記事作成日:

仕事したくない!もう無理!ストレス限界のサインや対処法を解説!

仕事をすることは生活していくうえで必要不可欠なものです。しかし、人間である以上「仕事したくない」と思うことは人生の中で幾度と経験するのではないでしょうか。ストレスを溜めすぎると身体的・精神的にも影響を及ぼしてしまいますし、うまく発散していくことが大切になります。「仕事したくない!もう無理!」と感じた方必見!ストレス限界のサインや対処法を解説していくので、参考にしてみてください!

仕事が無理になってストレスの限界になったとき

仕事が無理となる時には、さまざまな理由があるのではないでしょうか。プレッシャーや人間関係などストレスとなってしまう原因は多くあります。仕事が無理になってストレスの限界になった時、どのような症状が起こったり、サインがあるのかを見ていきましょう。

ストレスの限界になった時の症状

ストレスが限界になった時は、身体的な部分と精神的な部分に影響を及ぼします。ストレスがたまることで、集中力に欠けてしまうといった症状が現れることがあります。

最近頭がぼーっとして仕事でミスをするようになった、集中しなくてはいけないのに余計なことを考えてしまうといったような状態が起こっている時は、ストレスが限界に達している時だと言えるでしょう。

ストレスの限界になるぞというサイン

ストレスの限界かどうかを見極めるには、さまざまなサインを覚えておきましょう。ストレスがたまりすぎているなと感じたら、対処する必要があります。どのようなサインがあったら注意が必要なのかご紹介していきます。

  • イライラして感情的になってしまう
  • 気持ちが落ち込んで何も手につかない
  • 悲しいわけではないのに急に涙が出てくる
  • 食欲がなかったり逆に食べすぎになってしまう
  • 頭痛や肩こりなどがつらい
  • 人と関わりたくない

このようなサインがあったら、身体的にも精神的にも限界が来ている可能性が高いです。ストレスを和らげるためには休息をとる必要があり、気持ちをリフレッシュさせることが大切です。

自分でこんな症状に気づいたら要注意!

ストレスがたまるとさまざまな症状があらわれてくるので、解消させることも必要です。たかがストレスと思っていたら、そこから病気になってしまうことも考えられます。自分でこんな症状に気づいた時には注意するようにしてください。

  • 睡眠がとれない
  • 楽しいことがない

仕事で忙しければ疲れてぐっすり眠れるはずなのに全然眠れない、趣味など好きなことをしているにも関わらず全く楽しいと思えないといったような症状が出た時には、要注意です。

睡眠を取ったり、好きなことをしていると解消されることに繋がりますが、これではストレスが溜まる一方です。長引くようなら医療機関を受診するようにしてください。

仕事のストレスを無理していると起きてしまう病気

仕事のストレスによって過度に溜まりすぎることで、病気になってしまう場合もあります。負荷がかかることにより、蕁麻疹や突発性難聴、自律神経失調症、うつ病などを引き起こす可能性があります。

ストレスを解消できないと治すことは難しく、自分一人では対処できないことも多いです。それぞれの医療機関を受診して治療することが大切です。

仕事が無理と感じた時の対処法

仕事が無理と感じているのに、気持ちに反して頑張りすぎてしまうと、負荷がかかりストレスを溜めやすくなってしまいます。うまく対処して乗り切ることが大事になってくるでしょう。仕事が無理と感じた時の対処法についてご紹介します。

仕事のストレスへの対処法①身近な人に相談する

対処法としては、身近な人に相談することをおすすめします。仕事の悩みを聞いてもらうだけでも、気持ち的に楽になれます。家族や親友、恋人など信頼できる人に悩みを打ち明けてみましょう。

職場の人なら共感してくれると思ってしまいがちですが、同じ場所で働いている相手は避けておいた方が無難です。どういった形で噂となって広まるかわかりません。身近な人に相談することで、第三者から見て、自分では気づかなかった部分に気づかされる可能性もあるのです。

仕事のストレスへの対処法②好きなことをする

仕事がつらい状態で無理して続けることは、身体にも良くありません。自分の好きなことをするのは、ストレス解消に繋がります。趣味があれば没頭することで、嫌なことも忘れることができるでしょう。

特に好きなことはないという方は、自分が楽しめそうな趣味などを作ってみることをおすすめします。チャレンジすることでハマり、うまく対処することができるのです。

仕事のストレスへの対処法③有休をとって休息する

仕事が無理と限界に達してる時は、身体が悲鳴を上げている状態です。対処法として、有休をとって休息することが大切です。仕事をしている時は、ゆっくり休む暇もなかったでしょう。たまには自分へのご褒美として、何も考えずに過ごせる時間を作ることで、うまく対処する事が可能です。

仕事のストレスへの対処法④原因を探す

自分を見つめなおす機会というのは、社会人になるとだんだんと減っていくものです。知らず知らずのうちにストレスが溜まっていても、それを解消しようとすることだけに向いてしまいがちになります。

まずは、どうして仕事が無理だと思ってしまうのか、ストレスの原因を探ることも必要だと言えるでしょう。原因を突き止めることができれば、現在の状態から抜け出すことができ、解消法も見つかるはずです。

仕事のストレスへの対処法⑤生活習慣を整える

運動不足や暴飲暴食などは余計にストレスを与えている可能性があり、身体的にも良くありません。生活習慣を整えることも、仕事のストレスへの対処法の1つです。

規則正しい生活をしたり、適度に運動をしたり、バランスの良い食事を心がけることが大切です。健康的なカラダを作ることで、ストレスにも打ち勝つことができます。

仕事したくない⁈転職も有効な手段に!

仕事をしたくないのに無理をして頑張ってしまうと、身体を壊してしまいます。だからといってすぐ辞めてしまっていいものか、新しい仕事がすぐに見つかるかどうかという心配事もあります。しかし、身体を壊す前に転職することも有効的な手段だと言えるでしょう。

仕事が無理になって転職するメリット

辞めたいという決意が強ければ、今の仕事から抜け出して新しい職場で始めていくのもありです。転職することでもメリットがあります。まずは、新しい環境になるので今までの人間関係はなくなることです。人との関わりに問題があって辞めたいとなることもあるでしょう。

給料が安いことに不満を持っている場合、新しい職場になることで給料が上がったり、福利厚生が良くなる可能性もあります。さらに、転職先を見つける中で自分に合った仕事が見つかるというメリットもあるのです。

転職エージェントで相談してみる

転職をしようかと思っている方は、転職エージェントで相談してみることをおすすめします。キャリアアドバイザーが提出書類の添削を行ったり、面接の練習など手厚いサポートを受けることができます。

また、自分の希望に合った仕事を紹介してくれるので、お気に入りの職場が見つかる可能性も高くなるでしょう。1人で活動するよりも心強く、転職活動もうまくいきます。

気をつけたい転職のデメリット

転職することでのメリットも大きいですが、デメリットも存在します。活動範囲も広くなり、当然のことながら交通費や宿泊費などお金がかかってきます。転職活動のためにお金がなくなってしまうので、しっかり貯めておくことが大切です。

また、在籍している期間が長いとその分退職金や企業年金をもらうことができますが、転職することで本来なら多くもらえるのに少なくなってしまうといったデメリットもあります。

さらに、新しい環境に入っていくことになるため、今までの人間関係はリセットされ、一から人間関係を作り上げていく必要があるのです。すぐに築き上げられるものではないので、時間がかかってしまいます。

転職することで問題が解決されればよいですが、結局仕事先が変わっただけで何も変わらず、ストレスがたまってしまうことも考えられるでしょう。

仕事が無理な状態になったら休息や相談が大事!

仕事をしなくてはいけないのに、なんだかやる気がでない、イライラしてしまうといったことがあれば、ストレスが溜まりすぎて負荷がかかっている可能性があります。無理だと限界を感じているのにそれ以上に頑張ってしまうのは、身体的にも精神的にも影響を及ぼしてしまいます。

うまく発散できれば良いですが、抜け道がなくなってしまうと病気になる可能性もあるので注意が必要です。どうしても続けていくことができなくなったら、転職するのもありです。

新しい環境に慣れるまでは時間がかかりますが、居心地の良い場所で働きやすくなる場合も考えられます。仕事が無理な状態になったら、休息や相談することが大事です!

その他の関連記事はこちらから