葉があるように、経験をしたことでもっと自分を成長させていけると思うことができます。それは仕事でも恋愛においても同じで、「次はきっといい恋をしてみせる!」と気合十分でステップを踏んでいくことができるでしょう。

気持ちの切り替えがうまくできれば、悩みを抱えてストレスを感じることもありませんし、例えストレスになることがあっても自分なりの発散方法を見つけてあとに残さないようにしているのです。

メンタルが強い人の特徴②みんなに好かれようとしない

誰だって人に嫌われるのは嫌だと思うでしょう。しかし、みんながみんな自分のことを好きだとは限りません。メンタルの強い人は、みんなに好かれようとはしない傾向にあります。

性格の面からしてもお互いに合う合わないがあるので、誰に何と思われようと気にしないのです。周りの目が気にならないので、自分のことをよく理解して付き合ってくれる人がいればそれだけで十分です。

メンタルが強い人の特徴③人のせいにしない

何でも人のせいにしてしまう方もいるのではないでしょうか。人のせいにして責任から逃れようとするのはイメージも良くありません。メンタルが強いと人のせいにはしないので、自分が変わることでうまく対応できると考えています。

メンタルが強い人の特徴④自信を鼓舞できる

落ち込むことも不安を感じることもありますが、自分に自信を持っているため、失敗してもめげない強さがあります。「次は必ずうまくいくから大丈夫!」「やればできる」と言い聞かせて上手に自身を動かしているのです。

メンタルが強い人の特徴⑤チャレンジ精神がある

「失敗したらどうしよう」というのが頭の中にあったら、思うように行動することができないでしょう。せっかく可能性を広げられるチャンスだったとしても、怖気づいてしまって挑戦することができません。失敗するくらいなら、初めからやらない方が良いという考えが起こってしまうでしょう。

しかしメンタルが強い場合は、チャレンジ精神があり、失敗やリスクがともなったとしても恐れることなく、可能性を信じてどんどんチャレンジしていきます。もしダメだった時はまた次頑張れば良いという気持ちで新しいことに果敢に挑戦していく力があるのです。

メンタルを鍛える方法

メンタルを強くしたいと思っているけれど、どのような方法で強くできるのか知りたい方もいるでしょう。メンタルを鍛える方法をご紹介します。

鍛える方法①スポーツで体を鍛える

スポーツにはさまざまな種類がありますが、筋トレなど運動をすることで、メンタルを鍛えることができます。運動すると気分もリフレッシュできて溜まったストレスを解消することができます。

その場しのぎのものにはなってしまいますが、運動後は心も体もすっきりとした状態を保つことができ、前向きな気持ちでいることができるでしょう。普段運動する習慣がない方は、メンタルを鍛えるためにさまざまなスポーツに挑戦してみてください。

鍛える方法②自己肯定精神を高める

何に対してもネガティブに考えてしまう自分が嫌で、ポジティブになってメンタルを強くしたいと思っている方もいるでしょう。

メンタルを鍛えるにはポジティブになることが大事ですが、ポジティブになろうとしても自分の性格上無理をしてしまうことになるので、辛いと感じることもあるかもしれません。まずは、自己肯定精神を高めることから始めてみてください。

ネガティブに物事を考えてしまうのは自分の特性であり、どうしてそのような思考になるのか原因を突き止めることで、今後どのように対処していったら良いのかがおのずと見えてくるようになるでしょう。無理をせず、地道にメンタルを鍛えていくことも大切です。

鍛える方法③ポジティブ思考に

メンタルが弱いと、どうしてもネガティブな感情が起こってしまいます。悪い方向にばかり考えてしまうので、悩むことも多いのではないでしょうか。もっとポジティブに考えられるようになったら、人生を楽しく過ごすことができるでしょう。

悪い方に考えてしまいそうになったら、すぐにプラスの考え方に持って行くように心がけてみてください。初めは難しいかもしれませんが、慣れてくると自然と物事に対して楽観的に考えられるようになるはずです。

鍛える方法④習い事をはじめる

習い事をしていなかったら、メンタルを鍛えるために習い事を始めるのも1つの方法です。時にはうまくできなかったり、成功したり、失敗と成功を繰り返しながら成長していくことができます。

嬉しい、悔しいなどさまざまな感情を鍛えることができますし、ライバルも増えて負けたくないという気持ちも出てくるでしょう。続けていくことができるか不安に思っている方は、体験もできるので申し込んでみることをおすすめします。

鍛える方法⑤他者評価は気にしない

周りの目が気になってしまうと、他人からどう思われているのかと考えてしまいます。評価はする人が思うもので、誰でもそう考えるかというとそうではありません。それぞれ評価は違いますから、確実なものとは言えないのです。

悪く評価されたとしても、ただ落ち込んでしまうだけではなく、もっと頑張ろうと前向きな気持ちになることができれば、ストレスもなく過ごすことができるでしょう。他者評価は気にせず、自己評価のみを気にしながら生活していくことが大切です。

鍛える方法⑥自ら困難を選ぶ

新しいことにチャレンジする機会に恵まれても、メンタルが弱い人は「失敗したらどうしよう」という気持ちが強く、どうしても後ろ向きになってしまいます。鍛えるためには、自ら困難を選ぶことも必要なのです。

楽な方ばかりを選択して生きていると、いざ立ち向かわなければいけなくなった時に何もできずに終わってしまいます。もっと自分の才能を開花させることができるのにもったいないです。どんどん新しいことにチャレンジして、自分を成長させていくことが大切だと言えるでしょう。

もちろん失敗することもありますが、失敗を重ねていくことで意欲も湧いてくるはずです。失敗するとどうしても気になってしまい、落ち込んでしまうかもしれません。

できるだけ余計なことを考えないようにするためにも、自分一人で考え込む時間を作らないようにすることをおすすめします。考える時間がたっぷりあると、自分を責めてしまい、意欲も失われてしまいます。

メンタルを鍛えるのにおすすめの本

メンタルを鍛える方法をご紹介してきました。自分でできそうなものから試してみてください。メンタルを鍛える本もさまざま販売されているので、参考にしてみてください。

おすすめ①スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書 (だいわ文庫)

スタンフォードのストレスを力に変える教科書 (だいわ文庫)

ケリー・マクゴニガル
810円(04/16 10:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらの商品は、スタンフォード大学の人気講義を「ストレスの新しい化学」を完全書籍化したものです。最新の科学実験と実際のストーリーをもとに、「困難を乗り越えて強くなる方法」を考えていきます。

ストレスはなるべき溜めないようにと避けがちになりますが、受け入れてうまく付き合っていくことでレジリエンスが身につくそうです。

おすすめ②逆境を生き抜く「打たれ強さ」の秘密

メンタルが弱くて、プレッシャーから逃げ出したい、自分に自信がないなど、そういう経験が多いという方もいるのではないでしょうか。

そのような人ほど成功のカギを持っていると言われており、プロゴルファーやプロ野球選手など多くの才能を開花させてきました。その実践から生み出されたタフな心を作るメンタルトレーニング方法が紹介されています。

おすすめ③心を整える。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)

長谷部 誠
715円(04/16 10:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

プロサッカー選手である長谷部誠さんの国民的ベストセラーが文庫化したものです。メンタルを鍛える、磨くといった表現をされることが多いですが、長谷部誠さんの場合は「心を整える」です。

日々の生活の中でもメンタルコントロール術により、いかなる試合や場面でも心揺らぐことなく活躍できるのです。あらゆるシーンで応用できるメンタルコントロール術が紹介されています。

おすすめ④メンタルが強い人がやめた13の習慣

メンタルが強い人がやめた13の習慣 (講談社+α新書)

メンタルが強い人がやめた13の習慣 (講談社+α新書)

エイミー・モーリン
935円(04/16 10:18時点)
発売日: 2019/10/19
Amazonの情報を掲載しています

全米で1000万人が呼んだメソッドで、誰もが持っている13個の習慣をやめれば強く折れない心を持つことができるという訓練術を学ぶことができます。人生最大の危機が訪れても、なんとか切り抜けることができるようになるはずです。

メンタルを鍛えて弱い自分を克服しよう!

メンタルが弱いことで悩んでいる方は、強くて折れない心を作りたいと思うものです。弱い人と強い人とでも考え方が違います。弱いとネガティブになってしまいがちですが、強いとポジティブに考えることができ、気持ちをうまく切り替えることができます。

自分に自信を持つことで新たなチャレンジができる様になります。心を鍛えることでタフでどんな物事でも切り抜けられるような強靭な心を作ることも可能です。メンタルを鍛えて弱い自分を克服しましょう!

その他の関連記事はこちらから