記事更新日:

ヴィンテージ生地の王者「スキャバル」について徹底紹介!スキャバルのおすすめアイテムも紹介

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

ビジネスマンたるもの、スーツやシャツなど身に付けるものにはこだわりを持ちたいところ。毎日着用するアイテムは、その雰囲気で周りからの印象も大きくか変わってくるものです。

30代以上の男性の中には、職場での立場が変わったり、多くの部下を持ったりする人も多いのではないでしょうか。そんな大人の男性は、ビジネススーツにも品質の良さを求めるのが重要です。

今回は「ヴィンテージ生地の王者」と呼ばれる一流生地ブランド・スキャバルについてご紹介します。一流を知って、一流の男を目指しましょう!

スキャバル(SCABAL)とは?その歴史を紐解く

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

多くのコレクションを持つ生地ブランド「スキャバル」。その名前は耳にしたことがあっても、歴史までは知らない人が多いのではないでしょうか。長い歴史を持つスキャバルが、どのような歴史を辿って着たのか。一緒に見ていきましょう。

スキャバル(SCABAL)の歴史を解説

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

1938年にベルギーのブリュッセルで誕生したブランド・スキャバル。わずか数名のスタッフで始まったブランドですが、現在では多くスタッフを抱える有名ブランドに成長しました。

スキャバルは、1970年代に初めてSurper100’sのウール生地を作り出したブランド有名。その後もSuper150’sを生み出しその地位を揺るぎないものにしました。最高品質の原材料を使用し、先進技術で高級生地を作り上げることに努力を惜しまないスキャバルは、そのコレクションの多さでも他を圧倒していると言えます。

シンプルでスタンダードなものから、個性的なものまでさまざまなデザインの生地をラインナップしています。

生地ブランドとしてスタートしたスキャバルですが、今ではトータルファッションブランドとしてさまざまなアイテムを展開。ヨーロッパを中心に、世界中で多くのセレブリティから高い支持を得ています。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

スキャバルは、多くのハリウッド映画に製品を提供していることでも有名。ダニエル・クレイグ主演の「007」や、レオナルド・ディカプリオ主演の「タイタニック」「ウルフ・ウォール・ストリート」など、数多くの有名映画で着用されています。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/

映画界だけにとどまらず、ロシアのプーチン首相や、元アメリカ大統領のクリントンなどもこぞって愛用していたと言われています。また日本人でも市川海老蔵さんが、スキャバルの生地で仕立てたスーツを愛用。これからも、どれだけハイクオリティであり、高級生地ブランドなのかが分かるのではないでしょうか。

スキャバル(SCABAL)の特徴とは?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

スキャバルは、先にもお話ししたように世界中から膨大な数のコレクションを展開しているブランドです。自社工場を持たないマーチャントという形態のブランドでありながらも、多くの毛織物工場を傘下に持つためそれが実現されています。そのため、珍しい柄や希少価値の高い素材などを集めるのが非常に得意です。

その数は約5000種類にも及ぶほど。スーツ生地においてはベーシックなものから、目を引くデザインのものまで多種多様なバリエーションを誇ります。

中でも、Super100’s〜Super200’sの高級ウール生地や、シルク、カシミアなどの生地においては、数多くのバリエーションを持っています。生地そのものの美しさや、最高の着心地を導き出すための努力を惜しまないこともスキャバルの特徴。「ヴィンテージ生地の王者」と言われる所以はそこにあるのではないでしょうか。

スキャバル(SCABAL)の評判は?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

日本ではさまざまな有名インポート生地が存在しますが、その中でもスキャバルは比較的「通」な人が知っているブランドだと言えます。そのためどんなブランドなのか、どんな評判なのか分からない人が多いのが現状です。

スキャバルは、インポート生地ブランドの中でも高価な部類に入ります。うっとりするほど質の高い生地で、一度袖を通してしまったら他の生地は着れなくなってしまうと言っても過言ではありません。数々のスーツを着てきた、本物を知る大人の男性にファンが多く、非常に高い評価を得ています。

その反面、入門編のスーツや、トレンドのみを意識したギラギラ系のスーツを求める人には向かないブランド。本物志向の男性におすすめです。

スキャバル(SCABAL)の価格帯は?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/

スキャバスの生地を使用したアパレルというとメインはスーツです。上質なスキャバルの生地を使用したスーツはいくらくらいで手に入るのか気になるところですね。

まずスキャバルの生地でオーダースーツを作るとい値段はどのくらいなのでしょうか。生地のランクによって価格の幅がありますが、100,000円〜160,000円程度が一般的です。また、アパレルブランドで販売されているスキャバルの既製品スーツは、60,000円〜80,000円ほどとオーダーに比べて購入しやすい価格になっています。

スキャバルのネクタイは、20,000円前後と一般的なものと比べてやや高め。上質な生地を使用しているため、その価格も納得という声が多いです。

シャツはオーダーで17,000円〜20,000円ほど。スーツに見合った高級素材で仕立てるシャツは、着心地も抜群です。

大人の男を魅了するスキャバル(SCABAL)のアイテムを紹介

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

一流生地ブランド・スキャバルについてご紹介してきましたが、実際にどのような製品があるのでしょうか。

高級生地であるスキャバルには、スーツだけではなくシャツやネクタイなどさまざまなアイテムが存在します。どれもハイクオリティで、大人の男性ならおさえておきたいものばかりです。

ビジネスシーンはもちろん、パーティーシーンでも活躍すること間違いなしのおしゃれなアイテムを一緒に見ていきましょう。

スキャバル(SCABAL)のスーツ

■オースチンリード(Austin Reed) スキャバル(SCABAL)素材 ストライプスーツ

スキャバルのSuper100’sウール素材を使用したストライプスーツ。ブリティッシュでおしゃれな印象を演出できます。生地はナチュラルストレッチで着心地も抜群。ネイビーベースにマルチストライプをあしらったデザインは、クラシカルなおしゃれを楽しめます。

■スキャバル(SCABAL) グレーストライプ オーダースーツ

スキャバルのSuper120’sウール生地を使用したオーダースーツ。カシミアを2%入れることで、肌触りや着心地をより良いものに仕上げています。シングルの2つボタンですっきりとしたシルエット。スタイリッシュにきこなしたい人にもおすすめです。

アイテムの詳細はこちらから

 

■スキャバル(SCABAL) Super110s オーダー生地使用 ネイビーセットアップスーツ

 

スリムなシルエットが特徴のこちらのスーツ。スキャバルのSuper120’sの生地を使用しており、細番手ならではの滑らかな肌触りが、高級感を感じさせます。ネイビー無地でさまざまなシーンで活躍間違いなしの一着です。

アイテムの詳細はこちらから

スキャバル(SCABAL)のネクタイ

■スキャバル(SCABAL) イタリア製 シルクネクタイ

色あざやかなカラーリングが魅力的なこちらのネクタイ。上質なシルク素材を使用した高級感のある一本です。8cm幅の大剣はトレンドに左右されず使えるのが特徴。品のあるドット柄がスーツスタイリングを華やかに演出してくれます。

アイテムの詳細はこちらから

 

■スキャバル(SCABAL) 製生地使用 メローアウトタイ

 

ウール生地を使用したこちらのネクタイ。シルク素材とは違い、生地のボリュームがあるので、コーディネートにほどよいアクセントを与えます。柔らかくふわっとした質感で、ややカジュアルめな雰囲気を演出するのにぴったりです。

アイテムの詳細はこちらから

 

■スキャバル(SCABAL) フォーマルネクタイ レジメンタル

モノトーンカラーがシックな印象のネクタイ。ベースには小紋柄をあしらい、スタイリッシュな雰囲気を感じさせます。ビジネスシーンはもちろんのこと、フォーマルでも使用可能です。すっきりとした着こなしを好む人にぜひおすすめしたい一本です。

定番をチェック!スキャバルの生地を紹介

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

数多くのラインナップを誇るスキャバル。種類が多いと何を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。ここからは、スキャバルの定番でおすすめの生地を厳選してご紹介します。迷ったらこれを選べば間違いなしです!

ビッグベン(BIG BEN)

ビッグベンは、40年以上の歴史を持つスキャバルを代表する生地です。長きにわたって定評があり、その人気は今も不動のものとなっています。クラシカルなデザインをベースとして、その時代にあるトレンドも取り入れやすい生地であることが愛され続けている理由。スタイリッシュさを求める人におすすめです。

ジャスト イン タイム (JUST IN TIME)

スキャバルの中でもミディアムウエイトの生地。縦・横どちらも双糸しているため、しっかりとした素材感が特徴です。ハリがある手触りで、耐久性にも優れているのが特徴と言えます。その一方で、仕立てた時に独特のドレープ感が出るのも特徴。気品ある着用感を実現させてくれます。

ザ・ロイヤル( THE ROYAL)

スキャバルのラインナップの中で高い人気を誇るザ・ロイヤル。定評のあるSuper100’sを使用したウール生地はスタイリッシュな装いを楽しめます。着心地の良さはもちろんのこと、耐久性や防シワ性に優れているのが嬉しいポイント。控えめながらも色気のあるスーツスタイルを演出します。

ギャラクシー(GALXY)

スキャバルの傘下であるミルで織り上げられたSuper110’sの生地を使用したギャラクシー。カラーや織りでデザインされた個性ある生地を使用しているのが特徴です。若々しい印象で、おしゃれさを取り入れたい人におすすめ。ミディアムウエイトで快適な着心地を実現したギャラクシーは、ビジネスシーンだけでなく、パーティーシーンにもおすすめです。

イートン(ETON)

Super130’sという細番手の糸を使用しているイートンは、しなやかな肌触りが魅力的。縦・横ともに双糸を使用しているので、ハリとコシがあり細番手ながらも耐久性は抜群です。世界各国の著名人からも愛用されている生地で、元アメリカ大統領のオバマ氏も大統領就任演説ではイートンのブラックスーツを着用していました。ハイクオリティな一着を求めている人におすすめです。

ロンドナー(LONDNER)

ロンドナーは、クラシックでありながらも都会的な雰囲気のあるロンドンのビジネスマンをイメージして作られたコレクションです。Super140’sを使用したロンドナーは、250gとライトウエイトなのが特徴。ビジネスマンにとって軽量であることは大きなポイントです。エレガントさを感じる素材感で、英国紳士のスタイリッシュな雰囲気を存分に感じられるのではないでしょうか。

スキャバルのオーダーができる店舗紹介

グローバルスタイル(Global Style)

画像引用元:www.global-style.jp/

オーダースーツ専門店の「グローバルスタイル」。東京・大阪・京都・名古屋・福岡と日本全国に展開しているショップです。さまざまなネットワークを活かし、バリエーション豊かな生地を取り揃えています。比較的お手頃な価格でオーダースーツを作れるので、初めての人にもおすすめです。

お店の詳細はこちらから

テーラー渡辺

画像引用元:http://www.tailorwatanabe.com

創業100年以上を誇る老舗のテーラー。東京都内に3店舗構えており、どの店舗もゆっくりとくつろぎながらオーダーをできるのが特徴です。スーツはもちろんのこと、ジャケットやシャツのオーダーも行なっているので、トータルで仕立てられるのが嬉しいですね!

お店の詳細はこちらから

まとめ

画像引用元:https://www.pinterest.jp/

スーツはビジネスマンにとって顔となる存在。スキャバルの高級生地を使用したスーツを着て、ワンランク上の自分になってみませんか?お気に入りの一着をぜひ見つけてください!

 

ブランド服地・生地をもっと知りたい方はコチラ!

■イタリア生地
■イギリス生地
■フランス生地

全国各地のオーダースーツ店一覧はコチラ!