記事作成日:

「人たらし」の意味とは?人たらしをお手本に!人に好かれる方法を公開!

「人たらし」という言葉の意味をご存知でしょうか?人たらしとは男女問わず人に好かれる人のことで、人たらしをお手本にすることで人に好かれる方法を知ることができます。

今回は人たらしの特徴から人に好かれる方法まで解説していきますので、人たらしに近付きたい方はぜひチェックしてみてください。

「人たらし」ってどんな意味?

「人たらし」という言葉は聞いたことがあるけれど、どんな意味なのかわからないという方もいるでしょう。「女たらし」「男たらし」と言われるように、「たらし」が付く言葉にはマイナスのイメージがあるのではないでしょうか。

「たらす」には「だます」「たぶらかす」という意味があり、辞書によれば「人たらし」には「人をだます人」という意味があります。

このように本来はマイナスイメージのある言葉なのですが、現在は「人の心を掴むのが上手い人」「周囲から慕われる、愛される人」という意味で使われることが多く、男女問わず多くの人から好かれる人という褒め言葉として使われています。

「人たらし」はいつから良い意味になった?

本来は人をだますという意味の「人たらし」ですが、いつから良い意味で使われるようになったのでしょうか。「人たらし」が良い意味になったのは、有名な戦国武将・豊臣秀吉のエピソードが深く関わっています。

秀吉は目上の武将からも部下からも信頼され、多くの人に愛されていたことが知られており、作家・司馬遼太郎は彼の事を「人たらしの天才」と表現しました。

それまでマイナスの意味として使われていた「人たらし」という言葉に「天才」をつけて表現したことで、褒め言葉として使われるようになったと言われているのです。

「人たらし」の特徴【共通】

人たらしの人には笑顔や素直さなど、共通する特徴がいくつか存在します。その特徴を知ることで、人たらしに近付くためのヒントが見えてくるでしょう。まずは共通する特徴を解説していきますので、自分にあてはまるものがあるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

特徴①常に笑顔

大きな特徴の一つが、常に笑顔を絶やさないことです。常にニコニコして笑顔で接するため、明るい雰囲気をまとっています。いつも不機嫌そうな顔をしている人より、笑顔で愛想良くしている人の方が近寄りやすいですし、人に好かれやすいでしょう。

自然と周囲を惹きつけ、周りには人が集まりやすい傾向にあります。常に笑顔でいることは仕事面でもプラスになることが多く、職場でも信頼されることが多いでしょう。

特徴②いつも素直

いつも素直で、どんなことでも素直に受け止めたり伝えたりできます。注意や指摘をされても素直に受け入れ、謝って反省できるので、相手との関係が悪化することなく周囲と良い関係を続けることができるのは大きな魅力でしょう。

目上の人からの注意はもちろん、部下や後輩からの不満も素直に受け止めることができるので、部下や後輩からの信頼も厚いです。

また卑屈になったり嫉妬をすることは少なく、相手を素直に褒められるのも特徴です。相手が成功した時だけではなく、ちょっとした変化にも気付いて褒めてくれるので、周囲からの好感度も高いでしょう。

特徴③愛嬌がある

人懐っこく愛嬌がある性格で、基本的には初対面でも人見知りをしません。持ち前の愛嬌で誰とでもすぐに打ち解け、他人を嫌がったり拒んだりもしないため、相手から好意を持たれやすい傾向にあります。

相手も「自分を慕ってくれている」と思い、自然とお互いに親しみを込めて名前で呼び合うことも多いでしょう。素直な性格もあって「嬉しい」「楽しい」といった感情もストレートに表現し、驚いた時には分かりやすく目を大きく開いたりオーバーリアクションをします。

リアクションがわざとらしいと胡散臭く思われてしまいますが、人たらしの素直で自然な反応は愛嬌が良く、周囲から愛されるのです。

特徴④ポジティブ

ポジティブでいつも前向きに考え、物事を進めていきます。トラブルが発生した時、大きな仕事を任された時などはついネガティブになってしまいがちですが「大丈夫」とポジティブに考えて行動し、周囲にも声をかける、励ますなどの気遣いができます。

いつもネガティブ思考だったり、不満や悪口ばかり言っている人といても気分が沈んでしまいますし、そのような人が慕われることはないでしょう。ポジティブな人はいるだけで周囲を明るくし、自然と人を惹きつけるのです。

特徴⑤好奇心旺盛

好奇心旺盛で、さまざまなことに興味を持っています。知らないことを教えて欲しいという気持ちが強く、特に人が好きなのが特徴で「相手のことをもっと知りたい」と興味を持って接します。

聞き上手で相手の心を開くのも上手いため、相手は気持ちよく自分のことを話しますし「この人と話すと楽しい」と思うでしょう。自分の話に興味を持ち、時に目を輝かせたり前のめりになって聞いてくれるので、話す方も嬉しくなってしまうのです。

特徴⑥気配り上手

普段柔らかい雰囲気をまとっていますが、実は周りをよく見ていて気配り上手です。困っている人がいるとすぐに気づいてさりげなくサポートすることができますし、チーム内で不満が出れば険悪ムードにならないようフォローにまわります。

常に気を配っているので小さな変化にも気付きやすく、髪型が変われば「似合うね」と声をかけたり、誕生日を覚えていてプレゼントをしたりと、さりげない気遣いができます。

空気を読むのが上手でノリも良いのでムードメーカーになることも多く、その場が盛り上がるように気を配ることも多いでしょう。このような気配り上手なところも、周囲の心を掴むポイントなのです。

特徴⑦距離感のとり方が上手

コミュニケーション力が高く人と仲良くなるのが得意ですが、距離感のとり方が上手なので相手を不快にさせません。距離感が近すぎると馴れ馴れしく感じてしまいますし、放っておいて欲しい時に構われると「そっとしておいてよ」と思われてしまうでしょう。

しかし人との関わりを大切にし、相手をよく見ているため適度な距離感をとることができるので、相手に不快な思いをさせないのです。

空気を読んで、話を聞いて欲しそうなら近寄って話を聞き、放っておいて欲しそうなら距離を置いてそっとしておく、ということが自然とできるため、周囲の人は居心地よく感じます。

特徴⑧フットワークが軽い

「一緒にいて楽しい」「居心地が良い」と思われており気軽に誘いやすいため、仕事の後や休日に誘われることが多いですが、フットワークが軽く誘いを断ることが少ないのも特徴です。

人が好きで、人と一緒に過ごすのが好きなので人付き合いが良く、大事な用事がない限りは誘いを断りません。誘いを断ることで相手に悲しい思いをさせる事を嫌い、自分の都合より人との付き合いを優先します。

一人で過ごす休日や一人で食事をすることが少ないという人もおり、プライベートに限らず仕事でも誘われたら積極的に参加しようとするでしょう。

「人たらし」の特徴【恋愛】

男女問わず好かれる傾向にある人たらしですが、恋愛ではどうなのでしょうか。実は友人関係だけではなく恋愛面でもモテる傾向にあり、異性としても女性から人気があります。ここでは恋愛面における特徴を見ていきましょう。

特徴⑨好きな異性の前では弱みを見せる

気になる相手の前となると、つい自分を良く見せようとカッコつけたり強がってしまうという方は多いでしょう。しかし人たらしの人は、好きな異性の前で弱みを見せることに抵抗がありません。

弱みを見せることはカッコ悪いと思われがちですが、弱い自分を見せて本当の自分を見せてくれるので、異性からは「自分に心を許してくれている」「頼ってくれている」と思わせるのです。

しかもいつも弱さをさらけだすわけではなく、たまに弱気になったり甘えてきたりするので、相手はつい構いたくなります。普段は見せない弱みを見せられると、普段とのギャップに夢中になってしまう異性もいるでしょう。

 

特徴⑩恋人が常にいる

恋愛面でもモテることが多いため、恋人が常にいるというのも特徴です。別れてしまったり振られてしまうことはありますが、その後ずっと付き合う相手がいないという事は少なく、すぐに新しい恋人ができることも珍しくありません。

モテるので複数の異性から好意を寄せられることも多く、アプローチしなくても相手の方から声をかけられることも多いでしょう。恋人が常にいるということは恋愛経験も豊富で、恋愛スキルが高いこともモテる理由と言えます。

特徴⑪甘え上手

甘え上手というのも大きな特徴です。ただ単に甘えてばかりなのではなく、タイミング良く甘えるので相手に不快感を与えません。

素直な性格もあって、分からない時には「教えてもらえませんか」失敗してしまった時には「間違えてしまったので助けてくれませんか」と頼ります。そこで力を貸してあげると喜ぶので、頼られた方も「頼ってくれている」「自分を必要としてくれている」と嬉しくなってしまうのです。

また自分の好意を伝えるのも得意で、アピール上手です。恋愛では慎重になってしまうという方は多いものですが、恥ずかしがることなく食事に誘ったり「一緒にいると楽しい」と言ったりできるので、相手は特別感を感じてつい「自分のことが好きなのかな」と思ってしまうでしょう。

 

「人たらし」の特徴【職場】

人たらしの人は、職場でも人気があります。特別優秀でも仕事ができるわけではなくても、人望が厚く周囲から信頼されています。ここでは、職場でどのように振舞っているのか、言動の特徴を見ていきましょう。

特徴⑫言い争わない

ポジティブで相手の気持ちを考える気配り上手なところがあるので、言い争いをしません。仕事をしていて、どうしても考えが食い違ったり譲れないということもあるでしょう。つい感情的になったり言い争ってしまいがちですが、そんな時にも落ち着いて対処できます。

感情のコントロールが上手で、かつ相手の気持ちを考えて行動するのが得意なので、意見が食い違ったとしても相手の考えをしっかり聞き、話し合って解決策を見出す余裕があるのです。

相手が不快にならないような提案や言葉遣いをするため、険悪になることなくスムーズに対処でき、周囲から一目置かれることも少なくありません。

特徴⑬噂話をしない

噂話が好き、もしくは周りが噂話をしているとつい聞きたくなってしまうという方もいるのではないでしょうか。また職場で嫌なことやそりが合わない人がいると、その人の愚痴を言ってしまうこともあるでしょう。

しかし、職場で噂話ばかりしている人というのは良い印象を持たれず、信用できないと思われがちです。人たらしは人間関係を大切にするため、自分から噂話や誰かの愚痴を言うことはありません。

周囲が噂話をしていたとしても興味がなく、聞こえないフリをしたりそこから離れていくでしょう。噂話をせず陰で悪口を言わないので、裏表がなく信頼できる人だと思われており、相談を持ち掛けられることも多い傾向にあります。

特徴⑭上司や部下と分け隔てなく付き合える

上司や部下と分け隔てなく付き合うことができるため、上司からも部下からも好かれます。人によって態度を変えたり、猫をかぶったり媚びを売るような人は信頼できないでしょう。

しかし、人たらしは裏表のない性格で誰に対しても同じように接するので、みんなから信頼され好かれる傾向にあります。TPOやマナーはしっかり守り、目上の人には礼儀正しく、挨拶や感謝の言葉を忘れないため上司や先輩から可愛がられるでしょう。

また謙虚で人を見下すことなく、気配り上手で同僚や部下からの人望も厚いです。同僚や部下が落ち込んでいたり悩んでいたら、話を聞いたり励まして元気づけてくれるので前向きになれますし、職場の雰囲気も明るくなります。

人たらしをお手本に!人に好かれる方法

人たらしは男女や年代問わず人気があり、恋愛面でも仕事面でも好かれる傾向にあります。自分も、そんな人たらしになってみたいという方もいるのではないでしょうか。

もし今の自分がそうでなかったとしても、人たらしをお手本にすることで近付くことができるでしょう。ここでは、人たらしのような人に好かれる人になる方法を見ていきましょう。

方法①小さな約束を守る

人間関係を大切にし、小さな約束であってもしっかり守りましょう。フットワークが軽く、何気なくした約束も覚えてきちんと守るのが人たらしです。「飲みに行こう」「遊びに行こう」と自分から誘ったのに全く連絡しないと、相手はがっかりしている可能性もあります。

自分は社交辞令のつもりだったとしても、相手は楽しみにしていた可能性だってあるのです。小さな口約束でもきちんと守ることで信用されますし、相手は「覚えてくれていたんだ」と嬉しくなるでしょう。

方法②TPOをわきまえて行動する

TPOをわきまえて行動することは、周囲に不快感を与えず信頼されるために大切なポイントです。気を引こうと悪口や噂話をすると、その場の雰囲気が悪くなってしまう可能性があります。

その場の空気を読み、人の話を聞いてリアクションすることで盛り上げるなど、周りが楽しくなるような言動をしましょう。いくら愛嬌があっても常識が無ければ好かれることはありません。礼儀や作法、服装や態度など、TPOをわきまえた行動や身だしなみを心がけましょう。

方法③相手の立場に立って考える

相手の立場に立って考え、行動しましょう。自分のことを考えてくれている、理解しようとしてくれていると思えると、人は嬉しいものです。周囲に気を配り、困っている人がいれば声をかけ、必要なら手を貸しましょう。

他の人が面倒だと思うようなことでも率先して引き受ける、意見が食い違っても相手の考えを尊重して歩み寄るなどの配慮も、周囲に好かれます。相手の立場に立って考え行動することで信頼され「親身に相談に乗ってくれる」「困ったら一緒に考えてくれる」と頼りにされるでしょう。

方法④相手の話に興味を持つ

相手の話に興味を持ち、聞き上手になりましょう。興味を持って聞き、素直なリアクションをすることで相手は嬉しくなります。自分の話をしっかり聞いてくれる人というのは信用され、相手は心を開いていきます。

相手に興味を持つことで自然とコミュニケーションや会話も弾みますし、そこで話題になったものや交わした小さな約束を覚えていて、後日食事や遊びに誘ってみても良いでしょう。分け隔てなく興味を持って話を聞くことは、人脈を広げることもにも繋がります。

方法⑤相手の小さな変化にも気づく

小さな変化にも気づくことは、人たらしに近付くためのポイントです。周りに気を配り、興味を持って人を観察することで小さな変化にも気づくことができます。

そしてその小さな変化について、声をかけたり褒めたりしてみましょう。髪を切った、新しい靴を買ったなど、ちょっとした変化にも気づいてもらえると「よく見てくれているな」と嬉しく感じるものです。

方法⑥相手を褒める

褒められて嬉しくない人はいません。ぜひ褒め上手になって、周りの人に感謝の気持ちや良いところを伝えましょう。「いつもありがとう」「あなたのおかげだよ」など感謝の気持ちを言葉で伝えると、相手は嬉しいですし周囲からの信頼も集まります。

他の人が指摘しないようなことを褒めるのも、新鮮な喜びが得られるのでおすすめです。褒めるのは服装や髪型、持っているものなど小さなことでも良いでしょう。

人たらしは、挨拶代わりのようにさりげなく褒めることができ「今日の服素敵だね、さすがセンスが良いね」など、服装だけでなくその人のセンスも褒めると言った気遣いもできるのです。

「人たらし」を見習ってみよう

今回は「人たらし」の特徴から、人に好かれる方法までご紹介しました。人たらしは明るい性格で人懐っこく、その上気配り上手という特徴から誰からも好かれる傾向にあり、恋愛でもモテる、職場でも人望が厚いと魅力に溢れています。

そんな人たらしに近付きたいという方は、ぜひ今回ご紹介した性格や言動の特徴、人に好かれる方法を参考に、人たらしを見習ってみましょう。

その他の関連記事はこちらから