記事更新日:

「ルミノックス」の時計は巻くだけで”タフな男”を演出できる

https://luminox.jp/brand/newmodel/3316/

凡庸なスポーツウォッチやデジタル時計にはない本格派のタフウォッチを求めるなら、ルミノックスが有力な選択肢になるでしょう。

ネイビシールズをはじめとする特殊部隊が正式に採用するルミノックスの腕時計は、持ち主に圧倒的な機能と力強さを与えます。

今回は、ビジネスという戦場で戦う男性にぴったりなルミノックスの腕時計について紹介します。

ルミノックスの解説

https://luminox.jp/brand/newmodel/3313/

ルミノックスとは?

LUMINOXは、アメリカ合衆国のニュージャージー州で1989年に創業した腕時計メーカー。ブランド名はラテン語で「明るい夜」という意味で、設立当初から独自の発酵技術を持つハイスペックなミリタリーウォッチを手がけていました。

アメリカ国内ですら知る人の少ない無名のウォッチメーカーだったルミノックスですが、1993年に転機が訪れます。アメリカ海軍特殊部隊「NAVYSEALs(ネイビーシールズ)」が、ルミノックスのライトテクノロジーに着目。軍備強化のために高性能なミリタリーウォッチの制作を依頼したのでした。

要請を受けたルミノックスは、政府調達製品仕様書に基づく過酷な状況下での1年間のテストと6ヶ月間の実戦を経て、視認性と防水性、耐久性、軽量性など、あらゆる条件をクリアする「U.S.Navy SEALs DIVE WATCH」を完成させました。

https://www.tpt.org/navy-seals-their-untold-story/

さらに1999年には、ナイトホークの愛称で知られるF-117というステルス戦闘機のパイロットの要請に応えるかたちでパイロットウオッチを開発。ナイトホークを生産するロッキード・マーティン社や米国空軍に認められ、戦闘任務にも使用できる計器としてのクオリティを証明しました。

世界最強の軍隊が採用する本格ミリタリーウォッチとして、ルミノックスはアメリカ国外にも名を轟かせます。ミリタリーファンはもちろん、時計愛好家やファッショニスタからも愛用されるブランドへと成長しました。

特徴・こだわり

https://www.baileybox.com/watches/luminox-watches/

“過酷な条件での高い機能性”こそがミリタリーウォッチの本来の目的であり、ルミノックスが創業時からこだわり続ける開発コンセプトです。そのことからも、「比類のないタフさ」こそこのブランドの魅力だと言えるでしょう。

素材には、レーシングカーや航空機、宇宙船にも使われているカーボンコンパウンド(炭素化合物)などを採用。極めて高い高度と、軽量性を兼ね備えたケースを作り上げています。

自己発光システムの「ルミノックス・ライト・テクノロジー」もこのブランドのアイデンティティのひとつ。瞬時にあらゆる決断をしなければならない極限の状況下で遂行されるミッションにおいて、一瞥するだけで完璧な計時を可能とする視認性を誇ります。

https://luminox.jp/watch-collection/sea/deep-dive-automatic-1520-series-ref1523/

200m以上というプロスペックの防水性を備えたラインナップも充実しています。特殊な構造のリュウズによって、海中でも使用も難なくこなすことが可能です。

もちろん、軍人でもない限り多くの人にとってルミノックスの機能はオーバースペックでしょう。しかし、最高時速300kmを超えるスポーツカーがそうであるように、圧倒的な性能は男を惹きつける魅力があります。

また、その性能を体現するかのような力強い外観も多くのファンを獲得している理由の一つ。44mmオーバーのケースに重厚なベゼルを搭載し、圧倒的な存在感をアピールします。

ルミナイトシステム

https://luminox.jp/brand/newmodel/3315/

ルミノックス製品の針や文字盤、ベゼルなどにはルミノックス・ライト・テクノロジーが採用されています。「ルミナイトシステム」とも呼ばれるこの技術は、発光性化合物業界のトップを走るスイス企業のMB-マイクロテック社によって開発されました。

トリチウムガスを充填したマイクロガスカプセルを搭載しており、昼夜を問わず24時間発光を持続できるのが特徴。わざわざボタン操作する必要もないので、海中や暗闇などで難なく時刻を読み取れます。

https://luminox.jp/watch-collection/sea/navy-seal-3500-series-ref3507-ph/

発光機能を搭載した腕時計は数多く存在しますが、そのほとんどが光を溜めて発光する蓄光タイプか、デジタルウォッチのようなバックライトを点灯するタイプ。ルミノックスの時計は、従来のものと異なり蓄光のための光源もボタンプッシュも不要です。

さらに、光の強さも一般的なものとは一線を画します。いつ見ても瞬時に視認できるルミナイトシステムは、ルミノックスの所有者だけが味わうことができる特権です。

 

愛用している有名人

 

 

1990年代にネイビシールズに採用されたことからアメリカで人気を確立したルミノックスですが、日本でヒットし始めたのは2001年に俳優の岩城滉一さんがバイクチームとコラボウォッチを販売したのがきっかけです。

さらに、木村拓哉さんや伊藤英明さんといった大物芸能人が着用したことでブームが起こりました。近年では、柳葉敏郎さんや竹内涼真さんがバラエティー番組出演時に着用している姿がキャッチされています。

また、ルミノックスは特殊部隊や戦闘機パイロットが正式採用しているという背景から、ミリタリー系やアクション系をはじめとする数多くの映画で着用されています。映画『バッドボーイズ2バッド』では、ウィル・スミスがLuminox3001を着用。

「Luminox 3001」シリーズ

https://www.geekalerts.com/luminox-3001-navy-seal-dive-watch/

ルミノックスの中で最も出演回数の多いのは、Luminox3901というモデル。『オーシャンズ11』ではジョージ・クルーニーとマット・デイモンが、『ワイルドスピード』では故ポール・ウォーカーが着用していたことで多くの男性の記憶に刻まれています。

「Luminox 3901」

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=477988

また、日本映画でもルミノックスを見る機会は少なくありません。映画『図書館戦争』では、主演の岡田准一さんがネイビーシールズ・カラーマーク・7051シリーズを着用。『BRAVE HEARTS海猿』でも伊藤英明がルミノックスウォッチを腕に巻いています。

ルミノックスの定番シリーズ紹介

SEAシリーズ

特殊部隊ネイビシールズとの共同開発によって誕生したダイバーズウォッチシリーズです。

防水性、耐衝撃性、操作性など全てにおいて究極性能を追求しています。

ルミノックスの歴史と哲学を象徴する人気シリーズです。

NAVY SEAL 3500 SERIES / Ref.3501

2009年の発売以降、根強い人気を誇るネイビシールズ・カラーマークシリーズをベースにしながら、ケースデザインを大幅にアップデート。ケースバックのステンレスへと変更し、堅牢性を向上させています。

防水性や耐衝撃性は相変わらずのハイスペックを継承。防水性は200mで、プロ仕様のダイバーズウォッチに匹敵する性能です。

オールブラックのボディに無骨な逆回転防止ベゼルなど、パワフルなデザインも男心をくすぐります。

NAVY SEAL STEEL 3250 SERIES / Ref.3251

ケース素材にハイポリッシュステンレスを採用した1本。ずっしりとした重厚感が存在感抜群です。

防水性を保証するスクリューバックの裏蓋に、無反射コーテイングを施したサファイアクリスタルガラスの風防が視認性を高めます。

シルバーメタリックなボディと上質なレザーブレスによる対比も秀逸。世界中のエリート部隊などに採用されるハイスペックモデルながら、スーツスタイルにも映える美しさを備えます。

LEATHERBACK SEA TURTLE GIANT 0320 SERIES / Ref.0321.BO.VP.SET

ルミノックスの原点でもある「Navy SEAL 3000 SERIES」の最新進化モデル、シータートル。オリジナルモデルのデザインを踏襲しつつ、装着性の高い薄型ケースと超小型LLTカプセルを搭載し、防水性能を100mへと変更しています。

絶大なインパクトを放つ44mmの文字盤上には、大き目なアラビアインデックスを配置することで数々の特殊部隊や公的機関にも採用され続けている開発コンセプトを継承しています。

モデル名でもある「シータートル」は、ウミガメ(SEA TURTLE)の甲羅のようなベゼルデザインが由来です。

AIRシリーズ

米軍パイロットのために開発したパイロットウォッチがきっかけで誕生したシリーズです。

世の中にある多くのパイロットウォッチの中でも、屈指のレベルで視認性や操作性を追求しています。

本格的な機能もさることながら、ロマンに溢れるデザインも魅力です。

F-117 NIGHTHAWK 6400 SERIES / Ref.6402

ステルス戦闘機ナイトホークのエースパイロットからの開発要請に応えるかたちで誕生した「F-117ナイトホーク」シリーズ。

パイロットの求める機能性を実現しつつケースサイズまで計算されているのが特徴で、ベゼルや大型リューズなどはグローブを着用した状態でも操作することを考慮しています。

ナイトホークの機体と同じPVD(物理蒸着処理)加工を施すこだわりぶり。さらに針などのデザインも機体を模しており、パイロットウォッチファン垂涎の仕上がりとなっています。

F-22 RAPTOR 9240 SERIES / Ref.9247

高ステルス性能と高機動力によって世界最強と謳われるステルス戦闘機「F-22Raptor」を彷彿とさせるシリーズの逸品。ケース素材には、航空分野において最先端の素材であるチタンを採用しています。

3つのサブダイヤルとビッグサイズのデイト表示を備えたクロノグラフで、秒針や文字盤内の至るところに戦闘機をイメージしたアイコニックな意匠がちりばめられています。

重厚ながらも滑らかなボディは、レーダーに捕捉されにくい「F-22 Raptor」
の機体からインスピレーションを得てデザイン。双方向回転ベゼルやプッシュボタン、リューズなどは厚手のグローブを着用した状態でも操作可能です。

45mmのケースサイズで圧倒的な迫力を誇りますが、チタン製なので軽量かつ優れた強度を兼ね備えているのも魅力です。

P-38 LIGHTNING GMT 9420 SERIES / Ref.9427

ロッキード・マーティン社が開発し、第二次世界大戦で活躍した伝説の戦闘機「P-38 LIGHTNING」にインスパイアされた1本です。

国境を越えて飛ぶパイロットに必要なGMT機能を搭載。きめの細かいカーフスキンを採用したタンカラーのレザーブレスが男らしさに磨きをかけます。

海外出張や旅行の多い人にもおすすめのモデルです。

まとめ

https://luminox.jp/brand/newmodel/3318/

迫力のあるルミノックスの腕時計は、着用する男性に力強い印象を与えます。

アウトドアやオフの日のカジュアルシーンで活躍することはもちろん、上品なスタイルにも合うのがこのブランドの隠された魅力。

ジェームズ・ボンドがスーツスタイルにダイバーズウォッチを合わせるように、ルミノックスの腕時計もドレスライクなファッションと組み合わせることでギャップを演出できます。

機能性や頑丈さは、アメリカ海軍や戦闘機パイロットがすでに証明済み。あらゆるシーンで存在感を発揮できるブランドだと言えるでしょう。

オススメの関連記事はコチラ