記事更新日:

【15359文字】ウブロ(Hublot)をひたすら研究する記事【随時更新中】

・ウブロのデザイナーが用いる最新気鋭のコンセプト

創業者であるカルロ・クロッコが身を引き、2004年にウブロのCEOに就任した「ジャン・クロード・ビバー」は会社の成長と将来のマーケティングをその胸に抱き、積極的に成長戦略を行動に移してきました。

会社のコンセプトとして掲げている「融合(フュージョン)」をデザイナー達にも徹底させ、時計のデザインに斬新さと先進性を持たせつつ、機能性も追及した時計の開発を推し進めたのです。

その結果、更に多くのファンを世界中に生み出すことに成功し、現在ではウブロの名を知らぬ者は居ないと言っても良いほど、その知名度と地位を不動のものにしました。

 

・ウブロのファッション業界においての立ち位置、評価とは?

2013_0710-photo15
ウブロはスイスのニヨンという小さな町で生まれた、高級腕時計ブランドです。このウブロを立ち上げたのはイタリア人のカルロ・クロッコ氏で、その歴史はまだ浅いですが、ウブロが創設された1980年頃から現在まで、変わらずにファッション業界から高い評価を得ています。

ウブロのコンセプトは「フュージョン」(融合)という言葉で説明されていますが、これは2004年からCEOに就任したジャン・クロード・ビバーという人が新たにウブロのコンセプトとして掲げました。

このコンセプトの下、ジャン・クロード・ビバー氏は古典的なデザインを現代的にアレンジしたり、古来から存在している素材に新たな素材を組み合わせ、融合させたりすることで長い時計史から逸脱することなく、先進性のあるウブロウォッチを生み出すことに成功しました。

特にジャン・クロード・ビバー氏がCEOに就任した翌年に発表したモデル、「ビッグバン・シリーズ」は長年、ウブロの主役として君臨し続けており、現在でもファッション業界からは高い評価を得ています。

 

・ウブロがファッション業界において成功した理由とは

2005年にウブロが発表した「ビッグ・バン」シリーズは現在でもその勢いを保ち、世界中で根強い人気を誇っています。その成功の根源は時計業界だけでなく、世界のあらゆる分野で成功を収めた敏腕経営者であるジャン・クロード・ビバー氏の卓越したビジネス感覚と、斬新で思い切った発想力にあると言えます。

 

▼HUBLOT ウブロ ビッグバン ウニコ キングゴールド

 

2004年にウブロのCEOとして就任したジャン・クロード・ビバー氏は、三年間で収益を4倍にまで伸ばすと宣言したことは有名な話ですが、結果的には4年間でウブロの収益を10倍にまで伸ばしてしまいました。

ウブロのデザインは、ハッキリ言えば好みが分かれると言って良いでしょう。ウブロは元々、ニッチなマーケットを目指して、「一部 のマニアが求めるロングテールな商品」を提供する特別な高級時計ブランドです。

そのため、ハッキリと好みが分かれても不思議ではないのです。また、高級時計なので簡単に購入を決断し難いという面もウブロを持つ人がまだまだ少ない理由のひとつだと言えます。

それでもウブロは世界中で愛用者やファンを着実に増やし続けており、今でも有名スポーツ選手や著名人の間ではウブロを持つことはステータスの一部だと考える人も多く存在しています。

つまり、ウブロを身に付けるということは価値があるという評価を世界中に浸透させることで、ウブロはステータスのある時計としてファッション業界からも一目置かれる存在となったのです。