2018/12/12

ヴィンテージ生地の王者「スキャバル」について徹底紹介!スキャバルのおすすめアイテムも紹介

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

ビジネスマンたるもの、スーツやシャツなど身に付けるものにはこだわりを持ちたいところ。毎日着用するアイテムは、その雰囲気で周りからの印象も大きくか変わってくるものです。

30代以上の男性の中には、職場での立場が変わったり、多くの部下を持ったりする人も多いのではないでしょうか。そんな大人の男性は、ビジネススーツにも品質の良さを求めるのが重要です。

今回は「ヴィンテージ生地の王者」と呼ばれる一流生地ブランド・スキャバルについてご紹介します。一流を知って、一流の男を目指しましょう!

スキャバル(SCABAL)とは?その歴史を紐解く

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

多くのコレクションを持つ生地ブランド「スキャバル」。その名前は耳にしたことがあっても、歴史までは知らない人が多いのではないでしょうか。長い歴史を持つスキャバルが、どのような歴史を辿って着たのか。一緒に見ていきましょう。

スキャバル(SCABAL)の歴史を解説

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

1938年にベルギーのブリュッセルで誕生したブランド・スキャバル。わずか数名のスタッフで始まったブランドですが、現在では多くスタッフを抱える有名ブランドに成長しました。

スキャバルは、1970年代に初めてSurper100’sのウール生地を作り出したブランド有名。その後もSuper150’sを生み出しその地位を揺るぎないものにしました。最高品質の原材料を使用し、先進技術で高級生地を作り上げることに努力を惜しまないスキャバルは、そのコレクションの多さでも他を圧倒していると言えます。

シンプルでスタンダードなものから、個性的なものまでさまざまなデザインの生地をラインナップしています。

生地ブランドとしてスタートしたスキャバルですが、今ではトータルファッションブランドとしてさまざまなアイテムを展開。ヨーロッパを中心に、世界中で多くのセレブリティから高い支持を得ています。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

スキャバルは、多くのハリウッド映画に製品を提供していることでも有名。ダニエル・クレイグ主演の「007」や、レオナルド・ディカプリオ主演の「タイタニック」「ウルフ・ウォール・ストリート」など、数多くの有名映画で着用されています。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/

映画界だけにとどまらず、ロシアのプーチン首相や、元アメリカ大統領のクリントンなどもこぞって愛用していたと言われています。また日本人でも市川海老蔵さんが、スキャバルの生地で仕立てたスーツを愛用。これからも、どれだけハイクオリティであり、高級生地ブランドなのかが分かるのではないでしょうか。

スキャバル(SCABAL)の特徴とは?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

スキャバルは、先にもお話ししたように世界中から膨大な数のコレクションを展開しているブランドです。自社工場を持たないマーチャントという形態のブランドでありながらも、多くの毛織物工場を傘下に持つためそれが実現されています。そのため、珍しい柄や希少価値の高い素材などを集めるのが非常に得意です。

その数は約5000種類にも及ぶほど。スーツ生地においてはベーシックなものから、目を引くデザインのものまで多種多様なバリエーションを誇ります。

中でも、Super100’s〜Super200’sの高級ウール生地や、シルク、カシミアなどの生地においては、数多くのバリエーションを持っています。生地そのものの美しさや、最高の着心地を導き出すための努力を惜しまないこともスキャバルの特徴。「ヴィンテージ生地の王者」と言われる所以はそこにあるのではないでしょうか。