2018/07/24

フランス発のスマートなミリタリーウォッチ「ベル&ロス」の魅力とは

https://www.pinterest.jp/pin/557742735089471092/

ベル&ロスは、ミリタリーウォッチの新境地を開拓した時計ブランド。精巧ながらフランスのエスプリが効いたデザインで、多くのセレブや時計愛好家が着用しています。

没個性的な腕時計と異なり、ひと目で分かる時計デザインはこのブランドならでは。ここでは、高性能でお洒落なミリタリーウォッチを手がけるブランド「ベル&ロス」について紹介します。

ベル&ロスの解説

ベル&ロスとは?

https://www.pinterest.jp/pin/458170962072086035/

ベル&ロスは、1992年に創業されたフランス発祥の時計ブランドです。創業者はカルロス・A・ロシロとブルーノ・ベラミッシュで、現在もカルロス・A・ロシロがCEOを、ブルーノ・ベラミッシュが全ての製品を統括するクリエイティブディレクターを務めています。

創設者の2人は高校時代から親友で、お互いに時計のコレクションを収集することが趣味でした。その後は別々の道を歩み、カルロスは投資銀行へ就職し、ブルーノは工業デザインの分野で活躍します。1990年に2人は再会し、時計に対する情熱からベル&ロスを立ち上げました。

ベル&ロスの2人は、時計の中でもミリタリーウォッチが持つデザインや機能性に惹かれていました。特に憧れを抱いていたのが、この分野の実力派ブランドである「ジン」です。カルロスとブルーノは、そのノウハウを学ぶためにジンの本社があるドイツまで訪問しました。

https://www.pinterest.jp/pin/250442429261585615/

ジンの創業者は2人を気に入り、共同で腕時計を製造することを決めます。新興ブランドのベル&ロスと名門ブランドのジンというこの異例のコラボレーションが大ヒットを記録。設立当初から、ベル&ロスは世界的に注目されるブランドとなりました。

多くのミリタリーウォッチを製造してきたベル&ロスですが、飛躍のきっかけとなったのが2005年に発表された「BR01」です。1970年代の航空機内コックピットで使用される計器のようなスクエア型ケースで、大きな話題となりました。

BRシリーズはその後ベル&ロスを象徴する腕時計として定番化。その後も、VINTAGEなどの人気作を次々と展開し、人気ブランドとしての地位を確立しています。

特徴・こだわり

https://www.pinterest.jp/pin/844143523879024137/

ベル&ロスは、「視認性」「機能性」「信頼性」「高精度」という4つの基本原理を掲げる時計メーカー。見た目の美しさだけでなく、プロのパイロットなども使用できるようなスペックを追求しています。

独創的なデザインが多いベル&ロスですが、インデックスの大きさや針の長さなど、視認しやすいよう考慮されているのが特徴。さらに、グローブを着用したままでも操作できるようリューズの形状にも工夫が凝らされています。

https://www.pinterest.jp/pin/375206212698864473/

デザイン面でのこだわりは、時計業界でも随一です。スクエア型ケースの腕時計は決して珍しくはないものの、ミリタリーウォッチでのスクエアフェイスは非常にレア。前例がない独自のデザインにもかかわらず、単なる流行で終わらなかったのは、細部までこだわったベル&ロスの時計製造のなせる業だと言えるでしょう。

スクエア型だけでなく、ラウンドケースのコレクションも魅力的。ブランド創業時から製造されているヴィンテージシリーズも、ヒットを続けています。先鋭的なものからクラシックなものまで、幅広いラインナップを揃えているのがベル&ロスの強みです。